hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

突然の父の死について

回答数回答 2
有り難し有り難し 83

初めまして。
父親の死に対する様々な思いについて、ご相談させて下さい。

今年2015年3月18日に、父が急逝しました。
浴室で、何らかの原因で意識を消失し、風呂のお湯を飲んだ事による溺死。
享年83歳でした。

私は2015年2月まで東京で7年間暮らしており、3月に実家の九州へ帰郷したばかりでした。

父親はプライドが高く頑固な性格で
子供の頃は怖い、苦手というイメージを持っており
大人になっても、あまり父と真剣に向き合ったり、接する事は少なかったと思います。

しかし自分が歳をとるにつれ、父親が自分の一番の理解者である事を感じるようになり
自分の人生や両親の事など、色々考えた結果、帰郷する事に決めました。
そして、まさに帰ってこれからという矢先に、父が亡くなってしまいました。

今まで父とあまり話せなかった分、これからもっと色々な事を話したかった。
父が近年ずっと気にかけていた、私への心配(仕事・結婚)を無くしたかった。
(再就職、そして結婚して、孫の顔を見せたかった)
これから父を支えていきたかった。

そういった父への叶わぬ願いが「もっと早く行動しておけばよかった」
という自分への後悔に変わってしまい、ずっと心から離れません。

葬儀の時「お父さんは、お前が帰ってくるのを待っててくれてたんだろう」
「お前に看取って貰えて嬉しかっただろう」と、親戚が言ってくれましたが
私は何一つ父に返せないまま父を亡くしてしまった、間に合わなかったという思いが強いです。

また、父の存在の大きさに亡くなってから改めて気づく部分も多々あり
父と今の自分をつい比べ、自分を卑下してしまう事もあります。

そして現在、父が亡くなり、残った母は要介護の為に老人ホームへ移り住む事となり
実家には自分1人で住んでいます。

自分が生まれ育ち、両親との思いがつまった家で、1人で暮らしていると
様々な思い出や、父の面影が頻繁に頭に浮かび、喪失感が募ります。

特に浴室は父が亡くなった場で、死んでいる父を私が発見したのもあり
毎日必ず入る場でもあり、入浴時に思い出さない日はありません。

父が亡くなって現在3ヶ月が経ち、先日、百か日の供養を済ませた所です。

後悔と喪失感に苛まれる現状から、気持ちの折り合いをつけていくにあたり
何か助言を頂けたらと思っています。

宜しくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

手を合わせる時間を大切に

ヒデユキさま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します、よろしくお願いします。

ご質問のタイトルを見て、反射的にキーボードを打ちはじめました。
何故なら14年前、私も父を突然に亡くしたからです。

私はお寺ではなく一般家庭の出身で、年の離れた兄が2人おります。父親は仕事だなんだで顔を合わせない時期も多かったので、ヒデユキさんと同じく、真剣に向き合った記憶も無く、接することも少なかったように思います。

それでも父は、私が僧侶になったことを喜んでくれていた様子でしたが、ある日、半分趣味のような仕事に出た先で、突然に亡くなりました。それこそ何も親孝行をできていなかったので、14年経った今でも残念な気持ちがありますし、今後も消えることはないでしょう。

ヒデユキさんのお父さまは実家のお風呂場で亡くなり、ヒデユキさんがそれを発見したのですね。私の父は遠方で亡くなったので、ごくたまにその地域に行くと、強く思い出されます。
しかし、亡くなった場所が自宅、しかもお風呂場となれば、入浴するたびにつらいお気持ちになっていらっしゃるのではないかと心配です。

法要はされているようですが、お仏壇などでの日々のお参りも、ヒデユキさんの気持ちを落ち着けるために大切なことだと思います。別に鎮魂とか慰霊という意味合いではなく、お父さまと向き合い、心の中で語り合う時間をお持ちになってはいかがでしょうか。

今までの人生でずっと存在していた方が亡くなったのです。後悔と喪失感に苛まれるのも無理のないことと思います。私は父が亡くなったことが腑に落ちるまで、丸2年かかりました。

お父さまは仏さまとなって、ヒデユキさんのことを見守っていらっしゃいます。少しずつでけっこうですから、お父さまに安心して頂けるよう、ご自身の人生を歩んで参りましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

