お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

毎月のお布施に悩んでいます。

私は一人暮らしですが
実家とは違う宗派の
お寺にご縁がありお世話になっています。

毎月多い時は3回程お寺に伺います。
先祖供養 倶生神祭
おせがき法要 水子供養等々。

お塔婆は必ずたてさせて頂いてます。

お布施も毎月ごく僅かですが納めさせて頂いております。

いつも額が少ないので申し訳ないと思ってますが 生活がギリギリで
行事の度のお布施が出来ません
(現在は頑張って納めてます)

どなたに伺っても 気持ちだから。としか言われません。

お布施が出来ない時はお寺の行事も
遠慮する事もあります。

お布施について詳しく教えて下さい

ひと月の行事の度にお布施をするものなのですか?

有り難し 26
回答 2

質問投稿日: 2017年3月8日 10:52

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

ひと匙のスープ

お寺によっても違いますが、お布施は生活に支障のない範囲でしてくださいね。申し訳ないなどと思う必要は全くありません。行為そのものが仏道修行なのです。金額によって違いは有りません。
ただ、塔婆はそれなりの費用が掛かりますから経済的に支障があれば塔婆を立てなくてもいいと思いますよ。

昔のインドにこのような逸話があります。
ある村に大金持ちがいました。彼はとても仏教に熱心で、村中の人々に多額のお布施をしました。その結果、彼は来世で天界に生まれました。
また別の村にとても貧しい人がいました。彼もとても仏教に熱心で、その村に宿泊していた修行僧にお布施をしたいと思いました。しかしお金も物もありません。あるのは今夜の食事の器に僅かばかりのスープのみ。彼はそのスープをスプーンですくい、ひと匙だけ、その修行僧に差し上げました。
その後彼の寿命が尽きると、次に天界に生まれました。しかも、前述の金持ちの人よりも上の位の天人に生まれたのでした。

お布施というのは、その金額の大小は関係無いということです。
広い意味で言えば、あなたが誰かの為に何かをすれば、それもお布施なのですよ。笑顔も無財のお布施のひとつと言われていますからね。

2年5ヶ月前

お布施のことは気にされずにお参り下さい

お布施が負担になりお寺への足が遠のくということでは、本末転倒となり寂しいことです。私のお寺では、年6回法座を行ないますが、お布施は任意ですから、ご自由にしていただいています。昔は法座ごとに帳場があり、本堂内にお名前や財施を張り出していましたが、今はそんなこともありませんので誰がいくらした等はお参りの方には分かりません。
生活がギリギリでお布施(財施)をされない方もおられましたが、和顔施や言辞施、身施でいただいています。お布施というとお金と思っておられるかも知れませんが、そんなことはありません。笑顔や気持ちの良いあいさつ、お茶を運んだりすることがお布施になりますので、お参りいただきたいと思います。
お寺は長い年月をかけてご門徒さんとの関係を築いてきたものです。どこの家にも盛衰があり、過去にお寺が恩を受けていたことも多くあります。どうぞお布施のことは気にされずにお参りいただきたいと思います。合掌

2年5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ひと匙のスープ 感動しました。
気持ちが大切なのだと分かっていても
後ろめたさがありました。
金額は関係なく誰かの為に何かをする事や
笑顔もお布施の一部なのですね。
気持ちが軽くなりました。

今日のお彼岸のお布施も申し訳ない内容でした。が、自分に出来る事を無理なくして行こうと思います。
圓常寺のご住職様
養源寺のご住職様
貴重なご回答本当に有り難うございます

「お布施について」問答一覧

「お布施について」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