皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

これからの大学生活

私は、今年の春からミュージカル科の大学に通っています。高校生の時に、私も舞台に立ってみたいなと漠然と思っていて、やらないで後悔するより、挑戦した方が良い!と思って、ミュージカル科に入学しました。
今、大学が始まって3週間経ったのですが、同じ学科の人たちは、グループで固まって騒いでいる人が多くいて、見た目も華やかで、行動も積極的な人が多くいます。
しかし、私の場合は歳を重ねるごとに、グループで固まって行動するのがあまり好きではなくなって、昔はグループで騒いでいても無理をしているから後で疲れてしまっていたため、今は、1人で行動したり、少人数でいるのが好きです。
でも、ミュージカル俳優になるには、人との関わりが大切だといろんな先生が言っていて、、。
私は性格も大人しくて口数も少ないです。
それに、ミュージカルを見るのは好きだけど、最近舞台を見ると、自分があの舞台に立つと思うと見ていて感動するというよりも、どれだけあの人たちは苦労をしてあの舞台に立っているのかなと、考えてしまってとても怖くなってしまいます。
そう感じてしまう自体、あと性格的にも自分にはミュージカル俳優に向いてないのかな、と段々と感じてしまい、四年後卒業してから、ミュージカルの舞台に立つのではなくて、自分の性格に合った仕事に就いてのんびり暮らすのも良いな…と感じてしまっています。むしろそっちの方が幸せに暮らせそうだなと感じてしまいます。
でも、親には私がミュージカルの舞台に立ちたい!と言って、たくさん工夫をしてもらって高い学費を払ってもらっています。なので、ミュージカル俳優に絶対ならなくてはいけないと考えてしまい、毎日不安や焦りでお腹が痛くなったり、朝早くに目が覚めてしまって、睡眠不足が続いています。。
これからの大学四年間の生活で、親には申し訳ないのですが、必ずミュージカル俳優になると思うのではなく、自分の成長のために今目の前にあることを一生懸命頑張るのでも良いと思いますか?あと、人と関わるのが得意ではないので、最低限の人間関係と無理しない自分でいられる状態で頑張っても良いのでしょうか?
それとも、無理をしてでも周りと仲良くするべきなのでしょうか?

心構え・生きる智慧
有り難し 2
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

今すべきことは・・・

たえ子さん

初めまして
だてりゅうほうと申します。

すでに素晴らしい点がたくさんあって驚きです。
きっとあなたは素晴らしい人格者になられることでしょう^^

その理由は
あなたが10代にして、挑戦することを選択したこと。
自分が集団(グループ)に依存することなく、自分なりの立ち方を理解したこと
目標(俳優)になるためのステップを冷静に分析できているところ
などなどです。

しかし、後半にあるように不安もありますよね。
お世話になっている環境、家族、などは自分が準備したものではないので
そこに気を使うこと
しかし、それすらも感じることのない方々からすれば、
あなたはとっても聡明な人物と私は感じます。

さて、
そんなたえ子さんからの質問への答えは
【まず目標を見つけなおすこと】です。

すでに聡明なあなたは
少し無理すれば人間関係も多少は出来るでしょうし
4年間だけ頑張ることも可能でしょう。

しかし
それよりもまず
ミュージカル俳優の道を進まないとすれば
あなたはどのような道を歩みますか??

きっと世の中にはいろんな仕事が存在します。
たえ子さんのように、表舞台ではない仕事に光を感じる方は
きっと学校の先輩や卒業生にたくさんいらっしゃるのではないでしょうか??

あなたのようなタイプはきっと、
自分の歩みたい道が見つかれば、
その道をしっかりと地に足つけて進めるタイプと想像します。

それならば
今目の前のことを、ただ淡々と過ごすことよりも
人間関係をどうするかを悩むことよりも
まず

【あなたが進みたい道】を探すために
1年でも2年でも時間をかけることです。

あなたの今までの3週間は人生で最高に素晴らしい時間です。
だって、世界に無限にある仕事の中で、
《自分はこれじゃないな》と周りに流されることなく選べた
貴重な体験だからです。

その経験、今の考え方は、これから一生大切にしていってください。
あなたのこれからの人生を心から応援していますね!

だてりゅうほう

参考にしてもらいたい動画を貼り付けておきますので
時間があるとき見てください^^




質問者からの有り難し - お礼

お返事ありがとうございます!
とても勇気付けられました!
四年間、どの道に歩むか少しずつ考えながら頑張ります!

関連する問答
このページの先頭へ