お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

人を嫌わず過ごしたい

ご相談させて頂きます。

他人をすぐ嫌いになってしまいます。
なにか気に入らないことがあると、それを理由に距離を置いてしまいます。
おかしいと感じることがあると、たとえばそれを一時的には見ないふりをしたとしても、心の中で反芻し、積もり積もった挙句疎遠になってしまいます。
それならばと相手にぶつけて言い合ったり、喧嘩をするようにしてみたのですが
お互いの非を認め謝罪をし仲直りした後も、結局相手に対する負の感情が収まらず冷たくしてしまったりします。

いっそ気が合わない相手とは積極的に離れ、気があう相手とだけ付き合えばいいやと思い切ってみたのですが、そんなことをしていると友達が誰もいなくなってしまいます。
また仕事の上で上司や部下とぶつかったとき、その後も付き合っていかなければならないのにどうしても嫌になってしまい、自分が苦しいだけでなく他人も驚かせたり混乱させたり傷つけたりしてしまいます。

ここ何年か本を読み、やり方をかえ、努力してきたつもりですが
うまくいくどろこか仲違いのペースが早まってきているような気さえします。

相手を嫌わず、嫌だなと思っても冷たくせずにいられるようになるにはどうすればいいでしょう。
具体的なアドバイスがあればお教えください。

よろしくお願いします。

有り難し 13
回答 1

質問投稿日: 2018年11月27日 4:52

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大忍貫道

自分に対する視点

ご質問を拝読させて頂きました。
他者の欠点を見て、それを裁いてしまっているのかもしれませんね。
私にも似たところがあるので分かる気がします。

振り返ると、人を非難したり評したりするときは決まって自分自身に対する視点が欠けています。棚に上げていると言ってもいいかもしれません。
本当は人を裁けるほど自分は完璧ではないんですよね。
そのように考えると、人を裁いている自分は「驕り」があるように思います。

分かりきったことですが、完璧な人なんて何処にもいません。
善人にも悪の部分が必ずありますが、悪の一部分だけを見てしまうと、善人すら悪人と捉えてしまいます。

これから人の悪い部分を見たときには、それは部分であって全てではないことに気付いて下さい。
そして、自分自身も完璧ではないことを思い出して下さい。
そうすれば、もっと寛容に他者とも自分とも付き合えるのではないでしょうか。

9ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

大忍貫道様

ご回答ありがとうございます。
しばらく時間をおいて自分でも考えてみたのですが、
仰るように「自分を棚に上げている」というのは心当たりがあります。

腹が立つときのことを思い出してみると、自分とうまく行っているとき…自分に不満がなく、物事が滞りなくまわっているときは他人にも寛容で
なにかしら自分に対して思うことがあるときは、他人のミスや悪い部分に対して酷く腹が立つ気がします。

自分のミスや悪いところを受け入れられず、都度自分を心の中で責めてしまうので
他人はもっと許せないのだと思います。

目の前の人に自分の嫌な部分が映って見えているのかもしれないと思うと、
相手に対して怒っているのではなく自分に対して怒っているのなら
関係を絶つ必要もないと思えるようになるかもしれません。

頂いたご回答とは着地点がすこしズレてしまいましたが
相談に乗っていただきありがとうございました。

「人が嫌い・怖い・苦手」問答一覧

「人が嫌い・怖い・苦手」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