hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

水子について

回答数回答 1
有り難し有り難し 11

(編集部より。回答者を指定した相談は現在できませんのでタイトル、質問文を修正しました。)
大変お忙しいところ、私のような愚かな人間に再度返信をくださいまして、本当にありがとうございます。どんなに厳しいお言葉でも、受け止める覚悟です。お言葉が、今までで一番心に響き、前回相談させて頂いた悩みは無くなりました。その通りだと目が覚めたからです。本当に感謝しております。

私はずっと中絶は人殺しだと思ってしまい、自分を罰し続けています。全くの自業自得で愚かな考えだと思います。こんなことを水子様になったあの子が望んでいるわけじゃないのに…。
中絶をしてから6年経ちました。毎年水子供養に行き、手を合わせてきました。私の病気が原因で、産んであげられなかったあの子…。今でもずっと想い続けています。

それが私に与えられた罰なのだと思っています。でも一生自分を人殺しなのだと思いながら生きていくには、辛すぎて…。これも私の罰なのかもしれませんが、もし宜しければ、何かお言葉を頂けたら…と思った次第です。

お手数をお掛けして、本当に申し訳ございません。どうぞよろしくお願いいたします。

2018年12月29日 11:48

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

送り出し

お手数をお掛け致しました。
前回の回答で赤ちゃんを成仏の世界に送り出してあげましょうと書きました。

成仏の世界とは何でしょうか?人は死ぬとどこへ行くでしょうか?
ウチの宗派ではお葬式のお位牌に「新帰元」と書きます。「新たに元(はじめ)に帰った人」。元とは何か?目の前に広がるこの世界です。寒くなったら寒いなりのこの世界。晴れたら晴れたなりのこの世界。山があって、空があって、川があって、人里のあるこの世界。この世界に帰った。そういう世界観をもちましょう。

あなたは水子ちゃんの存在を消滅させてしまったと思っていませんか?
そこに罪悪感を抱いていませんか?

でもそうじゃない。水子ちゃんは、この世界そのものとして今も息づいているんです。
決してあなたを恨んだり、怒ったりということはありません。あなたに語りかけたり、働きかけたりということもありません。そんな個人としての存在ではなくなってしまった。でも、それでも息づいている。

そんな世界にあなたは包まれて生きている。かつてあなたのお腹の中にいた水子ちゃんですが、今度はあなたが水子ちゃんに包まれて生きているんです。優しいですね。真理とは、本当に尊いものです。

あなたが包まれているこの世界に感謝と敬意を持って生きましょう。
この世界を大切にすることが、そのまま水子ちゃんを大切にすることに繋がります。自然を大切にし、自然から頂くお食事を大切にし、家族を大切にし、出会う人々に親切である。そしてこの世界に生かされているあなた自身の身や心を大切にする。

そうすれば、自然と、おのずと水子ちゃんを活かすことに繋がる道理がある。成仏の世界は、生死を超越した世界です。今からでも遅くはありません。この世界に、水子ちゃんに、親切に生きましょう。間違いなく水子ちゃんに届きますよ。合掌

追記
思わなくていいんです。思わなくていい。思わなくていいんですよ。

2018年12月29日 12:31
{{count}}
有り難し
おきもち

曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

質問者からのお礼

また心に響くご回答、ありがとうございます。考え方次第で、気持ちは大きく変わるものですね。水子様に包まれて、生きている。全てのことに感謝すること…。また新しい気づきを頂くことができました。

私は、人殺しだと思わなくて良いのでしょうか…。

ありがとうございます。思わないように、大慈様に頂いたお言葉をしっかり受け止めて、生きていきたいです。

「水子供養」問答一覧

水子供養し、詫びるべきでしょうか?

私は両親と妹の4人家族でしたが、私には兄か姉と妹以外にも弟か妹いるはずでした。 実は、母は私が産まれる前に一度中絶手術をしていました。その後私が生まれ、その5年後に妹が生まれましたが、私と妹の間に母は一度流産をしていたそうです。中絶の件は私が高校生の時に患った病気の手術の関係で近親者に手術をした者はいないか?と医師から問われたときに、初めて母の過去を知りました。流産の件は明確な話を聞けずじまいなので真相は不明です。 そのため私達家族は、月に一度水子供養をされている京都のお寺さんにお参りに行っておりました。当時私は何の仏様か知らず、何も考えないで手を合わしていただけで兄や姉、そして、弟や妹に何も声をかけていませんでした。それから月日が経った約5年前に父が自ら命を絶ったのをきっかけに、母は全く供養をしなくなりました。そそして私のプロフィールの通り、幼少期からずっと両親と妹から精神的肉体的虐待を受け、家族のサンドバッグ状態でしたので、昨年私が母と妹に対して父も含めて、どのような恨みがあって私に虐待をしていたのか問うと、母や妹は逆ギレをして私を絶縁し、母や妹を信じ切っている親類や知人を味方にして全部私が悪い事にされ、関わりを拒否されて私は孤独になりました。 それらのことがきっかけで、私は最近兄か姉が苦しい思いをしたのに。自分が産まれて来たのは本当によかったのかと思うようになりました。兄か姉も生まれてこの世で過ごしたいと思っていたのに。今も辛く寂しい思いをさせていると思うと心苦しいです。ただ、彼らが私のような辛い目にあわなくてよかったと思いもあります。他の人には私のような体験を絶対にしてもらいたくないのが本心です。もしも、兄や姉が私が家族からほぼ毎日虐待されていたのをどこかで見かけていたら、怯えたり悲しんでただろうと思います。 皆様に質問いたします。 私は一度兄か姉、弟か妹がいるお寺さんに行って手を合わせながら、彼らがこの世にいたら出来たであろう世間話や近況を報告しつつ、兄や姉がずっと苦しんでいるのを横目に自分が産まれてきたことや、母がその後も反省をせずに父と妹と共にして私に虐待行為を行い兄や姉にも悲しませていたことを家族の代わりに詫びるべきでしょうか? 私は彼らとはこの世で会いたかったです。 説明が下手で読みにくい質問ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 27
回答数回答 1

