hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

足元を掬われるように感じるとき

回答数回答 2
有り難し有り難し 6

順調にものごとが進み始めたとき、急にうまくいかなくなったり、
違うところでふいに足元を掬われるようなことがあります。

自分のなにかが間違っているから、道理が違っているから、
などと自責的に考え、自分の至らなさからいい勉強をした、
と考えるのですが、一方で、
「どうしてこんなところで…」「いったい私の何がいけないの?」
と恨みがましく思う心も存在します。

「邪魔をされた」とも感じ、誰かのせいにしたり、
放り出したくなったりします。

こういった出来事があった時、どのように考えればいいのでしょうか。
また、自分を「折れない」自分にし、起こった出来事を
誰かのせいにしないためには、どのようにすればよろしいでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

諸行無常・宝くじ人生・自業自得と思え

すべては壊れます。
壊れないことを普通だと思うから、苦悩が増すのです。
私は、何年か前に、職場の人と合同で宝くじを買ったことがあります。
ほぼ当たらないとわかっていますが、一応、当選発表まではそれなりに楽しく、いざ外れたからといって、がっかりはしません。
で、宝くじのお金は福祉などに使われるから社会の役に立ったしまぁいいか、と思えます。
人生のいろんな企みも、宝くじのように、外れてあたりまえだが、外れが確定するまでに充分楽しめた、しかも多少は他人の役に立った、という感じの活動にしてはどうでしょうか?
あと、誰かのせいにしないためには、輪廻転生・自業自得を考えることです。
はるか昔からの自分の修行が足りなかったから、煩悩のせいで苦悩が多いのだ、と過去の自分のせいにしちゃえばよいのです。
大槻ケンヂの歌詞にこんなのがあります。
「猫の中には当たりと外れがあってさ 小さな舌の裏それが書いてある 僕の子猫は やっぱり外れたけれど 気にしちゃいないぜ 大好きだからさ」

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

そもそも「やりたくもない」?

 急にうまく行かなくなったりする→放り出したくなる、というのは、まず「そもそも、やりたくない事をしている」という事でしょうか?ご自身で価値を感じていないこと?できれば手放したい事?その辺りは、まず振り返ってみて頂きたいとは思います。
 さて、問題の核心は「自責的になって」という事だと思いますが、これは、どの程度具体的に行っていらっしゃるでしょうか?

 野球解説者の野村克也さんは、監督をしていた経験から、「勝ちに不思議の勝ちあり,負けに不思議の負けなし」という言葉を述べています(実際には江戸時代の大名の言葉だそうです)。
 何だか分からない(自分は明確に意識していない)が不思議の力で勝つということはあっても、負けた・失敗した時は(後から振り返って)必ず何らか「道理を外れている・術(すべ)を間違えている」というのです。もちろん「自分が」です。全ての事柄は独りぼっちで行っているのではありませんが、その人間関係も含めて「道」か「術」に問題があると。
 で、問題は「道」や「術」をどの程度具体的に検証するか?という事ですね。それはメンドクサイことであるのは間違いありませんが、それを掴んで変化を起こしていけば、次に巧くいく可能性はグンと上がる訳です。そういった蓄積あればこそ、人生後半に向けての知恵がついてくると思いますよ。
「どうして!」「なんで!」と言う時、実は人間、それを探求しようとしていない事が多いです。「自分はイヤだと思う・困っている」の表明に過ぎず、周りに気づいて貰ってフォローしてもらうための言葉になっています(自分に向けている時は、思考停止です)。それを真正面から突き詰めてみる。もしかしたら仏様でないと解決できないこともあるでしょうけれど、それはそれ、「これは私にはどうにもならないわ」と見極めることができれば、放っておくことができます。ウジウジしないで済みます。
 人がふたり居れば、「邪魔された」時もあるでしょうし「助けられた」時もあるでしょう。どちらも「あなたがそう感じている」のであって、「相手はそんな積もりはない」事も往々にしてあります。他人との関係で、心が「折れない」よりも「したたか(強か)」でありたいですね。

{{count}}
有り難し
おきもち


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

うわー、刺さります。ありがとうございます。「うまくいかない」という前提をそもそもしていない、傲慢な自分がいました。そもそも本当にしたいと望んでいるか、だめならなぜダメなのかは、は、追及してもみませんでした。自分の道やすべが間違っていても自業自得、そういう認め(諦め)という潔さがないですね。謙虚に、でも強かにいきたいです。御礼遅くなりましたがありがとうございました。

