hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine
Quote

生まれなかった不妊治療の受精卵。追悼できます

仏教では死と生とを分割して考えません。死と生とは連続したものであり、表裏一体のものと捉えます。
死の理由・原因は、病気や事故ではなく「生まれたから」と捉えます。

仏教の観点から言えば、受精卵(胚)は、因と縁とによって生起し、やがて終わっていく、多くのいのちとおなじいのちと捉えられます。

「供養」は宗派によって捉え方がさまざまです。

わたしの宗派では追善供養・慰霊はありませんが「追悼」は受精卵に対してもできます。

わたし自身にも似たような記念日があります。受精卵よりは成長したいのちに対して、妻と二人ささやかながら追悼をするつもりでおります。
{{count}}
有り難し
質問
受精卵(胚)は命でしょうか、なにか供養はできますか。
夫の乏精子症のため不妊治療で顕微授精をし、受精卵をつくりました。 幸いなことに、比較的早い時期に二人の子供を出産する事が出来ました。 しかし、胎児にすらなれなかった胚のことが気にかかっています。 最終的に体に戻せる状態だったのが13個 もっとも状態の良い一つはすぐに着床を試み、残りは凍結して保存することに。 医師は「保存する管が6本だから、二個ずつ保存する」と言いましたが、 「双子はなるべく避けたいので、状態の良いものから6個選んで一つずつ凍結を」とお願いしました。 最終的に、新鮮卵で一人目を妊娠、出産 凍結保存した卵で二人目を妊娠、出産 凍結卵の移植は一回失敗(着床せず)、 また一つは解凍した時点で死滅しており、 残りは医院の方針で施術から二年経過で廃棄するしかありませんでした。 まず凍結保存の段階で「選別」してしまったという後ろめたさがあり 失敗で胎児になれなかったものや お腹に戻せば命になったかもしれないのに廃棄になったもののことを思い 毎年施術した9月になると思いだして落ち込んでしまいます。 私の中では、施術の日を「慰霊の日」として、せめて自分だけは存在を忘れないようにしようと思っています。 主人も最初は同情してくれましたが、最近はすっかり忘れてカレンダーの印を「これは何?」と聞いてきます。 受精卵は命でしょうか?なにかしてあげられることはありませんか。
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さん33秒法話ピックアップ