hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
生きる意味
63953views

日常のふとした時に感じる虚無感。何をやっても楽しくない、自分の存在意義があるのか不安。

仕事も順調で、家族とも仲良し。何不自由ない人生のはずなのに、時々猛烈な虚無感に襲われる。
「なぜ生きているのか」そう考え始めると、答えに行き詰まりどうしようもない気持ちになってしまう人は少なくありません。
お坊さんから生きる知恵(アドバイス)をいただけるhasunohaでは、生きることを問う相談がたくさん寄せられています。今回はその中から、時折おとずれる虚無感に悩む方からの相談をご紹介します。

何をやっていても楽しくない人生、どうすればいい?

漠然と、報われない思いを常に抱えているというあいすさん。

何をやっても楽しくない、というか
快楽だけがなく、苦しみや悲しみだけがあるように感じます。
いつかふらっと電車の中に飛び込んでみたいな、と考えることもあります。
このような人生を脱出する術はありますか?

人生にやりがいを感じないという悩みに対し、お坊さんはどのようなアドバイスをしたのでしょうか。

他者を尊重し共に支えあって生きて

冷静に考えてあなたはとても能力の高い優秀な方なのだと思います。ただそれを家族や友人や周りの人から評価を受けなかったからそうお感じなさってしまうのではないでしょうか。あなたは優秀な方です、そしてこれから成長なさり能力を発揮なさるでしょう、その際にあなたのお力を他者に注いであげて下さいね。また他者を尊重して共に助け合って生きてみて下さい。
(一向寺 Kousyo Kuuyo Azuma)

生きることに虚しさを感じるということは、人生を深く、真摯にとらえているということです。深遠な思考は能力の高さでもあります。お坊さんのおっしゃる通り、その思考力を活かして他者を助け、尊重しあい生きていくことで心が報われるのかもしれません。

引用:虚無からの脱出方法

不意に訪れる虚無感にどう対処すればいいのか

やりたい仕事ができて、健康にも家族にも恵まれ、充実な生活を送っているにも関わらず、不意に猛烈な虚無感に襲われてしまうというゆすらさん。

自分はどうして自分なのだろう。
どうしてここにいるのだろう。
なんのために生きているのだろう。
こういう疑問ばかりが、ぐるぐると頭の中を回ります。
なにもかもを投げ出してしまいたくなります。
終いには、それを考えることも放棄してしまいます。
そして、自分の中が空っぽになってしまったような、そういう恐怖を感じてしまうのです。お坊さまの修行の中や、お釈迦様の教えの中に、そういう心と向き合うためのヒントはないでしょうか。

何のために生きているのか分からない。人生の真意を問う相談に、お坊さんから心に染みるお言葉をいただきました。

虚無感に立ち止まった後、スルーしてしまえばいい

質問者さんと同じく、人生のエアポケットにはまったような「無常感」に襲われる経験があるというお坊さん。

同じ思いの経験者として言えるのは、立ち止まったあと、スルーしてしまえば良いということです。また同じ感覚が再来するけど、それはそれでいいのです。(中略)
大いに迷っても、ちゃんと収まっていく世界が用意されている、それが宗教的救済なのだと思います。(中略)空しさと虚しさ…これは我々が生きている世界をして、“浮き世”と言われる所以なのであります。
(報恩寺 藤波 蓮凰)

虚しさは、「浮き世」と呼ばれるこの世界では切っても切り離せないもの。考えても、迷っても、なかなか明確な答えが出るものではありません。
虚無感に襲われた時は一度受け止めて、考える。ただし、考えすぎてドツボにはまらず、その後はスルーしてあげる。お坊さんのおっしゃる通り、虚無感への対処法としては最適なのかもしれません。
仏教では、この哲学的思考は最終的に「成仏」という救いにつながると言います。迷っても、悩んでも、収まるべき世界が用意されていると考えると、心が救われる気がしますね。

