hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

コロナが怖くて好きなことができない

回答数回答 2
有り難し有り難し 12

世界的にコロナウイルスが蔓延しており、日本でも毎日感染者数がニュース速報で流れています。

私も2月ごろからコロナ対策を実施し、外出等の自粛や手洗い消毒の徹底をしどうにか感染せずに過ごしております。
専門家によっては、数年から数十年はこのような暮らしが続き、もう昨年までのような日常には二度と戻らないと言われています。

今は、平日は毎日仕事に行き、休日は自粛のためほとんど家にいます。
昨年までは、スポーツ観戦や音楽鑑賞等アクティブに過ごしていましたが今年は1度も行っていません。

世間的に経済活動が再開して娯楽産業やイベントも再開して日常の一部が戻ってきています。
しかし、私はまだ戻れていません。

コロナが怖いからです。
病気になると苦しい、命を落とすかもという怖さよりコロナにかかると犯罪者扱いをしてしまう世間と、誰かにうつしてしまい殺めてしまうかもという怖さが強いです。
コロナになると会社やお客様に損害や迷惑がかけてしまいます。
世間の目、会社(上司)の目が怖い、そして会社でコロナ第一号になりたくない。ということが要因として大きいと思います。

他の人は、居酒屋で飲みながら会話したり、キャバクラや性風俗店に行ったりしています。
私だって飲みに行ったり、性風俗店に行ったりしたいです。
でも、もしかかったらと思うと何もできません。

SARSや新型インフルエンザの時はここまでしなかったけど、TVからの洗脳かもしれませんが恐怖感でいっぱいです。

これからは仕事だけで人生が終わると思うと本当に辛いです。
早くスポーツ観戦に行きたいし、居酒屋、性風俗店だって行きたいです。

どうのような考えで人生を歩んでいけば良いでしょうか?
怖がって何もできない私とキャバクラや性風俗店に行ったりしている人との考え方の違いってなんでしょうか?
どこでも行ける人が羨ましいです。

2020年10月18日 10:06

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

先ずはあなた自身を大切に

拝読させて頂きました。
あなたがコロナウイルス感染症にかからないようにと心がけて遊びに出掛けないのはいいと思いますよ。それがあなたの選択ですし感染予防の為にリスクのあるとこに出掛けないのは先ず最良の方法です。
観戦に行ったりする方は可能な範囲で三密を避けるよう心掛けているのかとも思います。とはいえ電車に乗ったり列に並べばやはり感染リスクはあると思います。性風俗に行って遊べば当然不特定多数の方々との濃厚接触の回数が増えますから感染リスクはあります。ですから自分だけはかからないという考えは間違いでしょうね。
確率の問題ですからリスクの高いところに行けばかかる可能性が増大しますからね。
最終的には個人個人の判断です。トランプ大統領に何度言っても何を言っても彼がマスクをつけるのを推奨はしないですから、感染リスクが高いので感染したわけです。とはいえ彼は万全の医療体制で臨んだでしょうし、大統領選挙もありますから回復して早く出てきたのでしょうからね。

歴史を見ればほぼどのような感染症も沈静化して治療方法も見つかって落ち着いてくるものです。かつてのペストやスペイン風邪インフルエンザの時に比べて飛躍的医療技術は進歩していますから、そのような観点で冷静に見ていくといずれは良い治療方法は開発されるでしょうし、人々の抗体力も高まってくるでしょう。
ですからただいたずらに恐れおののくのではなくてできるだけ感染リスクを抑えて落ち着いて毎日を生活していくことかと思います。

先ずはあなた自身を大切になさり予防に努めていきましょう。いずれ必ずスポーツ観戦やアウトドアを楽しむことができる状況は整ってきますからね。

2020年10月18日 16:28
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...

人生の主人公は あなたです!

