hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

父はどう思っているのでしょうか?

回答数回答 2
有り難し有り難し 31

父が亡くなる直前まで心労をかけてしまいました。

婚約後、価値観の違いから衝突して、入籍の無期限延期を言われたのですが、
話合いをしても平行線で、自らピリオドを打ちました。

当時入院中だった父は病室から何度か電話をくれて
「心配しているけど、自分の将来なんだからおまえに任せる」と言ってくれていました。

遠距離恋愛の為、名古屋まで話合いに向かいました。
彼の要望を聞いていると、私が望むごく一般的なつつましい結婚生活は期待できそうもなく、好きな気持ちはあるけど、先々の事を考えて交際自体も終わらせる事を選んで自分の住む町へ戻りました。

翌朝、父の容体が急変し、16日間の危篤状態を経て他界しました。
この期間私の為に頑張ってくれたような気がしてなりません。

父も理解してくれていたこととはいえ、死の直前まで心労かけました。
その所為で死期が早まったのではないか?
糠喜びさせて、悲しい気持ちのまま旅立ったのではないか?
悔やんでも悔やみきれません…

父の訃報はSNSなどで知ることが可能ですが、彼からは音沙汰なしでした。
最後はお互い納得して別れたのに、別れてしまったとはいえ、ひと月まえに家族になっていたはずの人なのに…。

親族への挨拶まで済んで入籍直前なのに自分の都合で延期を言い出したのに、両親への説明や謝罪もしてくれませんでした。

別れることまでは考えていなかった彼ですが、その言い分が自分にだけ都合の良すぎるものだったので、私から去ることを決断しました。
それでもお互い人としての義理人情はあると信じていました。

私は愛されていなかったんだ…
今は内省していないと気持ちの置き場所が見つかりません。
職場の人もみんな知っていて、誰に対しても申し訳ない気持ちです。
私の状況を知る親族も二重の悲しみを抱いています。

葬儀の間、隣に座る姉の横には姉の旦那さんが居て、
本当だったらあの人がここに座っていてそれだけで救われたはずなのに…

父の死をこんな絶望感で受入なければいけないのは何でなのだろう?
私は何をそんなに間違えたのだろう?
彼氏に自分の気持ちを言ってはいけなかったのだろうか?
たまに彼に対して恨みのような感情が沸き上がるのが辛いです。

父の死、ただそれだけを悲しむことができればどんなにいいか…。

「お父さん、ごめんね。」
父に会いたいです。

2021年5月24日 16:40

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

親が子を心配するのは自然なこと、それが愛情です。心労とは違う

今ここに書かれた想い、仏様がお父さまに届けてくださっていますよ。

よく考えて結婚するものです。それは、お父さまがよくご存知です。だから、あなたに任せると仰った。違和感や価値観の違いへの気づきは大きいわ。一生連れ添うことを考えたときに、あなたの決断は間違っていなかったのです。彼の本心を見抜けたのですから。

親が子を心配するのは自然なことであり、それが愛情ですよ。心労とは違うわ。

お父さまは、精一杯に生き抜かれたのですよ。よく頑張られましたよね。これからだって、あなたの生き方を見守ってくださっていますよ。ずっと親子なのだからね。
そして、またいつの日か、お浄土でお遇いしましょうね。それが、仏様のお救いですもの。

私もこちらから手を合わせます。

2021年5月24日 18:11
{{count}}
有り難し
おきもち


はじめまして(*^^*) 中田みえです。 住職として、高校生の息子の母親...

ふと思ったこと。

ご質問拝読いたしました。

話が飛んでしまうのですが、
御容赦ください。
愚僧は御縁があって、
名古屋のお寺の住職を継職
することになり、
2年半ほど月に何度か、
名古屋に通っておりました。
 
仕事を辞めて、
経営している会社を譲り、
名古屋で骨を埋める覚悟が
できずに破談になって
しまいました。
前住職を始め皆様に、
大変なご迷惑をお掛けして、
いまでも大変申し訳なく、
お詫びしてもお詫びしきる
話ではございません。

理由は愚僧が 
決断出来なかったこと、
でございます。

いまは立派な方が、
継職されていると聞いています。

未練や後悔しきりでは
ございましたが、
結果として理由が
わかりました。

まずは、
あれだけ心身ともに、
健康であった両親が、
要介護になり、
痴呆やせん妄が進み、
随時介護が必要になりました。
在宅での介護が困難となり、
2人ともグループホームに
昨年末入所しました。

