hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

生き方

回答数回答 3
有り難し有り難し 10

質問致します。
私は、息子が3歳のときに夫の心変わりで離婚し、
息子が10歳のときに再婚致しました。
しかし、高校生になり急激に大人になり、また年ごろの生意気さが出てきた息子に、
前夫をイメージしてしまうようで、
夫は息子がいると、不機嫌さを出すようになりました。
息子も空気を感じ、自室にいることが多くなり、
私は、夫の機嫌をとりつつ、息子と私の時間を作るようにしていたのですが、なかなか改善できず、
高3になってから別居を夫にお願いし、現在別居中です。
息子と二人暮らしにはなりましたが、
たまにでる反抗的な態度や、高校卒業したらこんな家でる、の言葉におちこみます。
目の前のことを考えると後悔ばかりになり、
こんな母親と一緒にいるのも息子も居心地よくないと思います。
高校卒業までのあと半年、そして家を出たあと、
少しでも、息子にとって良き母でいたいのです。
そのために、心にどんな信念を持って、生きていけば良いのでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

気を楽に持って臨みましょう。

ぽっとさん、ご質問ありがとうございます。

ご質問を拝見いたしますと離婚・再婚・別居 そしてお子様とのこと いろいろと
大変なことと拝察いたします。

つらい思いもさぞ、多かったことと思います。

ぽっとさんは今の状態から抜け出る有用な方法を求めておられるのではないかと
思いますが、もしかすると、私の答えは頼りないことになってしまうかもしれません。
お許しください。

「苦」という言葉がありますが、お釈迦様は「苦」という言葉を
今日の私たちのイメージとはすこし違った意味でお使いであったそうです。

思い通りにならないこと。 インドでは、こういう感じで使われる言葉だとか。

夫も子も、自分ではありません。
自分の思い通りにすることはできないところが、どうしてもありますね。

それを、自分が望むようになって欲しいとあなたは思っていらっしゃるのでは
ないでしょうか。

一生懸命に、あなたはお子さんや旦那さんのことを考えておいでだと思いますが、
そこには、あなたのこだわり・執着があるのではないでしょうか。

そういうこだわりや執着を離れることを仏教では教えています。

強い思いをちょっと横に置いて、お子さんや旦那さんのことを見てみませんか。

「良き母」でありたいという思いは尊いものですが、そこからちょっと
離れてみてはいかがでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


真宗山元派上西山正善寺住職

息子さんは、成長しようとしています。

ぽっと様

悩みの真っただ中にいる時は、誰しも気持ちが落ち込むものです。
「良き母でありたい」という理想が保てずに、
後悔してしまうことも、誰だってあることです。
今まで通り、息子さんや再婚した旦那さんに対して、
思いやりをもって接すればよいのです。

「家を出る」という言葉も、ショックでしょうが、
男の子は、遅かれ早かれ、いずれ家を出てゆくものです。
言葉づかいも、高校生くらいの子なら、
勢いでそのくらい言ってしまいます。

息子さんは、家がイヤで出ていくのではなく、
独立心が芽生えつつあるのだと思います。
良き母としては、息子さんの成長を
喜んであげて欲しいのです。

息子さんは出ていったあと、
就職し、結婚し、いずれ子供ができるでしょう。
そうやって、両親が歩んできた道を、知っていきます。

そこで、気付くのです。
今までに、母親から受けた恩のことに。
多感な時期に見守ってくれた、母の優しさに。

さらに、今はギクシャクしているかもしれないですが、
同じく、自分を育ててくれた、再婚した旦那さんへの感謝が、
きっと生まれてくるはずです。

今は別居中とのことですが、その時のために、
旦那さんと仲良く、コミュニケーションをとっていてください。
夫婦の仲は、こじれると修復が面倒ですから。
逆に、親子の縁は、切ろうとしてもなかなか切れないものです。
安心してください。

それと、旦那さんと息子さんの関係ですが、
男同士のことなので、そんなに心配いらないと思います。
息子さんが酒をおぼえる頃に、
きっと、知らないうちに仲良くなっているような気がします。
男同士なんて、そんなものです。

なので、今までの決断に後悔せず、
今までの子育てに自信を持って、
息子さんの成長を見守ってください。

きっとそれが、ご自身の幸せにつながります。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


佐山拓郎
目黒・五百羅漢寺の佐山と申します。 浄土宗教師の資格を得たあと、10年間...

