hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

ひとり歩きしている「しっかり者」の評価に困っています

回答数回答 3
有り難し有り難し 18

 学生をしているものです。最近、「しっかりしている」と思われることに少しうんざりしています。

 もちろん、自分の仕事がきちんと評価されているのだと思えば有難くもあることなのですが、過剰に評価されたり、しっかり者というイメージが先行し、期待が重いと感じることがままあります。

 自分のキャパシティがすでにいっぱいいっぱいであったり、苦手な分野での頼み事をされたりした場合も、「時雨さんはしっかりしてるし大丈夫でしょ?」との反応が多く困ります。

 実際は努力やこつこつと積み上げることが苦手で、日々の作業を適当にこなしている面もあり、しっかり者とは程遠いと思うのですが、周りにそう言っても謙遜と受け取られてしまいます。
 それゆえ、このことを周囲に相談することもかないません。

 ぜいたくな悩みとは思いつつも、キャパオーバーしてしまうのが怖くもあり、「実はしっかりしていない適当なわたし」を誰かに理解してほしいという気持ちもあり……

 つまるところ、等身大の評価を得たいのだと思います。自分の努力や能力以上の評価をしてもらうことは心身ともに苦しいです。

 頼られることはうれしいのですが、不当にプラス評価をしてもらうことは、不誠実なことのようで……

 実際、自分で抱えられる以上に頼みや相談を引き受けてしまい、にっちもさっちもいかなくなった思い出も一、二度あります。

 わたし自身と周りのイメージの剥離を埋めることは可能でしょうか。
また、それが不可能であれば、ひとり歩きしているしっかり者のイメージとどのように付き合えばよいでしょうか。

 

2015年1月9日 5:07

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

時雨さん、こんにちは。

「しっかり者」の評価について、悩んでいらっしゃるのですね。

時雨さんはいい人なのですね。とてもお優しい人です。

たしかに、人には時間も資源も限りがありますし、余暇だって楽しみたい。なのに、キャパシティがいっぱいでも、「え・・・あぁ・・・うん、いいよ」と受け入れてしまう私。
苦手な分野での頼み事をされたりしても、「時雨さんはしっかりしてるし大丈夫でしょ?」と勝手に判断されて、(またかー・・)と思いつつ、頑張ってみようかなと判断する。
コツコツと頑張ることがどちらかというと面倒で、わりと適当にこなしている事実もあるけれども、「何かやらかしたとき、実はダメな奴だった・・というレッテルを貼られたくないから、無理をする」「任せてもらえてうれしいから、ちょっと張り切っちゃう。」

違っていたらごめんなさい。わたしにも似たような部分があります。少し、ほんの少しかもしれませんが、お気持ち分かります。

もし、わたしにアドバイスというか、何かお話しできるとすれば、それは、
取捨選択するということです。
それが出来たら苦労しないというお話しかもしれませんが、「あなたが本当にしたいこと」をちょっと考えてみてはいかがでしょうか。
“あの人は器が大きい”と言いますが、たしかに色々と経験を積めば、器は広がります。
しかし、芯がしっかりしていないと、土台がしっかりしていないと、器はコロンと転がってしまう。「あなたが本当にしたいこと」はなんでしょうか。
地に足を付けて生きることができれば、どんな相談を受けても大丈夫な、素敵な女子になれるのではないか。そう思います。
時雨さん、お話ししていただいて、ありがとうございます。

