皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

母とのこと

私は今、50代。家庭もあります。
母は、今、80代手前。

私は子供のころから、母に冷たくされたり、否定されたりして育ちました。それがトラウマにもなってます。
でも、私が大人になったら、今度は愚痴で私に甘えてきました。
それを何十年も受けてきましたが、一年前に父が亡くなったことで
母との関係を、いまは、疎遠にしてます

実は最近、母が子供のころ、私にしてきたことは、私への嫉妬心からだとわかりました。叔母(母に妹)から、母は、子供の時、母親から冷たく突き放されていた。と聞いたからです。
私は、祖母に可愛がってもらっていたことを覚えています。
しかし、母に私に冷たかったとかその話をしても、覚えてない。と言い、祖母の話をすると、話を変えようとします。

こんな母ですが、近いうちに父の一周忌がきます。
しかし、私が母と会うと、また、同じことの繰り返しになりそうで、
今は、会う勇気がありません。
しかし、一周忌も来ます、母ともいつかは、会わないといけないときが来ます。
私は、こんな母とどう接したらいいのかわかりません。

今後、私は母とどう接して行ったらいいのか教えてください。

心構え・生きる智慧
有り難し 8
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

哀れみを持って接してみる

ふるぽん様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

皆が皆、理想的な良い母親ではあり得ません。中には、虐待、育児放棄、ネグレクト、モラハラをする親御さんもいらっしゃいます。そして、そのような親御さんの子供が、そのトラウマから長年抜けれないということもあって当然でございます。

拙生は、それはそれで無理に、その過去の事実について否定することではないと思っています。

どうしても、世間一般的には、親に感謝して当たり前、親孝行、恩返しして当たり前ということになっていますが、拙生はそれらは当たり前ではないと考えております。

あまり、「母だから、世間と同じように、こうしないといけない」とは思われずに、恨みや怒りはいけませんが、あんなことをされて可哀想な人として、哀れみを持って、接してあげれるようにされるということはどうでしょうか。

同じようなことをされても、まともに受けずに、ああ、可哀想な人と、哀れんであげることにて、少し理解されてあげれますと、また接し方も少しずつ変わっていくこともあるのではないだろうかと存じます。

「母だから・・」という期待を、もうこの際に捨てて、一人の人間として見てあげていかれるという感じになりますでしょうかね。

川口英俊 合掌


質問者からの有り難し - お礼

川口英俊さま。ご回答ありがとうございます。

憐れみをもって接してみる。
「母だから・・」を捨てて、一人の人間としてみる。

そうなんですよね。わかっているのに、現実は、なかなk難しく。やろうと、自分を変えようと
切磋琢磨すると、過去の自分が出てきて、いじわるする。
まだ、どこかで親に期待してるんですね。もう、80手前の親に期待する自分が情けなく感じるときがあります。

娘は私しかいないから、母は、何かと私に甘えてくる。それがとても苦しいのに、情けないことに、弟嫁をほめる母にさえ、苛立ちを覚えますし、義妹に嫉妬さえしてます。
それくらい、自分がまだ、母を求めてるんですね。

もっと、自分が大人にならないといけないのか?それとも、子供に返って、甘えたらいいのか?
でも、それもどうしたらいいのか?
「母だから」という期待を捨てたら、どうなるんだろ・・・

母が元気なうちに、自分の心を変える訓練が必要ですね。
母に何かあって後悔する前に。

関連する問答
このページの先頭へ