「こんな家でる」と言わせてしまったことに謝罪する。

ぽっとさん

色々あって大変でしたね。

事情があったにせよ
息子さんは親に翻弄されてきたのだと思います。

離婚、再婚、義父の不機嫌、別居

その積み重ねが
「高校卒業したらこんな家でる」の言葉に
繋がっているのではないでしょうか。

人にはそれぞれの人生がありますから
離婚、再婚すること自体は問題とは思いませんが、
それと同時に
息子さんは複雑な感情を抱いてきたのかもしれません。

そして

息子さんは
こんな「母親」とは言わずに
こんな「家」と表現していますから

息子さんがそこにいると
義父が不機嫌なるという状況は

安心できる居場所が
その家からなくなってしまったのではないかと思います。

「こんな家でる」と息子さんに
言わせてしまったことを

率直に申し訳なかったと
伝える必要があるかと思います。

そして
これから後の関わり方ですが

「良き母でいたい」という気持ちに従って

有形無形に表現していくことでしょう。

その具体的な方法と頻度は
母親であるぽっとさんが
悩みながらも、模索していくことではないでしょうか。
それが「良き母」になっていくことだと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


質問者からのお礼

佐山様、藤堂様、中根様、
ご回答をありがとうございます。

◯間違って、途中で送信してしまいました。
続きです◯

佐山様、優しいお言葉に泣けて泣けて。
息子の成長を見守ります。
藤堂様、自分の子育ては、まさに執着心で、
自分の希望する息子像に近づけようとしていました。今、進路について話す機会が多いですが、私のこだわりを出さぬように話します。
中根様、夫との別居を決めた時、息子に謝りました。母さんのせいで◯◯(息子の名)を振り回し、辛い思いもさせた。ごめんなさい。
息子は、うん と言ってました。
これからは少しでも良き母に近づけるよう、考え行動していきます。

「今を生きる・自分の生き方」問答一覧

一生懸命

私は真面目にコツコツと仕事に取り組んできました。周りの人はバレないように手を抜いたりうまく誤魔化していますが私は性格上できません。このような私の性格から職場で孤立し、最終的には退職ということを繰り返しいます。 真面目にやっていたら誰か見てくれているとよく言われますが本当なのでしょうか。 誰かに見て欲しくて頑張っている訳ではないのですが、どこに行っても私はやって当たり前と思われます。最後に働いた職場もキツイ、仕事の負担が私だけ大きいので改善して欲しいと上司や本社の人に訴え、あなたは必要な人だから2週間待って考えるからと言われましたが、結局放置され、私は人間として扱ってもらえなかったと思い鬱が悪化して診断書を提出して辞めました。鬱が原因で両親とも不仲です。 性格を変えるのは難しいです。私はこのような性格で働けるところはあるのでしょうか? また退職した職場でされた対応がどうしても許せず、謝罪して欲しいと訴えようと労基に相談しています。この行為はお坊さんから見たら愚かな行為でしょうか? 長々と書いて申し訳ございません。 職場で受けた対応が、私は人間として認められてなかったと感じ、今とても生きることが苦しくご相談したかったです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

人としての正しい生き方

はじめまして いつもお坊さんのような考え方。心掛けるようにしています。 そこで生物は生まれ持って平等ではないこと。広い心を持つ(客観的に見る)ようなことを学びました。 しかし時には自分勝手なことをしている人をみかけます。 人のものを傷つけたり大切なことを貶したり 自分は感謝の心が足りない人たちなのかなとか思います。 よく話すのがあまり良くないかも知れないのですが家畜の事です。 家畜は人に育てられて食べられるために殺されますよね?自分は命をいただくのでいただきますを大事にします。 しかし自分勝手な人はいただきますを心から言っているのか?そんなことを考えます。 そこでお坊さんにききたいのは正しく生きるってのはどのようなことなのか?ってことです。 自分らしく。周りの事を大事に。感謝の心。 実は簡単そうで難しいようなことを大事に大事にすることを自分は心掛けています。 しかしそれが正しいことか。よくわかりません。 悪い。正しい。これは自分がどう捉えるかで変わると思います。 たとえばまた動物の話しになるのですが狩りをして他の動物を食べた。これは食べられた側からしたら悪になります。しかし食べる側。狩りをした動物にお腹がすいた子どもがいたら?食べる側からしたら正しいことになると思います。 なので自分で悪い正しい。決めることはわかっていますがお坊さんの正しい生き方。正しいと言いますが人に敬われるような生き方。そして自分は正しいのか。 そのようなことをお坊さんに聞きたいです。 長くなってしまいましたがどうか意見を聞かせてください。お願いします。

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

言い負かしたくて仕方がない

私はとにかく勝ち気な性格で、明らかに相手の言動が間違っていると思ったら相手が降参するまで徹底的に議論してしまいます。 ただし途中で自分が間違えていると気づいた時は素直に負けを認めますし、常に客観的に自分を見つめた上で理性的に議論をしているつもりです。 仕事上間違えた考えのまま進めてもらうと困る時など、確実に議論が必要になる時もあります。 しかし家族や恋人との喧嘩など、最終目標を「どちらが正しいか決めること」ではなく「これから仲良くやっていくこと」とする時でも、どうしても議論を仕掛けることをやめられません。 とにかく「言い負かしてやりたい」という気持ちが捨てられないのです。 相手に「私が正しい」ということを認めさせたくてたまらないのです。 おそらく学生時代ディベートをする機会が多かったことも一因だと思います。勝つことを目標にするクセが抜けないのです。 また、色々な事に敏感すぎるのだとも思います。些細なことでも目ざとく見つけてひっぱり出してすぐに争点にしてしまうのです。 「争い事は嫌な感情しか産まないし、とりあえずこの場は丸く収めましょう」という考え方は十分理解できますし、大人な対応ができてうらやましいなと思います。そうできたらいいなと心の底から思っているのですが、どうしてもモヤモヤが解消されないのが嫌なのです。 どうすればこの勝ち気な性格を和らげ、穏やかな人間関係を築くことができるのでしょうか? ご回答よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 48
回答数回答 2

善き心を保つには?

