hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

罰が当たった

回答数回答 1
有り難し有り難し 3

此方で何度か質問させて頂き、死にたい消えたい気持ちは消えませんが、人間いつか死ぬ。皆様と仏様がいらっしゃると思い、少しだけ前に進んでみようしました。
しかしながら今更やり直そうとしても、怠惰に生きてきた為、罰が当たったのかなと思います。
安月給で誰でも出来る内容ですが仕事があり、転職は躊躇してしまいますが、自信をつけたくて働きながら何か資格をと相談してみました。しかし、キャリアにならない仕事しかしてこなかったおばさんに何も出来ない。時間とお金の無駄。そんなことよりお年寄りと結婚して遺産で暮らせば?等、正論ですが無能な私が悪いですが、勝手に傷ついてしまいました。
婚活も少ししてみましたが、誰からも相手にされません。若い頃から、子供の頃から男性からは好かれないタイプでした。
やっとと思って見つけた相手に対しても、どうせ相手がいないから仕方なく付き合ってくれてる。だから相手に合わせなきゃと気が張り空回りしたり、どうして良いのか分からなくなったりで、思えば最低な付き合いをしたと思います。捨てられて当然でした。
過去の虐めから男性が苦手なので、出来れば一人で生きたいですが今更寂しくなり、どうしたら良いのかわかりません。
世間の幸せを基準にしなくても良いと回答して頂きましたが、やはり世間のように生きないと心苦しいです。
今更おばさんが何をしているの?と嘲笑われてるようにも感じます。
真っ当な人生を送らなかったので、罰が当たったのでしょうか。どうしたら赦されるのでしょうか。教えて下さい。

2021年10月2日 13:02

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

人の評価も時が飽きる

 人の評価を考えると自分がどうしたら良いかわからないようですね。
 ちょっとゲーム感覚で楽しんでみませんか?いつまで私のことを噂しているのかな?私にそんなに興味があるのかな。そんな話題いつ消えるか楽しみに待ってみましょう。それを楽しみ仕事をしましょう。
 いつの間にか消えた噂であなたは楽になりますか?噂が無くなり急に寂しくなりませんか?私はそこまで耐えました。噂は3日程度。自分に関心がなくなった時、自分のペースで仕事しました。忍辱(ニンニク)という仏教用語があります。意味は寛容な心を持つことです。
 人生はやり直し出来ません。でも忍辱はいつでも身に付けられます。

2021年10月2日 14:11
{{count}}
有り難し
おきもち


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。ロクでもない人生ですが自業自得なので、他人に批判されても寛容な心を持つしかないのですね。

「寂しい」問答一覧

さびしいけれど人が怖くて動けない

私は現在50代後半の専業主婦です。 家事はそれなりに大変ですが、子どもは大きくなり、あまり手はかかりません。 1年前までパートをしていました。 その仕事を辞めたのは、いくつか理由があります。 人間関係で悩むことがあったこと、結構肉体労働があり、体力がきつかったこと、そして接客業だったのですが、お客さんに自分の容姿を「気持ち悪い」と言われたように感じたことなどです。 辞めた理由になったことは、全てストレスでした。 辞めてからは、そういうストレスを感じることはありません。 日常は買い物に行ったり、ウォーキングに行ったりするだけなので、誰かに何か言われることもありません。 しかし、最近、このままでいいのかと思うようになりました。 家族以外、誰とも接点がない生活は、何のストレスもないかわりにさびしいのです。 なにか仕事でなくても、たとえばボランティア、子どものPTA活動など、何か始めたほうがいいのかもと、時々考えます。 でも、何となく人が怖いのです。 前のパートの時にいろいろうまくいかず、また、それ以前にも子どものママ友のなかでもうまくいかず、他人のなかに入ると必ず何か起こり、そのことが自分を悩まします。 夫は、「本当に働かなくてはならなければ人から何を言われようが働くものだ。 それができないのはやっぱり甘いんだ。」と言われます。 そのとおりだと思います。 働くのは多分今は無理そうです。 きっとボランティアもPTAも、やってみればまたそこでの人間関係に悩みそうです。 さびしいから何かやろうとするのは辞めたほうがいいでしょうか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

家族と離れて暮らす寂しさ

いつも相談に乗っていただきありがとうございます。 このたび主人の海外赴任が決まりました。期間はおそらく数年です。コロナ規制の非常に厳しい国で、この情勢ではなかなか気軽な行き来はできなくなります。 以前こちらでもご相談させていただきましたが、子供がほしいね、と夫婦で意見が一致し、妊活を始めようとした矢先のことでした。 私は仕事があり、ついて行くことはできないので、夫は単身赴任になります。仕事を続けたいという私の気持ちを尊重してくれて、そのことはとてもありがたいです。 反面、異国の夫と長く離れてひとりで暮らす寂しさが日に日に増してきました。お互いの年齢を考えると、帰国後に妊活も難しいと思いますし、行き来ができない以上は子供も諦めざるを得ないのかな、、、と思っています。 本当は夫には海外に行ってほしくないですが、夫のキャリアを考えると、やはり行かせてあげたいし、夫も、もしどうしてもあちらで辛かったら会社を辞めて帰国するという選択もあると言ってくれています。 頭では今のままとりあえず夫に赴任してもらうのが良いとわかっているのですが、ふと、夫と遠く離れ、子供もおらず、一人で暮らしている自分を考えたとき、深い孤独感を覚え、自分の人生に虚しさを覚えます。 これまで自分なりに努力して、十分な収入と安定した社会的地位を得ました。そのことは間違っていないと思う反面、この年になって、やはり穏やかな家庭を作りたいという思いが強くなり、過去を後悔する気持ちが出てきてしまいます。もっと早く結婚していれば、近くに住んでいる人と一緒になっていれば、、、人生にたらればはないと思いながらも、親子三人で一緒に、転勤の不安もなく暮らす家庭生活を夢想してしまいます。 仕事を辞めてついていくことも考えましたが、それは自分のキャリア、努力を否定することになると感じ、やはりできません。かといって今の仕事が楽しいと思えるような状況でもなく、夫との別離、子供のこと、仕事と、悩みが積み重なって日々憂鬱な気持ちが続いています。 どのような気持ちで日々を過ごせばよいでしょうか。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