そして、
経営する会社ですが、
このコロナ禍で、
休業や時短営業に
追い込まれました。

東日本大震災でも
計画停電等影響を受けましたが、
そんなものが比でないほどの、
大打撃でした。
いまも影響を受けています。

仮に会社を譲っていたとしたら、
おそらくは倒産または、
廃業必至だったと思います。
経営を委ねることの人材が
まだ育成できていないからです。

あの時に、
住職継職を断念したのは、
やむを得なかったのだと、
いまは考えています。

どうかあなたも、
いま決断したことを後悔する
のではなく、
決断が正しかったのだと、
思えるような人生を
開拓し歩んでくださいませ。

お父さまも同じだと思います。
聡明なお父さまのこと、
あなたのお気持ちは、
もうお見通ですよ。

自分が選んだ道を
真っ直ぐに歩みなさい!
お父さんは、
お前の幸せを常に祈っているよ。

と声無き声が聞こえて
きませんか?

もうご自身を責めるのは、
おやめなさい。
お父さま悲しみますよ。

しっかりと前を見据えて、
あなたがあなたらしく
生き抜いていくことが、
何よりの御供養であり、
親孝行でございます。

愚僧もあなたの幸せを
祈ります。
どうかお幸せに!

2021年5月25日 1:15
{{count}}
有り難し
おきもち


浄光寺の花山雲吉です。 くよくよと考えてもしかたがありません。明るく前向...

質問者からのお礼

【中田 三恵様】
温かいお言葉をありがとうございます。
心労とは違うと言っていただけると救われます。
願わくば両親と同じように親になり、孫の姿を見せたい。
そこへのこだわりが今回の破談になる理由のひとつでもあります。
未だ親になれていない私は両親に心労をかけたとばかり思っていました。
母からも「あなたの選択は間違っていないし、お父さんも分かっているからね」と言われました。素直に受け取れず申し訳なくなってきました。

親って、親の心って、本当に有難いですね。
生まれ変わってもこの両親元に生まれたいと願います。
もしもこの先母になることが出来たなら、父母からもらった愛情を
その子供に惜しみなく注ぎたいと思います。

葬儀の後も沢山人が訪ねてくださり、父の人柄に救われています
父のように徳のある人になれたらと思います

お気持ちを寄せていただき、本当にありがとうございます。
このような状況下で拠り所になってくださったこと深く感謝いたします。

【花山 雲吉様】
ご自身の辛い経験のお話まで聞かせていただきありがとうございます。
コロナウィルスによって世界や人の心が善くも悪くも左右されているように感じます。花山からのコメントを拝見し、そんな中でもいかに希望を忘れずに生きていくのか、そのことがとても必要なのではないかと考えさせられました。

「決断したことを後悔するのではなく、決断が正しかったのだと、思えるような人生を歩む」
これからの私の生きるの道標となるお言葉です。
いまは常に「ごめんなさい」と思ってしまいますが、いつか全てのことを「ありがとう」へと変換できるように頑張ります。

花山様も現在大変お辛い状況の中とは存じますが、どうかお身体を大切なさってください。ありがとうございます。

【僧侶の皆様へ】
まだまだコロナウィルスの状況も安心できませんね
この場で私のように悩みを抱える人に優しいお言葉かけてくださりありがとうございます。相談の内容によってはそのお心が傷ついたり、抱えきれない気持ちになってしまうこともあるのではないでしょうか?
私はここで自分が相談させていただいた内容に対して、自分だったら返す言葉もないかもしれないと思うばかりです…。
皆様の存在によって救われる心がたくさんあると存じますが、
どうかお身体やお心調子を崩されませんように…
いただいた温かさを励みに日々を頑張りたいと思います。

「身近・大切な人の死・亡くした後悔」問答一覧

父は今、私の傍にいるのでしょうか?