こんばんは。私の悩みを聞いて頂ければと思います。 日々の生活の中で、自分の欲望や煩悩に知らず知らずのうちに支配されていて、善き行いをすることができません。 例を出すと、路上を歩いている時に、目の前でコーヒーをこぼし手などが汚れている方がいるのに人目が気になって、そのまま通り過ぎてしまう。 人に感謝や想いを伝えたい時に、自分をさらけ出すのが恥ずかしくなって、正直な気持ちを伝えることができない。 また、過ぎ去った出来事に対しても「ああ、あの時こうすればあの人はもっと幸せだったのでは」などとその時点では気付かずに去ったことをクヨクヨ考えてしまいます。 私は「自分の想い」から生まれる行動が「目の前の人」を幸せにして、「世界を前に進める」。そして、それが違った形でも自分に返ってくることがあれば幸せだと考えてます。 小さな行動からなのでしょうが、普段の自分にその意識が浸透してきません。これは、腹の底ではそのように考えてないのではないかとも思ってしまいます。 「羞恥心を抑える術」、「気持ちを察するアンテナの感度を高める術」の心構えや考え方等、そしてそれを保つ方法が有れば御教示お願いします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

今を生きることができない

久しぶりにhasunohaに来ました。自分の質問を遡ってみると2年前から同じようなことで悩んでいるのだなあーと思いました。いつも丁寧なお返事をありがとうございます。 改めて自分の悩みを読み返してみて、今ではこういう風に考えられてるなあと、自分のことながら成長しているなあと思います。 今までは"家族がバラバラになるかもしれない。私がなんとかしなきゃ。みんなを助けなきゃ。"と思いすぎていて、自分自身が辛くなりすぎていましたが、今は"家族といえど別の人間なのだから色んな考えがある。別に連絡を取り合わないわけではないけどいい距離感でいよう"と思えるようになりました。 弟というと相変わらず良い時はよくて悪い時は悪くて、なんだかなあという感じみたいですが、弟とも距離を保っている感じです。 でもそうやっていいときはいい悪い時は悪いのずっと繰り返しなので、状態が良い時でも"あーまた悪くなるんだろうなあ"と思って必要以上に先のことを考えてビクビクしてしまいます。 また日常のありとあらゆる場面で昔の辛かったことを思い出し、一種のフラッシュバックのような状態に陥りすごく辛くなります。 そういうことが続いてつくづく今を生きることが出来てないなあと思うのです。 将来への不安と過去の呪縛にとらわれて、ビクビクビクビクしながら毎日を過ごしています。 今考えてもどうにもならないことを考えてもどうしようもないことはわかっていますが、どうしても考えてしまいます。 考え方の癖なのでしょうが、なかなか直らなくて、これから先も常にありとあらゆることに囚われながら何時でも不安に駆られる時間を過ごすのかと思うと、さらに将来が辛くなります。 どうしていけば良いのでしょう。 拙い文章ですみませんが、お返事いただけたら幸いです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

どうしたらいいですか。

私は、なるべくというより極力虫を逃がしたり助けたりします。 ですが・・、逆に死なせてしまう事も多々あり、自分が助けようとして逆に裏目に出てしまう事もあります。 それは、人でも一緒です。自分の自己満足なのかそれとも自分の性格なのか昔から人には優しくしています。ですが逆にそれが裏目に出て辛い事になったり、相手を傷つけてしまう事もあります。 話は戻りますが、虫さんは苦手です。苦手だけどでも自分のお節介が虫さんたちの為になっているかどうかは分かりません。 不意の事故で死なせてしまう事もあります。殺意は全くありません。 ただ、自分のお節介な優しさで勝手にやっているだけですが、 別の質問サイト等で助けてやりたいですと質問をいうと、答えとして、自然の摂理だから手を出すのはよくないと言われます。 ですが、困っている人がいたら手を貸すのは、当たり前とまでは言いませんが、放置するのはよくないとは思っています。 ただ、自分のこの行いが行き過ぎて、ストレスになっています。 なので、自分はどうしたらいいですか・・、異常に敏感になっているのも 分かっています。 お坊さん的には私のやってる事は偽善ですか、それともいい事をしていると思いますか? 追記:虫さんが死んでいた時に土に埋めたりする行為は罰当たりですか?(これも質問サイトで言われたことです) 虫さんの事で近所の方にご迷惑をかけたこともあります。やりすぎにもほどほどにしたいとは思いますが、辞められません・・。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る