hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

意見の食い違い

回答数回答 3
有り難し有り難し 14

私は今、高3で受験生です
将来の夢は教師になることなんですが
父親がそれに納得しません
父親は自分の意見が通らないと
怒るような人なので
私は悪くないのによく怒られます

県内で進学校に入ったのですが
ギリギリ入ったため
成績は下から少し上くらいで
とても難関大へなんて進学出来ません
なのに父は国内ならいい大学へ行け
としか言いません

後、父は留学した経験があり
それが父にとっていい経験になった
らしいのですが
いい大学へ行くか留学を考えろとしか
言いません

私は小学生の時、教授になりたいと
いいましたが
ただ大好きな理科を一生やりたいだけで
博士とかなら実験が出来ると思い
教授になりたいと言ったのですが
教える立場になりたいと心変わりし
教師になりたいと言ったのですが

そんなのは妥協だとか
本当は教師になりたいなんて
思っていないだろと言ってきて
挙句の果てに
このままじゃお前の願いなんて
叶うわけが無いなどと言われました

どうすれば父は
納得してくれるのでしょうか


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

まだ時は熟しておらず、今は勉強に専念すべし

亀山純史と申します。
今、お父さんのことを説得しようとしても難しいと思います。まだ入試まで時間があります。そのような状況で、あなたのお父さんがあなたの意見を受け入れてくれるとは考えにくいですね。人はまだ可能性があるのではないかと思えば、その可能性を否定する考えを受け入れるだけの度量はないものです。センター試験も近づいてきて、お父さんが考えるあなたへの可能性と現実の学力がどのようになっているかによって、あなたの希望を少しは聞き入れてくれるようになるかもしれません。ですから、今は、お父さんのことを説得しようとすることに力を注ぐよりも、まずは勉強を頑張って、今よりも少しでも成績を上げることです。仏教では因果の道理を正しく見ることの大切さが説かれます。今あなたにとって必要なことは、お父さんの説得ではなく、学力の向上だと思います。もちろん、お父さんから反対されている状況と、賛成されている状況では、勉強への熱の入れようも違うことはわかります。しかし、「お父さんが反対していたから、僕は勉強に身が入らなかったんだ。」とは言いたくはありませんよね。こんな発言は単なる責任転嫁でしかありません。
なお、このままじゃお前の願いなんて叶うわけが無いなどと言われたようですが、それに対して私なら、「お父さんの言うとおりにしていれば、お父さんの願いは叶うかもしれないが、それは、お父さんの願いが叶うのであって、僕の夢ではない。」とでも反論するでしょうか。
いずれにせよ、今の時点での説得は難しく、説得させるにはまだ時は熟しておらず、今は勉強に専念すべし。これが私からのアドバイスです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

お父様の言うとおりにすればよい

教師になりたいということなら、大学の選択肢はかなり多いでしょう。
お父様が望まれるような大学でも、教員免許の取れる学部はあるでしょう。
そこを受けてだめなら、すべり止めで別の大学に入って教員免許を取ればよい。
また、留学しても、帰国後に教員免許を取る方法はあるでしょう。
で、お父様には、あなたがベストを尽くして勉強していることをわからせるしかありません。
懸命にやった結果であれば、お父様の望む大学に入れなくても、最終的には納得してくれる(というか、あきらめるしかない)のでは。
さて、仏教では慈悲の心を大切にします。
相手に対して怒らず憎まず、相手の幸せを願い、相手の悩み苦しみがなくなることを願う心です。
他人の心を思いどおりにコントロールすることは不可能です。
お父様が納得してくれなくても、お父様にはお父様なりの欲望・不満・プライドがあってのことでしょうから、お父様に対する慈悲の心は大切にしてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

よくお話合いをなさるべきだと思います

お父上の教師に対するイメージは、昔あったような「でもしか先生」というものなのでしょう。私はたぶんお父上と同世代ですので、年代的に分かる気がします。

父上は上昇志向がお強くて、大手商社または外資系のエリート、もしかしたら起業家なのではないですか。そうした人は、バブル崩壊やリーマンショックを経験しようがどうしようが荒波を乗り越えていくのが男で、教師志望イコール安定思考イコール軟弱な人間と見ておられるのではないでしょうか。違いますかね。

