hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

突然の父の死について

回答数回答 2
有り難し有り難し 87

初めまして。
父親の死に対する様々な思いについて、ご相談させて下さい。

今年2015年3月18日に、父が急逝しました。
浴室で、何らかの原因で意識を消失し、風呂のお湯を飲んだ事による溺死。
享年83歳でした。

私は2015年2月まで東京で7年間暮らしており、3月に実家の九州へ帰郷したばかりでした。

父親はプライドが高く頑固な性格で
子供の頃は怖い、苦手というイメージを持っており
大人になっても、あまり父と真剣に向き合ったり、接する事は少なかったと思います。

しかし自分が歳をとるにつれ、父親が自分の一番の理解者である事を感じるようになり
自分の人生や両親の事など、色々考えた結果、帰郷する事に決めました。
そして、まさに帰ってこれからという矢先に、父が亡くなってしまいました。

今まで父とあまり話せなかった分、これからもっと色々な事を話したかった。
父が近年ずっと気にかけていた、私への心配(仕事・結婚)を無くしたかった。
(再就職、そして結婚して、孫の顔を見せたかった)
これから父を支えていきたかった。

そういった父への叶わぬ願いが「もっと早く行動しておけばよかった」
という自分への後悔に変わってしまい、ずっと心から離れません。

葬儀の時「お父さんは、お前が帰ってくるのを待っててくれてたんだろう」
「お前に看取って貰えて嬉しかっただろう」と、親戚が言ってくれましたが
私は何一つ父に返せないまま父を亡くしてしまった、間に合わなかったという思いが強いです。

また、父の存在の大きさに亡くなってから改めて気づく部分も多々あり
父と今の自分をつい比べ、自分を卑下してしまう事もあります。

そして現在、父が亡くなり、残った母は要介護の為に老人ホームへ移り住む事となり
実家には自分1人で住んでいます。

自分が生まれ育ち、両親との思いがつまった家で、1人で暮らしていると
様々な思い出や、父の面影が頻繁に頭に浮かび、喪失感が募ります。

特に浴室は父が亡くなった場で、死んでいる父を私が発見したのもあり
毎日必ず入る場でもあり、入浴時に思い出さない日はありません。

父が亡くなって現在3ヶ月が経ち、先日、百か日の供養を済ませた所です。

後悔と喪失感に苛まれる現状から、気持ちの折り合いをつけていくにあたり
何か助言を頂けたらと思っています。

宜しくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

手を合わせる時間を大切に

ヒデユキさま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します、よろしくお願いします。

ご質問のタイトルを見て、反射的にキーボードを打ちはじめました。
何故なら14年前、私も父を突然に亡くしたからです。

私はお寺ではなく一般家庭の出身で、年の離れた兄が2人おります。父親は仕事だなんだで顔を合わせない時期も多かったので、ヒデユキさんと同じく、真剣に向き合った記憶も無く、接することも少なかったように思います。

それでも父は、私が僧侶になったことを喜んでくれていた様子でしたが、ある日、半分趣味のような仕事に出た先で、突然に亡くなりました。それこそ何も親孝行をできていなかったので、14年経った今でも残念な気持ちがありますし、今後も消えることはないでしょう。

ヒデユキさんのお父さまは実家のお風呂場で亡くなり、ヒデユキさんがそれを発見したのですね。私の父は遠方で亡くなったので、ごくたまにその地域に行くと、強く思い出されます。
しかし、亡くなった場所が自宅、しかもお風呂場となれば、入浴するたびにつらいお気持ちになっていらっしゃるのではないかと心配です。

法要はされているようですが、お仏壇などでの日々のお参りも、ヒデユキさんの気持ちを落ち着けるために大切なことだと思います。別に鎮魂とか慰霊という意味合いではなく、お父さまと向き合い、心の中で語り合う時間をお持ちになってはいかがでしょうか。

今までの人生でずっと存在していた方が亡くなったのです。後悔と喪失感に苛まれるのも無理のないことと思います。私は父が亡くなったことが腑に落ちるまで、丸2年かかりました。

お父さまは仏さまとなって、ヒデユキさんのことを見守っていらっしゃいます。少しずつでけっこうですから、お父さまに安心して頂けるよう、ご自身の人生を歩んで参りましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

