hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

夫との関係を修復したいです。

回答数回答 1
有り難し有り難し 6

初めてご相談いたします。

結婚して半年の夫婦ですが、夫から離婚を切り出されました。理由は、私の夫に対する態度が冷たかった為に鬱になってしまったから、と言われました。仕事がつらかった時にそのつらさを訴えていたのに話を聞いてくれなかったと夫は言っています。

言い訳になるかもしれませんが、夫が冷たくしてしまっていた時期は私も仕事による鬱で、家に帰るとボーッとしたり、話を聞けなかったり、セックスができなかったりしました。しかし、もう少し夫に対する感謝や愛情を持って過ごすことはできたと、今になって思います。

後悔しても遅いことはわかっておりますが、私は夫のことが好きなので離婚はしたくありません。現状、今までのことを謝り、自分の良くなかったところを変えようと努力していますが、夫の気持ちが戻ってこないのではないかと不安な毎日を過ごしています。

もう一度夫から好かれるには、関係を修復するには、どうしたら良いでしょうか。可能性が薄くても諦めずに頑張りたいという意志はありますので、アドバイスをいただけると幸いです。

2021年8月26日 20:40

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

せっかくのご縁ですから

拝読させて頂きました。
ご結婚なさって態度が冷たくなってうつになってしまったということですが半年ですからね…。どうなのでしょうかね…。
ご夫婦の間のことですから最終的にはご夫婦でしっかりとご判断なさることかとは思います。
結婚して一緒に生活なさる中であなたもご主人様も仕事もプライベートも様々抱えて込んでしまってそれぞれ独りで思い悩んでしまったのかと思います。
せっかくご夫婦になったのですからやはりお互いのことを思いやり尊重しながら辛いことも含めて分かち合うことが大切かと思います。
そういうことも含めて再度お互いの思いをゆっくりとお話し合いなさってみてはいかがでしょうか?今ただ別れてしまうのでは何の為にご結婚なさり一緒に生活して歩んでいこうとなさったのかもわからなくなってしまうように思いますし、心残りになってしまうように私は感じます。

ご病気のこともお互い支え合いながら治療なさってみてもいいのではないかと思います。

あなたの人生もご主人様の人生も大切です。そしてご夫婦のご縁も大切ですからね。

どうかもう一度落ち着いてお二人ともしっかりとお向き合いなさって下さい。
お二人のこれからの幸せを心より祈っています。

2021年8月27日 0:22
{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございます。

話し合いは重ねておりますが、平行線を辿っています。ただ、夫もすぐに離婚とは考えていないようなので、ゆっくり様子を見ようと思います。

「夫婦生活の再構築・やり直したい」問答一覧

夫の愛と信頼は取り戻せるのでしょうか?

付き合って2年半、結婚して一年(一緒に暮らし出して8ヶ月)の夫婦です。 学生時代の縁あって再会し、遠距離で交際しました。 彼は学生時代から私に好意を持って下さって、幸せで満ち足りた交際期間を経てプロポーズを受けました。当時喧嘩もしたことがなく互いにこれからの幸せを信じて疑いませんでした。 彼のご実家は金銭的に貧しく、大学の奨学金に加え金銭の支援していたようで、私以前の彼女と一度結婚となったとき、金銭支援が原因で破談になった過去があります。金銭苦労されるも義母が専業主婦である部分に疑念を抱き、彼を通して義父に伝わり反対され破談に。(両親納得の上その後支援はしていない) プロポーズ前に一度、私自身その過去に不安を感じ、前の彼女と考えは同じで金銭支援はできない旨を伝え了承の上、結婚に至りました。 結婚前に義両親にお会いした際に、義父から「二人とも高給取りでよかったよかった」「わしら家族が邪魔なら海に捨ててくれていい」など言われもやもやがあったものの入籍。彼の妹さんが引きこもりからニートであることも不安でした。もやもやを友人と母に相談したところ、大きくなり、昨年末に繊細な話でありながら言葉を選ばず不安を彼にぶつけてしまいました。これが彼の信頼を失う地雷だったのです。 その一件のときに、彼は「この子は違うな」と思ったそうで私が試すように離婚を切り出すと離婚話に発展。私が引き留めその時は修復できました。 その後一緒に生活の中で大半は楽しい日々ですが、月に1回くらいの頻度で私の小さなイライラしたり怒ったりが引き金となり、些細なことから離婚の話になりました。 都度向き合い修復しましたが徐々に彼が次の喧嘩はいつだろう。という不安からやる気のあった仕事への熱も薄まり、仕事も家庭も辛そうな彼を一ヶ月前に知りました。 この度に及んで、不安と満たされない思いから、私の事好き?愛してる?と何度か聞いてしまい、遂に本気で離婚したいと言われてしまいました。 彼の根底には義実家のことを悪く言った事で信頼できないという思いがあり、喧嘩や互いの家族と会う時に思い出し苦しくなるそうです。 何度謝っても、謝らなくていい、許す許さないではないと言われ、わたしが離婚を拒否するため根負けして一緒にいる、前のようには戻れないと言われ、後悔してもしきれず苦しいです。夫の愛は取り戻せるでしょうか