2ヶ月前に父が亡くなりました。 自分が7歳のときに両親は離婚しております。 原因は父にありましたが、離婚後も家族で会ったりお出かけしたりしていたので、仲は良好でした。 当時はいつもまた一緒に暮らせないのかと、願っておりました。 大学に進学する際、近くに1人で住んでいた父の元で2人で暮らすことになりました。 嬉しかったのですが正直どう接したら良いのか分からず、戸惑い、距離を置いてしまいました。 しかし大学で馴染めず精神病にかかり、莫大な学費を父親が全て払ってくれたにも関わらず、僅か1年で中退しました。 その間もずっと、休学費用、生活費、病院費等全て父が負担してくれていました。 その後引っ越して一人暮らしするようになり、父と会う機会も少なくなりましたが、 父はいつも心配してくれていて、少なくない金額を振り込んでくれていました。 総額にしたら、結構な金額になると思います。 普通のサラリーマンだったのにです。 その父が1年半前くらいに家族で会った際 「癌が見つかった」と話しました。 私は心のどこかで「まだ大丈夫」「いつか治る」と思っていました。 或いは受け入れられなかったのかもしれません。 癌と聞いて、もっと会いに行ったり連絡をすれば良かったのに、 私はたまに 大丈夫?と連絡する程度で、特別なことはなにもしていませんでした。 そして数ヶ月前に複数箇所へ癌が転移。 2ヶ月前に亡くなりました。あっという間でした。 家族で最期を見届けることができたことは幸いでしたが、未だに後悔しかありません。 なぜもっと大学で頑張れなかったのか。 もっと仲良くしておけば良かった。 癌と分かってから、もっと会いに行けば良かった。 お金ばかりかけてしまって、謝りたい。 1番謝りたいことは、 父が亡くなったあとに知ったのですが、父は私が父のことを嫌っていると思っていたようなのです。 会って、その誤解を解きたいです。 葬儀の夜、父の遺品のネクタイで首を吊ったのですが、怖くて死ぬこともできませんでした。 そのとき、暑い夜だったのに異常に寒くなったので、もしかしたら父が傍にいたのかもしれません。 父に会いたいです。 会って今までありがとう、本当は大好きだったと伝えたいです。 父は、いまわたしの傍にいてくれているのでしょうか? まとまらず、長文で申し訳ありません。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

自責と後悔と共に生きる。

妹の死のことで何回も投稿してるものです。今回は少し空きました。何度もすいません。 今日も今思ってること、僕の現状聞いてください。 妹が急死してから8月26日で4ヶ月立ちました。 良く生きて来たなあと思います。 ハスノハを初め死別について色々相談したり自分で調べたりもしました。 やはり今でも罪悪感、後悔、自責が強いです。全く薄まりもしないです。 のでこの思いと共に生きるしかないなと最近は思ってます。 とても苦しいことですが、しばらくはこのままで生きて行くしかないなと思ってます。 あの最後の日、仕事休むか、早退すなかったこと、前日も当日も調子悪そうだったのに、心配するどころか、思いどおりにご飯食べない、薬も全然飲まないことに対して怒ったこと、そもそも死ぬ半年前から薬がよう飲まんくなってきてたのに、お薬ゼリー買ったり、薬切ったりした程度で他に何も対策しなかったこと、薬は基本本人かヘルパーさんか施設の人に任して自分は飲ましてなかったこと、僕はただ車イスの妹を介護タクシーで毎月病院に連れていって薬をもらってきてだけでした。薬をもらってきて飲ましてはなかったのです。意味ないですよね。僕が飲まさないとね。だからもっと早く入院させたり施設に入れとけば助かったのに、とか色々な後悔がありますが、その思いは自分の心から涌き出て来るのでどうしようもないのです。誰に何と言われようが。 だからこの思いを持ちながら生きて行くしかないなと思うのです。それが嫌なら死ぬしかないですが、僕が今死ぬわけには生きません。 あとは妹への供養、妹を思うこと、感謝、今後も妹の為に生きること、苦しくても、耐えて生きること、ご飯食べる事やトイレ行く事も罪悪感あるけど、それでも生きること、母をやがて看とるまではとりあえず生きること、仕事中に涙出ることもあるけど、生きることしかないなと思います。ホント回りに直接こういう話し出来る人居ないのは辛いですね。子供や若い家族との死別経験者がいたり、こういう重い話し聞いてくれる人がいたらなあと思います。 仕事仲間はみんな妹の話しは聞いてくれる空気ではありません。最初のころ妹の事色々話してたら何故か激怒されたので、仕事仲間は信じれません。妹の死を何と思ってないようです。 仕事と仕事仲間は適当に利用してやります。 まあだいたいこんな気持ちで今は生きてます。 何か助言あったらお願いします

