hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

容姿コンプレックス

回答数回答 1
有り難し有り難し 12

学生の頃から容姿コンプレックスがあります。私はお世辞にも可愛いとは言えない容姿で、周りからも親からも褒められた記憶がありません。
自分なりに努力をしてみましたが、少しましになる程度なのでどんどん卑屈になる一方です。

男性とまともに付き合った経験もなく、周りが当然のように恋愛して結婚していく中で孤独感が一層強くなっています。
一度で良いから好きな人に好かれてみたかった、自分を認めて肯定してくれる人がほしかった。恋愛経験がない事で常に人間としてどこか欠けているように感じています。

最低かもしれませんが、最近では何でこんな容姿に産んだのかと親に怒りすら覚え、関わりを避けています。

もうずっと悩んできました。でも死ぬほどの勇気はなくただただ生きている感じです。少しでも状況を良くする為のヒントがもしあればご教示ください。

2022年1月26日 21:53

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

しかるべき人を頼りましょう。

もなかさん

おはようございます。

人は心が大切とか、中身だとか言いますが、そんなの綺麗事で結局まずは見た目で判断されるもんです。
だから見た目を清潔にとか、キチンとした服を!と言われるんです。

もなかさんも
「人は中身だ」なんて言葉、ふざけんなって思うのではないでしょうか。

私は結婚相談所で婚活カウンセラーもしていた経験があり
どんなに稼ぎがあっても
どんなに心優しい人でも
とにかく見た目を整えてなくては
お見合いにも至らず、
お見合い写真は本当に気を遣ったものです。

年をとってくれば
体型が崩れて美しかった人もそうでない人も同じになり
心が美しい人がモテます。

しかし
もなかさんは若い。
恋愛もしたい。自信を持ちたい。
当然です。

人は見た目なんて気にするなというかもしれませんが
そんな話ではないですよね。

私は現代医学の美容整形を
とても肯定しています。
依存して整形し続けなくてはいけなくなるようではいけませんが、
例えば一重瞼が二重になっただけで
人生が変わります。

ほんの少し手を加えるだけで
自信がつき性格が明るくなります。

また、
プロメイクアップアーティストも
素晴らしいです。
激変メイクができる人もいます。

もなかさん、ご自身のコンプレックスを
勇気を持って表に出して
美のプロに全面的に頼って下さい。
美のプロは頼ってくれる女性に
真剣に向き合ってくれます。

それにはお金もかかるでしょう。
人生を変えるための
資金調達に頑張って仕事をするのです。

現代では顔の造形も変えられる時代。
人に頼って下さい。
殻に閉じこもらず
人生を変えることにエネルギーを注いでみてください。
前を向き頑張っている姿は
人の心を動かします。
表情を明るくします。
そんなもなかさんに惚れる人もたくさん出てきます。

とにかく行動、前進、変化。
人生はこれから。
生まれ直しはいくらでもできます。

2022年1月27日 5:40
{{count}}
有り難し
おきもち


西條瑠真(さいじょうるじん)
浄土真宗本願寺派 報恩寺衆徒 1975年名古屋市生まれ。猫好き。動物好き...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。
恵まれた容姿に生まれたかったという気持ちは恐らくこれからも消えません。でもこのまま下を向いていても状況が良くなることはないということは心のどこかで理解しています。
自分の手で出来ることには限界があるので、勇気を出して少しずつでも人の手を借りてみます。
全てを諦めるのはそれからでも遅くないと思うことが出来たので、もう少しだけ頑張ってみたいと思います。

「容姿・外見の悩み」問答一覧

左目の容姿を欠損し、酷く不細工の別人の顔になりました。顔が自分のアイデンティティの多くを占めていたことがわかり、まだ絶望の日々です。ナルシストのところがあり、以前は鏡に映る自分の顔が整っていることに自分でも驚くこともあり、人生に感謝していました。逆境が多かったため、それと引き換えに人生が与えてくれたという神話を自分で作っていました。神経質で完全主義でありました。おそらく、愛情不足から、自他に自分を認めさせるためになったかもしれません。学校では成績1番や、資格は最上位(英検1級、博士号)などを目指し、そのようになりました。一方、神経質でもあり、本の角折れがあると新しい本に買い替えたりしていました(今は自分を新しいものに取り替えたいがそれができない状況です)。父親が仕事をあまりせず、借金を作ったり、アルコール依存であり、その逆境をバネに生きてきたようです。容姿が変わった理由は15年ほど前に酒に酔った父親から殴られてできた目尻の傷を消したくて、2年前に傷痕治療の専門院に行ったところ、医療ミスにより、数十倍ひどくなったためです。父親の呪縛、容姿に執着した自分の強欲さ、また、医師への憎しみなど煮えたぎった感情が蠢いています。自分の自分でなくなった顔を見ると絶望します。左目以外は整っていると感じるため、それらが逆に不気味です。皮一枚で自分が消える人生の脆さや不気味さが身に染みています。以前は鍵をかけて安心して生きられていましたが、今は鍵をかけたくても一生かけられない不安定な感覚にいます。 質問ですが、顔より中身が大切である価値観に辿り着くにはどうすれば良いでしょうか。他に、あるがままに(自分でなくなった自分をあるがままに)受け入れるにはどうすれば良いでしょうか。 これまでに取組んだ内容は、鏡を見ない、容姿を欠損した人の本や醜形恐怖についての本を読む、人を非難しない、薬物治療、心理カウンセリング、小鳥を飼う、整形カウンセリング(今の技術では修復不可だそうです)、客観的な意見をきく、等です。 心に他力本願の甘えがあるからこの状況が続いています。訳がわからない状況です。たくさんのご回答を頂きましたが、なにも変わらい私です。

