hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

幸福を苛む存在

回答数回答 1
有り難し有り難し 10

私が常軌を逸した言動の多い特異な人間であったこと、そしてそれを理由に多くの人から拒絶されて暴力を振るわれたことを以前投稿した質問で述べさせていただきました。

そして、そんな忌々しい記憶の呪縛から逃れられない今の私には、とうとう新たな悩みのタネが生まれてしまいました。

それは、
『今私が感じている幸せが、心ない何者かによって蹂躙されるかもしれない』という不安です。

私が息を呑むほどの絶景に圧倒されていると、誰かが私を背後から突き飛ばしてくるのではないか・・・。
森の小動物や愛犬そして愛猫と触れ合っていると、誰かが彼らを蹴り殺さんと襲ってくるのではないか・・・。
自転車で街を走っていると、背後から猛スピードで追いかけてきて、私の後頭部を執拗に殴打しにくるのではないか・・・。
私が人とコミュニケーションを図っていると、誰かが私の過去の行いを逐一周囲に広めては孤立する様に仕向けてくるのではないか・・・。
私が買い物をしていると、いきなり買い物かごを取り上げられて無慈悲にひっくり返されるのではないか・・・。
『〇〇の分際で 』と、今の幸せが徹底的に破壊されてしまうのではないか・・・。

誰かが、誰かが、誰かが、あいつが・・・もし・・・・・。
この様な妄念に取り憑かれ、それでも『己の弱くて醜い部分を人様に曝け出してはいけない』と平静を装っているうちに精神がかなり疲弊してしまいました。

常に目に見えぬ不安に苛まれ、折角の牧歌的な幸せを素直に享受できない苛立ちと憎しみが無意識に噴き出してしまいます。
この不安からどうやったら解放されるでしょうか。

2020年9月16日 20:46

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

心と現実、両方を見る

 こんにちは。先日読んだ本で、「集中力というのは、生き物から見れば特異な状態である」とありました。普通の生き物たちは、常に自分の生存について周囲に注意を払わねばならず、例え食事であったとしても、そこにだけ集中していたら、命の危険に対応できない…ということでした。
 ですので、あなたの文章を読んで、「ああ、この方は平和ボケしていないのだ、常に注意を張り巡らせているのだ」と思いました。
 つまり、「俺が自転車で車道を走っていても、車の方が必ず避ける」とか思っている(あるいは、その危険さえ気付かない)人よりも、よっぽどまっとうに生きているのかも知れない、と思います。
 ですから、その例で行けば、あなたは自転車で街を走っている時、かなり周囲に注意を払っているはずです。そして、恐らくその結果として事故に遭っていない。「不安である」と共に、「事故に遭わなかった」という現実も、ちゃんと見て欲しいと思います。
 また、夜寝るときには「今日も猫との時間を邪魔されなかった、今日も変な噂を立てられなかった、買い物も無事にできた…」という「結果現実」にも思いを馳せてほしいと思います。
 それは、「あー今日も何もなかった、詰まらない一日だった」と無為に過ごしている人より、幸せが多い人生と言えるような気がします。
 あなたが心の平穏を得られるとすれば、それをきちんと繰り返し積んでいった結果であろうと思います。
 注意深く生きることは、あなたの表現では「己の弱くて見にくい部分をさらけ出している」かも知れませんが、それってまずいことでしょうか?

2020年9月17日 23:19
{{count}}
有り難し
おきもち


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。
返信が遅れてすみません。
(長くて拙い文章になってしまいました。時間に余裕がある時にでも読んでくだされば幸いです。)

なるほど、『結果現実』に目を向けるということですか。

身近にある自然の移ろいに身を寄せながら時にはその雄大さに圧倒され、
豊かな山の幸を森の動物たちと分け合って暮らす今の生活は私にとってはこの上ない至福のひと時だと思います。

 しかし、この幸せは多くの人々の協力や(時には哀しい犠牲)のもとに成り立っている生活であると私は実感しています。
 だからこそ、あまりにも自分本位な暮らし方をしていると、この幸せが消えてしまいそうで怖いのです。(全く合理性のないものかもしれませんが、私には
 『自分は常に危険にさらされている』と自覚することで、この幸せが逃げないようにしている。それは裏を返せば、『これだけ不安な素振を見せていれば、自分はきっとこの生活を手放す必要はないだろう』という傲慢さの権化とも言えるのではないでしょうか。