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

父が亡くなり、心が苦しいです。

2020年の年末に父親が急逝しました。 亡くなった日の事は、母から聞きました。 仕事一筋の父は、亡くなるその日も仕事をしており、家に帰って来てお風呂に入った後、背中の痛みを訴えました。母は、父の顔色が悪い事が気になり、救急車を呼ぼうとしましたが、父が背中の痛み程度で救急車は呼ばないで良いと止めました。 母は、顔色が悪い父の事が心配で病院受診を何度もお願いし、ようやく、父の重い腰が上がりました。 それでも、救急車ではなく、父が自分で運転をして夜間救急に行ったそうです。 救急には患者が溢れており、順番待ちでソファーに座って待っていた所、容体が急変、急に意識が無くなったそうです。緊急手術で転院が必要となり、救急搬送中に亡くなる可能性もある事を説明されたそうですが、一縷の望みをかけて、転院。救急車の中では、母が父の手をずっと握っていたそうで、最初は父も手を握り返す力があったようですが、転院先に到着した時には、父の手から力が抜けていたそうです。転院先の手術室に父が入って30分〜1時間もしないうちに、母と兄は手術室に呼ばれ、手術台の上には、目を開けず息をしなくなった父が横たわっていたと聞かされました。 実家から遠く離れた地に嫁いだ私は、最期のお別れもできませんでした。 告別式、初七日、四十九日…と、法要を済ませ、父が亡くなってから日が経つのですが、最期を看取れなかった事を未だに悔やんでおります。 そして、初盆には帰省するつもりでおりましたが、このご時世、県外への移動も制限され、仏壇の前で手を合わす事も叶いません。 いつも父の事を思い出し、ごめんねと涙を流して心の中で謝ってばかりです。 この様な状態では、父が喜ばないのも知っていますが、父を思うと心が苦しくなります。 旦那に父の話をしても、他人事のような感じですので、話が出来ません。 父が亡くなってからは、地元を離れて県外に嫁いだ事すら後悔する様になりました。 父が喜んでくれた結婚にも否定的で、離婚して子どもを連れて地元に帰ろうかとも考えるようになりました。 父が亡くなって日が経てばどうにかなると思っていましたが、未だにお別れが出来なかった事や自分の選択に後悔してばかりで、辛いです。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

妹の初盆。

お盆の忙しい時に毎週毎週同じ事ばかりすいません。 今日も亡くなった妹についてです。 妹は今年の4月に亡くなったので、今月が初盆です。 精霊棚構えて、位牌置いて、葬竹のなんか飾ってもらって、施餓鬼の紙とか飾ってもらって、玄関にも何か旗飾って、燈籠も準備して、お盆にはお坊さんに来てもらい、その後も、お寺に行ったり、最後とぼしあげで終わるようですが、そもそもこんなことして妹の為になるのか、まだ生きてたらこんなことしなくて良いのにとか、こんなことをこんなに早くやるはめになるとはとか頭ぐちゃぐちゃになりながら準備してますが、辛いだけです。 時間は経っても、まだ妹がいるのでは、もし生きてたらとか、やはりあの日助けることが出来てたはずなのに、自分のせいで死なせてしまった罪悪感があります。 妹が亡くなった日から毎日同じことを思ってます。1日も休まることがないです。 自分のせい、自分のせいの繰り返しです。 慎重さが足りなかった。 いい加減に看てた。 これまで何度も死にかけたけどその都度助かってたので、妹には強運がある。 死にはしないだろうという軽い気持ちでいた。 為に殺してしまったと激しい罪悪感と妹への申し訳なさ、何より死んでしまった本人が一番かわいそうでなりません。 僕は今までは確かに1人でよくやってきたと思います。 凄いと思います。 しかし妹はこんなに早く亡くしてしまっては今までの事は全て間違ってた、のだと思ってしまうのです。 今までは何とか毎日生きて来ましたが、ただ生きてるだけです。 母の少しの世話と簡単な家事とトイレ、風呂、くだらん仕事の繰り返しで、何もないです。ダラダラ生きてるだけです。 暑いせいか食欲もなく頭も痛い、吐き気もして、毎日キツイです。 ハスノハに投稿されてる他の方も身内亡くされた方は物凄くつらそうで、文章読むだけでもかわいそうです。 特に子供亡くされた方の投稿は自分に似てるのでかわいそうです。 妹は40まで生きましたが、もっと早く学生、幼児期に亡くなってる方は本当にかわいそうです。 皆さん絶望してると思います。何を言われてもその時は少しだけ気持ちが楽になるのですが、またすぐに元に戻ってしまうと思います。 身内、特に自分より年下の弟、妹、子供亡くされた方々はどうやって立ち直ると言うか、絶望から脱してるのでしょうか? あと初盆や毎日線香あげは意味あるんでしょうか?

