お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

仏像を購入しました

購入という言葉はあまり正しくは無いかもしれませんが……
お不動さんに心が惹かれておりまして、先日小さな仏像をインターネット通販にて購入しました。

毎日お茶と水をあげ、拙いながらも般若心経と真言をあげさせて頂いてます。
しかし、魂を入れていないと拝んでも意味が無い、ということを最近聞きました。
やはり、魂を入れた方が良いのでしょうか。また、あまりしっかりとした仏像では無いのですが、(値段も安く、どちらかというと所謂フィギュアの様でもあります)お寺さんにお願いしますと、失礼にはあたったりはしないでしょうか。
出来ることならちゃんとお祀りをしたいと思っています。
どうか、回答をよろしくお願い致します。

お墓・仏壇
有り難し 30
回答 3

質問投稿日: 2018年12月5日 15:35

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

仏教は偶像崇拝ではありません。

こんばんは。亀山純史と申します。

仏像(ご本尊)に対して、「魂を入れていないと拝んでも意味が無い」ということはありません。もしも、「仏像には魂を入れなければならない」とすれば、仏教は偶像崇拝になってしまいます。確かに、私もお仏壇を購入された方へ、「入仏式」としてお勤めをすることがありますが、ここで言う「入仏」とは、仏さまの魂をご本尊に入れることではありません。「入仏」とは、お仏壇(ご本尊)をわが家に迎え入れることであり、それに対しての法要が「入仏式」です。
ですから、あなたが迎え入れたその仏像が意味を持つのは、どれほどあなたがその仏像に対して向き合っているか、つまりはお参りしているか、ということにあると思います。

以上が私からの回答です。お迎えしました仏像を末永く大切になさってください。

8ヶ月前
回答僧

鳳林寺

光禪

もし、魂を入れてもらった方が、気持ちが落ち着くようでしたら、菩提のお寺さんやご縁のあるお寺さんに頼んで開眼(魂を入れる式)をしてもらえば良いと思います。フィギュア的なものでお寺さんに失礼だという事はありません。

8ヶ月前
回答僧

願誉浄史

執着のオン・オフの儀式

多くの日本人の感覚として、仏像に限らず、おもちゃの人形やぬいぐるみでさえも、長期間大切にしていたら「魂が宿る」ような気がするのではないでしょうか。
それは、仏教的には錯覚や執着にすぎないのです。
しかし、古くなった仏像を捨てるときに、燃えるゴミの日に生ゴミと同じ袋に入れるのは抵抗があるでしょう。
だから、僧侶に魂を抜く儀式「発遣」をしてもらうのです。
儀式は、執着の対象となっていた像をただの物体に戻す、意識の切り替え、執着のオン・オフスイッチとして機能します。

8ヶ月前

「仏像・仏様・阿弥陀・観音」問答一覧

「仏像・仏様・阿弥陀・観音」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