皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

みんなの言い分がバラバラで困っています

家族関係に疲れてしまいました。

四月から子供を保育園に預けて働きます。

しかし、私、夫、実父、実母、義理の両親の全員が全員、保育や私の働き方、育児について意見や助言がバラバラで、聞いていて疲れてしまいました。

(夫は相談しても、面倒そうにして、まともに話を聞いてくれません‥‥)

しかも、全員が自分の意見が正しいという態度で、他の人たちの意見はおかしいと言ってくるため、聞いていて頭がおかしくなりそうです。

何回も同じ相談をしているのに、聞いていないという人や、話がコロコロ変わってしまう人もいます。

最終的には自分が決めなければいけないのは分かっていますが、違う意見の人たちには、理解してもらえない&諭されるのが目に見えているので不安で仕方ありません。

受け流すべきなのか、何とかして皆が納得してもらえるように説得するべきか、私自身が決めたことをキッパリ宣言するべきなのか、どうしたらいいのか分かりません。

家族親族
有り難し 14
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

象の全体

このような喩えがあります。

『生まれつき全盲の人たちが、「象」ってどうゆう動物か、それぞれが触れて意見を言い合いました。鼻を触った人は「象はホースのような長い動物だ」といいました。耳を触った人は「象は平べったい大きい動物だ」といいました。足を触った人は「象は丸太のような動物だ」といいました。しっぽを触った人は「象はひものような動物だ」といいました…。』

象の全体が見えている私たちは、そんなバカな、と思ってしまいますが、象を知らなければ無理もありません。

この喩えから言いたいのは、みんな「間違ったことは言っていない」ということです。
それぞれの言い分が違うからその違いで争うのではなく、大事なのは、それぞれの意見を統合して、象の「全体」を見出だすことです。

なかじさんが皆さんの意見を聞いたうえで、決めればよいと思います。
文句を言われたら、「私は皆の意見を受け入れた上で、象の全体を見出だしたのよ」というのはどうでしょう?(^^)


関連する問答
このページの先頭へ