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

母を死なせたという気持ちが消せない

先日、10年間介護し続けた母が旅立ちました。 朝目覚めた私が起こしに行ったときにはもう息を引き取っていました。 悩んでいるのは、「母を死なせてしまったのは私だ」という思いについてです。 亡くなる前日、訪問看護師さんと二人で見ていたときやや微熱気味であったこと、やたら眠たがること、受け答えがぼんやりしていたこと、今思えばいくらでも様子がおかしかったことに気付けたはずなのに… 依然もっと高熱が出た時は、しっかり朝まで寝ずに様子を見て元気になるまで頑張ったのに、どうしてその時は夜の見守りをしなかったのか。 母を寝かせた時平熱に戻り他のステータスも問題ない値だったことに油断して、友人とオンラインでの会話が楽しくて、「安定してたし大丈夫だろう」と一通り会話したあとそのまま様子も見ずに寝てしまったことが今でも悔やまれます。 あの時ちゃんと油断せず朝まで起きてつきっきりでいれば絶対死ななかった、 見に行かなかった私が母を殺してしまったんだと後悔する気持ちでいっぱいです。 思えば、最初に倒れた時から状態が悪くなるたびにずっとこうしたらよかった、ああしたらよかったと後悔を繰り返しているのに、 私はなぜ学ばないのだろう、なぜ油断してしまうんだろう、大好きな母のためのはずなのに自分が楽しい気持ちを優先して母を見殺した親不孝者と、怒りの気持ちも沸きます。 周りは交代制でもない一人の人間が24時間見守り続けるのは大変なことだ、しょうがないと言ってくれますが、介護のために仕事も辞めたのですから本当はしょうがなくなんかないだろう、ちょっと様子見だけでもしていたら助かったはずなのにとどうしようもない気持ちになります。 正直に言えば母のためにこれからの人生もささげるつもりだったのもあり、後を追ってしまいたい、でも私にはまだ父も兄もいて、その二人に同じ苦しみを与えるのかと思い踏みとどまっていますが、 この気持ちが時間で解決できるのだろうかと、目の前が真っ暗な状態です。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

亡くなった母に謝りたい

今年6月6日に母が亡くなりました。昨年10月から入院しておりました。 私は他県に住んでおりコロナが広がるまでは年に2〜3回顔を見せていました。同居している兄は歩けなくなった母を一生懸命世話してくれました。 入院してからは兄が病院に行ってはリモートで様子を教えてくれていました。 亡くなる一ヶ月前、兄から「母さんの状態が良くない亅と知らされたのですが、すぐには行きませんでした。あの時自分が何を考えていたのか、今思うと理解出来ません。また持ち直すと思っていたかも知れません。 6月4日に兄から「今から来れるか」と連絡がありすぐに出かけました。 その日は病院の先生から話が聞けると思っていたのですが、到着が遅くなり病院へは行けませんでした。 次の日も先生が病院にいないという事で行けず。 その次の日、朝早く病院から連絡があり、駆けつけましたが「つい先程亡くなりました」と言われました。 信じられませんでした。 一ヶ月前に直ぐに駆けつけなかった事、亡くなる朝、もっと早く行ってあげていれば。 一人で逝かせてしまった事。 どんなに痛かっただろう、辛かっただろう、寂しかっただろう。 親不孝の大馬鹿者だと毎日後悔の気持ちで過ごしています。 本当に取り返しのつかない事をしてしまった。 6月4日、実家に着いた時から三日間、私は実家の猫に引っ掻かれ傷だらけになっています。 狂ったように飛びかかって来ました。 これは、怒っているお母さんが猫に乗り移っての行動かと思っています。 毎日写真を見ては、話しかけていますが、母は怒っているんじゃないか、どんな気持ちでいるんだろう? 取り返しのつかない事をしてしまった。 胸が締め付けられる思いで苦しいです。 長い文になりまして申し訳ありません。 お言葉を頂けましたらありがたいです。 宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る