hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

受精卵(胚)は命でしょうか、なにか供養はできますか。

回答数回答 5
有り難し有り難し 440

夫の乏精子症のため不妊治療で顕微授精をし、受精卵をつくりました。
幸いなことに、比較的早い時期に二人の子供を出産する事が出来ました。
しかし、胎児にすらなれなかった胚のことが気にかかっています。

最終的に体に戻せる状態だったのが13個
もっとも状態の良い一つはすぐに着床を試み、残りは凍結して保存することに。

医師は「保存する管が6本だから、二個ずつ保存する」と言いましたが、
「双子はなるべく避けたいので、状態の良いものから6個選んで一つずつ凍結を」とお願いしました。

最終的に、新鮮卵で一人目を妊娠、出産
凍結保存した卵で二人目を妊娠、出産

凍結卵の移植は一回失敗(着床せず)、
また一つは解凍した時点で死滅しており、
残りは医院の方針で施術から二年経過で廃棄するしかありませんでした。

まず凍結保存の段階で「選別」してしまったという後ろめたさがあり
失敗で胎児になれなかったものや
お腹に戻せば命になったかもしれないのに廃棄になったもののことを思い

毎年施術した9月になると思いだして落ち込んでしまいます。
私の中では、施術の日を「慰霊の日」として、せめて自分だけは存在を忘れないようにしようと思っています。
主人も最初は同情してくれましたが、最近はすっかり忘れてカレンダーの印を「これは何?」と聞いてきます。

受精卵は命でしょうか?なにかしてあげられることはありませんか。

2016年3月24日 17:35

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

いのちであるし、追悼できます。

EYさん、はじめまして。石田といいます。

「受精卵(胚)は命かどうか?」という問いには、EYさん自身が質問後半部をもって答えられているようです。つまり、命であると。また、質問後半の「なにか供養はできるか?」という問いにもEYさんが方向性を与えているようです。できる、と。

その考え方を支持いたします。

仏教では死と生とを分割して考えません。死と生とは連続したものであり、表裏一体のものと捉えます。死の理由・原因は、病気や事故ではなく「生まれたから」と捉えます。

仏教の観点から言えば、受精卵(胚)は、因と縁とによって生起し、やがて終わっていく、多くのいのちとおなじいのちと捉えられます。

受精卵(胚)は、精子と卵子との合一によって誕生した、やがてヒト個体に成長し、この世との縁が尽き、やがて終わっていく、そのような可能性をもった一つの「いのち」です。

iPS細胞の何が衝撃だったかと言えば、ES細胞が受精卵(胚)由来であるのに対し、iPS細胞はその概念の誕生過程と研究過程にあっては受精卵由来でありつつ、物理的な生成と存在には受精卵(胚)を必要としない点でした。

いわゆる「不妊治療」は本当に「治療」と言えるのか?ということも含め、その「治療」の諸段階を経るうちにヒト胚の生成・破壊が必須とされる場合があるのに、その充分な説明や理解がないまま、倫理的な部分を置き去りにしたままで事実だけが進んで行きがちであることは、今なお世界的な大問題であるままに推移していると理解しています。

先頃、島薗進さんが『いのちを“つくって”もいいですか?』(NHK出版)を上梓されました。関連した課題を扱ってくださっています。何らかの心の助けになるかもしれません(ならないかもしれません)。よろしければ、どうぞ。

「供養」は宗派によって捉え方がさまざまです。わたしの宗派では追善供養・慰霊はありませんが「追悼」は受精卵に対してもできます。私事ですが、わたし自身にも似たような記念日があります。受精卵よりは成長したいのちに対して、妻と二人ささやかながら追悼をするつもりでおります。二人で受け止めていく。が、今後は別の日に統合するかたちでの追悼になるやも知れません。

2016年3月24日 22:21
{{count}}
有り難し
おきもち

石田 智秀 (ちしゅー)
お寄せくださった質問について考えさせていただくことで、必ず回答できる場合ば...