恩返し

ヒデユキさん、はじめまして。

昔から「孝行のしたい時分に親はなし」といいます。

世の中には幼い頃からしっかり親孝行をしている方もいるかもしれません。
でも、恐らくみんな、大なり小なりヒデユキさんと同じような心持ちを持っているはずです。

私も母を30代で亡くしました。
私を身ごもってから体調を崩し、医者に堕胎を勧められても無理して私を産み、それから30数年間入退院を繰り返した母でした。
ご多分に漏れず、私も母に対して何も恩返しが出来ませんでした。
私を産むために身体を壊したようなものですので、母が亡くなってしばらくは、ヒデユキさんと同じようなことをずっと考えていました。

そんな私でしたが、今ではよく葬儀の場でこんな話をします。

ご両親があなたを生むとき、何か大きなもの望んで生んだのでしょうか?
恐らく、どこの親御さんも「五体満足に、健康に生まれてきますように…」

子供が成長するにつれて、色んな期待をかけたかもしれませんが、最初に願った本当の望みは、そのくらいささやかなものだったはずです。

幸にして五体満足で生んでくれたこの身体がここにある。
「お前のためにしっかり使えよ」と与えてくれたこの身体がある。

たとえ親御さんのご生前に孝行出来なかったとしても、与えてもらったこの身体を自分のために存分に使うこと。

あの世という世があるならば、自分が人生を終えたときに、ご両親のところに行って
「あなた方に与えていただいたこの身体を、私は存分に使い切りましたよ。ありがとう。」
と伝えてあげることができるなら、それほどの親孝行はないはずです。

お父様は、あなたの中にしっかり生きています。

お父様に見せていただいた色んな姿、色んな言葉、それをあなたが一日も早く自分なりのものにして、歩き出せる日が来ることを祈っています。

幸にして、ヒデユキさんにはまだお母様がご健在です。

日蓮聖人のお言葉に
「親によき物を与へんと思いてせめてする事なくば一日に二三度え(笑)みて向へとなり」
というものがあります。

親御さんになにか恩返しをしようとして、特別に思うところがないときには、一日に一二度で良いから笑顔で向かってあげなさい。
というような言葉です。

お母様、大切にしてあげて下さいね。

{{count}}
有り難し
おきもち


質問者からのお礼

なごみ庵
浦上 哲也様

実体験に基づくお言葉、ありがとうございます。
親を突然亡くすという悲しみは、本当に深いものだと痛感しています。
そして何より、父と一緒に暮らし、父が亡くなった家で1人で暮らすのは未だに辛いですが
その家で暮らしているが故に、毎日仏前でお参りし、父と心の中で向き合う事は欠かさず続けております。

親孝行が出来なかったという後悔はもう消すことは出来ませんが
今は自分の人生を第一に考え、自分自身が幸せになる事が父への親孝行だと信じて
これから少しづつ、自分の人生を歩んでいこうと思います。

私も父の死が腑に落ちるまでには、まだまだ時間がかかりそうですが
また辛くなった時には、この回答を見て心を鎮めたいと思います。

ご回答、ありがとうございました。

受法寺
小原 観慈様

ご回答ありがとうございます。
「孝行のしたい時分に親はなし」本当に今、身に染みて感じています。

私はまだ人の親ではありませんが、小原様が仰る通り
子供を産む時に、親が最も望む事はきっと「五体満足に、健康に生まれてきますように…」この願いだろうなと思います。

父からまだまだ教わりたい事は沢山ありましたが
今まで父を見て育ち、受け継いできた様々な物を自分の糧とし
父の息子として胸を張ってこれからを生きていけるよう、少しづつ立ち直って歩んでいけたらと思います。

母は幸い健在ですが、要介護でサポートが必要な為、施設と家族で協力して支えていこうと思います。

父が亡くなってから、家の中に沢山飾ってある家族の写真を見て、改めて思ったのですが
写真に写る父は笑顔が多いな、と思いました。
「親によき物を与へんと思いてせめてする事なくば一日に二三度え(笑)みて向へとなり」
この言葉に習い、私も仏前では笑顔で父に向かおうと思います。

