hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

宗教は悪いものですか

回答数回答 2
有り難し有り難し 28

こちらで相談させて頂きながらではありますが、私はカトリックの教会に通っていて毎週ミサに参加しお祈りをしています。いつか洗礼を受けたいとも思っています。
しかし日本では宗教に「怖い」「気持ちが悪い」というイメージを抱いている人が多いように感じ、自分の信仰を後ろめたいもののように感じてしまいます。
親が宗教家だったから子が不幸になったというような話もよく聞くので尚更です。

私はキリスト教の教えを信じたいと思っていますが、仏教はもちろんその他の宗教も、信じるその人の心が救われるのであればそれで良いのではないかと思っています。
宗教が心の拠り所となり言動が善いものとなるきっかけになるのなら、宗教は怖くて悪いものなんかではなく、温かいものではないかと思うのです。

そして私自身は家族をはじめ、誰にも、私の信じる教えを押し付ける気はありません。
別の考え方を否定する気も全くありません。

でも、日常生活の中で、宗教を信じている人間は頭がおかしいというような言葉・記事・投稿を聞いたり見かけたりすると私は悪いことをしているのではないかという気になる時があります。

宗教を信じること、そして宗教そのものは悪いものなのでしょうか。

2021年11月13日 15:10

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

宗教は「温かいもの」

こんにちは。

「宗教は怖くて悪いものなんかではなく、温かいもの」という一言にあなたの思いが凝縮されています。その通りです。ましてや、「宗教そのもの」が「悪い」ということはないです。

一方、「宗教を信じている人間は頭がおかしいというような言葉・記事・投稿を聞いたり見かけたりする」のは私も同様の感触を持ちます。これには諸要因が考えられます。

ちょうど私が大学生の頃ですが、かのオウム真理教の事件がありました。この時に感じたのは、明確に「宗教そのもの」へのイメージダウンです。今にして思えば、あれは宗教に名を借りたカルト集団、反社会的集団の問題ではあったのですが、当時は仏教を含めて「宗教そのもの」が得体のしれないものという空気が一気に出来上がった感があります。

また、地方を離れて都会に移り住む人が急増し、実家でのお仏壇に触れる機会、日常的な宗教の継承が行われない時期と軌を一にすることで、益々「宗教そのもの」がブラックボックス化しました。

これに加え、映画などの娯楽でオカルト等と宗教をマイナスなイメージを結びつけるような描き方をすることも多々あります。この面で言えば、キリスト教への影響は大きかったのではないでしょうか(例えば、悪魔祓い、魔女狩り、聖職者の犯罪行為などを題材にした作品)。

私はつねづね思うのですが、こういった「宗教」(らしきもの)を描いて商品にしようとする人はショッキングなこと、「悪い」かのように並べたてるのは得意です。しかし、その監督なり、脚本家は「宗教は怖くて悪いものなんかではなく、温かいもの」を描くことは恐らく出来ないでしょう。なぜなら、「宗教そのもの」を知らないからです。「温かいもの」になる訳合や、道筋を聞いたことも、身を置いたこともないからです。ひと度、宗教を「温かいもの」と受け止めた人は、「怖くて悪いもの」として描くことはその良心が許さないに違いありません。

そもそも、「宗教」という一語で一括に出来るほど「宗教」は単純ではありません。世界各地の「宗教」を総括した定義はない、と言われるほどです。

「宗教」を批判する人は、「宗教」という言葉の意味も、言葉の内容も知らないで言っていると考えてちょうどよいと思います。お互いに「心の拠り所」は違えども、「温かいもの」を「温かいもの」として大切にしていきたいものです。

2021年11月13日 16:18
{{count}}
有り難し
おきもち


釋 悠水(しゃくゆうすい)
浄土真宗本願寺派報恩寺住職(兵庫県三木市) 本願寺派布教使 元本願寺布...
このお坊さんを応援する

信じ拝み敬うもの

拝読させて頂きました。
あなたがそうお感じなさるのも無理からぬことかと思います。社会の中で「カルト集団」による排他的な暴力的な教えや行動によって本当の宗教に関する見方が変わってしまったと私も感じます。