常に周囲を警戒しているということは、一見すれば注意深いと感じるのかもしれません。
 しかし、私は不安とは『もしもの時に備えるためのリハーサル』だと考えています。
 様々な事態を想定し、時間の許す限りで出来るだけ多くの最適解を構築してみようという試みです。
 どれだけ注意深くても、いざ起きてしまったことに多かれ少なかれ対処出来なければ、それはただ心を擦り減らすだけのあだ花です。

そのような意味では、注意深く生きるということは、『己の弱くて醜い部分を曝け出す』ことと同義だと言えるのかもしれません。

 世の中には他人の不幸の匂いに群がり、汁を一滴残らず吸い尽くさんとする悪い虫が跋扈しています。だからこそ、注意深く周囲を警戒する自分ををひた隠しにし、平静を装っている。
 
 ところで、私は植物を人間に照らし合わせることをよくします。
 硬い殻を持ち、猛毒を仕込んだ種子。それを包む果肉は硬く、同じ猛毒が含まれている。彼らを食べようとする動物はまずいないでしょう。美味しくないし、毒だし・・・・。
 彼らにとっても、それが防衛策として最適だったはずです。
まさか、そんなおおよそ食用にはならないであろう実を『是が非でも食べてやろう』と意気込む酔狂な人間が現れるまでは・・・。
丸ごと酒に漬けられ、硬い殻はいとも容易く割られて『この中身が美味い』などとご丁寧にほじくり返されたり・・・・・彼らからしてみれば散々な結末ですね。

こんな風に、自分の中の警戒心をどれだけ高めて自分自身を偽っても、一定数はいる賢しい連中によって看破されてしまい、私は為す術もなくいいようにされてしまうでしょう。

そういう点においても、過剰な注意深さとは時に己の醜さ弱さを周囲に感づかせる引き金となってしまうのかもしれないと思った今日この頃でした。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

「幸せとは・幸せになりたい」問答一覧

大切な人を幸せにできません

恋人といった具体的な名前のついた関係ではないのですが、話していて特別心地よく過ごせる同性の大切な人がいます。今は一時的に遠距離になってしまい、ネット上でしか言葉を交わしていない状態です。 彼女はバイトが忙しく、毎日深夜に帰宅しては眠り、夕方に起きて仕事に出かけていく日々を過ごしています。一方、私は以前の仕事で上司に人格や存在そのものを否定される言葉を掛けられてから、約1年ほど社会復帰出来ていない状態です。所謂ニートです。 私と彼女はそれでも仲が良く、むしろお互いがお互いを好きだと言い合える関係です。ですが、頑張って仕事をしている彼女に応援する言葉や労う言葉しか言えず、しかし自分は言葉ばかりで彼女と同じ苦労をしていません。私は高卒ですが、中卒の彼女が汗水流して働いているのだから、とてもではないですが同じ土俵に立てていません。 バイトを探して面接に行っても、受からなければまた暫く行動出来なくなります。新しい仕事に慣れるまでの不安、職場の人間と良い関係を築けるかの不安、何よりもっとも恐れている他人に叱られることへの不安が頭をよぎってしまいます。お願いします、彼女のために胸を張って一緒にいられる私になりたいです。またいつか会えたときに、恥ずかしくない私になりたいのです。どうか、お言葉頂けないでしょうか。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

不幸になりたがる

私は不幸になりたがっているのだと思います。幸福になる勇気をいただけませんか。 常に人に怯え、悪口を言われている被害妄想がやめられません。 楽しいことや贅沢なこと、着飾ることに大きな罪悪感があります。本当は嫌なのに長時間働いたり休みの日に勉強したりすると、罪悪感が薄れて落ち着きます。おしゃれをして遊びに行くと、自分には楽しむ資格がないと感じ、楽しいふりをしてしまいます。 不幸の原因は大きく以下4つだと思います。 ・いじめをした ・かつて恋人を裏切った ・ブスだった ・親を恨んでいて、親への当てつけのために不幸になろうとしている ・子供の頃は弱く友達ができませんでした。だから中学では強くなりたいと、たくさんの同級生を無視したり、力の強い子に媚びましたが、心が成長すると深く後悔するようになりました。 私がいじめたたくさんの人たちに、私が幸せになっているところを知られるのが怖いです。 ・かつて一人の人と長い間交際しました。恋人はとても私を大切にしてくれましたが、私は別の人(今の夫)のことがどうしても好きになり恋人をこっぴどく振りました。あのときはそれが最善だったし後悔もしていませんが、ひどいことをしたくせに私が幸せになっているのを元恋人に知られるのが怖いです。 ・子供の頃は人に容姿を馬鹿にされることもありました。また近くで他人の容姿の話が聞こえると自分はどれほど悪く言われているだろうと怯えていました。今でも、おしゃれをしても痛々しく見られているような妄想がやめられません。 ・子供の頃に母から「勉強しないと良い暮らしが送れない」と言われ、人と比べられ、行きたくない塾や進学校に通いました。家で嫌な思いをたくさんして、感謝など全くありません。だから母の正しさを認められず、母が間違っていたと思い知らせたい衝動が止められません。私が不幸になってもきっと母は単に勉強が足りずに不幸になったと思うでしょう。私が幸福になれば母は母が頑張ったおかげで私が幸福になったと思うでしょう。私が幸福になって母が誇らしげにするのがとても嫌です。 私が幸せになるかどうかなんて私の勝手だとわかっているのに、いざポジティブなことをしようとすると発作のようにブレーキがかかってしまいます。本当に不幸なのではなく単に幸せになる勇気がないんだと思います。幸せになる勇気になる言葉をいただけませんか。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