 FGOさん、こんにちは。ハスノハに相談を寄せて頂き、有り難うございました。この相談は、FGOさんだけではなく、多くの方々が抱く質問だと思いました。FGOさんには、まず透明なコップに8割水を入れた物を用意して下さい。そして、その水をおよそ2/3まで飲んでください。さあ、FGOさんはそのコップを見て、何を思うでしょうか。
「水が 2/3なくなってしまった」と見るか、
「水がまだ1/3残っている」と見るか。
このわずかな捉え方の違いが、実は人生において大きな違いとなっていきます。
 人間は、様々な技術や社会制度・貨幣制度などによって、安心や安全・安定を創り上げてきました。そして、それが当たり前になっていました。ところが、新型コロナ騒動によって一挙に安心や安全・安定が崩れました。当然、だれもが混乱し、失った物を強く意識することになりました。しかし、その混乱が少しずつ落ち着いていく中で、もう一度私たちの現実を見直してみることを提案します。つまり、このような厳しい状況の中でもまだ自分の身の回りにあるもの、残っているものを改めて大切に受け止めることです。そのような視点の転換が、FGOさん自身の今後を支えていくことになるでしょう。
 私自身、新型コロナ以前は、人間があまり物事を考えずに生活をしていたのではないかと思うようになりました。専門家や役職者が言っていることに従っていたら、大きな不自由なく生活できていたからです。しかし、全世界での新型コロナ騒動は、これまでの様々な見通しをひっくり返してしまいました。だれも、正しい予測が難しい時代となったのです。だから、これまでのように誰かの言うことをそのまま従っていたのでは、人生の進路を誤ってしまうことになります。
 「主人公」これは、元々仏教の言葉です。「自分が人生の主人公だ」と覚悟することで、苦しみも多いが、その分生まれた意味や生きている喜びを強く感じられるようになります。「世間ではこうだが、自分がこうだ」と、日頃から物事をしっかり見て、考え、意見を聞き、その上で自分で決断する、そのことを一つひとつ丁寧に重ねていく時代になっていくのだと思っています。
 30代という社会の中核になりつつあるFGOさん、このコロナ騒動をきっかけに、一回りも二周りも視野の広いあなたに脱皮をしていただければと思っています。ハスノハの僧侶一同、応援しています。

2020年10月18日 17:43
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


1971年生まれ。本願寺派布教使・源光寺第14代住職 別名「絵本のお坊さん...

「事件・犯罪・災害・戦争・コロナウィルス」問答一覧

コロナ死の父への酷い態度、その後悔

父が新型コロナで亡くなりました。保健所から濃厚接触者だと連絡が来てから亡くなるまで、私は父に何ひとつ優しい言葉をかけず、それどころかまるで汚い物のような扱いをしてしまいました。謝る事や、今まで育ててくれた事への感謝もできず逝ってしまい、日々激しく悔やんでいます。 父は軽い認知症で、デイサービスに週3回行く事が唯一の楽しみでしたが、そこで感染しました。濃厚接触の連絡が来た時、私はただ迷惑としか思わず、冷たい態度をとりました。感染者が少ない地域で、仕事先や子供の学校で『第一号』になれば白い目で見られてしまう…絶対に感染りたくない!と考えて。父は何も悪くないのに。 二世帯住宅でしたが「うちには絶対来ないで!」と言い渡し、母のみに看病させ、父に声をかける事すらしませんでした。PCR検査と入院は私の車で送迎しましたが、「絶対に喋らないで!」と釘を刺し、寒空で窓を全開。父は何度も『寒い…』と呟いていましたが、私は(喋るなと言ってるのに…)と舌打ちしていました。気管支炎で息が苦しいので、マスクを下にずらしてしまう父に、「マスクしろ!」と車内で何度も鬼の形相で怒鳴りました。ドライブスルーPCR検査で1時間弱待たされている時、私は車外に出て、父を1人放置しました。行きも帰りも私はずっと不機嫌な態度で接していました。 入院する事になった時も、すぐにマスクをずらす父に、窓全開の車内で何度も怒鳴りました。 そのイライラした感情のまま、病院の裏口のドアから看護師に支えられながら中に入る父に、低いトーンで「頑張ってね」と言ったのが父との最後でした。 歩いて、荷物もしっかり自分で持ってドアの向こうに行った父が戻ってこないなんて思わなかった… 入院して暫くして「悪化」の連絡が来た時、自分の態度を猛省し、何とか戻ってきて欲しい、酷い態度を謝りたい、今まであまり親孝行ではなかった分を償いたいと奇跡を祈っていましたが叶いませんでした。遺体とも会えず、遺骨となって戻った父。なんて酷い娘だったのだろうと思うと苦しくて仕方がありません。 車内で、寒い寒いと言っていた父。怒鳴る私に、叱られた子供のようにマスクを直した怯えた顔の父。その父の姿が目に浮かび、胸が締め付けられます。父が逝ったのは私のせいではないかとさえ思えてしまいます。 父に謝りたい…私の心を父に届けるにはどうすればいいのでしょうか。