恩返し

ヒデユキさん、はじめまして。

昔から「孝行のしたい時分に親はなし」といいます。

世の中には幼い頃からしっかり親孝行をしている方もいるかもしれません。
でも、恐らくみんな、大なり小なりヒデユキさんと同じような心持ちを持っているはずです。

私も母を30代で亡くしました。
私を身ごもってから体調を崩し、医者に堕胎を勧められても無理して私を産み、それから30数年間入退院を繰り返した母でした。
ご多分に漏れず、私も母に対して何も恩返しが出来ませんでした。
私を産むために身体を壊したようなものですので、母が亡くなってしばらくは、ヒデユキさんと同じようなことをずっと考えていました。

そんな私でしたが、今ではよく葬儀の場でこんな話をします。

ご両親があなたを生むとき、何か大きなもの望んで生んだのでしょうか?
恐らく、どこの親御さんも「五体満足に、健康に生まれてきますように…」

子供が成長するにつれて、色んな期待をかけたかもしれませんが、最初に願った本当の望みは、そのくらいささやかなものだったはずです。

幸にして五体満足で生んでくれたこの身体がここにある。
「お前のためにしっかり使えよ」と与えてくれたこの身体がある。

たとえ親御さんのご生前に孝行出来なかったとしても、与えてもらったこの身体を自分のために存分に使うこと。

あの世という世があるならば、自分が人生を終えたときに、ご両親のところに行って
「あなた方に与えていただいたこの身体を、私は存分に使い切りましたよ。ありがとう。」
と伝えてあげることができるなら、それほどの親孝行はないはずです。

お父様は、あなたの中にしっかり生きています。

お父様に見せていただいた色んな姿、色んな言葉、それをあなたが一日も早く自分なりのものにして、歩き出せる日が来ることを祈っています。

幸にして、ヒデユキさんにはまだお母様がご健在です。

日蓮聖人のお言葉に
「親によき物を与へんと思いてせめてする事なくば一日に二三度え(笑)みて向へとなり」
というものがあります。

親御さんになにか恩返しをしようとして、特別に思うところがないときには、一日に一二度で良いから笑顔で向かってあげなさい。
というような言葉です。

お母様、大切にしてあげて下さいね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


質問者からのお礼

なごみ庵
浦上 哲也様

実体験に基づくお言葉、ありがとうございます。
親を突然亡くすという悲しみは、本当に深いものだと痛感しています。
そして何より、父と一緒に暮らし、父が亡くなった家で1人で暮らすのは未だに辛いですが
その家で暮らしているが故に、毎日仏前でお参りし、父と心の中で向き合う事は欠かさず続けております。

親孝行が出来なかったという後悔はもう消すことは出来ませんが
今は自分の人生を第一に考え、自分自身が幸せになる事が父への親孝行だと信じて
これから少しづつ、自分の人生を歩んでいこうと思います。

私も父の死が腑に落ちるまでには、まだまだ時間がかかりそうですが
また辛くなった時には、この回答を見て心を鎮めたいと思います。

ご回答、ありがとうございました。

受法寺
小原 観慈様

ご回答ありがとうございます。
「孝行のしたい時分に親はなし」本当に今、身に染みて感じています。

私はまだ人の親ではありませんが、小原様が仰る通り
子供を産む時に、親が最も望む事はきっと「五体満足に、健康に生まれてきますように…」この願いだろうなと思います。

父からまだまだ教わりたい事は沢山ありましたが
今まで父を見て育ち、受け継いできた様々な物を自分の糧とし
父の息子として胸を張ってこれからを生きていけるよう、少しづつ立ち直って歩んでいけたらと思います。

母は幸い健在ですが、要介護でサポートが必要な為、施設と家族で協力して支えていこうと思います。

父が亡くなってから、家の中に沢山飾ってある家族の写真を見て、改めて思ったのですが
写真に写る父は笑顔が多いな、と思いました。
「親によき物を与へんと思いてせめてする事なくば一日に二三度え(笑)みて向へとなり」
この言葉に習い、私も仏前では笑顔で父に向かおうと思います。

