hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
お坊さん
17250views

お坊さんは坊主頭で髪の毛がありませんが、頭は石鹸で洗いますか?シャンプーしますか?

人生や恋、子育てや健康の悩みについてたくさんの相談が寄せられるhasunoha。これらの悩みに対しお坊さん方は真剣に向き合い仏教の教えのもとわたしたちにアドバイスをしてくださいます。

しかし、今回はちょっと息抜きを。お坊さんとのほっこりできる問答をお楽しみください。こちらの問答では、お坊さん方の人柄や温かさが伝わるたくさんの回答が集まりましたので一気にご紹介いたします。


お坊さんの頭ケアについて教えてください


お坊さんは坊主頭で髪の毛がありませんが頭は石鹸(ボディーソープ)で洗いますか?髪の毛がなくてもシャンプーで洗いますか?リンスはしますか?

と質問をくださった40代女性ろーたすさん。

たしかに、お坊さんってつるつる坊主のイメージがありますよね。宗派によって必ずしもみなさんが坊主頭ではないようですが、出家するときに髪をそり落とす剃髪(ていはつ)には俗世間から抜け出すという考え方があるようです。

日頃、頭のお手入れについてお坊さんに直接聞くことってなかなかできませんので、さっそく答えを聞いてみましょう。


これはトップシークレットですが、お坊さんの頭はほとんどが非常に精巧に作られたハゲかつらです。近隣のご住職の生え際のあたりをよくご覧下さい。アレは特殊メイクなのです。=中略=
というのはモチロン真っ赤なウソ(笑)

石鹸、もしくはボディソープです。少量で済みますので環境にやさしいECO仕様。
機会がありましたら剃ってみてください。

(安穏寺(天岑寺)丹下覚元)


こちらのお坊さん、とってもユニークな回答をくださいました。お坊さん方はもちろん正真正銘な坊主頭です。けれど、もしかしたら、わたしたちが知らないだけで、この中にハゲかつらがまぎれているかもしれない。なんて想像するとこれからはお坊さんの頭が気になって仕方ありません!


自宅では、頭・体・顔、すべて石鹸です。

しかし、出張などで外泊をした際の密やかな楽しみ…
それはお風呂場のシャンプーを使う事(笑)

(なごみ庵 浦上哲也)


こちらのお坊さんの密かな楽しみが可愛すぎます。頭皮に直接シャンプーをされるのですね。とってもいい香りがしてきそうです。


わたしは誰がなんと言おうとサクセスシャンプーです。頭皮マッサージも行っています。

(観音寺 大鐵)


失礼しました。てっきりお坊さんのツルツル頭にはシャンプーが必要ないと思っていました。サクセスシャンプーで頭皮の汚れもすっきりさっぱり。とても気分爽快になりそうです。


せっけんを使います。タオルをあわ立てて、身体を洗ったついでに頭をゴシゴシ。顔は洗顔フォームでゴシゴシ。いちおうシャンプーで髪の毛をゴシゴシ。
(中略)
2、3日おきに剃髪をするのですが、刃は何回か使いまわしていきます。そのとき、頭皮がアブラっていては困るわけです。とくにわたしは毛がかたい方ですので・・・

(陽岳寺 向井真人)


なるほど、お坊さんがシャンプーを使う理由は剃髪をしやすくするためなのですね。たしかに、時が経てばお坊さんでも髪の毛は生えてきます。


髪の毛がなくてもシャンプーで洗いますか?
>はい。
リンスはしますか?
>いいえ…

(世尊院 沙門密富)


どうやら、お坊さんは坊主頭でもシャンプーを使われている方が多いようです。

こちらのお坊さん方はどうでしょうか。


ずばり、洗顔フォームで顔も頭も洗ってしまいます。

光琳寺 井上広法

髪の毛がないので額がそのままずっと続いていると考えてください。
ですのでシャンプーやリンスは使いません。

(崇福寺 水上昇真)


こちらのお坊さん方は、洗顔フォームや石鹸で一気に頭を洗ってしまうスタイルですね。ようやく思っていたような答えと巡りあえた気分です。

女性のお坊さん方からも回答をいただきました。見てみましょう。


現在はショートヘアですが、お参りには束ねて行くようにしております。
ですが、一応女性でもありますのでトリートメントもしています。

(西光寺 南紫縁)


髪を束ねて勤めております。=中略= 
女性もしっかり髪を束ね心の剃髪をして、僧となりました。

(教善寺 中田三恵)


こちらのお坊さん方は、浄土真宗の僧侶の方で剃髪は自由なようです。
女性の髪の毛のケアに関しては、わたしたちと同じような感覚ですね!


