hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

移動先で頑張るか、実家に戻るか悩んでおります。

回答数回答 2
有り難し有り難し 5

両親の具合が悪くなり、どちらも要介護です。
現在、父は実家でホームヘルパーなどの力を借りてようやく生活ができる状態で、母は入院中ですがこのまま入院させるのもどうかという状態です。

かといって戻しても両親共倒れになりかねません。夫婦仲は正直悪いです・・・。父も母も目を患っており体力にも心配があります。

現在京都におりますが、一緒にやっていた友人と分かれる事になりました。お世話になっておられる方が本格的に農業をしたいという話があり、期待しております。まだ農業をするのに実力が伴ってないので研修を考えております。その方は私の両親が要介護であることをしっており心配しておられる状態です。

板ばさみの状態でこれからどうするか考え中です。このまま京都にとどまって農業研修を受けるなどして力をつけて、その方と一緒に頑張るかそれとも戻って両親の面倒をみつつ就職先を探すか・・・。このところいろいろ考えてばかりで気分転換しようにも考えている状態で私自身まいっているところがあります・・。どうか私にアドバイスをよろしくお願いいたします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

まず、状況とご両親の気持ちを冷静に把握しては?

ご両親が要介護との事ですね。
ご両親は痴呆症などの発症が無く会話はちゃんと出来る状態なのでしょうか?

もし、意識はしっかりとしていてちゃんと会話が出来るのであれば、
まず、ご両親のそれぞれから、どうしたいかをしっかり聞き取る必要があると思います。

ご夫婦が不仲と言う事ですが、もしかしたら必ずしもそうではないのかもしれません。

要介護という決定が降りていると言う事はご両親の地域の担当のケアマネージャさんもおられると言う事ですね。
まず、ケアマネージャさんからも話しをしっかりと聞く必要もあると思います。

そして状況的に可能であれば、貴方が持っている希望も出来ればご両親に打ち明けてはいかがでしょうか?
もし、今 貴方が仕事の基盤も持たずご両親の介護に入るとすると、
両親の元で 家で出来る仕事か、時間に関して理解がある職場をみつけるかしかないと思います。

そうなるとご自分の希望の仕事を模索するなどということはかなり難しい事になってしまうと思います。
ご両親やケアマネージャさんとしっかりと話合えば、何か良い方法があるのかもしれません。

自分の老後の世話のために子供の希望を犠牲にしたいと思う親は少ないと思います。

まずは、しっかりとした状況の把握をしてはいかがでしょうか?

{{count}}
有り難し
おきもち


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...
このお坊さんを応援する

親が望むことはあなたが仕事を捨ててまで戻る事なのかどうか

正直さほどやる事はないかと思います。
今の時点では。
一日中つきっきりになってまでやる事が何かあるわけでもないと思うのです。
その辺のところを突っ込んで話し合ったほうが良いと思います。
親孝行って、側にいて自分の人生を台無しにする事でもありません。
かといって、遠隔地にいて何かしてあげらる事と言っても限られています。
ご実家の状況を今の関係深き方々にお伝えして1週間ほど戻って様子を見てはいかがでしょうか。
今あなたにとっても一番大事な時期です。
親元で学ぶべきこともありましょうが、そこでしかまなべないこともあります。
大切なのはちゃんと老後の生活も含めた話し合いです。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話 あけましておめでとうございます。 新しい年を迎えました...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ありがとうございます。ケアマネージャーの方は本当に良い方で親身になって世話をしてくださっております。
両親ですが、「まかせる」みたいな事を言っております。両親とも意思の疎通は可能ですが、父が精神的にまいっていて無気力状態です・・。
私自身も犠牲になるつもりはありません。ですができる限りの事はしたいとは考えております。
正直どうなるかわかりませんが悔いのないようにはしたいしします。

「頑張れない・頑張って報われるか」問答一覧

頑張りたいと思っているのに頑張れません

私は、これまでの自分なりの努力と、出会ってきた人々のおかげで、いくつかやりたいことを見つけることが出来ました。 ひとつはIT業界で技術を身につけて、世の中の働く人のパフォーマンスを上げる手助けをしたい、ということです。 有難いことに、内定を頂いたのでこの事は実現しそうです。 二つめは、社会人として落ち着いた頃、学校の先生になって誰かの記憶に残る仕事がしたいと思っています。 そんな尊い事が出来たら、生きた意味を見いだせるような気がして、自分の喜びに繋がると信じています。 その為に読書や情報のアンテナを貼り、思考を続けていこうと意気込んでいます。 現在、私は趣味の楽器の研鑽と、卒論の作成に追われています。 本当は全てに全力をかけたいのですが、体が追いつかず、継続しようと決めた事から離れてしまったりと、怠けている自分が情けなく思います。 自分を労り、息を抜くことは大事だと分かってはいるのですが、1度息を抜くと全てが堕落してしまい、復帰に時間がかかってしまうのです。 そこでお聞きしたいのですが、「休む」とは、どのような気持ちで、どのように過ごせばよいのでしょうか。 頑張りたいけど頑張れない時はどう捉えればよいでしょうか。 サボった後に毎度後悔し、頑張っても「もっと頑張れるのではないか」と追い込んでしまいます。 「頑張った先に何が待っているのか」、「自分が頑張ったことを認めてあげることは出来るのか」、誰かに寄りかかりたいけど弱気な自分をさらけ出せず、見栄を張って独りで疲労を感じてしまいます。 こんな私に何か、お言葉を頂ければ幸いです。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

日々に追われて辛い。頑張りの意味は何?