ご回答、ありがとうございました。

「身近・大切な人の死・亡くした後悔」問答一覧

母を死なせたという気持ちが消せない

先日、10年間介護し続けた母が旅立ちました。 朝目覚めた私が起こしに行ったときにはもう息を引き取っていました。 悩んでいるのは、「母を死なせてしまったのは私だ」という思いについてです。 亡くなる前日、訪問看護師さんと二人で見ていたときやや微熱気味であったこと、やたら眠たがること、受け答えがぼんやりしていたこと、今思えばいくらでも様子がおかしかったことに気付けたはずなのに… 依然もっと高熱が出た時は、しっかり朝まで寝ずに様子を見て元気になるまで頑張ったのに、どうしてその時は夜の見守りをしなかったのか。 母を寝かせた時平熱に戻り他のステータスも問題ない値だったことに油断して、友人とオンラインでの会話が楽しくて、「安定してたし大丈夫だろう」と一通り会話したあとそのまま様子も見ずに寝てしまったことが今でも悔やまれます。 あの時ちゃんと油断せず朝まで起きてつきっきりでいれば絶対死ななかった、 見に行かなかった私が母を殺してしまったんだと後悔する気持ちでいっぱいです。 思えば、最初に倒れた時から状態が悪くなるたびにずっとこうしたらよかった、ああしたらよかったと後悔を繰り返しているのに、 私はなぜ学ばないのだろう、なぜ油断してしまうんだろう、大好きな母のためのはずなのに自分が楽しい気持ちを優先して母を見殺した親不孝者と、怒りの気持ちも沸きます。 周りは交代制でもない一人の人間が24時間見守り続けるのは大変なことだ、しょうがないと言ってくれますが、介護のために仕事も辞めたのですから本当はしょうがなくなんかないだろう、ちょっと様子見だけでもしていたら助かったはずなのにとどうしようもない気持ちになります。 正直に言えば母のためにこれからの人生もささげるつもりだったのもあり、後を追ってしまいたい、でも私にはまだ父も兄もいて、その二人に同じ苦しみを与えるのかと思い踏みとどまっていますが、 この気持ちが時間で解決できるのだろうかと、目の前が真っ暗な状態です。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

亡くなった母に謝りたい

今年6月6日に母が亡くなりました。昨年10月から入院しておりました。 私は他県に住んでおりコロナが広がるまでは年に2〜3回顔を見せていました。同居している兄は歩けなくなった母を一生懸命世話してくれました。 入院してからは兄が病院に行ってはリモートで様子を教えてくれていました。 亡くなる一ヶ月前、兄から「母さんの状態が良くない亅と知らされたのですが、すぐには行きませんでした。あの時自分が何を考えていたのか、今思うと理解出来ません。また持ち直すと思っていたかも知れません。 6月4日に兄から「今から来れるか」と連絡がありすぐに出かけました。 その日は病院の先生から話が聞けると思っていたのですが、到着が遅くなり病院へは行けませんでした。 次の日も先生が病院にいないという事で行けず。 その次の日、朝早く病院から連絡があり、駆けつけましたが「つい先程亡くなりました」と言われました。 信じられませんでした。 一ヶ月前に直ぐに駆けつけなかった事、亡くなる朝、もっと早く行ってあげていれば。 一人で逝かせてしまった事。 どんなに痛かっただろう、辛かっただろう、寂しかっただろう。 親不孝の大馬鹿者だと毎日後悔の気持ちで過ごしています。 本当に取り返しのつかない事をしてしまった。 6月4日、実家に着いた時から三日間、私は実家の猫に引っ掻かれ傷だらけになっています。 狂ったように飛びかかって来ました。 これは、怒っているお母さんが猫に乗り移っての行動かと思っています。 毎日写真を見ては、話しかけていますが、母は怒っているんじゃないか、どんな気持ちでいるんだろう? 取り返しのつかない事をしてしまった。 胸が締め付けられる思いで苦しいです。 長い文になりまして申し訳ありません。 お言葉を頂けましたらありがたいです。 宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