2015年1月10日 12:12
{{count}}
有り難し
おきもち

「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

いつか色つきの袈裟をちゃんと本当に胸を張って身につけたい

禅の世界では、一応師から認められれば色付きの袈裟を身に着ける事を良しとされます。
本当に本当のところは、自己を見つめて自我・我見を滅して仏心・悟りを得て印可を得てはじめて身に着けられるべきものであったと思います。
(※悟りを否定する和尚もいますが、それではお釈迦様も否定することになるし、真剣に師家の元で参究してもいない内から努力することを嫌って都合のいい学説を採用し安易に否定している僧がいるだけである様に感じます)
まだその資格のかけらもなかった少年時代、師に代わって檀家さんのお宅へ棚経といってお経をあげに回っていた頃のことでした。
資格は無いながらも、師の代務という事で❝借衣(しゃくえ)❞というカタチで色のついた袈裟をつけて行きなさいと言われました。
私はその色付きの袈裟をつけるのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。
身に着けられるような資格がなかったからです。だからちゃんと身に着けるに恥じないようになろうと思いました。
十年後、本山の修行時代のことです。
後輩のコンちゃん(仮名)が海外のお寺へ研修に行きました。
そこではきちんと悟りが重宝されていて坐禅を通じて身心脱落(悟り)をして、師に見解を示して是とされなければ、色の袈裟をつける事はできないそうです。
ですから色付きの袈裟をつけている人はちゃんと自己を明らかにした❝禅マスター❞なのです。
日本の慣習のまま何となく色袈裟をつけて海外にいったコンちゃん(仮名)は現地の僧から「OHアナタハ悟ったヒトですねー」と敬われた時「あっ、いやッ!、日本では違うんですよッ!」と正直に言ってしまったそうです。
さらには悟っていないのに色の袈裟をつけてきたことを深く恥じたと語ってくれた時、悟りを求めようと求道心を熱くした同年代の僧の発言に私は涙が出そうになりました。
私はそれ以来コンちゃんはいつか立派な和尚さんになると敬い、後輩でしたが、法友として敬いの気持ちを持ちました。
色の袈裟とは僧堂に行って一年半修行すればOKというようなものであってもいけないと私は感じています。
結論:つまり、その道、その道で、本当に評価されるべく、あなた、しっかり精進しなさい、です。
互いに、自分で本当に力をつけて、他人の評価に恥じない中身を身に着けるべく本気を出しましょう。
自分を低く評価することの方がもっと良くないです。

2015年1月18日 23:20
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

人の目や言葉を気にするか否かが問題

本当は答えは簡単なのです。
時雨さんが、自分でありたいように「しっかり者ではない自分」として自由に振る舞えばすむ事なのですが…、

それができないのは、おそらく自分の中に
「しっかり者と見られていたい」…という思いがあるからなのではないでしょうか?

もしかしたら、ご自分をさらけ出す勇気がないのかもしれません。

自分の弱さをさらけ出して生きると言うのは、実はかなり勇気が必要なのではないかと思います。

全ての人には無理であっても、気の許せる親友とか家族とかに、自分の弱さをさらけ出せる人がいるのであれば、凄く気持が楽になると思います。

まずは、自分の気持を今一度見つめてみて下さい。

2015年1月9日 13:31
{{count}}
有り難し
おきもち

仏道に入門して30年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

「他人の目・評価・顔色を気にする」問答一覧

周りばかり気にして不安になってしまいます

はじめまして。よろしくお願いします。 私は自分で言うのも何ですが 明るい性格で職場などひとが集まる場では中心になり会話を回したり盛り上げたりする方です。 ですが、本当の自分は大人しく、人についていくタイプのような気もします。どちらも本当のような気もします。 問題は、周りの期待に合わせた振る舞いをしてしまう、し過ぎてしまうことです。 例えば、皆が緊張しているような場面や暗い雰囲気だと、和ませようとたくさんしゃべったり、ふざけたりします。 たまにそれが行き過ぎて毒舌になったり、品のないような言動や行動をしてしまいます。 その場はうまくいっても、後から、 誰か傷ついていないか、変な風に思われてないか、とても不安になります。 お酒の席など特にひどく、 盛り上がるようにムリをしてお酒をたくさん飲み、セクハラなども笑って受けています。 そして、帰る頃や翌日にはとても後悔し、自分のことが情けなく、恥ずかしく、消えてなくなりたいと思います。 結婚していますが、夫にもいつか私の駄目な部分に愛想を尽かされてしまうのではと不安です。何かの勘違いで私の事を良い人間だと思ってしまっているのではと思います。 私はなぜ周りの反応ばかり見て不本意なこともしてしまうのでしょうか。 自分が馬鹿だからだと思いますが、どうか何か助言をいただけませんでしょうか。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