しかし、あなたが目指しおられる学校の先生は性別にかかわらず社会に有益かつ個人としてもやりがいのある仕事だとも思います。また現在の先生は軟弱では決してつとまらないと思います。

そこで、何故、学校の先生になりたいのかをきちんとよくお父上とお話になり納得のいくまで煮詰めるのもよいと思います。一般の大学で資格を得て先生になるケースは多々ありますが、その県にある教員養成系の国立大学に入るのが採用に際してもっとも有利な進路です。静岡なら静岡大学教育学部ということです(他では駄目というのではありません)。そのためにも腹を割ってよくよくお話しになりお父上に納得してもらい、同意を得る方がよいと私は思います。

ところで、教育養成系の大学に進みながら、自ら進路を変更し別を選ばれる方も多くいらっしゃいます。十代の終わりに将来の進路を決めることに無理があるのだともいえます。

私には、後から思い返して、「あの時の選択は間違っていた」と思うことは多々あります。それでも、その時々によく考えて思案を重ねて決めたことなら、それはそれで仕方ないと思えます。結果としては「なるようになる」のかもしれませんが、大切な時期ですから自分でよく考え、お父上とよく話し合い、先生方にも相談し助言を求めてみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

「受験・テスト・進路」問答一覧

大学受験を前に涙が溢れて止まりません。

はじめまして。現在高校3年生です。 高校入学と同時に、苦しかった高校受験から解き放たれた喜びで高校1年と2年は完全に遊びました。高3からは頑張ろうと思ったものの、定期的に1・2年で遊んでしまった後悔の波のようなものが押し寄せてきて、勉強どころではなく、気付けば涙が溢れてきて自分はなんてダメな人間なんだろうと思ってしまいます。 中学3年生の時に、1日に14時間以上勉強してやっと手に入れた第1志望でとても嬉しい気持ちでいっぱいだったのですが、今ではあの時死にものぐるいで頑張った自分にただただ申し訳ない気持ちしかありません。 高校に入ってからは、周りは頑張っていたのに私はだらだらと遊んで過ごし、気付けば3年間で何もやりきったことがありません。そして受験を目の前にした今、ここで妥協して行けそうな大学にしたら自分が嫌いになってしまうだろう、もう一度頑張ったらこの後悔を断ち切れるかもしれないと思い難関国公立大学を目指していますが、現実的に今の学力に鑑みて、今年の現役合格はほぼ見込がありません。そんな私ですが、いい両親に恵まれて「もう1年頑張るなら応援するよ。」と言ってくれているので、その応援に感謝し、浪人して自分ができる最大の努力をしたいと思っていました。しかし、少し前に教室で、あるクラスメイトたちが浪人している先輩について話していて、「ええー、あの人浪人してんの?負け組やん笑」「能力なかったんちゃう笑」ということを言っているのを聞き、私に対して言った言葉ではないことはわかっていましたがなんとも言えない辛い気持ちになりました。私が、浪人覚悟で今からでも頑張ればきっと…!と思っていた事も全部、ただこれまでだらけた自分を合理化していただけだったのかもしれない。浪人して入った大学でもあの人たちが言っていたように思われるかもしれない。社会に出てからもみんなから言葉にこそしないものの、無能と思われるのかもしれない。考えすぎだとわかっていますが、ふとした時に考えて胸がいっぱいになってこれからの人生が真っ暗に思えて泣いてしまいます。 私の高校受験や高校生活に意味があったのか、今からの大学受験やこれからに意味があるのかわからなくなってしまっていました。 長々と分かりにくい文章で本当に申し訳ないです。何かお言葉を頂けたらとても嬉しいです。どうかよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