幸せだけどいつでも消えたいです

タイトルの通りです。わたしの意見や価値観を理解してもらえることが少なく、わたしは今ここにいる価値あるのかな、とかわたしの意見はどうでもいいんだなぁみんな、とか思うようになりました。たしかに友達も彼氏も家族も大好きですが消えたいです。 わたしの友達や家族は論破がだいすきです。たしかにそうだなって思うこともあるけれど、論理的であれば全て正しいわけではないですよね。でも、論理が立たないことを説明しようとしてもいつも理解してもらえません。だから人にわかってもらうことを諦めてきました。 結婚を考えてる人がいますが、同棲をするに当たって姉妹の説得をしなければいけません。わたしの就職の関係で、同居していた姉と妹が契約を延ばすことになったからです。わたしのために契約延長したんだから、責任持ってあと1年半は同棲するなと言われています。でも、出来るだけ早く今の彼と同棲をしたいです。前に進みたいからです。 以前、彼と出会う前にわたしは大好きだった人に捨てられて子どももおろしました。 その前に付き合ってた人にはずっとモラハラを受けて、わたしが価値のない人間だから人に従って生きるしかないんだと思っていました。そんな過去を捨てたい、早く今の彼と新しい人生を歩みたい、そう思っています。 でも、人にこの話をして説得して同棲を認めてもらう過程が辛いです。わかってもらうために話をしても、全てねじ曲げられてきた過去が自己主張しようと言う気にさせてくれません。わたしは辛かった過去を言い訳にして戦わない弱い人間なのでしょうか。悲劇のヒロインぶっている気がして、この話をだれにも言えず、彼と付き合っていて、婚約までしているのに、幸せなのにいつでも死にたいです。消えたいです。 死ぬのは怖くありません。堕ろした私の大切な子供に会いに行くだけですから。(地獄行きかもしれませんが) 中絶した過去も今の彼にはまだ話せていません。いつか捨てられる、軽蔑される、いつまで経っても過去と決別できない。もう、代償なのはわかっていても生きているのが辛いです。 ごちゃごちゃに話してすみません。わたしは、自分の思っていることを素直に話していいのでしょうか。話すのがめんどくさいと思うわたしでもいいのでしょうか。わたしは自分がかわいそうだと思っている悲劇のヒロインに見えますか?死んでもいいですか? もう疲れました助けてください

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

自分のせいで幸せを壊してしまった

はじめまして 私の結婚して2年目になる旦那は、私の過去の恋愛などをすごく知りたがります。 そのきっかけは、 私が旦那の将来のことを思い、今後のことを考えて思いを伝えたことが、元彼と比較されたと思ったらしくそこから気になって仕方がないようです。 そこから、元彼(10年ほど前)とはどんなことをしたのか、普段の会話から性的なことまで根掘り葉掘り聞かれます。 隠してるつもりはありませんので、伝えたいのですが、10年ほど前のため記憶も曖昧です。その曖昧さも、気になる一つの原因となり、旦那がわたしの過去に囚われているように思えます。 また私は、別れたり、好きだった人など過去に何かあった人は、 今自分が好きな人がいるので、 過去の人物は、自分の中で嫌な思い出として思い出したくもないという存在になっているため、 わたしの過去に囚われているような旦那を見ると、話すこともつらく、思い悩んでしまいます。 とはいえ、覚えていることは全て話さないとと思い、話題が出たタイミングで、思い出したことを全て打ち明けています。 旦那とは、今後別れたりなどは全く考えておりません。一生添い遂げると思っています。 しかしながら、私が比較されたと思ってしまうようなことを話してしまったのが原因です、 わたしが幸せを壊してしまいました。 今後どのように接すればさらに幸せに近づいていくのでしょうか? ご回答いただけますと幸いです。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る