父の死

実家で火災があり家が全焼、昼寝をしていた父が亡くなりました。 祖母と後妻さんと暮らしていた父。後妻さんの手前、会うのは年に数回でしたが、今年息子が誕生してからは毎月会っていました。 気性の荒い父でしたが初孫の誕生を心から喜び可愛がってくれました。ただ私がコロナを非常に警戒していた事もあり、抱く時はマスク二枚重ね必須。差し入れを持って家まで来てもらったにも関わらず抱かずに帰ってもらう事もありました。息子にキスしようとした父に『やめて!』と怒った事もあります。 まさか父がこんなに早く、しかも突然亡くなるなんて。息子が生後半年を迎える5日前に亡くなってしまいました。『今忙しいから』と言って数十秒で電話を切ったのが最後の会話です。 母との離婚を通して精神を病み、いつも声を荒げていた父ですが、孫の前では常に目尻が下がっていました。ここ数十年見たことのない笑顔は昔の優しかった頃の父でした。なので今思い出すのは笑顔の父ばかりです。 息子の成長をもっと父に見せたかった。私も親になりようやく父の苦労が分かり始めてた矢先にこのような事が起こり涙が止まりません。父と息子の写真は3枚のみ。しかも全てマスク着用。家が全焼してしまったので遺影がこのマスク姿のものしかありません。 なんであの時マスクを外して撮影しなかったんだろう。なんであの時息子を抱かせてあげなかったんだろう。ぷにぷにの赤ちゃんの頰にキスするくらいいいじゃないか。後悔ばかりです。 父に会いたい。不器用だけど、たくさん私を愛してくれた父。母をたくさん傷つけた父が許せず顔を合わせば常にぶつかってばかりだったけど、本音は父の事が大好きでした。 気持ちの整理をするために私は今後どうしたら良いのでしょうか?

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

妹が天国へ行ってから3

妹が亡くなってから、2週間前にも投稿して今回で早くも三回目の相談です。オンラインでも三回も相談してまして、こんなに短期間で何回も相談しても良いのかと思いますが、身寄りや家族が居ないため話す相手が居なくて、ここで話をするしかなくて何回も申し訳ありません。 妹が亡くなったのが、ちょうど同じ日曜日の夜勤務が終わって帰った時でしたので、同じ日曜日は特にトラウマと言うかキツイです。 帰っても誰も居ませんし。お母さんでも居てくれたらまだ良いのですが、夜勤務の時は施設に預かりになってるため、1人で本当に苦しいですね。 仕事行って同僚や客と話しても妹の事は話せないので、人形と喋ってるみたいで何をしてるんだろうと思います。 今日なんかついに妹の位牌を仕事に持って行ってしまいました。ロッカーに入れてました。 一緒にいれるかなとか、最期そばにいてあげられなかったから、今後は2度と1人にしないとかわけの分からん事を考えてますます壊れて行ってるのかなーと思います。 あの日何故妹あやこは死ななければならなかったのか?  やはり自分がいたら助かってたはずと同じ事ばかり頭を巡ってしまいます。 来月はもう初盆なのに、まだ生きてたら、と考えてしまいます。それでも線香あげたり毎日手を合わせたりして供養もちゃんとしないといけないなとも思ったり、何度も妹の名前を言ったり、頭が混乱してる感じです。 雲の上を歩いてる感じで、やはりまだ悪い夢見てるだけじゃなかいかとも思ってしまいます。 認知症のお母さんの方が全然元気でして、僕の方が先に死ぬんじゃないかとも思ってもしまいます。 妹を助けられなかった無念さが大きくて、全然消えなくて、小さくならなくて、逆に日に日に大きくなってる感じすらあります。 仕事場では多分元気に見えてるかも知れません。結構喋るようにはなったので。でも全然なんですね。 失ったものが大きすぎて、この夜の1人の時間がとても苦しいです。誰か誰でもいいので居てくれたらと思います。 妹の魂はあるはずなのですが、なかなかそれを感じとれなくて。 このまま週末だけですが1人では苦しいです。 同じような境遇の人はどうやって生きてるのかなと思います。 生き地獄とはこの事かと思います。 妹の為にもっとしっかりしなければならないのですが、なかなか厳しいです。 何でも良いので返答をたくさん頂きたいです。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

