お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

復縁したいです

2週間ほど前に1年お付き合いした相手から終わりにしようと言われました。ちょっとした意見の食い違いが原因です。私は離婚して子どもがいます。相手は死別で子どもがいます。私は子どもを含め将来の事を真剣に考えていましたのでこれからどうしていいのかわかりません。私は出来る事なら復縁したいと思っています。価値観の違いとはいえ同じ人間ではないのですから違って当たり前だという考えです。価値観の違いでぶつかる事が決して悪い事だとも思っていません。むしろプラスだと思っています。そこでお互いに歩み寄り理解し絆を深めて行けばいい事だと思っています。相手から送られて来たメールの文章を読んでいただき、相手が何を考えているのか、復縁は可能なのかアドバイスいただければと思います。よろしくお願いします。

冗談半分で言った事が気に障ったみたいですいませんでした。少し冷静に話しをしますので聞いて下さい。日々メールをもらう中、少しずつ色んな考えの中お互いのずれを感じはじめ今日正に価値観の違いを目の当たりにし、痛感したところです。やはりいつも近くに感じ思いやりを投げかけ大切にって思いが日に日に薄れ自信も無くなり悩む事が多いように思います。自分の事を優先するよりも周り(会社での立場上や子どもたちの父親として)を常に考えて行く事が今の自分の役割だとその為、これ以上無駄な期待を持たせ迷惑をかけてしまうので終わりにしようと思っています。今まで色んな事あったけれど、本当ありがとう。迷惑ばっかりかけてしまったね。楽しかったよ。お互いの幸せの為なんで理解して。もうメールと電話しないから。

恋愛相談
有り難し 12
回答 2

質問投稿日: 2015年3月13日 21:16

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

価値観の違いという事を考えてみましょう

価値観とはお互いの立っている地面のようなものだと思います。
立っている所が違うと、伴侶として共に生きて行くのは難しいのではないでしょうか?

世の中で価値観の違う者同士が、お互いを認めあい友好関係を築きあう事は大事な事です。
しかし、人生のパートナーとして子供を育てて行くのは難しいように私は思います。

相手様は子供の事を思えばこその別れの申し出のように拝察致します。
そして貴女も、子供の事を思えばこその復縁の希望のように拝察します。
ここでも大きなズレを感じます。

相手様は『これ以上無駄な期待を持たせ迷惑をかけてしまうので終わりにしようと思っています。』と仰っておられるのは大変真摯な態度だと私は思います。
そして、人のメールをここで公開してしまうということは、実は大変なネチケット違反である事をご存知でしょうか?
大変厳しい事を申しますが、あなたは相手様の気持や思いを優先して考えて差し上げる事をなさって来られたでしょうか?

私は自分の気持を抑えてでも、相手をとにかく幸せにしてあげたいと思う気持ちが夫婦というものの原動力だと思います。
もしかして、ご自分の価値観を相手様にかなり押し付けていると相手様が感じるような事が多かったのではないでしょうか?
ちょっとした意見のくい違いと仰られますが、相手様に取っては積もり積もった事なのかもしれません。

復縁は難しいかもしれません。

ご自分の生活をまずしっかりと考えて、お子様を育てていってください。
いろいろと辛い事もあるかと思います。
行政の福祉などもうまく利用しながら、とにかく生きて下さい。

貴女の手の中にお子様の未来がかかっている事をお忘れにならないで、
しっかり貴女が生きる事を考えて下さい。

今は絶望的に思えても、きっとまた幸せに思える日が来ます。
それまで、頑張って生きて下さい。

3年7ヶ月前

怒りの功徳

高速道路での出来事。何百メートルも後ろから大きな整備不良のダンプトラックがハイパーアイで色んな人達に眩しい思いをさせて真っ黒な排気ガスを吐き散らしていながらそれに気づかない。
このトラックの運転手のように人間というのは、自分が無自覚でやっている言動、態度、表情、出している不機嫌オーラに目を向けないものです。
私自身も時々、無自覚ながらに自分のアウトプットする言葉や態度や表情で人を不快にさせてしまうことがあります。
怒りは唯一功徳があるとすれば、その自分の怒りの愚かしさをさとしてくれることだと思います。
お子さんの事を愛しておられるのでしょう?だったら、子供さんたちが本当に幸せになれるように、そして復縁するしないに関わらず、これから出会う相手を幸せにするためにも、もう本当に怒る事を止めよう、と誓いを立てましょう。
怒り、不機嫌、感じの悪い言動、イライラ、ムカムカ…、坊さんだって、みんなこれに困って、懲りて、これを本当にやめようと思うのです。
彼が与えてくれた、試練だと思いましょう。
ちょっとしたことで「怒ってしまった」のでしょう?
そしてその怒りによって、安心を破壊してしまったのでしょう。
これをきっかけに人生の転機と為さるべきです。
私からのお願いがあります。女性として、怒りを本当に克服して、怒りを克服する方法を多くの女性たちに何らかの形で広めてください。ともに精進致しましょう。(^

3年6ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