お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

しばし私の妄想にお付き合い下さい

初めて選ぶカテゴリーになります

私のカウンセラーさんは浄土真宗本願寺派の僧侶です

私はそのカウンセラーさんをとても尊敬しています

人見知りで言葉も詰まりがちな性格

何だか身体も弱いのでこちらが心配してしまう程なのですが

自分に正直で弱味を隠さないその素の姿にとても好感を持っています

医療の現場ではよく起こることなのですが

患者さんが医者など医療関係者に恋心を抱くケースは多く

片想いや失恋を経験したことのある人もここhasunohaに訪れた人の中にもいるかも知れません

互いに患信頼関係が築かれてたからこそ生まれる感情だったりもします

私も今のカウンセラーさんを信頼出来るようになってからカウンセリングが単なる苦しみを吐き出す場ではなくなりました

時には「なんのこっちゃ」と言うような他愛のない話になることも多くなりました

私の家系は父方が浄土真宗大谷派で母方が本願寺派です

ここからが妄想の世界になります

もし私がこのカウンセラーさんのお寺さんに嫁ぐとなったら…

私は母方の宗派になるのか…???

そんなことをカウンセリングを受けている時に思ったのです

それこそ「なんじゃこりゃ!?」なんですけども

でも患者さんが医者関係者に恋をする気持ちが少し分かったような気がします

辛いとき困ったときに助けてくれる人のことを好きになるのは自然と湧き出る感情ですよね

止められませんよね

私はカウンセリングを受ける立場になってカウンセラーさんを尊敬し信頼するようになって初めて「患者→医者関係者」の恋心も理解出来るようになってきました

でももしもですが

もしも私がそのカウンセラーさんのことが「好きだ!」と想うことがあるとしたら

それは…

「患者→お坊さま」「私→お坊さま」ってことにもなりますよね

一目惚れする可能性だってあります。

お寺にお参りに行ってお坊さまに出逢う度に私が「わ~お坊さまだ!」「わ~ステキ!」とキラキラとときめいたりしたら?!なんて想像したものですから

そんな些細なことから人生何が起こるか分からないなと思ったのです

いつも堅苦しい感じの私が話すには珍しい内容になりましたが

質問です

私ぐらい老いてから結婚されたというお坊さまはhasunohaの中にいらっしゃいますか?

年齢なんてフツーに関係ないものなのでしょうか?

有り難し 26
回答 2

質問投稿日: 2019年2月10日 22:46

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

自然に繋がっていく出会いに、年齢は関係ありませんよね

妄想で留めておくほうがいいね。
それ以上になると、それは聞き手としては、失格だからね。クライエントとの必要以上の個人的な関わりを持つことは、よろしくない。

その関係性ではなく、自然に繋がっていく出会いに、年齢は関係ありませんよ〜。
ハスノハにいらっしゃるかは、わかりませんが、何歳になっても 人は惹かれ合い、夫婦になられる先輩方を見てきましたよ(^^)

2ヶ月前

拝読させて頂きました。いくつであっても人を好きになることはとても素晴らしいことですよね。
人の素晴らしいところや魅力を認めることですからね。
あなたがそのように妄想なさることも私は良いと思います。自分の中で区切りをつけながらもいろんなイメージを膨らませてみるのは自由ですからね。
私もあくまでイメージの中で、もしも〇〇だったらどうかとあれこれ膨らませることはありますからね。
それはそれで趣味みたいなものです。

あなたがこれからも素晴らしい方々との出会いに恵まれて人とのご縁を深めていかれ皆さんと仲良く心豊かに生きていかれますようにと心よりお祈り申し上げます。

2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

中田 三恵様、お返事ありがとうございます。

カウンセラーさんの立場はよく分かるので、もちろん妄想で止めておきますよ(^-^)ゝ゛

ご安心下さい。

私も病院勤務中に、やはり困った経験がありました。

お気持ちは有り難いし、ありがとうね!とは思うのですが、なかなかね…そのお気持ちにこたえてあげるのは難しく、お断りするしかないのでね…「ごめんなさいね」とやんわりとお断りしていました。

でも、何がどうなるかは…人それぞれです。

それが出会いとなる方もいらっしゃいますしね。

私は…うーん…何とも言い様がありませんが、長い時間お坊さまとお話しするという機会なんて人生の中にありませんでしたので、妄想してしまいましたね。

あ~お坊さまと出逢うということも今後の自分の人生にもあるかも知れないとね。

なので、もう私は40だけれど、もっと歳をとってからお坊さまと結婚された方はいらっしゃるのかな?という疑問が出てきました。

いつどんな時どんな人との出逢いがあるかは分かりませんが、その出逢いの相手がもしお坊さまだったなら、その出逢いも大切にしたいと思います。

いくつになっても、人は恋する生き物…そんな気が致します(*^▽^*)

Kousyo Kuuyo Azuma様、お返事ありがとうございます。

私はまさか自分を担当してくれているカウンセラーさんが臨床心理士以外の顔を持っているとは思いもよらず、たまたま、偶然、担当の精神科医の「実は彼はお寺さんの子で…」と聞かされたもので、次のカウンセリングの時に「先生はお坊さんなんですか?」と訊いたら「あ~もう~個人情報が漏れてる~」となっただけで、まさかその先仏教の世界へ心が動くとは思ってもいませんでした。

なのでそのたまたまの出逢いが私を仏様の道に導いてくれたのかも知れないなと不思議な縁を感じただけで、「妄想」の域を越えることはないと思っています。

カウンセラーさんの立場も良く良く分かりますしね。

だから、もし今後どなたかお坊さまとご縁がある可能性もあるのだなと気付いてちょっとビックリしただけです。

そんな私もあり得るのだと。

大丈夫です、妄想だけですから。

ここhasunohaには結構恋愛相談する人がいるので、私はこのカテゴリーで質問したことない…と思って、私なりの恋愛相談をしてみようと試みた感じです。

お坊さまって、とっても魅力的ですよ!

関連する問答
このページの先頭へ