お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

前に流行ったけど、姑の嫌味は「右から左へ受け流す」

姑さんに悪意があるのか、天然なのか判断が難しいところですが、うまく受け流すしかないと思いますね。

「太った」と言われたら、笑顔で「え?そう?体重は変わってないのよ」

「その服やめたら」と言われたら、「じゃあ私に似合う服買ってくれる?」

「お茶飲む?賞味期限切れだけど」と言われたら、「消費期限切れじゃなければセーフよ」

「資格がないと働けないでしょ」と言われたら、「そうなの、私の資格は夫さんの良き妻であることだけなの」

「煮物作らないでしょ」と言われたら、「私苦手なんです。教えてください」

「外にあまり出ないでしょ」と言われたら、「目的がないと外に出れないんですよね。今度どこか買い物や食事でも一緒にいきませんか?」

「その土地の人気のあるものにして」と言われたら、それは要望に応えてあげましょう。「どんなのがいいの?あんこ?クリーム?」。

今度こう言われたらこう言おうと待ち構えておくと怖くなくなりますよ。
うまく受け流しながら、ご主人共に仲良くお付き合いくださいね。
引用元の質問:
結婚して15年経つけれど姑に言われた言葉など、未だにモヤモヤして忘れられないです。
回答僧:
おすすめの33秒法話

「お坊さん=スクーター」ではない!

いくら得ても満足できない人。仏教で「餓鬼」と言う

許すとは、いまの状況のすべてを受け止めることです

パワーストーンは信じるきっかけを産むもの

「死にたい」と思う「わたし」。自分を嫌う「わたし」

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