お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

兄の死に対する心の持ち方

数年前にうつ病だった兄が自死してしまいました。
小さい頃から両親の仲がとても悪く、父親は無関心、母親は自分の思う通りに事が進まないと怒り狂い怒鳴り散らすという性格で、
ほぼ毎日両親の喧嘩、家庭内暴力を目にしながらとても居心地の悪い空気感の中を何年も暮らし、私もかなり参っていましたが、兄はより責任感が重く、病気になってしまったと思います。

当時は、病気であるにしても自分勝手に振る舞う兄の事が全く許せず、私は兄に優しく接することができませんでした。
家族も兄を心から理解しようとはできていなかったと思います。
そして家族の仲の悪さが根幹にある中、お互いに疲れきってしまった結果が兄の死に繋がったと思います。

その後私は結婚出産をし、現在子育てをしながら、人生で初めてと言ってもいい程の心穏やかな暮らしをしていますが、この頃色々な感情が頭のなかを渦巻いています。

兄が病気のまま今生きていたら、私は現在の暮らしがあっただろうか。
兄の死が良かったとは微塵も思わないが、どこかで精神的な辛さから解放されてほっとしている自分もいる。
家族の歪み、嫌い合う居心地の悪さ全てを兄が負って命を絶ってしまったのに、私はこんな平穏な暮らしを送っていていいのか。
兄の苦しみ、悲しみをもっと感じて生きていかなければならないのではないか。

何度も何度も夢に兄が出てきます。生きていたんだ!とその時は安堵しますが、夢から覚めた時の現実がその都度つらいです。

周りに相談できるような事柄ではないため、一人で考えては疲れ、考えないようにしては思い出しの繰り返しになっています。

どうかお知恵を貸してください。

有り難し 10
回答 1

質問投稿日: 2018年12月5日 21:28

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大忍貫道

自分に優しく。

ご質問を拝読させて頂きました。

私自身の話ですが、私の父方の祖母は毒祖母でして、私たち家族は祖母の毒に蝕まれていました。祖母のせいで、父の昇進は何度もパーになりましたし、母は体を壊して車椅子生活になりました。

そんな祖母も私が高校生の頃に亡くなり、私たち家族に平穏な暮らしが訪れました。
振り返ると、その時の私は自分たちを守る事で精一杯でしたが、今となっては祖母の孤独と不遇を理解する事が出来ます。
あなたも同じではないでしょうか。

今あなたがお兄様に対して、そのような心境に至ったのは、時が経ち、そのときのお兄様を理解して「許した」からでしょう。
それはあなたが成熟した証です。
成熟した今のあなたは、他者の苦しみや悲しみを共感出来る人です。身近に辛さを抱えている人に寄り添う事も出来ます。
お兄様の事を忘れたり無かった事にするのでも、反対にその事を自分を責める材料にするのでもなく、糧にするような生き方をしていくべきではないでしょうか。

最後に、今のあなたの暮らしは与えられたものではなく、あなた自身の努力で築き上げたものです。
もっと自分に優しくしてあげて下さい。

6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

大忍貫道様
お答えありがとうございます。
糧にする生き方、それでいいのかと心が少し軽くなりました。
自分に優しくすることも大切にしていこうと思います。

「身近・大切な人が自死・自殺」問答一覧

「身近・大切な人が自死・自殺」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