本来ならば宗教とは「信じ拝み敬うもの」とも言えます。

私達がこの世に生きる中で「心から信じること」「心から尊敬するもの」「心から手を合わせるもの」が仮に無かったらどうでしょうか?
その人生は本当に「豊か」であるでしょうか?
「信じること」もできず「尊敬に値するもの」にも出会えず、「大切」だとおもえるものもない生活や毎日や人生は本当に豊かと言えるでしょうか?

何も信じられずに誰の言うことも信じられず、日々常に疑いのまなざしを向けて不安ばかりを抱えながら生きることはどうでしょうか?

あなたの偏見を取り除いてみてどうかゆっくりと見つめてみて下さいね。

あなたが信じるに値するものはこの世に必ずあるはずです。あなたが心から敬おうと尊敬しようと思うものは必ずあるはずです。あなたが本当に大切だと思える教えが必ずあるはずです。

あなたがこれからの未来や毎日を心から信じあい敬い合い、大切な方々と一緒に心から幸せに生き抜いていかれます様切に神仏やあなたのご先祖様方に祈っています。

2021年11月13日 18:04
{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。
お二方とも、ご回答いただきありがとうございました。
宗教が「怖い」「気持ち悪い」というような言葉を聞く度に自分を否定されているような心持ちでずっと悲しくて苦しかったです。
なので、温かいご回答を頂き本当に救われました。
「宗教(らしきもの)」という表現はまさにその通りですね。教えの意味を本当の意味で理解して批判している人の方が少ないのだと改めて気付かされました。

偏見を持つ人たちに何を言われても、自分が温かいと感じたものを自分自身で疑わず、自分の中で大切にしていきます。

本当にありがとうございました。

「宗教について」問答一覧

神の矛盾に苦しむ。どう考えたら?

カトリックの家ですが、神父さんからも回答が無い問題で、5年間苦しんでいます。死を考える事もあるので、お知恵をお貸し頂きたく、質問します。 ヒルティの幸福論を数年前に読み、非常に感銘を受けました。只、その中に迷信も含まれており、書物や、人との出会いも時によっては導き、だと繰り返し書かれていました。そんなに熱心でもない信者でしたが、そんな事もあるのかと、自分の知らない宗教の神秘を聞いた気がして、信じてしまいました。当時出会った方と結婚までしましたが、彼女は面食いの私のタイプではなく、、すぐに苦しくなり、一年で離婚。彼女は嘆き悲しみました。 別れてからも、自分が神の導きに反した様に感じられて、自分を責めたり、神からも責められている気がして辛いです。洗脳されてるのだと思います。医師にも通っています。神様を信じる事も出来なくなり地獄です。私は論理的思考の持ち主なので、神様が元々の元凶じゃないか、と考えてしまいます。彼女をあれだけ悲しませたのを許せなかったりもします。何の為に彼女と結婚、離婚させたのだろうか、と考えています。彼女の嘆きを代償に、私は何も欲しく無かったのに。 又ヒルティが迷信を書いてたとしたら、何故それを神が野放しにしているかも納得出来ない。仏教でも、仏様を信じ過ぎて、変なことを言ったり書いたりする方はいると思います。その様な場合、どの様にそこから脱出すれば良いのでしょうか?助けて下さい、何卒よろしくお願いします。 もう5年苦しんでいます。自殺を考える位辛いです、、