大学4年生の女子です。  現在、1月末提出の卒業論文と2月初めにある国家試験の勉強を控えながらも、コロナウイルス感染症の影響で延期になっていた実習を2つ行わせていただいています。  実習はずっとしたかったことですし、自分で行きたいと決断してさせていただいているのですが、正直だんだんと疲れてきました。心が日々についていきません。  本来ならこの時期は、卒業論文と国家試験の勉強に力を入れられるはずなのに、それもままのらず、周りの友人達に差をつけられていることにも焦っています。  私と同じ実習先に行くはずだった友人は、実習がめんどくさい、国家試験や卒業論文のことも不安だ、といって直前になって辞退しました。 辞退することで実習先に迷惑をかけることを考えずに辞める決断ができる友人が羨ましいと思いました。この感情の裏で、友人の決断の方が賢明だとわかっているのにその決断ができない自分に怒っているのだと思います。(実習に行かないと資格がとれないので行くしかないのですが…) 大学の先生方が、辞退した友人のことを「コロナで延びたんだし、あなたの判断は何も悪くないよ。」と庇ったことも辛かったです。頑張って実習に行く方が馬鹿らしいなと思いました。  話が逸れてしまいましたが、友人のことなどがずっと引っかかったまま実習に行き、毎日毎日何かに追われて、たくさんのことを両立しながら過ごしていることが辛いです。 この今の頑張りに何か意味はあるのか、わからなくなっています。 もし実習のせいで国家試験や卒業論文が悲しい結果になってしまえば、私の実習に行くという判断が間違いで、元も子もない結果をもたらした意味のない頑張りになってしまうのではと怖いです。  迷ったら苦しい道を選べ、なんて言葉がありますが、本当にそうなのでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

努力できず、生きるのが苦しいです。

小説家を目指しています。 しかし、読書もやらず、ノートやパソコンも開かない状態が長く続き、自分が憎いです。 最近、自分はやはり小説家になどなれるはずがないという気がしてきました。 元々才能もなく、努力もできないのなら「目指している」ということすら恥ずかしくてたまりません。 その問は全く無意味なことであり、考えている時間が無駄だと理解しているのですが、少しでも前に進みたく質問させていただきました。 生きるために小説家になりたいのに、その夢が自分を苦しめている場合、その葛藤をどう昇華したらよいでしょうか? 以下は返答してくださるときに加味していただけるとありがたい色々です。 私は少し前まで自分のことをFTM(女性の体で生まれ心が男性の人)だと思っていました。 しかし、女性のなかで孤独感があるからといって男性的だと指摘されたことはほとんどありませんでした。 昨日、その違和感が自分が「快」という体感・気持を重要視できないためだと言うことに気が付きました。 世の人は価値尺度の一つとして自分が心地よいから、というものがあるようです。 私にはよくわかっていなかったと思います。 ただ、私が唯一充足感を覚えるのが小説を書いているときであり、私が小説家を目指している理由です。 (なので、人が心地よいことを求めて決断するのもわかっていると思います) ※補足になりますが、趣味で書きたいわけではなく、食べていきたいと考えています。理由としては社交スキルはあるもの他人のためにそのスキルを使いたくなく、自分の作品にだけ責任を負いたいからです。 最近、書けていない時間が長く、文章も気に入らないし、自分の書いた話も面白くありません。 なので、書く行為自体が苦しく、そこにつながる努力を何一つできていません。 それとは別に、 品行方正に生きたく、善い人のための話を書きたいと思っていたのですが、そんな話を誰が読みたいのかターゲットも定められません。 正しく生きていきたいと思っている私ですら読みたいと思えないのに。 話が散らばってしまいましたが、私がお尋ねしたいことは以下です。 ・小説家を目指し続けるべきでしょうか? ・努力できない自分を、どう叱咤激励すればよいでしょうか? どうかご回答よろしくお願いします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