真理の理解を目指して、虚しさを超えていく

あるお坊さんはこう説きました。

なぜ「虚しく」なるのか?
それは、ズバリ、この世における真理を知らない、知り得ていないからでございます。
いわゆる、「無明」(根本的無知)なる闇路を彷徨っている(輪廻している)からでございます。では、その「虚しくなる」原因である「無明」を対治するためにはどうすれば良いのか、その教えこそが、まさに「仏教」であるのでございます。この世における真理なるありようを深く理解できて、しっかりと「無明」を対治していければ、きっとこの「虚しさ」は完全になくなるのではないかと存じております。

(岩瀧山 往生院六萬寺 川口 英俊)

人生とは何か、なぜ生きているのか。この世の心理を知らない「無明」の状態にあることが、虚しさを呼ぶ。
この世の真理を理解する道のりは、並大抵のことではありません。しかし、無明であることを自覚して、真理を追い求めていけば、いずれ虚しさを超えることができるのかもしれません。
これはもはや修行とも言えます。無明を晴らし、精神を豊かにするためにも、仏教は大切な役割を果たしてくれるのでしょう。

これらの回答に質問者さんは、「ネット越しのはずなのに、お坊さまをこんなに身近に感じて、少し新しい自分になったような、そんな不思議な気がしています」と感謝の気持ちを伝えられていました。

引用:虚しいと感じる気持ち、どう対処すればよいでしょうか?

何のために生きるのか。目の前の生活が手につかなくなるほど、悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。
しかし、そう悩めるあなたは特別です。人生に真摯に向き合うことができる、すばらしい力を持っています。
人と支えあって生きて、真理を追い求め続ける。ドツボにはまりそうな時は、ちゃんとスルーしてあげる。
虚無感に襲われるときは、お坊さんからいただいたこれらのアドバイスを意識してみるとよさそうです。また、仏教を学ぶことで新たな気づきが得られるのかもしれません。

文・hasunoha編集部
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

温かい気持ちになるお坊さん説法

「虚無感・空虚・毎日が虚しい」問答一覧

定期的にくる虚無感との戦い方

はじめまして。 22歳大学生です。 定期的に何をしても楽しくない、何の意味もないという虚無感が押し寄せます。 生きることに意味はあるのか、等は誰しもが考えることかもしれませんが、自分は特に考えすぎてしまうのか一度その波が来ると中々抜け出せず、日常生活が疎かになります。(一人暮らしをしていたのですが今年の一月、丸々2週間ベッドから動けなくなり両親に心配され、そこから実家に戻され休学しているという状態です。)具体的に言うと動けなくなる、特に理由もないのに涙が止まらなくなるという感じです。 地元や大学の友達も心配してくれて連絡をくれるのですが、暗い自分をみせたくなくて元気な時に連絡を返そうと思い、そのまま返せなくなるという事が2度もありました。 友達や家族に心配をかけまくる自分が嫌いです。 さらに、そんな虚無感が過ぎ去った後はびっくりするほど元気になり、何でもできる!という全能感が押し寄せます。その時の自分も後から振り返ると怖いです。何かしら黒歴史を生み出しています。 どうしたらメンタルを一定に保ち、穏やかに過ごせるでしょうか。また、虚無感が来た時はどう抜けだせばいいでしょうか。 躁鬱なのかと思い相談所に行きましたが 納得する答えは得られず、心療内科に行って薬を貰ってみましたが改善されませんでした。心を強くするしかないと思うのでアドバイスを頂けると嬉しいです。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

人生をやり直すのが面倒です。

初めて相談させていただきます。 現在大学3年生です。 中学高校が殆ど不登校だったり、軽度ですが虐待されていたことに今更気づいたりなど、なんとなく人生に対して虚無感を覚えました。頭も良くはなく、スポーツをしていたわけでもなく、友達もいないです。 小さい頃、おそらく精神的なもので自分の世話もできない時期があったのですが、その頃から大人になる前に死にたいと思っています。 不登校時に病院やカウンセラーにかかったのですが、病気などを言及されたことはありませんでした。なので、鬱ではないと思います。 しかし現在、上の兄弟に金銭面でお世話になっているので、働いて返さなければいけないとも考えています。 バイトをすれば良いのですが、一度働いた際、自分のシフトや連絡が無かったことにされ、店長に尋ねればよかったのですが、責められるのが怖くなり行けなくなりました。 就活もしていますが、大企業ですらない企業の選考で何回も落ちており、内定がまだありません。 おそらく今から努力すれば人並みに生活ができるのだろうとは思います。しかし、ここから人生をやり直すのがとても面倒です。 小さい頃からずっと死にたいと思っていたのだから、それが自分のやりたいことなのではないかと考えています。 ただ、兄弟のことはとても好きなので、あまり不義理を働きたくもありません。 生きてほしいと願われることや、応援されることを望む気持ちは無く、何故質問したのか、自分でもよくわかっていません。 質問が明確でなくて大変申し訳ないのですが、ご回答いただけると幸いです。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