大学受験が辛いです。

こんにちは。 自分の生き方に悩んでいる者です。 私は今一浪の大学受験生なのですが、正直辛いです。一浪ごときであまっちょろいと思われるかもしれませんが、本当は今すぐにでもやめたいのです。理由は、自分がやりたいこともないのに大学に行って、無駄な学費を親に払わせるのが苦痛だからです。それくらいならやりたいことが見つかるまで働いて、学費を貯めるなり家に入れるなりしたいのですが、現実はそう上手くいかないのもわかっています。知人に言っても、返ってくるのは「具体的なやりたいことあって大学行ってる人なんて少ないよ」という言葉ばかり。それに加え、親が予備校にも高いお金を払って通わせてくれているので尚更やめたいとは言いづらいし、親も大学に行って欲しいと願っています。また、ここまで来た以上は合格しなきゃいけないというプレッシャーが試験日が近づくにつれ強まっていて、押しつぶされそうです。 予備校に行っても、周りは一生懸命努力している人達ばっかりなのに、やる気もない自分が場違いのように感じられて、余計行きづらくなってしまいました。そのことを親に言える訳もなく、高いお金を払っているのに余計申し訳なく思ってしまいます。 受験まで残り少ないのに、こんなことで悩んでいる自分が情けないです。自分は性格的に人にこういった悩みを打ち明けるタイプではないので余計考え込んでしまうのかもしれません。ぐちゃぐちゃな文章になってしまい、申し訳ないです。ですがどうかこんな自分にも助言を頂きたいです。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

夢を諦めたくないのに心が折れそうです

はじめまして。今回ご相談させて頂きたく思います。 今、私は医学部を目指している受験生です。 高三の時受験に失敗し、浪人生として1年間頑張ることにしました。なんとかサボることもなく模試の成績も順調に上がってきて、なんとか受かりそうだと希望が見えてきたところなのですが、ある一言がずっと頭の中で渦巻いて心が折れてしまいそうです。 数日前、予備校での数学の授業中に、先生がこう仰いました。 「正義感とやらで医者になられてもね、患者にとっては迷惑なだけなんですよ。」 至極当然な発言だと取られるかもしれません。そんなことで傷つくなんて心が弱いなあと思われるかもしれません(確かに浪人生になってからメンタルがかなり弱ってしまいましたが)。でも、私にはこの言葉は心を突き刺すように鋭利で、鉛のように重いものでした。 私が医師をめざしている理由は、その「正義感」とやらからです。誰かの命を救うということが本当にかっこいいと思っているし、自分もそうなりたい、なるんだと覚悟を決めて浪人したし、勉強もやってきました。 「勉強ができるから」「学歴が欲しいから」医学部を目指すよりもそっちの方がずっと意味があるんだと思っていました。 でも、現実は甘くなかった。 自分ほど賢い人間なら医学部に行くべきだろうと言い、周りを見下していた人は、現役で合格した。 私は自分の実力が足りなくて、どれだけ気持ちが強くても受からなかった。 その現実が辛くて、ずっと目を背けていたのに。予備校の先生の一言で、それを真正面から見なければならなくなってしまったような心地がしました。 私の考えは間違っていたのかもしれない。 私はやっぱり向いていないのかもしれない。 もし、自分が医師になれたとして、本当に「患者にとって迷惑」な存在になってしまうのだろうか、、、? そんなことを考えていたら、あまりにも辛くなってしまいました。 家族や友人も応援してくれていて、叶えたい夢。だけど、今は心が折れてしまいそうです。 どうすれば強い気持ちで頑張り抜くことが出来ますか?

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

覚悟を決めるにはどうしたらいいでしょう?

