お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

昔付き合っていた人の夢ばかりみます。

ここでも何度か相談させていただき不毛な恋をようやく諦め気持ちに区切りが出来たところでした。その節は、ありがとうございます。

ここのところ昔付き合っていた人の夢をよく見ます。
嫌な気分で目覚めるわけではないのですが、頻繁で昔の悲しかった想いを思い出してしまいました。
結婚を考えていた人でした。相手からも、このまま一生うまくいくんだろうなと思っていたと言われていたのに周りに引き離された結果になりました。
周りだけのせいではない、二人の問題もあったと諦めて周りを恨むのもやめにしましたが、その時の気持ちがどうもここ最近夢を見るようになって思い出されます。
もう何年も前の話です。その相手も、もう結婚して子供が生まれて幸せに暮らしていると風の噂で聞きました。
何年か前にそれを知ったときは、やはり少し胸が痛みましたが、その人が幸せでいるならそれでいいと思いました。

今になって、どうしてまた夢を見るのかなと戸惑っています。
また先に進もうと思い直して、もういいやと思えたところだったのに自分は何をしてきたのかなとか婚活ももう遅いのかなと落ち込んだ気分になります。

ここ最近、その時に引き離された要因になった共通の知人から集まると連絡がきたときに、やんわりですが、もう集まるがないことを伝えたこともありました。
もう当時を思い出す要因になるものも昔の関係もいらないと思いました。
友人関係も放り出してしまったことに後悔はしていませんが、少し気にかけているのかもしれません。

色々考えても仕方ない、今は今。
先に進みたい、夢は夢と吹っ切りたいですが、気にかけてしまう気持ちを振り切ることが出来るのでしょうか。

恋愛相談
有り難し 10
回答 1

質問投稿日: 2018年8月7日 18:18

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

藤川 誠海

その都度立ち止まって

質問読ませていただきました。

せっかく気持ちに区切りがついたのに、また心が乱されてしまう、、、辛い思いをなさっておられると思います。

恋愛に限らず、過去の夢を見て、「自分はまだ未練があるのか」「あの時の選択を後悔してるのか」と思ってしまうことはあるでしょう。

私も、そんな夢を見て、ふと昔のことに思いを馳せて悲しい気持ちになることがあります。
MGさんほど辛い思い出ではないかもしれませんが。

夢って、その人の本心が出るなんてこともよく言われます。
そんな話が頭に残っているから、余計に「自分の選択は間違いだったんだ」とか、「自分はまだ未練が残っているんだ」なんて自分自身に思いこませている部分もあると思います。

私は、脳の専門家ではないので確実なことは言えませんが、夢とは自分の本心を映すものというよりは、「過去の強い体験や記憶が、何らかの刺激を受けて、自分の気持ちとは無関係な形になって現れるもの」と思っています。

よくよく思い出したら、全然ワケの分からない突拍子な夢や、笑ってしまうほど有り得ない夢だってたくさん見たことがあるはずです。
それが全部自分の本心だとは思えません。

ですので、MGさんが見られた夢に対して、自分の本心では?とかいう風に何か意味を見出す必要はないかと思います。

そうは言っても、夢を見てしまったことで、昔の気持ちや事柄を思い出してしまって悲しくなることもあるでしょう。
それは仕方ありません。人間は区切りがついたとしても、完全に忘れ去ることなんて出来ないのですから、、、

そんなときは、その都度立ち止まり、何故気持ちに区切りをつけることが出来たのか、ゆっくり思い出してください。
何度立ち止まっても構いません、自分が納得するまで繰り返してください。

そうすることで、区切りを付けた気持ちが常態となります、一種の洗脳と言えるのかもしれません。
そうやってゆっくりじっくり時間をかけ、気持ちをコントロールする努力をしてみてください。

難しいかもしれませんが、一度気持ちに区切りをつけることが出来たMGさんなら、必ず出来ると信じております!

応援している人がいるということ、忘れないでくださいね。

1年前

質問者からの有り難し - お礼

誠海様

ご回答ありがとうございます。

また後悔したとしても辛くなることがあっても、その気持ちもひっくるめて受け止めて立ち止まりながらでも進んでいきたいと思います。

少し気持ちが軽くなりました。
ありがとうございました。

「婚活・恋活」問答一覧

「婚活・恋活」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