元の問答:お坊さんは坊主頭で髪の毛がありませんが


今回はお坊さん方の頭のケアについて教えていただきました。みなさん、ご自身の肌質に合わせてシャンプーだったり、石鹸だったりと使い分けているようですね。

お坊さん方が頭のケアについても丁寧に真摯に答えてくださったので、とても温かい気持ちになりました。そして、さらにお坊さん方がわたしたちにとって身近な存在なのだと感じることができました。

ありがとうございました。


文・hasunoha編集部
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

温かい気持ちになるお坊さん説法

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

お坊さんの仕事にはどんな責任があるのか?

お坊さんの仕事にはどんな責任がついてくるのでしょうか? 私は現在、お坊さんになりたいと考えている20代の男性です。 お坊さんになりたいと思う動機については、昔から死後の世界のことや、生きる意味、将来のことなどについて不安に思い悩んでしまうことがあったため、「その悩みに対して自分なりに答えを見つけたい」というものや、「同じような悩みを持つ人の助けになりたい」というものがあります。 ただ、お坊さんになることに対して不安に思うこともありまして… それがお坊さんの仕事に有る責任です。例えば、「人から何か重大な相談事をされて、それに対して的確な助言を必ずしなければならない」とか、「何か、お葬式などの儀式の最中にミスをしたら、亡くなった人が地獄に行ってしまうかもしれない。」などといった事を考えてしまいます。 こういった責任に対してお坊さんはどのように考えていらっしゃるのでしょうか? またお坊さんにミスが許されない仕事はあるのでしょうか? 私は現在、強迫性障害という病気を患っており、自分のミスで人に対して危害を加えてしまうかもしれないという不安に毎日駆られています。 こんな私でもお坊さんになることはできるのでしょうか?

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

お坊さんにも後悔や葛藤はありますか?

随分、ご無沙汰していまして…久しぶりにココに来てみました。 今の私の立ち位置は、障害年金で生活している精神疾患の患者です。 病気の者が、他人にアドバイスをして大丈夫なのか?と思う事もありますが、あるサイトで最近、回答者として、いろんなジャンルの質問と向き合うようになりました。 質問に向き合う事で、自分と向き合っている感じがしています。 絶対的な正解などないと思いますが、一度、お坊さんの想いや意見を聞いてみたいです。 もし、お坊さんがココに来た人に「絶望によって、それまでの生にあった矛盾が炙り出されたことはありますか?」と聞かれたら、どんな答えや考え方を示されるでしょうか? 私には、正直、よく分かりません。 なので、私が思った事を、そのまま書いてみたいと思います。 正解・不正解とかも、私には分かりません。 私の数少ない体験談です。 私に自殺願望がある状態の時、いつも私を気遣ってくれていた先生が自殺しました。 先生が気にかけてくれていたのは、何処かで先生は生きているもの(生きていける人)という前提で、自分を気遣ってくれているのだと思い込んでいたので、先に死なれて、順番が違うよ…と感じました。 死ぬほど苦しんでいたなら、私の声に耳を貸すだけではなく、先生も私に弱音を吐いてくれれば良かったのに、何故…と? 「生きてさえいれば」なんて言えるなら、生きて欲しかった。 絶望によって、生にあった矛盾が炙り出されましたが…時すでに遅しです。 お坊さんでも、「時すでに遅し」と思った事がありますか? 私の勝手なイメージですが、お坊さんはいつも冷静さを保っている感じがするので、何となく「時すでに遅し」までには至らないのかな?などと思ったりしています。 最近でも、「あ…しまった…」となった事がありましたか? 後戻りできない時、どうやってモチベーションを回復させるているのですか? 教えていただけるとありがたいです。

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

お坊さんってどんな人?

私が思うお坊さん像は、厳しい修行をして葬式等で活躍する、お話が上手でいろんな相談に乗ってくれる頼れる方です。 最近、自分の身に起きたことや、友人から高額なお布施を請求された、あそこの坊さんは酒飲みで遊び人だからやめた方がいい等といった話をよく聞くようになり、お坊さんへの不信感を抱くようになりました。 また、先日妻の叔父が亡くなった際に枕経からお願いしたら、最近は通夜と一緒に努めることが多いからそうしてくださいと言われました。そういうものなのかと納得しましたが、あろうことに枕経を断られた日にジムに入っていくその坊さんの姿を見かけました。妻の親族は「あの人はそういう坊さんやでな~」と苦笑いしてましたが、私には信じられないことでした。 SNSで発信をしているお坊さんも多く、生活が垣間見れる方もいたりいい意味でいろんなお坊さんがいるのだなと感じています。だからこそ、自分が思っているお坊さん像と違うとお坊さんはどんな人なんだろうとより一層思うようになりました。 大変な修行をされてきた方々ばかりだとは思いますが、自分のお寺に戻ってきたら何をしてもよいのでしょうか。 戒律のお話もお聞きしたことがありますが、守らなくてもよいのでしょうか。 一体お坊さんとはなんなのでしょうか。 お坊さんが大切にされていることは何なのでしょうか。 わかりにくい文章で申し訳ございません。 ご教授お願い致します。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1