有り難し有り難し 26
回答数回答 1

綺麗になることを楽しみたいです

初めて質問させていただきます。 自分の容姿について悩んでいます。綺麗になろうとすればするほど、自分が醜いように感じてしまうのです。   冗長かもしれませんが、経緯を書かせていただきます。   私は2年ほど前から鬱病を患っており、生活リズムも食生活もひどい状態でした。今では友人や家族のおかげもあって落ち着き、寛解しています。 ですが、鬱による無気力や生活習慣の乱れから、肌はボロボロになり、体型もかなり肥満になっていました。 そこで回復とともにダイエットやメイクの勉強を始めました。1年ほど前からです。   当時は回復期だったこともあってか、自分の努力次第で自分が変わっていくのがとても楽しくて、体型やメイクに気を使い、「私にはこういうメイクが似合うのか!」「私もちゃんとすればそれなりに見れる顔じゃん」と、毎日ワクワクしていました。 かなり痩せて、周りから「頑張ってるね!」と言ってもらえるのも嬉しかったです。   ですが、最近どうも様子がおかしいのです。 前は鏡の中の綺麗になった自分を見て嬉しくなっていたはずなのに、最近は「頬のシミが気になる、もっと良い美容液使わなきゃ……」「額の形が嫌、整形したいな……」と、コンプレックスばかりに目が向いてしまうようになりました。美容について勉強したり、色々なものを試すほどに、そうした意識が強くなっていくのです。 街を歩いていても、「私は他の人と比べて顔が大きいな……」「他の女の子はみんな美人ばかりだな……」と思うことが多くなりました。   もともと綺麗になることを楽しんでいたはずなのに(そしてそれが私の心を救ってくれていたのに)、いつの間にか義務感や強迫観念に変わってしまったような気がします。   こうして見た目に執着してしまう自分がとても俗的に思えて情けないですし、不健康な気もします。こだわりすぎてお金もかかりますし……この変化は一体何なのか、戸惑いが大きいです。   どうしたらまた前向きにお洒落や美容を楽しめるようになるでしょうか、何かご助言をいただけると嬉しいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

顔に目立つ疾患があります。

生まれつきの疾患が顔面にあり、普通の顔をしておりません。通りすがりの子供がお岩さんだと指差してきたり、知らないお婆さんに可哀想なお顔と憐れまれる、服屋の店員に「アレで何着ても無駄でしょ」と笑われる、仕事で対応した客に「お前と話したくないから他の人呼んで。」と言われる。それが日常です。被害妄想でしょと言われることがよくありますが、嫌悪感を剥き出す人は一定数います。 「すごく醜いってことは、美しくなる可能性が無限大ってことじゃん。」と自らに言い聞かせて、今まで耐えてきました。たくさんのメイク教室に通いました。イメージコンサルタントに行き似合う服を探してもらいました。ヘアケアと筋トレをしました。髪がツヤツヤで引き締まった、服に気を遣っているお化けが出来上がりました。鏡を見ると、我ながら気味が悪くて笑ってしまいます。本当に酷いんです。気持ち悪いという人の気持ちがよくわかります。単なる醜いを通り越しているんです。 正直もうやれることがないです。あれをすればこれをすればもっと頑張れば普通になれるんじゃないか、帽子とサングラスで顔を隠さなくても外を歩けるんじゃないかと、そういう希望に生かされてきましたが、弾が尽きた感じです。誰を見ても羨ましい。だって普通の顔をしている。みんな綺麗です。私はなぜ、ただ歩いてるだけで死ねと言われなくてはいけないのか。 私の望みは、①新しい顔をもらうこと、② 他人に気持ち悪い等と言われないことです。どっちも不可能です。顔も他人も変えられませんから。 結局、私にできることは、諦めることと、気にしないことなんですよね。なかなかそれができません。 希望が尽きて生きるためのエンジンが失われた感じです。なんでこのツラをさげて生きなきゃいけないんでしょうか。大した人生でもありませんし、苦しみに耐える意味はなんですか。なんだか、とても疲れました。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