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

取り返しのつかないことをしてしまった

 はじめまして。結婚生活19年目の夫です。妻との間に3人の子どもがおります。家族で出かけたり、子どもたちの部活の応援に行ったりと、家族のありがたみを感じながら幸せに過ごしておりました。  先日、妻からこれまでの私の言動に対して、激しい嫌悪感を持っていて、子どもたちがいなければとっくに離婚していたと言われました。  家事や子育てにおいて私が何もしてこなかったことを始め、仕事から帰宅後の私の態度、妻の話を関心持たないで聞いてしまったことや、妻が体調崩した時もいたわらないことを含め、妻に対しての思いやりがあまりにも欠けてしまっていたことなど、妻の私に対する積年の気持ちを聞きました。私は、自分のことばかりしか考えず行動していたのです。妻に言ってもらうまで気づいていなかったのです。本当に情けないです。  妻から言わせれば、何度も言ってきたのに私が改善しなかったから自業自得であると。その通りだと思います。本当に恥ずかしいし、世間の皆様からすれば「捨てられないだけましですよ。」と言われても仕方ないと思います。今更夫婦関係を修復したいと考えること自体が、独りよがりのわがままな考えであるのは重々承知しております。長年の私の言動に対して、謝っても謝っても謝っても謝っても、たった一度の妻との結婚生活、そして3人の子どもたちとのかけがえのない時間は戻ってきません。  これまでの家族の写真や、子どもたちからもらった手紙の数々を見ながら、今までの行動を悔い改めていかなければいけないと考えております。と同時に「もうおしまいなんだよ。」「離婚してお前が出ていけば丸く収まるんだよ。」という心の声に押し潰されそうになります。死にたいとも考えました。しかし、死んでも家族に更なる迷惑をかけるだけで、それこそ独りよがりのわがままな考えと思い、その選択肢は外しております。  妻はこれまで辛苦を重ねているときも、ずっと弱音をはかず頑張っていました。何もしてこなかった私がこんなことで…という思いがありますが、前に進むために様々な心の声に押し潰されずに生きていくためのご示唆をいただければ、大変ありがたいです。ご多用の中、申し訳ありませんがよろしくお願いします。

有り難し有り難し 30
回答数回答 1

妻への対応が分からない

以前も夫婦関係について御助言をいただき、ありがとうございます。しかし悩みは尽きず、未だ関係性の改善に至っていません。再度御助言よろしくお願い致します。 現在の夫婦関係は、数週間前に私の人間性への不満(男らしくない、頼りない)と私との子供を持つ事への不安から一緒に生活することが辛くなり、離婚したいと妻から申し出がありました。話し合いを行い、1年間の猶予期間で私が変われれば夫婦生活を継続、変われなければ離婚という事になりました。その際、私1人では変わる事は難しく、相談・協力が必要と話すと妻はそれを了承してくれました。 現在前向きな気持ちで自分磨きと関係性改善に向けて取り組んでいます。しかしまだ何も変わっていない自分と一緒に生活している妻のストレスは溜まるばかりで、関係性は悪い状態です。顔を見て話をする機会はほとんど無く、会話も少ない。 少しでも、ストレスを軽減したく話し合いをしましたが、「私の事はほっといて」と言われました。今は今まで生活で指摘された事を繰り返し指摘されないように心がけています。 今の妻の様子は、一緒にいる時間を減らす様に仕事帰りが遅くなったり、外出しています。家にいる時は声色は冷たく、ため息が多く、私へのあたりは強いです。 そんな妻への接し方が分かりません。妻の言葉のまま放っておいていいのか?関わる事が更に負担になるのでは?。今は自分が変わる事が1番だと思い、行動しています。たまに妻のあたりに、自分の心も滅入りそうな事もあります。 どうかよろしくお願い致します。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

