お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

3年は頑張ってみる

こんばんは。

いつも回答頂きまして、ありがとうございます。

皆さまに助けていただきながら、なんとか2年近く仕事を続けることが出来ました。
ただ、まだ仕事が身に付かなくてもどかしい気持ちになりながら、毎日を過ごしているのですが、仕事があるのも有り難いことだと感じています。

ここまで続けられたからには3年間は頑張ってみようと思っているのですが、あと1年乗り越える心構えと、3年は同じ仕事を続けることが大切な理由などありましたら、教えて頂けますと、これからの仕事の意欲につながると思います。

お忙しいところ、申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

学校・会社・働く
有り難し 7
回答 1

質問投稿日: 2018年11月10日 21:11

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

「3」は「2(二項対立)」を越えた数字。

こんにちは。亀山純史と申します。

経験的に、3年間勤めれば、一通りの仕事内容を覚えることが出来る、ということから、「まずは3年間勤めてみなさい。」ということが言われるのでしょう。諺にも、「石の上にも三年」という言葉がありますよね。これも経験則に基づいたものでしょう。
ところで、「3」という数字ですが、これは「2」を越えた数字です。「2」は両極端を表します。両極端とは、「有」と「無」、「苦」と「楽」、「常」と「断」、といった二項対立するものです。そして、そのような二項対立するものから離れる生き方が「中道」という仏教の教えです。つまり、「3」という数字は、二項対立を越えた数字として捉えることが出来るでしょう。こじつけにはなりますが、そのような見方で、あと1年は頑張ってみる、ということもいいのではないでしょうか。
なお、同じような見方で数字を見たとき、「7」という数字も、六道輪廻の「6」を越えた悟りの境地を示す数字として捉えることが出来るでしょう。

以上が私からの回答です。明日からもまた、お仕事頑張ってください。

6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

亀山純史さま

ご回答頂きまして、ありがとうございます。
両極端の生き方から離れる中道に生きる為にも、あと1年頑張ってみようと思いました。
あと、もう1年で違う景色も見えてくるものもあるかもしれないですね。
ありがとうございました。

「頑張れない・頑張って報われるか」問答一覧

「頑張れない・頑張って報われるか」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