整形について。親の優しさが辛いです。

私は今18歳なのですが、物心ついた頃から自分の容姿が大嫌いでずっと悩んできて体調が悪くなるほどでした。 ずっとプチ整形を考えていたのですが、小さい頃から親に心配をかけたくない一心で相談できずにいました。 ですが最近訳あって自分の容姿を他人に見せる機会が増え、コンプレックスがより気になるようになってしまい辛さに限界が来てしまいました。 そして勇気を出して親に「今までずっと悩んできた、辛かった、だからプチ整形をしたい」と号泣しながら相談したところ、受け入れてくれました。 嬉しいのですが、それより私に気を使って明るく振舞ったり優しくしてくれているのが本当に一番辛かったです。 自分の娘が整形したい、今まで何年間も体調が悪くなるほど容姿で悩んでいた、なんて知って悲しかったと思います。そういう親の気持ちを考えてしまうと辛くて悲しくて申し訳なさで押し潰されそうで涙が止まりません。 あれほど整形したかったのに、いざ受け入れてもらったら今度はその優しさが辛くて仕方ないなんて私はどれほど我儘で親不孝なんでしょう。 本当に親に申し訳なくて苦しいです。 このまま整形しても良いのでしょうか? もう分からなくなってしまいました。 とにかく親の優しさが辛いです。苦しいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

外見コンプレックスとの向き合い方

こんにちは。春から大学生の女です。 私にはコンプレックスがあります。 1つ目は指先にある、最近できたホクロです。スマホを持つ時にいつも目に入り、気になってしまいます。治療費はバイト代で充分賄えますが、今は親の同意が必要であったり跡になるリスクも考えると手を出せません。 2つ目は前歯が汚いことです。歯医者に行くと初期虫歯なので様子見しか出来ないと言われていますが、白濁だけでなく茶色い傷や凹凸もあり悩んでいます。削らず治す治療法があるそうですが、合計50万もかかるそうです。 お金をかけてでも治したいのですが、大学生は自由に使える時間がありそれをバイト漬けにして他が疎かになってしまうのももったいないなと思います。 こういったことを踏まえると4年待って社会人になってからするべきで、私もそうするつもりなのですが、毎日毎日ふたつのコンプレックスのことで悩み無駄な時間を費やしています。自分でも考えないよう努力していますが、悩みすぎてうつ寸前なくらい毎日気分が落ち込んでいます。 他人の目が気になるとか、他人と比べて自分は劣っているということではありませんが、自分の欠点について考えると不安になり何も手につかなくなります。 金銭的な面ですぐにこのコンプレックスを解消することはできないので、どうにかその間、コンプレックスとの向き合い方を教えて頂きたいです。あわよくば、別に治さなくてもいっか!と思えるようになりたいです。 文書がグダグダで分かりにくいですが、何卒アドバイスよろしくお願いします。

有り難し有り難し 27
回答数回答 1

大仏様と同じ所にあるほくろを取りたい

はじまして。 ずっと悩んでいたのですが相談させて頂きます。 私は小さい頃から、おでこの真ん中にほくろがあります。 本当にちょうど真ん中で大仏様のほくろのような場所にあり、小学校の頃は気にとめずにおでこを出していたのですが、だんだんインド人といじられるようになりそこからずっと前髪で、おでこのほくろを隠すようになりました。 大人になってもそれは変わらず、いじられてから今までずっと前髪をつくっています。人にバレてしまうのが嫌で、前髪を触られたり風になびかないようにしたりなど一種のコンプレックスのようなものになっていると思います。 ただ、このほくろは周りからいい場所にあるから取ると運勢が悪くなるよ、災いがおきそうや、そこにほくろがあるのは金運や運勢がすごくいいんだよ、すごいなど言われ、私自身もほくろ占いなどで調べてみると良いことを書かれており、サイトによっては取らない方がいいと書いてあるところも多々あります。 自分的には大人になってそろそろ前髪を分けた髪型もしてみたい、どうせ隠してるなら意味ないんじゃないかと思う反面、そんなに運気が良いものなのに取って不幸があったらどうしよう、このほくろのせいでと思ってしまいたくないと思う2つの気持ちで揺れています。 小さい頃から続いているこの問題を解決したいと思っております。 どうかご回答頂ければ幸いです。

有り難し有り難し 26
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