家庭を機能させるということ

以前、自分が毒親であることについて質問させていただきました。今、娘は精神科に入院しています。そして夫と二人三脚で娘を支えていくようにと教えていただきました。 ここで以前、言えなかった別の問題があります。娘の体調不良がわかった同じ時期に、私の不貞行為を夫に知られたのです。私は不倫相手と口論になり警察を呼ぶ羽目となりました。そして不倫相手とは二度と接触しないという上申書を書き、夫が身元引き取り人として警察署に来てくれました。 夫は婿養子です。地元を離れ私の故郷に来てくれ、こちらで転職しました。自宅は私の両親から与えられた家です。 こういうことがあり、娘を支えなければいけないときなのに、夫とまともに話すことができずにいます。とても怒っているのが伝わってきます。二人三脚できそうもありません。 娘が大変な時期に私は何てことをしたんだろうと本当に反省しています。 娘も私たち夫婦の様子がおかしいことを敏感に察しているように見えます。娘には話していません。 夫は離婚したいのかもしれません。ただ、夫には帰る実家がありません。 いまは少しずつ話しができるように様子見をしている状態です。 いまの家庭の状態では娘が退院しても、また悪化してしまいそうです。 どこから治していけばいいのかわかりません。どうしたらいいのかわかりません。 私の両親には私の不貞行為のことを話しました。両親は夫婦のことは夫婦で解決しなさいと言いました。そして2人で娘を支えていくようにと同じアドバイスをもらいました。 うまく伝えられなくてすみません。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

夫婦・家族関係を修復したい辛い

子連れ再婚をし(小学生2人)、春に3人目を出産しました。再婚の際はお互い力合わせて頑張ろうねと話したのですが、夫婦喧嘩の時に早く離婚をしてほしいと言われ、連れ子を好きになれないし嫌いとも言われました。 夫婦喧嘩は夫の八つ当たりです。八つ当たりを指摘した際に口論になりました。私も言い方がキツかったのですぐ謝りましたが聞く耳を持たず、話しかけてくるな、死ね等の一点張りで話し合いになりません。どうにか熱を冷まして仲直りが出来ればと思うのですが、やはり修復は難しいでしょうか…子連れ再婚。自分の考えが甘かったと言われればそれまでなのですが、諦めたくないです。 家族みんなで楽しい日々を過ごせないのかと思うと胸が張り裂けそうです。死ねと言われて真に受けてしまう程の精神状態で、子ども達もいるので強くならねばと思うのですが、かなり苦痛です。このまま子どもも一緒に死んでしまいたいと思ってしまいます。 文章ではなかなか伝わらないのですが普段の夫は、一緒に買い物や遊びに行ったりしてくれ、勿論子どもも夫に懐いています。 子どもを最優先に考えて即離婚!の意見も分かりますが、私は専業主婦で貯金もなく、勢いで離婚はしたくないという気持ちと、どうしても大好きな夫の傍にいたいという気持ちが恥ずかしながら捨てきれません… とりあえずほとぼり冷めるまで私からは話しかけない方がいいのでしょうか。 早く前みたいに戻りたいという気持ちか出てしまい、無視されても話しかけてしまいます。私はどうすればいいのでしょう。心が痛いです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

夫に優しく接することができない。

夫とは付き合って間も無く同棲しましたが、仕事で精神的・体力的にも限界で、夫(その時は彼)にあまりかまってあげられず寂しい思いをさせてしまいました。その上仕事のストレスを彼に愚痴ったり、触れあいもあまりなく、お付き合いしているのに酷いことをしてしまいました。彼は大切な人です、なのに何故そう接してしまったか悔やんでいます。 そして同棲して数年目のある日、彼が風俗関係を利用した疑いがあり、その証拠を彼に詰めよりましたが、決定的な事にはならずあやふやなまま。 動揺し別れを考えましたが、私が冷たくしてしまっためと反省し、なんて愚かだったと泣いて後悔しました。できることなら時間を戻してやり直したい位です。 その後彼への態度を改めるようにしていますが、以前の彼とは感じが違い、今度は私が孤独になってしまい、彼への束縛に繋がり悪循環におちいりました。 今は以前より二人の関係は悪化しています。 私は私で過去の疑惑を考えてしまいあの時の動揺が甦り、夫への態度もさらに変わってしまったようです。優しくしなくてはいけないのに… 忘れられない事を忘れるにはどうしたらいいのでしょうか。 自分としてはあの時の動揺を思い出さずに夫へ愛情を注ぎたいと思っています。 全ては自分が責任なのに、アドバイスいただくのは申し訳ないですが、どうかお願いいたします。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る