幸福と再会を信じて、手を合わせましょう

11世紀にスリランカで書かれた「アビダンマッタサンガハ」という仏教書があります。そのなかで、生命の始まりについて「1週目はカララ(浄水)、2週目に泡になり、3週目に柔らかい肉片になり、4週目に卵型の固い肉片になり、5週目に手足となるコブができ…」と書かれています。エコーも顕微鏡もない時代に、すごいの一言です。カララは両親の精子・卵子が合わさり、そこに有情(心)が入ることによってできあがるため、受精の瞬間から命であると私は先生から教わりました。

さて私は長女を産んだ後、3回流産しています。
3度目ともなると慎重を期して安静に、流産予防の注射に入院までして、手足の動きが見えるまで大きく育てたのに、亡くなってしまいました。落ち込みましたよ。その後にやってきたのが双子でした。ただでさえ双胎というハイリスク、成長も遅い。二人とも無事に産めるなんて思えませんでしたが……生まれてきてくれました。周囲の心配をはねのけるように、力強く育ってこの世に出てきました。

お医者さんは環境を整える手助けをしてくださいます。見た目で「可能性が高い、低い」の判断はしてくださいます。でも、結局はその子に生まれてくる力があるか、そういう業を持っているかどうか。そう私は感じました。

廃棄した胚に対する思い、当然だと思います。
うまく言えませんが、私は、この世に産んだ3人の子も、産めなかった3人の子も、みんな私の子供だと思っています。4週の子は4週分の命、8週の子は8週分の命を、精一杯生きてくれました。それで充分です。目に見ることはできなかったけれども、人間界に生まれるだけの善い業をもって、私を母として現れてくれた命なのだから、きっと過去世でも後の世でも、なんらかの形で関わり続けるのではないかと…。

EYさんのなかで大切に想い続けてもらえる命は幸せだと思います。できることなら「ごめんね」という悲しみではなく、次の世界で幸せに過ごしていること、また別の形で再会できることを信じて手を合わせて頂きたいです。

2016年3月25日 11:20
{{count}}
有り難し
おきもち

青森県生まれ、宮城県在住。ミャンマー語が好き。子ども3人。 お寺の生まれ...

本当にお辛いことと思います。

私も「命」と考えます。

享年は数え歳(満年齢+1歳)のことが多かったのも、
お母さんのお腹の中に居た期間も加えてのことだと聞いたことがあります。
そう考えれば、
受精してからが命の始まりなんだと、
昔の人は考えたのでしょうね。

亡くなった方は、
何歳であろうと、
どのような死因であろうと、
誰もが仏さまに救われて成仏します。
その受精卵たちも成仏しています。

「申し訳ない」という気持ちだけでなく、
「ありがとう」という感謝も込めて、
供養していただけたらと思います。

2016年3月25日 9:48
{{count}}
有り難し
おきもち

和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

むずかしい問題です。

EY様
こんばんは
仏教の教えが説かれた時代には当然の事ですが、顕微授精などの技術は無く、仏典の中で命は前世の寿命を終えた後、中有(前世と今世の中間的状態)を経て、受胎するとありますから、体外で受精した時点で命が入っているのか、胎内に入った時点で命が入るのか確定的な事は申し上げられません。
ただ、ご夫婦でお子様を望んで、お二人の命の一部が合わさった受精卵を、お二人のご分身として心に思われる事は、良い事だと思います。
前世の寿命を終えた意識が、今世のお母さんの胎内に入る時は、仲の良い一組の男女に特別な感情を起こして入ると言われます。
お生まれになっているお子様をお二人で仲良く育て、ご相談されているようないのちを大切に思われるお心を持って、良い家庭を築く一つの縁として捉えて頂けば有り難い事だと思います。

2016年3月24日 21:21
{{count}}
有り難し
おきもち

お経をあげてもらいましょう(^-^)

