お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

自分の弱さがつらい

私は、集中力がなく、やらなければならないことでも後まわしにする性格のようです。

受験にしても第一志望は落ちるし、時間にルーズで遅刻が多い。
自分で決めたことさえも、達成できない。
やるやる詐欺な性格です。

毎回、1日の終わりに後悔しています。
こんな性格を治したいのですが、
自分に甘く、日々怠惰に過ごしてしまいます。

自分の人生なのに、どこかやる気が出ない自分をなんとかしたいです。
こんな怠け者な私に喝を
アドバイスをください。

よろしくお願いします。

後悔・自己嫌悪
有り難し 8
回答 1

質問投稿日: 2017年2月12日 18:17

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大忍貫道

最後の日

ご質問拝読させて頂きました。
人間は存外に怠惰な生き物ですので、注意深く自らを律しないといけません。それでも怠けてしまうのが、人というものかもしれません。
質問者さんに次の言葉を贈ります。

「明日有りと思うが心の仇桜夜半に嵐の吹かぬものかは」

これは一休さんの詩で、命を桜に例えたものです。明日があると思っていても、急な不幸で命を落とす事もあるという教訓です。一日を最後の日と思い、後悔のないよう過ごしてはいかがでしょう。

2年5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

回答ありがとうございます。
明日が来るかどうか分からないのが人生ですね。
怠けたくなったら、
「明日有りと思うが心の仇桜夜半に嵐の吹かぬものかは」
この言葉を思い出して見たいと思います。

「弱い心・自分の弱さと向き合う」問答一覧

「弱い心・自分の弱さと向き合う」問答一覧をすべて見る
関連する問答
相談カテゴリ- 人生は四苦八苦 Sick Hack!
P7
このページの先頭へ