ご回答、ありがとうございました。

「身近・大切な人の死・亡くした後悔」問答一覧

母が先月亡くなりました

初めまして。お世話になります。 母が先月脳出血で倒れ、1週間後に亡くなりました。 実家と私が住んでいる場所は遠方で、倒れたと連絡があってすぐ帰ったのですが、コロナ禍で感染対策上入院している母には会えませんでした。 倒れてから意識はあった様ですが、その日の晩に容態が急変し、緊急手術になりました。以降、意識は回復せず、面会ができたのが入院から4日後でした。 呼びかけても、母は、返事もできず、目もあけてはくれません。その週に亡くなりました。 年末年始は、毎年帰省していましたが、コロナ禍もあり、今年は帰省を諦め、2月に帰るからねと年末年始話をしていたところでした。連休がある度に、帰省をしていたのですが、昨年はコロナの影響があり、夏に帰省して以来、帰ることを自粛していました。 元気な母に直接会えずに、この様になったことや、意識ある際に、何かしらの手段で声をかけたりできなかったのだろうかとか、母の健康管理をもっと前から私ができなかったのだろうか等、、、悔やむことばかりです。 母は、いつも家族のことを優先に考え動いていた母でした。 苦労も多かった人生だったと思います。 私も母には迷惑や心配をたくさんかけてきました。 倒れて帰省しても、面会もなかなか許されず、実家にいるだけで、倒れた際も、倒れてからも何もしてあげれなかったことが悔しいです。 まだまだ母としたいこともありましたし、頻繁にメールをしていたので、メールもしたしいですし、母と色んな話をしたいです。 母がいなくなり、父も私も心にポッカリ穴があくとは、この様な状況なんだなぁ…と思いました。人生で1番辛いです。母がいなくなり、こんな辛く悲しい人生、生きている意味なんて無いとも思えてしまいます。 母は、嫌だと言うかもしれませんが、来世でも、また母の子供でいたいです。来世では、ほぼ異なる人生を歩むと聞きますが、来世も親子でいることは難しいのでしょうか。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

母の死と後悔

はじめまして。 苦しくてこちらのホームページにたどり着きました。 昨日、病院に長期入院中の母が亡くなりました。 血流が悪くなる病気で、1年ほど前から痛みが酷くなり、足指から壊疽が始まり、痛みのために1人では何もできなくなった時点で大学病院に入院。足指を切断しました。手術後、今度は肺気腫が悪化、肺炎を起こし、何度かは覚悟を、と言われながらも、なんとか持ちなおし、病院を転々としながら半年が経ちました。 術後の傷口は塞がら無いまま、痛みも続く中、リハビリも無理で、ほぼ寝たきりになったため、家に帰りたがる母を我慢させて、入院を続けさせました。 コロナのせいで、半年間で会えたのは、手術時や転院の際の5回のみ。最初のうちは携帯を使えていましたが、だんだんと通話も無くなり、会話もほぼなくなりました。 結果的には痛みと孤独に耐えさせて、ひとりぼっちで、旅立たせてしまったのです。 最善は何かと探り続けていましたが、コロナの規制が厳しく、私の判断が鈍っていたのかもしれません。 病院にいることが母にとって最善だったと、今になって思うことが出来なくなり、一人で旅立ってしまった母が、かわいそうで、悲しくて、心が潰れてしまいそうです。家に連れて帰り、在宅看護を検討できなかったか、入れる施設は必死に探したものの、在宅は無理だと最初から諦めた自分に一生後悔をすると思います。 もっと母と一緒に居てあげたかった。母とおしゃべりしたかった。 自分の家族の前では明るく振る舞うため、心と身体が分離していく感覚が恐ろしく感じています。 どうやって心を保っていけばいいでしょうか。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 38
回答数回答 2

母が亡くなりました。

先日、母が体調の悪化により69歳という若さで亡くなりました。 母は2度の入院をし、2度目の入院のあと在宅介護になり、介護をしていました。 入院後、歩けなくなってしまったので、入院しなければなどと言っていました。 私が入院を進めなければと思いがよぎります。 介護中も、疲れから、辛くあたってしまうこともあり、優しくできなったことに、後悔しています。  もし、早く救急車を呼んでいたら違ったのかな?などとも思ってしまいます。 後悔しか頭によぎりません。 母は口癖のように、死にたいと言っていました。 母は楽になれたのでしょうか? 悔いはないのでしょうか? 私に対して怒ってないのでしょうか? 本当に極楽浄土はあるのでしょうか? 私が亡くなった時に母に会えるのでしょうか? それとも、もう産まれ変わっているのでしょうか? 母に会いたい時、話したい時、どうしたらいいですか? 後悔ばかりしていたら、悲しんでいたら成仏されませんか? あと、火葬の日に、息子の誕生日でした。 ケーキも頼んであったため誕生日をお祝いしました。 動画を撮ったのですが、電気を消しロウソクを立てて、のをあとから見ると、ロウソクの炎が(ロウソクとは別)上のほうで反射してるかのように、ユラユラ揺れてみたり、移動してみたり、そんな不思議な動画になっていました。 あれは母もお祝いしていたのでしょうか?

