お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

大好きな彼を疑ってしまいます

過去の恋愛で浮気をされた経験から、現在の彼の事も
些細なことで「浮気をしているのではないか」とすぐに疑ってしまいます。彼の行動や、彼の部屋のちょっとした変化などからどんどん妄想がふくらんできて、他の女性の存在を疑ってしまうのです。先日も私が彼を「怪しい」と問い詰めてしまい、ついに彼から「いつもありもしないことで勝手に疑われて不愉快だ。君といると疲れる」と言われてしまいました。彼を傷つけてしまったこと、いつも優しく接してくれる彼を疑ってしまう自分が情けなく、辛いです・・・
どうしたら彼を心から素直に信じ、疑う心に打ち勝つことができるのでしょうか?ご回答よろしくお願いいたします。

恋愛相談
有り難し 16
回答 1

質問投稿日: 2015年3月27日 13:17

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

問題ガール と 別れる

Lesson1
仏道的に申し上げると、その影は自分を相手にしてる姿。
リアルの彼「A」ではなく、自分の彼に対する思いの方「B」を相手にしている状態…です。
本物の彼は「A」です。あなたの彼への思い。幻は「B」です。
自分の中の「B」を彼そのもののように思いこんで錯覚してしまうのが多くの人です。
だから仏教が必要なのです。
今日、よく観察してみてください。
実は「B」はあなたの中の彼に対するセルフイメージ(自分の想念 自分の作った相手への人間像)です。
「♪まぼろしを愛したの~♪」などで歌われる所の、リアルの相手ではなく、相手に対する思い、セルフイメージなのです。
これが、お分かりいただけないと以下は話になりませんので、自宅坐禅をおススメします。そして自分の思いはどこまでいってもリアル彼氏「A」そのものではなかった、ただの情報、影であったと悟ってください。
Lesson2
目の前に彼「A」=リアルな現実の今の彼がいる。
あなたは時々リアルの彼「A」そのものを相手にしていない時がある。
「B」=イメージの産物・キオクを相手にしていたり、あなたの想像上、都合上の悪い存在や、思いのフィルター越しに彼を見ている。
「B」という自分の想像上のフィル―ター越しに見ているからホンモノノの彼「A」に出会っていないのです。
これってヤバい状態なのです。
禅の修行は、自分のセルフイメージをぶち壊し、リアルをダイレクトに観る力が養われます。
シンプルに、単純に、みてください、彼を。
もし本当に彼が浮気したらリアル彼氏の「A」が浮気したんですから別れればいいのです。
「B」を相手にあれこれ考え込んでもそれは独り相撲というもの。
如何に普段、自分がイメージの世界の住人になっていたか、いるかを今も自覚なさってください。
そして、そこから救われるために、そこに本当に不都合や❝問題❞を感じてみてください。
彼がどうだとかではなくて、自分のものの見方、普段現実を相手にしていないで、自分の思いばかりを最も優先させて来たという「問題がーる※」が観えてくるのではないでしょうか?
そういう自分とこそまず別れるべきです。
※ここで言う問題ガールとは、自分自身を一番苦しめる自分の相手への思いかた のことです。

3年1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

丹下様、温かい助言をありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ございません。頂いたお言葉から、わたしは今まで彼の「幻」を作り上げてきただけなのだと気づかされました。やっと、すべての謎が解かれたような気がして、心が軽やかになりました。今後彼に対してふと疑惑が湧きそうになったら、「いけない、いま私は彼の幻Bを見ているんだ。」と思うようにし、リアルな彼Aをしっかりと見つけていこうと心に誓いました。さらに、私の日頃の物の見方も反省しました。丹下様がおっしゃるように、私はいままでまわりの人や世の中を「イメージ」越しに見て、決めつけていた傾向があったように思います。これは、まさに大きな気づきでした。「リアル」を見ることの大切さを教えて下さり本当にありがとうございました。「問題ガール」と決別すべく、現実をしっかり見つめて生きていきます!

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