有り難し有り難し 60
回答数回答 3

新興宗教を転々とする親子

こんにちは私は統合失調症でバツイチで出戻りの者です。私は新興宗教をしていましたが、誘ってきた友人が亡くなり脱会しました。母も一緒に入って辞めたんですが、母はまた40年来の友人からある宗教の新聞を読んでみたらと言われて、その新聞をその人がお金を出すから、読まないけど取ると言い出しました。その宗教はあまりいい噂を聞きませんが、母は入らないけど、新聞は取ると言います。父も気にしてないようなことを言っています。 私は近くのお寺の瞑想会に行っていたのですが、そのお坊さんが目の前で境内につばをはかれたので、注意するとつばを吐いてはいけないということはないと聞かず、目の前に水道があるんだから水道ですれば良いだろうと言いましたが聞きませんでした。瞑想は良いと思いますが、この住職はあまり尊敬できないなと思いました。 私が新興宗教をしていた頃の友人も元旦那と宗教のことで喧嘩になった話から辞めたいと言ったのですが、その時は旦那と喧嘩ばかりではハッピーも嫌でしょ?と言って辞めるということができず、集いに行ってその人は運命の人じゃない。と皆に言われました。私は旦那もわかってくれるはずとお経を読み、集いにも参加しましたしかし、旦那も旦那の親族もわかってくれなくて、旦那が服を投げ散らかし、ゴミ分別せず、私は不満で、旦那は私が仕事をみつけることができず、職業訓練を受けやっと就職した会社を3ヶ月で解雇され、その職場の上司にハッピーさんは障害者?と言われて病院に通うようになり旦那に仕事しないならあなたとは暮らせないからと言われて離婚しました。その後その誘ってきた親友が亡くなり、母が母の親友である人に私が病気である。自分の体がきついなど話たらしく、このようなことになった次第です。 本来、祖母も長寿で父も弟も立派に働いていて毎日手作りの温かい料理が出て、働く場所もあり幸せなはずなんですが、母と私の心の病は深く、私の将来を心配するあまりに母が母の親友である人に相談して入いっただけの話なんですが、この先よくあるこのお墓を買ったら幸運になれますよとか信じた母が先祖代々続いているお墓を墓じまいして、新しい墓を建立したりしないか不安です。また、その友人に父の愚痴を言っただけで私のように父と離婚しなさい。と言われて離婚するようなことがあってはいけません。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

どう解釈したら楽になれるでしょうか?

あまり熱心でも無いカトリックの家です。 数年前にヒルティと言う偉人の著書、幸福論を読んで感銘を受けました。只その中に、書物や人との出会いは神の導き、と言う言葉があり、私の知らない宗教の神秘があるのかと信じてしまいました。導きは、タイミングとか、困難が取り除かれるとか、不思議な事が起こる、と書かれていました。 当時出会った女性が、その人!だと、内心はタイプでは無かったですが、自分の内心にも気付かず結婚。でもすぐに苦しくなり、一年で離婚、彼女は嘆き悲しみました。愛してくれていたので。彼女の気持ちが分かるから私も非常に辛かったです。以来4年半経ちますが、離婚した事が神に逆らった様な気がして苦しんでいます。 人との出会いが神の導きでは無いと頭では今は思っていますが、内心がまだそうは思ってないみたいです。神が何故こんな事をしたんだろうと悩んでいます。神は優しい筈なのに、彼女もあんなに号泣して、私も苦しんで。神に救いを求めようと思いますが、発端が神の導き、なので、それも出来ず、、逆に神に腹が立ちそうな、疑念が出来てしまいました。どう解釈したら、楽になるのかなぁ、、偉人のヒルティや古代からのキリスト教の中に間違った教えが含まれてる、と言う事だとは思うのですが、本では繰り返し信仰の重要性を書いていたので、、良い事も沢山書いていましたが、洗脳されてしまいました涙 彼女との結婚、離婚に何か意味があったのでしょうか。彼女が今はどうしてるか知りませんが、2年間はラインが来ていました。辛そうでした。彼女と結婚、離婚して何か良い事があったとは思えなくて。彼女の犠牲を代償に何も欲しくなかったし。神様ひどい、と思ってしまいます。何か意味があったのかなぁ。何卒宜しくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

我々だけが正しい?