他人の目や、他人の言葉が気になる

昨年の冬から仕事をし始めたのですが、そのころから他人の目や言葉が気になり始めました。 それまでは体調が悪かったこともあり、出かけるのは買い物に行くくらいだったので、外出先で人目を気にすることはあまりありませんでした。 しかし、仕事を始めたころのある朝、大勢の人たちが行きかう中を出勤していたら、知らない人からすれ違いざまに自分に対して外見についての悪口を言われたように思い、その日一日中暗い気持ちでした。 その後、出勤時ではない、普通の買い物の時にもそのようなことを言われたことが何度かありました。 家族にその話をすると、「実際に外見のことを言っているんじゃなくて、偶然そう聞こえただけじゃないか」とか、「他人と目を合わすのが嫌な人が目が会ったから変なことをいっただけかもしれない」と言われました。 そうかもしれないのですが、実際に自分には、自分の外見に対する言葉に聞こえて落ち込みます。 そのほかにも、よその子どもたちが私を見て逃げていったように思えたことも何度かありました。 外出する際には、自分のできる範囲でおかしくない外見に整えているつもりですが、だんだん何か言われるのが怖くなく、下を向いて歩くことが多くなってしまいました。 他人の目や、他人から何か言われる言葉が怖くて、外ではびくびくしています。 このまま下を向いて歩いていた方がいいでしょうか。 それとも、何か言われても気にしない心を養うべきでしょうか。 何かご助言いただけましたら幸いです。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

人の目が気になって仕方ありません

私は今1歳10ヶ月の子を持つ母親です。 出産してから、人の目が気になってしまい仕方ありません。 祖母や母が人目や世間体を気にする人だったので私もそうなったのか、もともと人目は気になる性格でしたが、いい意味で自由にじぶんが正しい、心地いいと思う生き方をしてきました。 でも子供が産まれてから、「母親というものは!」みたいな意識が強すぎるのか、人目が気になりすぎて外に出るだけでストレスがかかってしまいます。 服装や髪色まで「母親」らしい感じに変えてみたり、なんだか常に 「あんな母親であの子が可哀想」と思われてるんじゃないか??と思ってしまいます。 特に派手な見た目でも無いし、人前で子供に怒鳴ったりしてるわけでももちろんありません。 でも、そう思われてるんじゃ無いか? 良い母親に見えているか? という事が本当に気になってしまいます。 あのお母さんみたいに常にニコニコ接してあげれてないな… とか、 あのお母さん優しそうな雰囲気だな… とか…。 結局は自分の劣等感なのでしょうか? 私は高校生の時に父を亡くしてからか、 どうせ私は…。 私の人生は不幸ばっかり。 やっぱり自分は幸せになれないんだ。 なんで私ばっかりこんなに苦しいの? という考えを持ってしまっていました。 こんな考えを持ったまま生きるなんて 父にも申し訳ないと思うのですが、中々長年の心の癖なのか、抜け出せません。 前向きに生きよう!と色んな本を読み漁ったり考え方を変えよう!変えよう!としてもやっぱり少し嫌な事があったりすると引きずり戻されてしまいます。 どのような心構えでいれば、必要以上に劣等感を持つ事なく、人と比べず人目が気にならなくなるでしょうか? 本当に生き辛いですし、このままでは子供にも影響しそうで怖いです。 助けてください。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

30代独身、周りからの印象と自分自身。

はじめまして、 相談させて下さい。 私は30代半ばの独身で仕事をしています。(結婚は気の会う方に出会えればしたい、位の気持ちです。) 先日の話ですが、休日に用事を済ませて家に帰ると、アパートの玄関前に20代位のセールスマンがおり話しかけられました。 相手は子供向けの塾のセールスらしく、いきなり私に「お母さんは小さいお子さんはおられますか?」と聞いてきたんです。 私は「お母さん」と呼ばれるとは思わずびっくりしてしまい、「いません」とだけ伝え、家に帰りました。 しかし、もう子連れじゃなくてもそんな呼び方をされる年齢なのかとショックを受けてしまい、今もかなり引きずっています。 せめてお母さんと呼びかける前に 「結婚されてますか?」などの言葉は無いのか、もし独身だったら失礼だとは思わないのか、とモヤモヤ。 こういったもらい事故のような会話はこの年頃になれば当たり前とスルーするしかないのでしょうか? 私は接客業をしていますが、人の生き方は様々なのでこちらの印象で決めつけた個称では呼ばないようにしています。 年齢や見た目が全てではないのは分かるのですが、やはりショックでこういった事とどうやって向かい合えば良いのかわからずモヤモヤしています。 何かアドバイスいただければありがたいです。 長々と失礼致しました。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る