hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

ひとり歩きしている「しっかり者」の評価に困っています

回答数回答 3
有り難し有り難し 19

 学生をしているものです。最近、「しっかりしている」と思われることに少しうんざりしています。

 もちろん、自分の仕事がきちんと評価されているのだと思えば有難くもあることなのですが、過剰に評価されたり、しっかり者というイメージが先行し、期待が重いと感じることがままあります。

 自分のキャパシティがすでにいっぱいいっぱいであったり、苦手な分野での頼み事をされたりした場合も、「時雨さんはしっかりしてるし大丈夫でしょ?」との反応が多く困ります。

 実際は努力やこつこつと積み上げることが苦手で、日々の作業を適当にこなしている面もあり、しっかり者とは程遠いと思うのですが、周りにそう言っても謙遜と受け取られてしまいます。
 それゆえ、このことを周囲に相談することもかないません。

 ぜいたくな悩みとは思いつつも、キャパオーバーしてしまうのが怖くもあり、「実はしっかりしていない適当なわたし」を誰かに理解してほしいという気持ちもあり……

 つまるところ、等身大の評価を得たいのだと思います。自分の努力や能力以上の評価をしてもらうことは心身ともに苦しいです。

 頼られることはうれしいのですが、不当にプラス評価をしてもらうことは、不誠実なことのようで……

 実際、自分で抱えられる以上に頼みや相談を引き受けてしまい、にっちもさっちもいかなくなった思い出も一、二度あります。

 わたし自身と周りのイメージの剥離を埋めることは可能でしょうか。
また、それが不可能であれば、ひとり歩きしているしっかり者のイメージとどのように付き合えばよいでしょうか。

 


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

時雨さん、こんにちは。

「しっかり者」の評価について、悩んでいらっしゃるのですね。

時雨さんはいい人なのですね。とてもお優しい人です。

たしかに、人には時間も資源も限りがありますし、余暇だって楽しみたい。なのに、キャパシティがいっぱいでも、「え・・・あぁ・・・うん、いいよ」と受け入れてしまう私。
苦手な分野での頼み事をされたりしても、「時雨さんはしっかりしてるし大丈夫でしょ?」と勝手に判断されて、(またかー・・)と思いつつ、頑張ってみようかなと判断する。
コツコツと頑張ることがどちらかというと面倒で、わりと適当にこなしている事実もあるけれども、「何かやらかしたとき、実はダメな奴だった・・というレッテルを貼られたくないから、無理をする」「任せてもらえてうれしいから、ちょっと張り切っちゃう。」

違っていたらごめんなさい。わたしにも似たような部分があります。少し、ほんの少しかもしれませんが、お気持ち分かります。

もし、わたしにアドバイスというか、何かお話しできるとすれば、それは、
取捨選択するということです。
それが出来たら苦労しないというお話しかもしれませんが、「あなたが本当にしたいこと」をちょっと考えてみてはいかがでしょうか。
“あの人は器が大きい”と言いますが、たしかに色々と経験を積めば、器は広がります。
しかし、芯がしっかりしていないと、土台がしっかりしていないと、器はコロンと転がってしまう。「あなたが本当にしたいこと」はなんでしょうか。
地に足を付けて生きることができれば、どんな相談を受けても大丈夫な、素敵な女子になれるのではないか。そう思います。
時雨さん、お話ししていただいて、ありがとうございます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