EYさま

とてもお優しい心の持ち主でいらっしゃいますね。(^^)
それなら供養してもらったらいいと思います。
お経をあげてもらいあなた自身の心の中にあるものをすっきりとしてもらいましょう。お子さんのためにも受精卵たちのためにも、あなたが悩みから解放されることが大切です。
命と捉え供養するのが一番です。

2016年3月24日 20:02
{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

誰にも言えず、ずっともやもやしてきましたが、自分の気持ちは間違っていないのだと思う事が出来ました。ありがとうございました。同じような相談をネットの掲示板で見かけましたが、「自分勝手に命を操作しておいて、揚げ句に自分の都合で捨てておいて、今更何を言っているんだ」といった書き込みが多く、目を覆いたくなったこともありました。私と同じく、もやもやしている人は他にもたくさんいらっしゃるかもしれません。勇気を出してご相談して良かったです。

また折を見て、何か供養もしくは追悼のような事をしてあげられたらと思います。お経をあげてもらう、というのも、心情的に違和感は無く、良いアイディアだと思いました。そして「受精卵への供養(追悼)なんて、お寺でしてもらえるのかな?」という漠然とした不安は、杞憂だったみたいですね!
そして、供養を終えてこのことはサッパリ忘れて生きる、というのではなく、(儀式の有無にかかわらず)常に存在を心にとめて、「お母さんのそばにいてくれてありがとう。この世では人間の親子として対面することは無かったけれど、またいつの世かでご縁があって出会えるといいね。」と語りかけ続けていきたいと思います。同じ「忘れられない」でも、「後ろめたさ」とともに思い出すか「感謝」とともに思い出すかでは全然違います。ありがとうございました。

「不妊・流産・子供が欲しい」問答一覧

流産後の心の弱さ

今年の初めに稽留流産をしました。 胎嚢も心拍も確認されエコーで手足がわかるくらいで、9週目でした。 とても悲しくて毎日泣いて、ごはんも食べれず何もやる気がしないのに眠れない…外で小さな子供を見ることも嫌で心が苦しい、そんな日々が1ヶ月ほど続きました。 しばらくして気持ちも落ち着き、少し前からは妊活に前向きになってきました。 妊婦さんや小さな赤ちゃんを見ても、前ほど嫌な気持ちにならず「その妊娠力分けて〜」と思えるようにもなりました。 しかし不妊治療のために病院と漢方薬局に通っていますが、最近漢方の先生からの言葉が胸に突き刺さるのです。 最初は私が多嚢胞性卵巣症候群という体質があるため「多嚢胞の人は流産しやすい。妊娠前の血液検査の結果の数値が悪かったから流産することは予想していたが、ガッカリさせたくなくて言わなかった」というようなことを言われました。 先生には全く悪気はなかったと思いますが、そんなことわざわざ伝えてなくても良いのに…と気持ちが下がってしまいました。 また寝つきが悪いという話をすると「流産したことをまだ引きずっているのかも。あなたは心が弱いから。心が強くないとお母さんにはなれない」と言われました。 私自身は心が弱いと思ったことはあまりありません。 確かに流産した時は悲しくて苦しくてとても心が弱っていましたが、今はそこまで引きずってはいないつもりです。 今まで生きてきた人生の中でも、どちらかというと強く生きてきたほうだと思います。 確かに嫌な思い出や、人から言われて傷ついたことを思い出して気分が落ち込んでしまうことがあります。 人より無駄にあれこれ考え過ぎてしまう癖や、些細なことがずっと頭から離れずにいることもあります。 気持ちの浮き沈みが激しいときもあります。 全て1日経てば立ち直りますが… それが心が弱いということなのでしょうか? 心が弱いとお母さんにはなれないのでしょうか? こんな些細なことで頭を悩ませたくないのですが、どうすれば心を強く保てるでしょうか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