有り難し有り難し 61
回答数回答 2

地震でパニックになる

こんばんは、お世話になっております。 これを書いている数十分前、関東で大きな地震が起きました。お坊さん方はお怪我などありませんでしたでしょうか? 私は昔から地震だけは極度に怖がってしまいます。というよりパニックになってしまうのです。 揺れるとその場にしゃがんだり何かにしがみつかずにはいられなかったり、大きそうな揺れだと部屋の中をあちこち走り回ったりだとか、「いやだいやだ」とか「落ち着け落ち着け」とかかなり大きな独り言を揺れが収まるまで言ってしまいます、 傍から見たら完全に頭のおかしい人間だとしか思われないと思うのは重々承知ですが、家だろうが公共の場だろうがこのように取り乱してしまいます。 正直声に出して自分に落ち着けと言い聞かせているくらいならかなり成長した方だと思っています……でなければ走り回ったりしてしまうので。 ただ先程も家の中で地震に遭ったとき自分で落ち着け落ち着けと言っていたら、母親からうるさい黙れと怒鳴られてしまい、自分なりの気持ちの落ち着け方をさえぎられた事で半狂乱になって叫んでしまいました。(何故かうちは食器棚を普段から開けっ放しにしている事が多く、今回も小さく揺れ始めた段階からいつものように開けっ放しにしてあったため私が「閉めて!」と叫んだら母に「食器棚の扉がなんだ」と怒鳴られ、そこからパニックは始まってた気もいたします…) これを書いている今も恐怖で涙が止まらないです。どうして怒鳴られなきゃいけないんだというきもちと、こんな意味不明な行動怒鳴られて当然だという恥ずかしさで本当に嫌になります どうしたら良いのでしょうか…本気で悩んでいますし直したいです

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

危険だとわかっていて買い物に出ました

コロナ禍になり、ついに自分の地域にも感染者が出ました。 自分の周りにも濃厚接触者の人が出て来ましたが一人は陰性、もう一人の方は検査待ちといった状況です。 なのでどちらかに陽性であれば私は濃厚接触者ということになります。 そんな中友人に遊びの誘いを持ちかけられましたが自分の周りが少し危ないということで遊びは延期になりました。 その後自分は資格試験があり県内の街の方へ行くこととなりました。 その際に友人とは「危ないから試験終わったらどこにも寄らないで帰る」と話し、実際に試験が終わった際にもそうしようとしていました。 しかし自分は試験が終わった気の緩みから買い物だけなら…と街中の行きつけの店に入りマスクをずらした状態で化粧品のタッチアップを受けました。 その後楽しい気持ちのままにSNSにそのことを書きましたが、これを友人が見ていたらしく誰がと書いていたわけではありませんがSNSに「自分が誰かに移すとは思わなかったのか」「バカなのか?」と書き込んでいるのを見ました。 時間帯的にも重なるので間違いなく自分のことを指していると思いました。 怖くなりました。 嬉しさがあったとはいえ気が緩んで街中のお店に入ってしまったこと。それを友人も見ている場所に書き込んでしまったこと。もしかしたら自分も濃厚接触者となるかもしれないとわかっていたのに人が多いところに行ってしまったこと。 罪悪感を感じています。 あのまま試験が終わったあと、自分の立場を考えて帰ればよかったのに。 自分を庇うわけではありませんが手洗い消毒等の対策はとっていたものの、もしまわりの人に陽性反応が出たらということ。 状況が状況だけに後悔だけが浮かびます。周りの人達が無事であることを願うことしかできないです。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