頑張りたいのに頑張れない

こんばんは。21歳のとりたこといいます。 私は去年国家資格をとり、病院で勤めていましたが体調を崩し、8ヶ月ほどで退職しました。途中、1ヶ月ほど休職しています。 その後、3ヶ月ほどしてから今の病院に転職しました。しかし、そこでも体調を崩しながら、早退をたびたび繰り返していました。 とうとう先日、メニエール病を発症し、また1ヶ月ほど休職しました。 どうにか復帰したものの、やはり1日働ける状態ではなく、また症状が悪化してしまいました。 もう自分が情けなくて仕方なく、頑張りたくても頑張れない自分に腹が立ちます。 今の職場では上司に恵まれ、「頑張らなくていい。」と言ってくれる方もいるのですが、どうにもこうにも体調がなかなか整いません。 もう自分なんかいなくてもいいんじゃないか、自分の存在自体が迷惑なんじゃないかと考えてしまいます。 両親も、ゆっくり休んだらいいよと言ってくれているのですが、去年から合わせるともう2度目です。 もうどうしたらいいかわかりません。 職場とはこんど話をするようになっていますが... せっかく学生時代勉強もがんばって実習も耐え抜いてようやく資格をとれたのに。 あのときは勉強も部活もがんばれていたのに。 大人になってから何にも頑張れなくなってしまいました。 どうしたらいいのでしょうか...

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

もう疲れました

現在バイトを探しています。 ふとした時に、なんで自分は頑張って働こうとしているんだろう?という考えが頭に浮かびます。 そもそも受かるのかとか、自分のしたい事、自分に向いてる事はなんだろう? 早く家を出たいけどこの仕事は時給が低いから一人暮らしにはちょっと厳しいなとか 選り好みしてる場合じゃないけど、適当に決めて結局辞めてまた仕事探すのはイヤだな…とか 色々考えてしまいます。 色々考えてても仕方ない頑張って働こう!と思うと同時に“あれ?なんで自分は頑張って働こうとしているんだろう?”という疑問が出てきました。 色々考え過ぎて正直もう色んなことに疲れました。 いつまでも変われない自分にも、変わらない状況にも腹が立ちます。 他にも家族との関係も悩んで、立て続けに身内に不幸もあったりなどということもあり、もうどうでもよくなってきました。 頑張りたいけど頑張れなくて、変わりたいのに変われない。 周りから見たら多分私はただただだらけて親の脛をかじって生きているようにしか見えないと思います。何も頑張ってないじゃん!と言われるでしょう。 死にたいのに死ぬ勇気もなくて、いつまでも周りに迷惑しかかけていない状況、こんな奴が身内だなんて恥ずかしいだろうし本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。 どうしたら変われるんでしょうか?むしろ私は変われるんでしょうか?

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

努力は無駄? 夢を諦めるか、諦めないか。

学生時代に精神を病み、芸術学系の研究者になるための就職に挫折し、現在は実家暮らし。父の扶養の範囲内で働く。生活費は実家に面倒見て貰っている。 美術館でアルバイトをしながら、細々とネット上で美術史などのエッセイを投稿しています。 あんなに熱心に勉強したのに、 精神を病んで研究職の推薦を、実質上破門になり辞退してからは、私の執筆は、病人の手慰み、ただの趣味扱いされるようになりました。 ネット上の投稿として、注目を集めていない、実力が伴っていない状態を加味しても、屈辱です。 一度は、修士を修了して、内々に推薦されるところまでいった文章力です。 まるきり無価値なはずはないと思います。 でも、家族も、かかりつけの精神科医も、ネット上の読者も、彼氏も、誰も私が研究者の卵だったこと、それがアイデンティティだったことを理解してくれません。 私の文章に興味を持ってもくれません。 誰も、努力・個性・発信内容の価値・過去の経歴を認めてくれない。 さらに、どんな思いで、健常者と同じに活躍できないこと、体力を目一杯消費して楽しめない悲しみに耐えてきたか、知ろうともしない。 それがとても悔しい。 専門的な資料だって、私費で本棚に溢れ返るくらい集めました。 傍から見れば、裕福で何不自由なく育ったように見えるだろうけれども、 両親はいつもギスギスしていたし、男手一つで育って、勉強以外は休日の時間は家の用事に使ってきました。 子どもの頃から、大学院修了まで、他の経験を犠牲にして、教養や学問一辺倒で努力してきました。 けれども、後ろ盾なしでは評価の土台に上がらない、私の乏しい才と、持病の精神疾患により実らず、無駄になりました。 健常者なら、若いから人生これからですが、精神障害者なので、すでに半分、社会からドロップアウトしてる心持ちです。 研究者として挫折した時に、心の現役も終わり、余生になった感じがします。 ○私は、どんな心構えでどんな目標や指針に生きればいいのでしょうか。 また、集めた資料も売却して、執筆も辞めて、美術館のアルバイトも辞めて、美術と無関係の障害者雇用で働いて、障害者なりの微々たる収入を増やし、稼いだお金を少し楽しいことに使って、気安く生きていこうかという選択肢も検討しています。 ○このまま執筆を続けていく意味はあるのでしょうか。 ご意見、お待ちしております。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