治療とアルバイト

不妊治療とアルバイトについて。 子なしの専業主婦で現在不妊治療をしています。 過去にこちらで相談させていただいた事からようやく元気になりまして求人誌を読んでアルバイトを探しているのですが…。 ここで働いてみたいな、と思ったところがあっても時間的に通院との兼ね合いが難しそうだったり どうしても「せっかく仕事を教えてくれるのにまた妊娠してすぐ辞めることになったら迷惑かけてしまうのではないか」とか「突然の来院指定(明日もう一度来て、と言われることなどもあります。)や体調が悪い時(毎月治療で注射を打った後数日体調が優れない日があります)に突然休みを取る事になってしまったら毎月のように迷惑をかけてしまう事になるんじゃないか」とか予定を立てられない心配ばかりが頭をよぎってしまいなかなか行動にうつせません。 主人は早く子どもが欲しいのもあり「不妊治療に専念すれば?」と言ってくれているのですが… わたしは周りからの「子どもがいないのに専業主婦?働いたほうがいいよ」という言葉にどうしても耐えられないし何より働いていない事に申し訳ない気持ちになります。 いつ妊娠するかわからないから働き始めたいけど、周りに迷惑をかけてしまうかもしれないからこのままのほうがいいんじゃないかという気持ちの葛藤。 自分よりもっと大変な治療と大変なお仕事を両立させている方もいらっしゃるし甘ったれている相談だと思います、本当すみません。 ですが今のどっちつかずな現状から抜け出せず何かお言葉をいただけたら幸いです。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

男性不妊、レスでの離婚

初めまして。結婚3年目の女性です。 結婚後なかなか子供が出来ず、病院で検査をしたところ男性不妊が発覚しました。 自然妊娠はほぼ不可能との事で、不妊治療で一度子供を授かりましたが初期流産してしまいました。不妊治療がとても辛く、子供を失った悲しみも大きいですが、不妊治療の再開も辛いです。 不妊治療は辛い、でも子供は欲しいです。おそらく他の男性となら自然と妊娠できると思います。 そして、うちは男性側からのセックスレスでもあります。私は夫婦のコミュニケーションとしてある程度望んでいるので、それも辛いです。 見た目も、内面や環境も考えられる全ての努力をしましたが、男性がそういう気分にならなければ、できません。 夫は私のことを人間として、家族としては好きだと思います。私も上記の面以外では夫はとても良い人だと思うし好感を持っています。しかし、夫婦というよりは友達と同居しているような感じです。 子供もなく、女として愛されてる実感もなくこのまま人生を終えるのかと思うと、離婚を考えてしまいます。 子供のことを思えば早いうちに(30代前半です)と思いますが、せっかく夫婦になったのにこんな事でと思う自分もいます。 どうしたら良いでしょうか。悩みすぎて、夫に申し訳ない、いっそしんでしまいたい、消えたいと毎日思ってしまいます。

有り難し有り難し 24
回答数回答 2

大切にするべき事は何でしょうか?