毎日がつらいです

恵まれた環境で生活していますが、人生の焦りからか毎日がとてもつらいです。 周りの子たちは結婚をしたり、彼氏と仲良しで結婚秒読みだったり。みんな素敵な子たちだからそりゃそうだよね、という気持ちもあります。しかし心の奥底では「置いていかないで」「全員別れてくれ」と考えてしまい、そんな自分だから彼氏もできないんだろうなぁと自己嫌悪の毎日です。 職場の人たちもみんな明るくて優しくて、とてもいい環境で働けています。仕事内容も嫌いではありません。なのに、夜には朝が来るのが怖い、会社に行きたくない、他人に会いたくない、と毎日毎日電車の中で考えています。 いま私は実家暮らしなのですが、一人暮らしをしたら金銭的にも精神的にも両親は大丈夫なのだろうかと心配です。特に母親は私に依存しているところがあります。それがとても重苦しく感じるのですが、亡くなった後に後悔をしたくないという気持ちだけでいつも親孝行をしています。特に今は親孝行の為に生きていると言っても過言ではないくらいです。親に孫の顔を見せてあげなくちゃというプレッシャーもつらいです。 家も、友達も、仕事も、全部がしんどいです。 形だけでも前を向こう、と今は自分の中で充電期間だと言い聞かせて自分磨きをしているつもりです。ダイエットをしたり、マスク生活なので歯列矯正も始めてみました。しかしそのせいで一緒にごはんも行きたくないので更に他人と会うのが億劫になり、出会いがなくなり悪循環です。 私の周りは本当にいい人たちばかりでとても幸せな環境だと思います。もっとつらい人がたくさんいるのもわかっています。贅沢な悩みなのは承知の上ですが、今はとにかく一日一日がつらいのです。 いつまでこの穏やかな地獄が続くのかと考えながら、毎日早寝をしてやり過ごしています。 乱文失礼致しました。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

無気力で虚しくて寂しい

こんにちは。いつもサイトを拝見して元気をいただいています。 寂しくて無気力で虚しいのが、大学時代から10年続いています。昔から試験や単位や仕事など、対外的に自分を維持することは億劫ながらできていますがそれだけです。 特に家事がままなりません。帰宅後何かに包まれたくなって、片付けも洗顔もしないで布団に入り、翌朝を迎えることがとても多く、生活が荒れている自分に嫌気がさします。 無気力なのは、学校や仕事がうまく行っていないからと思っていましたが、具体的に何がうまく行ってないのか問われた時に答えられず、この気持ちの原因は違うのではないかと思い始めました。 元々、刺激を求める傾向にあり、受験勉強など目標があればわき目もふらず努力するのが好きでした。また、個性的でありたい、認められたいという思いが強く、服や化粧品なども買い過ぎて後悔したり。 外に充実を求めるのではなく、普段の何もない生活を大切にするのが今の私に必要だと思い始めたのですが、頭でわかっていても身体が動きません。 また、若い頃はそれなりの年になれば、努力していれば大抵のことはそつなくこなせると思っていたのですが、苦手なことは苦手なままなんだと気付きました。 だからこそ人間であり、その人の個性なんだと理解しようとしても、受け入れきれていない自分がいます。 とりとめのない文ですが、まとめると ①何もない日常生活を大切に過ごせるようになるためには? ②自分を受け入れるためにはどう考えたら良いでしょうか? ③他にも、無気力、寂しさ、虚しさを和らげるための心構えを教えていただきたいです。 長文になりましたが、目を通していただきありがとうございました。

有り難し有り難し 21
回答数回答 1
仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