お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

夫の怒りを買いました。許してもらえないことが本当に辛いです2

※先のご相談の続きです。

今回の原因は私が悪かったとハッキリしています。偶然に、夫のメールを見てしまいました。すぐに閉じれば良かったのですが、タイトルが気になり、開いてしまったのです。職場の女性と思われる人から、明らかに好意を寄せている内容で、度々メールのやり取りをしているものでした。
夫が浮気をしているとは疑いませんでした。それでも、自分に好意を持つ女性とメールをしていることに非常に傷付き、正直に偶然メールを見てしまったこと、過去付き合った人とやり取りをしているのかということを尋ねてしまいました。
以前なら、怒りを誘発することは目に見えていたので、見たことは言わなかったかもしれません。ただ最近は深い愛情と信頼があったので、正直に話せば、聞かずにいられなかった私の気持ちをわかってもらえると考えてしまったのです。

結果、穏やかだった主人はいなくなり、険しい表情に冷たい言葉の、以前の様な状態になりました。「絶対に許さない」「やましいことは何もない。見る行為が許せない」「子どもは勝手に育てればいい。金だけは出す」「連絡してくるな」と言われています。

子どものことを言われるのが本当に辛いです。
どうしたらいいのでしょうか……。
なお、春から夫が海外転勤のため、私は日本で別居中です。秋から私が向こうへ転居予定です。
今は「もう来なくていい」と言われていますが。

有り難し 8
回答 2

質問投稿日: 2015年8月5日 19:08

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

多分彼が求めているのは従順&ヨイショな女性

断言。私が今から申し上げることは冗談めいているようですが真実です。
まぁ、まず見られてもやましいことが無いのなら怒りません。
見られたくないのはあなたに知られてはまずいことがあったから怒ると事であなたを制圧しようとしたのでしょう。
私はあなたの味方です。
男からみてもしょうもない男ですが、年に3回まで、赦してやってください、子供のために。
以前のご質問から推察しますに、彼は本当に年上の割に甘えん坊ちゃんですね。
結論1 彼が「ばぶばぶ」と求める愛情の形を「ヨチヨチ」と笑顔で提供できるようになることです。彼が求めていない愛情を与えていますね。世の中の夫婦の大半がそれで男性側から奥様に対する気持ちが冷めます。
本当に育児、保育士さんの本を3冊買うことをお勧めします。それは、彼を子供として扱うためにです。男なんてみんなチャンボツ、永遠のガキですから、褒める、讃える、素敵素敵、スキスキ言って、うちのダンナがNO1だとか嘘でも持ち上げときゃいいんですよ。(これ本当)
それが得られないから、お前は僕のバブバブ(欲しい愛)を与えてくれないでちゅからもうバブバブ(怒り)でちゅ!といっているのでちゅ。(絶対そう)
子供は怒ることでしか自分を表現できないでしょう?
怒ってはいるもののしたいことはあるのです。
バブバブがほちいのでちゅよ。
でもあなたがバブバブをくれないから、もっと自分にバブバブをくれそうな女子を探すようになるのでちゅ。
彼がめんどくチャイのは、プライドが強い割に、何が欲しいかをハッキリ言わない、それが欲しくてもすねる、甘えるのが下手。
あなたの人生ですから、彼の事が好きじゃなくなったら無理しなくていいと思いますよ?
とりあえずバブバブをしてあげてくだチャイ。
バブバブについては、何となく感じてください。そして、彼からもどんなバブバブがいいかをプライドを損ねないように聞いてみてください。

2年9ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

旦那様の性格がわかっているなら、安心していいのでは。

旦那様は、思ってもいないことを口にしてしまうのですよね。
冷静になれば、あなたのことも許してくれるのではないでしょうか。
もともと、そうしたこだわりが強い性格の持ち主だということはわかっているので、
そのつもりで、ドンと構えていればいいのではないでしょうか。

旦那様の言葉に惑わされることなく、旦那様のまことの姿を見る。また、お子さんが生まれその姿を見たら、状況は変わると思います。あなたもお子さんの方に気持ちが向くようになるでしょうし、旦那様も子供をかわいがってくれれば、うまくいくのではないですか。

これから海外へ行かれるとのこと。旦那様の姿が見えない時間は、妄想したり、心配したりせず、今の自分をしっかり見つめ大切に生きてください。

2年9ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

>邦元さま
こちらにもご回答をありがとうございます。
そう、わかっていながら、恐い顔で「絶対許さない」「もう気持ちがない」と言われると不安で悲しくどうしようもなくなってしまいました。しかしおっしゃっていただいた様に、夫は許してくれました!
考えれば今までも何度も同じように怒り、でも結局は許してくれていたんですよね。言葉とは裏腹ですが。
今回は今までよりとても早く夫が冷静になってくれて、やはり結婚したこと、父親になったことで変わってくれたんだと思います。嬉しく、やはり幸せだなと思います。
ありがとうございました。

>丹下さま
思いつめていた中でお言葉を拝見し、吹き出してしまいました!本当に心の暗い部分を取り去るのがお上手ですね。
とてもとても、おっしゃる通りな気がします。そして私自身、そういう風に男性に愛情を注ぐことが嫌いではありません。むしろ、求めているかもしれません(笑)
書かせていただいた通り、今回の怒りはとけたようです。そしてやはり、私は夫を深く愛しています。
これからもきっと繰り返し同じ様なことは起きるのでしょうが、丹下さまのお言葉を思い出し、バブバブしていきます!
本当にありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