お忙しい中申し訳ございませんが、私の悩みを聞いてください。 結婚して数年経ちました。不妊治療専門の病院へいっていますが、残念ながら授かれておりません。高度不妊治療へ進み、高額な治療費をつぎ込んできました。 旦那はとても理解があり、協力を求めることはすべてしてくれ、私の心が崩れそうになったとき手を差し伸べて支えてくれています。感謝しかないです。この人と結婚できてよかった、と2人でも幸せに生きていこう。と思う反面、子どもができたらもっと楽しいだろう、愛する旦那の子どもを産みたい、と強く思っています。 治療をする上で犠牲になっているものは主に時間とお金と、対人関係での信頼です。 不妊治療の病院には人が溢れ医師は少なく待ち時間も長い、通院回数も多い。休日が奪われることは問題無いです。 しかし、どうしても通院日の関係で、仕事と治療を選ばなければいけない場面があります。退職も考えましたが、子どもを授かった時、金銭面で苦労させたくないのです。また旦那にも不自由のない暮らしをしてほしいという思いがあります。仕事も治療もなんてわがままな考えだとは思っています。 お金はまた稼いだらいい、治療は一刻も早く、年齢が若い方がいい。それは知っています。でもまだ心の中でどちらもは難しいのか、と欲張りになってしまいます。 また自分の実家も、旦那の実家も今住んでいるところからは遠く、結婚当初は長期休暇を利用し帰省していました。しかし、ここ数年は治療を優先にして通院日が重なる危険があるためなかなか帰省できていません。どちらの親にも、治療について話せていないため自分の実家はまだしも、旦那方の両親からは随分な嫁だと思われてしまっていることが心配です。 また旦那のことを考えると治療優先な生活を果たして正解なのかと、日々悩みます。2人でも幸せです。でもいつか後悔したくないのです、治療できるのは年齢やいろいろ限度があるので今しかないと思う気持ちが優先してしまいます。 過ぎた時間は戻ってきません、でもそれと同じくらい旦那の人生や旦那の故郷の家族との信頼関係も失いたくないです、大切にしたいです。なにかを叶えるには失う覚悟が必要でしょうか。 乱文失礼しました、お言葉を頂けますと幸いです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

子どもができない罪悪感に対する悩み

30代の専業主婦です。 現在不妊治療5年目になります。妊娠する兆しが全くなく、そろそろ心を決めようと思っているのですが、中々決心がつきません。 私は3人兄妹の末っ子で、上2人は独身です。苦労しながらも、幼い頃から私たちを育ててくれた母にはとても感謝しています。 そんな母の老後の楽しみはなんといっても孫。ですが、最後の希望である末っ子の私もほぼ望みがなくなってしまいました。 私自身、夫とも話して2人でもいい人生を送っていこうとお互いの意思は決まっているのですが、どうしても母の顔が過ります。あんなに苦労して3人も子どもを育てて、1人も孫の顔を見せてくれない。 自分は納得しているのに、申し訳なさすぎて、涙が出ます。 母は未だに「まだ大丈夫」「子どもがいなくても…なんて、そんなこと言わないで!」と言っています。本当に辛いです。 この罪悪感と、この先一生向き合う覚悟で生きていかなければいけないのでしょうか? 色んな方に「あなたの人生なんだから」とか「気にしすぎ。自分の好きなように生きればいい」と言われますが、どうしても納得できません。 母を傷つけない方法が知りたいのに、全くわかりません。 長々と拙い文章で申し訳ありません。 ご教示いただけますと幸いです。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

不妊治療と仕事の両立

何度かお世話になっています。 現在、結婚して10ヶ月ですが、年齢のこともあり、年明けから不妊治療を開始しました。 明日から人工受精にステップアップします。そうすると通う頻度も増え、特に排卵日前後の通院は急に、じゃあ明日また来てください等なるので、急に仕事が休みがちとなります。 今週も少なくとも2回通院が決まりました。 仕事は、先輩と二人で事務をしていますが、先日妊活のことを伝えると、他をあたって下さい。つまり私には振らないで下さいと、言われてしまいました。私の仕事をできるのは先輩しかいなく、多少なりとも理解してくれると思ってただけに、ショックと迷惑かけるなら退職も考えました。 一方上司は理解があり、今後のことも考え、もう一人増員のための求人を早速出してくれました。 ただ私自身、急な休みをしなければならないことが周りへの影響や迷惑を考えると、非常にストレスです。休みの日も仕事のことばかり考えてしまいます。 夫は仕事はやめてもいいよと言ってくれています。 何かを得るには何かを失うとは思っているのですが、今まで頑張ってきた仕事だけに悔しい気持ちもあり、また不妊治療はお金のかかることでもあるので、両立はできるのか、やはり厳しいのか等悩んでいます。 御回答をお願いします。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る