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

母が亡くなり、後悔がある。謝りたい。

先日、母が50歳と若くして亡くなりました。 タイトルの通り、母の死に後悔があり、謝りたいです。 母は脳にガンの転移があり、4ヶ月ほど前から、日常生活全てにおいて介護が必要な状態になりました。 まず、母の介護に関して、私はよくやったと思っています。 オムツの交換や、服薬、食事の補助、病院への付き添いや運転など、ほとんど私が行っていました。 客観的に見ても、介護や家事の負担は、私が大部分を負っていました。 他の身内には介護に時間を裂けない事情がありましたし、私にも長男としての責任がありましたので、そのことに不満は全くありませんでした。 母は、よく「感謝している」「申し訳ない」と言っていました。 他の身内や、医療関係者の方も、私はよくやっていると言ってくださっていました。 そのことは誇りに思っています。 本題になりますが、私の後悔は、母が亡くなる1ヶ月ほど前からの私の振る舞いのことです。 その頃から、母の体調が悪くなり、助けを求められる回数が多くなりました。 夜に起こされることも多々あり、最終的には丸一日側にいなければならないような状態でした。 そのストレスから、私の介護がどんどん荒っぽくなりました。 冷たくあしらったり、適当に介護したり、言動が荒くなったりしました。 特に、母が亡くなる2週間前には、かなり高圧的な態度で話してしまいました。 その時に、母に「だったら死なせて欲しい」と言わせてしまいました。 同時に、「私を愛している」とも言ってくれていたのですが、つまらない意地を張り、「私も愛している」と伝えられませんでした。 その次の日から、母がうまく話せなくなってしまい、その喧嘩が母との最後のまともな会話です。 また、その次の日から母の姉が介護に来てくださったので、私はあまり介護に関わらなくなりました。 そして、母の容態が急変し、亡くなってしまいました。 あの喧嘩のせいで、母は喋れなくなったのではないか。容態が急変したのではないか。 なぜ最後の最後で介護に関われなかったのか。 なぜ最後の会話があんなものになってしまったのか。 後悔が溢れます。 母の遺体に謝罪し、「愛している」と語りかけましたが、母は死ぬ前に聞きたかったはずです。届いたのかも分かりません。 私はどう懺悔すれば良いのでしょうか。 また、どうすれば母に謝れるのでしょうか。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

父の死のあとに生まれた命

私には二人息子がいます。 次男を出産する1ヶ月前に、父が突然心筋梗塞で亡くなりました。 私の出産は母子ともに命の危険があり、自宅で絶対安静にしていなければなりませんでした。そのため、1歳半の息子を私の父と母にお世話してもらっていました。 母は私の家に住み込みで、父は実家から私の家に朝来て夜帰る生活でした。 夜、実家で一人、父は突然心臓が苦しくなって亡くなりました。 私は自分を責めました。 父のそばに母がいれば、こんなことにはならなかったと。父から母を奪った私が全て悪いのだと。 家族を誰よりも大切にしていた父にとって、私とお腹の子の事が心配でしかたなかったに違いありません。 元々心臓が弱かったのに、孫の世話もさせてしまって、病院に行きたくても行けなかったのでしょう。 後悔してもしきれなく、父しか頼りがなかった母を一人にしてしまったことにも罪悪感が消えません。 次男は無事に産まれてくれました。もうすぐ一年が経とうとしています。 母親失格なのはわかっていますが、私がこの子を身篭らなければ今も父は居てくれたのではと思ってしまいます。 一年経っても、私が父を殺したという思いと、この子を産まなければ父はまだ側にいてくれたのではという思いで夜も涙が溢れ、眠れない日々が続いています。 大好きな父を失い、大好きなはずの次男を素直に受け入れられない私は行き場がない思いでぐちゃぐちゃになっています。 どうか、どなたか、お話を聞いてくださったら嬉しいです。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る