亡き夫への想い

1年半前に26年共に過ごした主人を亡くしました。それが原因で実の親と兄弟と絶縁。心療内科に通いなんとか普通に生活しています。夫は今どきめずらしいほどの亭主関白で厳しい人でした。弱音は吐かず寡黙な人でおしゃべりが好きで甘えたい私には厳しすぎて、いつの日か笑って話す事もなくなり、頼る事をしなくなり日時会話も減っていきました。家政婦のような毎日に嫌気がさし、いつもの喧嘩から意地で家を出ました。亡くなる3ヶ月前です。職人だった主人は健康診断をせず、病気に気づかず、ただ、険悪になった3ヶ月は主人の身体は立っているのも辛い状態だったはずだと後から医者に聞きました。痛い、辛いを言わなかった人だけに私はその辛さに気づかず、孤独は自分なんだと可哀想な自分は自由になるべきだと家を出ました。主人が溺愛していた末娘を連れてです。いつも絶対に折れない主人が頭を下げて戻ってきて欲しいと言うまでは帰るまいと決めてました。その間に歩けなくなった主人は入院してから4日で亡くなりました。相当苦しかったはずだ、と医者に聞かされ愕然としました。入院して2日目にベッドの上から私の手を引っ張って握り「戻ってくれ」と言いました。ずっと聞きたかった言葉に泣けて泣けて泣けて…… ずっとその大きな手が欲しかっただけ。 優しい言葉が欲しかっただけ。 私はどこを何を見ていたんだろう。この人の何を見ていたんだろう。ずっと愛してくれていたはずなのに、欲張りな私は気づかなかった。週末は外に干し毎日整えてた布団も一番辛かった3ヶ月はずっと敷いたままだった。毎日作っていた手料理も一番辛かった時に作ってあげられなかった。毎日掃除していた部屋も毎日洗濯していた作業着もきれいにしてあげられなかった。長い間 一緒にいて、一番不幸な時に死なせてしまった。私が殺してしまった。あの時傍に居たら、ずっと一緒に暮らしてたら、もしかしたら命はあったかもしれない。寂しかったはず、辛かったはず… 1年と半年、毎日謝り続け、でも、普通にご飯を食べのうのうと生きている自分に嫌気がさし、消えてしまいたい思いと戦いながら、残った4人の子供たちを幸せにしなければ、とただ、それだけで頑張っていますがスーパーで買い物をしていても、車を運転していても主人の影を探してしまう毎日にもう無理だよ……って、どうにもならなくなったとき、このサイトを見つけました、辛いです。助けて

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

母が他界しました。

母が他界しました。63歳でした。 3年半闘病しました。2年間は食べる事も飲む事もできませんでした。 旅行が好きな母でした。私が社会人になってからはいろんな所へいきました。 最後の旅行の時「あなたと後何回いろんなところへ行けるかな。」とポロっと言われました。その時は「何言ってるのー?」と笑って返しましたが、その旅行が最後の旅行になりました。何故こんな事を言ったのかずっと心に突き刺さっています。 亡くなる3日前に急に体調が悪くなり、肺炎でした。施設に預けていましたが、亡くなる前日少し状態が良くなり、付き添いを止め、私も自宅に帰りましたが、夜中に1人で逝ってしまいました。 「付き添いをしてあげればよかった」「仕事で忙しいと言わずに時間を作ってもっと会いに行ってあげれば良かった」いろんな感情がぐるぐる回っています。3年半も頑張ってくれて、もう辛くないんだから前を向かなきゃと思いますが、どれだけ泣いてもふっと気を抜くと涙が止まりません。 そばにいて貰いたくて、分骨したいと思い骨壷ペンダントを買いましたが、家族に言えずにしまっています。 分骨も悪い事ではないとインターネットで見ましたが、やはり身内にお願いできません。また遺骨を砕く勇気も私がありません。身体が鉛のようで何もできないです。 このままじゃ母が心配しそうです。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

誤りたいです

私は朝7時に出て夜7時に家に着く生活をしていました。 父が病状が悪化した時、さすがに7時は遅いと思いました。 でも、毎日早退なるし…そう思い毎日15分早退する事にしたんです。 1時間早く家に着く事が出来る、その時はそう思いました。 でも今考えると、親が病気なのに、苦しんでるのに、たった15分だけの早退にしてしまった後悔におそわれています。 父より、周りの目を気にしてしまった…その自覚もその時はなかったです。 私は父にあたってばかりいた… 父は鬱病の私を心配して少ない年金から少しでも私が元気になるように調理器具とか弁当のおかずとか色々買ってきてくれました。 でも、私父に何もしなかった… 今考えると、何一つ父にしてあげてなかったんだから、周りの目なんか気にせずに最期ぐらい少しでも早く帰って父のために過ごせばよかった… 最後まで自分を優先してしまった… 寂しい思いもさせたと思います 申し訳なくて誤りたくて 父の日も父の誕生日も何もしなかった ケチってばかりいた… どうして最期の時まで判断を間違えるのか 家族が病気なのに、たかだか15分ぐらいで周りの目を気にして、あんな時にフルで仕事して自分でバカなんじゃないかと思う 避けてばかりいたけど、今更ですがもっと話をすれば良かったと思ってます 家族を守ってあげれなかった… 何でこんなに弱いんだろ…

有り難し有り難し 24
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る