お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

なぜ怒っているのか判らない

宜しくお願いします。

夫が急に不機嫌になり、その理由を頑として言いません。
話し合わないと同じ事をしてしまうので教えてほしいと言っても絶対言いたくないし言うだけムダだと言います。めちゃくちゃ怒ってて怖かったです。
おそらく、私の家族が夫を軽んじるような事を言ったかしたようなのですが、その場に私もいたのに何がダメだったのか本当にわからないのです。

言ってくれないならもう相互理解は諦めるしかないのでしょうか。

これからも私や私の親兄弟は無意識に夫を傷つけて、そのたびに怒られるしかないのでしょうか…。

自分が悪いのかどうかもわかりません。
そんな私にも腹が立っているようです。

もう疲れました…

家族親族
有り難し 15
回答 2

質問投稿日: 2019年2月13日 13:41

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

私のケースと同じかもしれません

もし、私のケースと同じか、よく似ていれば参考にして頂けるかもしれません。

私の連れ合いの亡夫は、私の兄が嫌いで私の前でも平気でボロクソに言っていました。本人にも失礼千万な態度で接していました。当然、私は怒り、やめてくださいということになりますが、何を怒っているのか分からない、俺はあの男が嫌いや等々、次元が違うとしかいいようのない発言に終始しました。死ぬまで暴言が止むことはありませんでした。

じゃ、デリカシーとか、普通の常識がないのかというとそんなことはなく、多くの人に慕われていました。連れ合いの妹の家族にも隣で見ていて疑問に感じるほど丁寧に接していました。兄だけが例外と言っていいかもしれませんね。

義父はすでに亡くなっていますし、もう暴言を聞くこともないのですが、その当時、隣で暴言を聞いている家内が何も感じていないのに大きな疑問を感じていました。そして、今も私が悪いかのように、ときどき何かあると言い出します。これはとても困ります。正当なプロテストしかしていないのに、一部始終を隣で聞いていても実父の暴言が暴言として響いていない連れ居合の眼には私の方が悪者にうつっていたのだし、今もそうなのです。

私がとれる唯一の方策は黙っていることです。話しても無駄な相手に何か話して、意味不明ならゼロで終わります。しかし、厄介なのは話すことで曲解され、違った解釈をされてしまうkとです。だから怒っていても黙っているしかないのです。

お尋ねの文面だけでは分からないのが当然ですから、私のケースと違っているかもしれません。しかし、基本的に連れ合いの家族や親せきなんて他人だからどうでもいいわけです。真の問題はこうした問題であなた方ご夫婦に埋まらない溝が出来てしまうことです。あなたの家族が変わることは、ほぼないものと思います。どうかご主人とあなたの関わりを大切にしてお暮らしください。

追記:お礼の文面を拝読して

傷つけるような文を書いてしまったようですね。書いていて過去の嫌な思い出がよみがえってしまい、余計なことまで書いたかもしれません。

あなたは、うちの連れ合いと違い、ご主人の立場で考えることがお出来になるようで羨ましいです。あなたならご主人と理解し合えるよいご夫婦として今後もなかよく暮らしていかれるものと思います。言い過ぎたこと、お許しください。

7ヶ月前

禅寺で打たれる

修行中、座禅をしているときに棒で打たれます。
なんでかは教えてもらえませんでした。
毎日打たれるんです。

なぜ毎日打たれるんだろうと考えてあれこれやってると打たれなくなりました。朝起床後の作法に間違いが(私だけ)あったのです。気がつけよってことだったのでしょう。

まあずいぶん上からの指導法ですけど、言われるのではなく自分で気がつくことの大切さを学べました。

7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

きっとそう言う事なんでしょうね。
私も夫からしたら理解不能なのでしょう。
夫婦だから、子の親だから、我慢して堪えてるのかもしれません。

溝はもう既にあるのだと思います。

でもそう言うもんだと思うことにします。

変わらないし、理解できないんだと分かりました。
話せばわかるかもなんて子供っぽい考え方でした。

話を聞いても私が正しく理解しない。
より悪い方に行ってしまうかもしれない。
嫌いな他人に無駄な気遣いすることはない。

なんだかとても納得しました。

ありがとうございました。

すいません、こちらこそ感情的になってそのまま書いてしまいました。
でもおっしゃる事ごもっともだと本当に思いました。
卑下してる訳でなく。あぁ、私は話を聞いてもきっと自分に都合良く自分が被害者のように捻じ曲げるだろうなと。
そんな嫌らしい人間な事が、悲しいです。
私は変われません。
夫もきっと、変われません。

お気をかけて下さり有難うございました。

【追記】
守谷様
自分で気付く事の大切さとは…。
それについて、なんとも思ってないから分からない。
悪い事をしたと気付けないなら、謝っても意味がない。

無知は罪という事ですね。

分からないなりに、今後の事も踏まえて考えて行きたいと思います。

有難うございました。

「怒られる・怒らせた」問答一覧

「怒られる・怒らせた」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