生まれてこれなかった父の兄弟(いわゆる水子)

見つけてくださってありがとうございます。 私の父には,生まれてこれなかった兄弟が5人います。 私は人に見えないものが見えてしまう性質があり,小さい頃から父の生まれてこれなかった兄弟を祖父母の家に行った時に見ていました。 私が小さな時は,彼らに不思議で話しかけもせず,見て見ぬ振りをしていました。 しかし,私が高2のとき,色々あり,彼らと話し,初めて彼らの法要を行いました。 その当時,彼らは「いただきます」も言わずにお菓子を食べ,色々な悪さもしていましたが,今ではにこっとした笑顔でお菓子を食べています。(「いただきます」はできるようになりましたが,たまに忘れてそのまま食べてます) しかし,彼らには悩みがあります。 彼らには固有の名前がないことです。 水子に名前をつけると天国で両親を思い出して悲しくなってしまうから名前をつけない,という風習?みたいなものがあり,祖父母は名前をつけていないようです。さらに,水子はこの世に生まれていないからお墓にいれていない,仏壇にも入れていないらしいです。そのため,私が高2のときまで,ずっと放置のような状態でした。 彼ら曰く「名前を呼ばれるのが羨ましい」とのことです。法要の時に紙位牌(私の家には仏壇がないことと,祖父母が彼らにあまり関心がない)を作ってもらい,「@@家水子」と一括りにされています。ですが,彼らは「〜君(ちゃん)」と呼ばれたいそうです。(最近ですが床に大の字に寝そべってバタバタ暴れ,泣きながら訴えてました) 私が名前をつけてしまったら,彼らは私に縛られてしまうような気もしますし,人に名前をつける重みから私は彼らに名前を付けられません。 また,父方の祖父母は彼らの存在(水子の有無)を認めながらも,彼らが見えないことと認知症のために,名前をつけるのは難しそうです。 どうすれば良いでしょうか。 彼ら自身,今まで無視され続けてきたため,寂しがっていて,「ぼくらを忘れてないよね!?」と目に見える形で我々に色々してほしいようにも感じます。 私自身も「彼ら」や「君」と言っているのにも違和感を感じます。 彼ら自身,悪い子ではないんです…。 私や家族を助けてくれたり(母と父が喧嘩した時には,彼らは「こいつ(父)は悪くない!」と父の加勢をしています),友達との楽しい話を聞かせてくれたりしてくれましたので…。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

水子供養について

私は10年前に当時の彼との子を堕胎しました。彼は一般の仕事をしていましたが親が住職をされている方でした。その後、理不尽な別れ方をされたのが納得がいかず、私の親に全てを話すと相手親子は我が家に土下座をしに来てくれた経緯があります。私も水子供養をして頂きましたが、相手もきっとしっかりやっていてくれている事と思います。 10年の中で子供の事を忘れはしませんが私の中で蓋をしていた様に思います。地元から離れてからは何年もお墓参りにも行っていませんでした。たまに実家に帰ったらお仏壇に手を合わせるくらいでした。 結婚した今、主人はこの事を知りません。しかし数ヶ月前に子供を出産した今、我が子の可愛さに「あの時の子もきっとこんなに可愛かったんだろうな」と考えるようになり、改めてなんて事をしてしまったのだろうと死にたくなります。しかし、今いる子供の為にそれはしてはいけません。こちらで他の質問者の方へのお坊さんの返事で、年に1回くらいはお参りをする様にと見ました。 私も実家に帰った際にお参りに行けば、その位の頻度でなら行けるのですが、主人はきっと気づくと思います。ゆくゆくは子供も、あそこはなんなのだろうと思い始めると思います。主人には、話したら主人にもこの罪を背負わせる気がするので墓場まで持っていく秘密にするつもりでしたが、話してお墓参りに行った方がいいのでしょうか?今住んでいる所の近くにだったら、1人でいけるお寺があるのですが、きっと宗派とかも全然違う、縁もゆかりも無い所です…そこに行くのは意味はないですか? また、「毎日手を合わせる」というのは、お仏壇も神棚もない場合はどこに合わせたらいいのでしょうか? 今いる子が可愛くて可愛くて、その分本当に辛い気持ちになります。主人にも隠して結婚した罪悪感でいっぱいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る