いつか色つきの袈裟をちゃんと本当に胸を張って身につけたい

禅の世界では、一応師から認められれば色付きの袈裟を身に着ける事を良しとされます。
本当に本当のところは、自己を見つめて自我・我見を滅して仏心・悟りを得て印可を得てはじめて身に着けられるべきものであったと思います。
(※悟りを否定する和尚もいますが、それではお釈迦様も否定することになるし、真剣に師家の元で参究してもいない内から努力することを嫌って都合のいい学説を採用し安易に否定している僧がいるだけである様に感じます)
まだその資格のかけらもなかった少年時代、師に代わって檀家さんのお宅へ棚経といってお経をあげに回っていた頃のことでした。
資格は無いながらも、師の代務という事で❝借衣(しゃくえ)❞というカタチで色のついた袈裟をつけて行きなさいと言われました。
私はその色付きの袈裟をつけるのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。
身に着けられるような資格がなかったからです。だからちゃんと身に着けるに恥じないようになろうと思いました。
十年後、本山の修行時代のことです。
後輩のコンちゃん(仮名)が海外のお寺へ研修に行きました。
そこではきちんと悟りが重宝されていて坐禅を通じて身心脱落(悟り)をして、師に見解を示して是とされなければ、色の袈裟をつける事はできないそうです。
ですから色付きの袈裟をつけている人はちゃんと自己を明らかにした❝禅マスター❞なのです。
日本の慣習のまま何となく色袈裟をつけて海外にいったコンちゃん(仮名)は現地の僧から「OHアナタハ悟ったヒトですねー」と敬われた時「あっ、いやッ!、日本では違うんですよッ!」と正直に言ってしまったそうです。
さらには悟っていないのに色の袈裟をつけてきたことを深く恥じたと語ってくれた時、悟りを求めようと求道心を熱くした同年代の僧の発言に私は涙が出そうになりました。
私はそれ以来コンちゃんはいつか立派な和尚さんになると敬い、後輩でしたが、法友として敬いの気持ちを持ちました。
色の袈裟とは僧堂に行って一年半修行すればOKというようなものであってもいけないと私は感じています。
結論:つまり、その道、その道で、本当に評価されるべく、あなた、しっかり精進しなさい、です。
互いに、自分で本当に力をつけて、他人の評価に恥じない中身を身に着けるべく本気を出しましょう。
自分を低く評価することの方がもっと良くないです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

人の目や言葉を気にするか否かが問題

本当は答えは簡単なのです。
時雨さんが、自分でありたいように「しっかり者ではない自分」として自由に振る舞えばすむ事なのですが…、

それができないのは、おそらく自分の中に
「しっかり者と見られていたい」…という思いがあるからなのではないでしょうか?

もしかしたら、ご自分をさらけ出す勇気がないのかもしれません。

自分の弱さをさらけ出して生きると言うのは、実はかなり勇気が必要なのではないかと思います。

全ての人には無理であっても、気の許せる親友とか家族とかに、自分の弱さをさらけ出せる人がいるのであれば、凄く気持が楽になると思います。

まずは、自分の気持を今一度見つめてみて下さい。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

「他人の目・評価・顔色を気にする」問答一覧

どんなことも真に受けてしまいます

初めて相談します。 私は人が言ったことに過敏に反応してしまい、すぐに傷ついてしまいます。 最近だと、英語の授業で「分からないところがあるから一緒に考えてほしい」と同じ班の方に伝えたら、班の方から「またわからないんですね」と言われてしまいました。その日以降、間違えたくないという恐怖で英語の授業前は動悸が激しくなり泣くようになってしまいました。 他にもTwitterで友人が「授業の時に質問した奴空気読めない」とツイートしているのを見て、自分のことかもしれないと思い、怖くなりました。 「誰でも失敗はあるよね」と考えたいのに、中学高校大学とこの性格で生きてしまったのでなかなか直せなくって、苦しいです。 事なかれ主義の子やSNSで人のことを悪く書いたりしている子達は凄くうまく生きているので、何が生きるのに大切なのかがよく分からなくなりました。 中学でも高校でも大学でも何度も人との付き合い方を変えたのに、結局傷つく結果になってしまいます。これ以上どう変われば良いのかが分かりません。 母に相談したときに「なんでも疑わず正直に受け取るとあなたが壊れてしまうよ」と言われました。世の中の人はどうして一言一言を真に受けないのか、どうして私はすぐ傷つくのか。 私の生き方にアドバイスをもらえないでしょうか。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