へタな日本語はすみません。日本住んでいるアメリカ人です。 アブラハム系の信仰は「排他主義」だとよく言われます。例えば、多くのクリスチャンやイスラム教徒は、"自分たちだけが正しい。他の宗教の信者は永遠に地獄に落ちる" と考えています。これは公式の教義です。 中世キリスト教の十字軍、イスラム教のジハード、「異端者」の殺害、「魔女」の焼却、「異教徒」の強制改宗など : 西洋の歴史では宗教的暴力はよく見られます。このような暴力は、アジアの歴史に、欧米に比べてめずらしいだと思います。 アブラハムの「排他主義」のせいで、私は家族が信仰するキリスト教に嫌悪感を抱くようになりました。"道徳的な神は、不信者を永遠に地獄で焼かせるようなことはしない"と思った, 子供ときから。 仏教に興味を持ち始めたのは、仏教の方が洗練されていると感じたからです。仏教の方が洗練されていて、心が広く感じられたからです。慈悲深い感じがしたからです。仏教の「方便」という考え方は、真理への道がいくつもあるということですよね。 しかし、日本の仏教にも若干の「排他主義」があるのではないでしょうか?例えば、親鸞上人は「このひどい時代には念仏だけは適切です」と考えていたそうですね。 日蓮上人の「四箇格言」は、他の宗派に対して特に批判的なようです: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E7%AE%87%E6%A0%BC%E8%A8%80 私は親鸞聖人も日蓮上人も深く尊敬していますが、彼らの信者はお互いに尊敬し合えるのでしょうか? では、21世紀はどうだろう。日本の宗派は調和しているのか、それとも「排他主義」による緊張感があるのか。 親鸞聖人と日蓮上人の両方の書物を愛読することは許されるのでしょうか?どちらの説も、透き通った真実を見ているような気がします。私は、真言宗と天台宗の思想も大好。一方だけを選ぶことは必要でしょうか? 心がズタズタに引き裂かれるような感覚です。

有り難し有り難し 43
回答数回答 2

宗教の両立

実は僕、キリスト教の高校への進学が決まりました。志望校なのでそれはうれしい事間違いないです。 しかし、僕は仏教なだけにキリスト教系の高校に進学後、どうしてもキリスト様やマリア様がいると信じます。 でもそれは仏教の教えに違反しているっぽく、曖昧な気持ちになってしまい、まるで仏様や仏教関係の事を裏切ってしまったとみなされて、死後地獄行きかな?と思いました。 昔はキリスト教の禁止があったため、今もキリスト教を信じるのは厳禁なのですか?でもこれから崇拝も経験になりますし、賛美歌も合唱しますし、聖書も持つ事にもなりますので仏様やのの様、阿弥陀様、そしてその他の神仏様方には大変申し訳ない事ですがどうしても通る道になります。 でもそこで「宗教の両立」は可能なのか?と思うしかありませんでした(本当にあるのかな?と) もしそうだとしたら、僕は仏様とキリスト様はどっちもいると思います。 なぜなら、キリスト教は恐ろしい事に、神の存在を信じなければ恐ろしい事がまっているためです。それはそれで困るのでどっちも信じます。(つまり仏教とキリスト教はどっちも存在すると) でもそれでまた間違った考えを持った罪で地獄行き…(実際にそのような地獄は調べたら出てきました。) 「邪教を信じてはいけない」みたいな事が書かれていたのですが、キリスト教もその一つなのでしょうか? どっちみち「宗教の両立」も無意味なのでしょうか。 果たして、キリスト教を崇拝し、賛美歌も歌っただけでも大きな罪なのでしょうか? 改めまして、仏教とキリスト教は、宗教の自由だけどなるべく両立したほうがよいのでしょうか?ご回答お願いいたします。

有り難し有り難し 48
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