私は24才の宅浪生です。 かれこれ、受験勉強を5年位続けています。 私は志望する大学に強い憧れを持っています。 他にも、志望する大学に具体的な魅力を感じ、希望する条件を満たしていることも憧れの一因です。 大学を志望する理由は、実家を出て一人暮らしをして、大学という場で、様々なことを学び、様々な人と会い、興味のあることをとことんまで勉強したいと思っているからです。 また、学問によって自分の生きづらさとうまく付き合いたいとも思っています。 現状では正社員で働くのは難しいと考える為、技術を身に着けるためにも大学がふさわしいと思っています。 現在、昔、通っていた予備校の先生に受験の相談をしているのですが、 「実力に合った大学を目指すべき、大学なんてどこも同じだ。大事なのはそこでどういう生活を送るか。君が希望する大学に落ちて、もう一年浪人生活を送ることは人生がもったいない。」 つまりは「現実的に考えて、身の丈に合った大学にいきなさい」 そういった意見を頂きます。先生の意見には概ね賛同できますが、志望する大学を諦めたくはない気持ちが大いにあります。 それから、今まで、何一つ打ち込んだものがない人生だったので、受験勉強ぐらい頑張りたいという気持ちもあります。 大学に対しての拘りが捨てきれないてないのだろうか、大学という場が大事だ、と様々なことを考えます。 僕自身もブランドだけで大学を選びたくはないという気持ちはあります。 大卒という資格だけで不当な評価を受けずに済む、多くの場で働くことができる、そういうメリットもあります。 何が起こるから分からないから時代だからこそ、大学ぐらいは出ていかないと大変だろうとも思います。 そういった理由より、世間でいう偏差値的に高い大学(努力の成果)を選ぶことにも意味があると考えます。 しかし、相談した先生が言うように、志望した大学と私の学力が大きな隔たりがあります。今年、受かる見込みは少ないでしょう。 問題は覚悟を決めて、自分の進路について決断を下せないところにあります。他人の意見や将来の不安、世間的な評価、自分の自信のなさ、過去の失敗に振り回されてしまいます。 どうやったら、覚悟を決めて、決断できるのでしょうか?  また、学歴というものをどういう物だと考えればいいのでしょうか? 

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

やりたい事と現実

こんにちは。私は現在大学一年生です。以前からこのサイトで質問させて頂く事で悩みを解決させて頂いたので今回も相談させて頂きます。 私は今史学科(日本、東アジア)に所属していて、学芸員課程を受講しているのですが、そこで外部の先生から海外の学芸員制度を聞き、海外(アメリカ、カナダなど)で働くことに興味を持ちました。そして、調べて行くうちに、海外の大学院に進むことが一番、という結果になり、英語を勉強し始めました。 しかし、最近私の所属では不可能なのではないかと考えてしまいます。2年生になれば英米文化の授業は取れるのですが、そもそもやってることが違っているのでは?と思い、学生相談室に相談しようかな、と考えているのですが、無理です、とか馬鹿にされたらどうしようと不安でできません。自分でもこんな事で悩むなら電話するべきだとわかっているのですが、怖くて出来ません。英語も全然できるようにならなくて自分が嫌になります。 留学したくても家庭事情で出来ず、世の中にはもっと苦しい人も居るのよ、と親に言われても自分の中で汚い感情が湧いてしまいます。 纏まりのない文で申し訳ありません。どうしたら自分の心を整理して的確な行動ができるかアドバイス頂けると嬉しいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

受験勉強に意識を向けたい

私は所謂オタクで、幅広く手を出すよりお気に入りの少数の作品をしゃぶり尽くすタイプなのですが、受験勉強のため1年近く趣味を切り離してきました 追っている作品は3つ程度なのですが、運悪く受験の時期とそのうち2つのアニメ化の時期が被ってしまいました それについてはなんとか割り切っていたつもりなのですが、偶然同じ作品が好きな方々のコミュニティに遭遇し、リアルタイムで見ていた人達の話や入手できなかった初回限定特典などの情報を見て、なにか取り返しのつかない事をしてしまったような不安を感じています これだけならまだ、もう過ぎた事だし受験合格後に見て嬉しい気持ちに水をさされる事がなくなったとか、何かしら+に捉える事もできたと思うのですが 好きな作品のうちもう一つが1月からアニメがスタートで、「まだ間に合う」「こっちまで逃すつもりか」と余計に焦燥感に駆られています 義務感で追っていた訳ではないはずなのに、距離を置いてこんなに不安を感じるとは思いませんでした 私の成績はあまり芳しいものではなく受験への不安も感じてはいるのですが、それよりこちらの方が遥かに大きいです 何か、受験勉強へ意識を戻す方法は無いのでしょうか

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る