他人に期待しすぎる自分をやめたいです

ドラッグストアのレジが込み合っており一つのレジに長い列ができていました 普通なら他のスタッフが呼ばれてくるはずなのに来ないなと思ってました あまりに長いので店員はなにを考えているんだろうという風に見ていたら目が合いました。 すると次の客になった時に聞かれてもいない商品の説明を自らお客さんに話しかけてわざわざ大声で得意気に商品の説明を始めました 空気が読めないというか、私にはわざとそういう風に話し始めたようにみえました レジに並んでる人達の列を見たら普通はしない行為だと思うんですが、相手にされてるお客さんもきいてもいないのに?そうですかそうですか。とひたすらはいはい言って話終わるのを待っていました 最後にきちんと説明できなくてすみませんね~人がいないもんで…とわざとらしく言いました これをきいて完全に私に対する当て付けだと思いました 睨んだりしたつもりはなかったのですが、きっと目があった時に私の待つ事に対する不満な気持ちが顔に出ていてそれを感じとり、それにたいしての当て付けだったんだと思いました 普段は呼び鈴を押すと店員がかけつける店ですがその人は最後まで慌てる様子もなくすました口調でした 直前になり他の店員さんが来てくれてその人のレジには行かなくて済みましたが、帰宅した後もモヤモヤしています その店のシステムは知りませんが、目があったならお待たせしてすみませんなりあっても良いし、なくても淡々とこなせば良いのにあんなふうに客の神経を逆撫でするような事を平気でした事にたいして腹がたちます 空気が読めないではなく絶対にわざとだろうという感じでした そう思わずにはいられません でも他の人はこんな事もすぐ忘れてしまうような事なんだろうなと思う自分がいます 主人に言うと、軽く受け流して終わりにさますし仕方ないよで終わります こんな事は初めてではなく今までもありました 店員が私をバカにしてる、私だから適当にしたんだろうと被害妄想のような考えばかりしてしまいます 他人に求めても無駄だし傷つくし疲れるだけなのに嫌な事があるとすぐ根に持っていつまでも考えてりイライラしてしまいます こんな風にならず、ひきづらず人に期待しないようにする考え方とかあるんでしょうか? とにかく店員さんなど他人にバカにされたり適当に扱われたと感じると怒りと悔しさと不快感にさいなまれます

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

番組への期待の高さ故の他番組への嫉み

タイトルの内容に加えて、自分が「面白くない」と思って切った番組を、世間が「面白い」と評価している声を聞くのが辛い。 かなりぼかして書きます。 今クールやっているとある番組をA、次クールの同じ枠の番組をB、更に次クールのをCとします。 私はBの原作も、監督の過去作も大好き。 でもその監督に対する世間の評価は真っ二つ。Bへの評価も割れること必定。 Aは、知名度のある監督ではなかったので注目度は低かったけど、始まってからはファンを増やしている様子。Cは人気監督が担当するので、恐らく人気が出る。 Bに期待を寄せていて、絶対に面白い映像化になってほしいと強く思っている私。 その反動でA・Cには「面白くてもいいけど、終わった後の人気や評価がBを超えないでほしい」という、独占欲にも似た感情が際限なく湧いてきて苦しいのです。「妄想杞憂嫉妬」とでも呼べば良いのでしょうか。 面白い/面白くないを決めるのは自分自身。世間に流されず自分の中で納得するジャッジが下せればそれでいい、何より人の好みなど千差万別だ、と頭では分かっているのですが。 既に視聴を切ったAですが、放送後にはSNSでの感想漁りがやめられず、更に言うと低評価が転がっていないかを真剣に探してしまいます。Bの監督の過去作品を酷く貶していた人がAを絶賛しているのも癪に障る。 因みにAを切った理由は、テーマが好みに合わなかったこと。そして主人公の性格が苦手だったこと。イライラしながら見るなんてこれ以上ない時間の浪費だ、と納得した上で切りました。 それでいて、自分の感性に自信が持てないというのも悩みのひとつで。 私が拒絶した「主人公の性格」が、世間には好意的に受け入れられているという事実。だから自分の感性が世間とズレているのではないか?もしAが喝采のうちに幕を下ろしたとして、途中で切った私には見る目が無かっただの、我慢して見れば良かった(だって世間が評価しているから)だの後悔してしまうのでは?と、これまた妄想して落ち込みます。 「3作品とも面白くて良かったね〜」ではなく、「Bが際立って面白く、世間からの評価も高くないと嫌!」と思ってしまう。もはやモンペです。Bの原作と監督を心底信頼しているのに、どうしてか他作品に負ける妄想ばかりしてしまう自分が嫌。 どうすればこの気持ちに折り合いがつくのでしょうか。教えてください。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