コロナ鬱かもしれません

私は母親が大好きで会いたくて話したくて甘えたいのですが、母は基礎疾患があるので、自分がもしコロナウィルスを持っていてうつしてしまうのが恐くて会いに行けません。父にも姉にも姪っ子にも会いたいのですが、同じく恐くて会いに行くのが億劫になっており、もう半年以上会っていません。 私はとても敏感になってますが、周りの友人や彼氏は、コロナに気を付けてはいるけど、普通に飲みに行ったり旅行に行ったりしてるので、何で自分はこんな不安になってるんだろう、馬鹿らしいなと思ってしまいます。自分も気にしすぎず過ごせたら1番良いのですか、やっぱり会いに行くのは恐くて行けない、でも会いたくて堪らなくなり涙が止まりません。 仕事中もそのような事を考えてしまい涙が出てきて暫く職場に戻れませんでした。 友達や彼氏にこの気持ちを愚痴りたいと思いましたが、そもそもコロナをそこまで気に留めてない人に話しても理解してもらえずもっと苦しくなりそうだと思い相談できず、誰にこの気持ちをぶつけていいか分からず質問させて頂きました。 どうしたら周りの人と比較せず自分の考えに自信を持てますか?また家族に会えない寂しさをどうしたら埋めれますか? あと、不安症な性格はどうしたら治せますか?

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

コロナ禍での心気症

こんにちは、只今コロナ禍の中就活をしている学生です。 1番気になってるのは身体のことなのですが、項目としては生き方を選択させていただきました。少し長くなるかもしれませんがお付き合いください。 4月に少し体調が悪く、コロナを患ったかもしれないという思考になり毎日朝起きれるのか、いつ死ぬのか、1ヶ月後にはいないと考えるようになりました。テレビの放送予定などを見るのも、その日生きているか不安だったぐらいです。 しかし5月後半から、自分はコロナではなく難病や重篤な病気にかかって弱っていってるのではないかと感じるようになりました。身体も変な症状は実際かなり起きているのです。ですが、複数の病院へ行っても異常が見つからず鬱ではないかと言われました。オンライン上でも、心気症(自分が重篤な病気に罹ってると囚われること)また身体表現症状だと説明されました。 それでもまだ何らかの症状が出たりするので、いつ死ぬのかと毎日ビクビクしながら生きています。まだ若いのにと涙が止まらない日もあります。 同居している家族には言えず(コロナも罹るのが怖いというよりは罹ったら親に責められるかもしれないという思いが強かったです。私が体調を崩したら母は私を責めるのでしんどくても言い出せません)4月から必死に恐怖を隠して生きています。 体調に関しては気になるところの部位が色々変わったりしていますが、毎日3食栄養のあるものを食べ、できるだけ寝ているので幸せなことですし感謝しています。 それでも死んでしまうのではないかと怖いのです。お医者様の言う通り精神的なものだったらいいのですが、、   この先どんな心で生きていったらいいのでしょうか?「死は怖くありません」とか言われても20歳前半でそれは受け止められないので、生き方を教えてください。 これまで、誰よりも運があったし毎日周りにも神様にも沢山感謝してきました。今も感謝はしていますが、恐怖に支配されすぎており、自分が自分じゃないようです。 部屋の掃除をしていたら、自分は死ぬからその前に掃除しているのでは?とか就活の日記を書いていたら、これが最後の日記と呼ばれるようになるのかも、とこんなことばかり考えてしまいます。 こんな私に喝をいれてくださいませんでしょうか。 長々とすみません、貴重なお時間頂戴いたしました。

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る