人の顔色を伺いすぎてしまう

こんばんは。4月から保育学生になります。つい、人の顔色を伺ってしまう。 これから2年間短大生活を送るのですが、上手くやっていけるかどうか不安です。不安が故に孤独を感じてしまいます。まだオリエンテーションしかやっていないのにこんなんで大丈夫なのかと思っています。 私は父にあったことがなく、母も病気だった為祖父母に育ててもらいました。何不自由なくこれまで過ごせてきていたのですが、最近すごく自分に父が居ないことに劣等感、寂しさ、悲しさ、悔しさを感じます。 最近は「こうしないといけない」という考えが強くなってしまい、人の顔色を伺って言動することが多くなってしまいました。自分が周りの人に好かれたいからだと思います。でも、正直生きづらいです。自分らしく生きたいのにどうしても人の顔色をうかがってしまいます。「ありのままの自分じゃ誰も相手にしてくれないんじゃないか」と思ってしまいます。最近は1人が好きになってしまいました。1人が好きなのに孤独だと寂しいです。でも、1人の方が楽です。人に慰められたり「大丈夫?」と心配されると涙が出てきてしまいます。 よく周りの人には「笑顔が素敵」とか「優しい」「明るい」「しっかりしてる」と言われていて、自分でもここはいいところだと思っていたのですが、最近は昔言われてた自分とは違くなってしまいました。自分でも「ありのままの自分でもみんな認めてくれるから大丈夫」と言い聞かせているのですが、やっぱりダメです。昔みたいに人の顔色を伺わないで、自分らしく生きたいです。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

他人から好かれようとしてしまう

こんにちは。 そこまで仲良くない、知らない人たちと、連携せねばならない時の相談をさせてください。 連携して作業にあたる際、相手に自分を良く見せよう、好かれる自分でいようとする癖が強く出てしまいます。 自分に自信がある内は、その状態でもなんとか過ごせるのですが、 失敗したり、別のことで自信を失くすと、 良くないスパイラルの原因となります。 これ以上、自分が能力のない人間だと思われたくなくて、 ご機嫌をとったり、余計に仕事を抱えたり、へりくだった態度になったり、評判に敏感になったり。 息苦しくなって、ようやく、また好かれようとしている癖が出ていると思い至ります。 どうしたら、このこだわりを捨てることが出来るでしょうか? 好かれる必要はない、嫌われても、自分の本質とは関係しない。 仕事内容として求められていることが満たされていれば、それ以上頑張らない。 結果にこだわらない。 相手の気持ちをコントロールしようとしない。 など、考えるように努めています。 大切な人、感覚の合う人に対しては、執着を避ける、上記のような考え方が、自然に出てきます。 私も楽にあれるし、相手を尊重出来るので、悪い考えではないと感じています。 反面、よく知らない人、敵意を感じる人、関わりたくない人に対して、変に好かれようとしてしまいます。 自分が仲良くしたくない人に気に入られることを目指そうとするので、辛くなります。 無意識に出ているこの癖を、どうとらえたら、楽になるだろうと悩んでいます。 お力をお借りできると幸いです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る