「不幸・悪・不運が続く」問答一覧

酷いことが続きすぎて生きるのが辛いです

数年前から、酷いことが続いて、生きているのが辛いです。 まず乳がんになりました。 幸いあまり酷い状態でなかったものの、薬の副作用でうつ状態になりました。 薬を中断してうつが落ち着いたと思ったら、コロナにかかりました。 コロナに対する意見の違いで、親友とほぼ絶縁状態になりました。 次は子宮筋腫になりました。 おそらく手術になると思います。 それでもなんとか新たに生きる楽しみを見つけ出そうと、昔やっていたピアノを習い直すことにしました。毎日熱心に練習して、憧れの曲に取りかかれることになりました。 なのに、耳鳴りが始まりました。 病院にはかかりましたが、治りません。 ピアノというのは、想像以上に大きな音がします。地下鉄並みだそうです。 このまま弾き続けて耳に悪影響がないのか不安でたまらず、やめる方向に気持ちが傾いています。 でも、やめようと考えるたび号泣してしまいます。 3年の間にこれらのことが起きて、もう魂がバラバラに分解してしまいそうな気持ちです。 まじめに一生懸命生きてきたつもりでした。 どうしてこんな目にあうのでしょう。 健康も、友人も、楽しみも失って、この先どうして生きていったらいいのでしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

何かに邪魔されてる気配

地元の北海道の神社に参拝したあとから部屋でパキパキ音が鳴り初めました。 その後コロナの影響か何かは分かりませんがパートで勤めていた所で人間関係が悪化して辞めました。 転職活動していましたが、一人暮らしのアパートに母が連絡もなしに タイミング悪く来るようになり、それが嫌で嫌で北海道から出たくて リゾートバイトで1ヶ月群馬に行きました。その後地元に一回戻ると、何かが怒っている気配がし、左手を噛まれた 感覚がしました。 またリゾートバイトで箱根に行き、今年の四月に箱根の旅館で正社員のお仕事をやっと やっと見つけたのに、人間関係でまた上手くいかず、寮で体が動けなくなってしまいました。 心療内科にいき、休職したあと退職となってしまいました。 寮はもう住めないのでシェアハウスに一時的にすみましたが、そこでも嫌がらせにあい、人間関係が悪化しました。 人間関係上手くいかないので就労移行支援に通おうとしたのですが、そこの支援員の人のやり方が 展開が早すぎで母が怒り、市役所の人を巻き込んで話し合いになりました。 「今度は父群かもね」と言われて、これ以上もめ事になるのが嫌で「考える時間がほしい」という 母の意見の通りにしました。 その後シェアハウスを退室したのですがLINE内容を見られていたのか盗撮されていたのか定かではありませんが、 周りの人が冷たくなり、外食すれば大きな音を出してきたり 知らない男性が、まわりの席が空いているのに隣に座ってきたり 郵便局の人や市役所の人に怒鳴られたりしました。 神社にお祓いに行ったら、頭の上で何かが暴れ回る感覚がしたり 肩が重かったりと酷いです。 もう何もかも悪い方向にしか進んでいて辛いです。 苦行とか修行とか試練とかそんなの要らないです。 神様はいじめっ子の味方ばかりして私は助けてなんかくれないのでしょう。 だって頑張っても報われません。 状況が良くなったと 思えば、頭の上で何かが暴れ回って痛いです。 誰か助けてください。 冗談でも何でもなく、助けてください。 神様はどうせいじめっこの味方なのでしょう。 もう何もかも嫌です。自殺したいです。 助けてくれないのなら、いなくなったほうがいいです。 何で神様はいじめっこの味方ばかりするのですか

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

家族の不幸が続いている時の心構えは

いつも拝読させていただいております。 長い話になりますが、アドバイスをいただけましたら幸いです。 この1年半、不幸が続いています。 昨年2月に難病を患っていた兄が、検査入院中の睡眠時に急死しました。解剖結果では消灯時間から程なくして亡くなったそうです。直接の死因ではありませんが、睡眠時無呼吸症候群の予防の為の酸素マスクのスイッチが作動しておらず(作動中はかなりの音がします。)、見回りの看護師も朝の起床時間まで死亡している事に気が付かず…。納得できませんが、争っても兄が戻る訳も無く、家族で静かに見送りました。兄は5年前に結婚したばかりで子どもはおらず、高齢の両親はとても気落ちしており、私もそんな両親を気にかけ今まで以上に寄り添っていましたが、長年肺の病気で自宅療養(両親二人暮らしで父が介護)していた母が丁度1年後の今年2月に亡くなり自宅で父と看取りました。 続く身内の不幸に私自身落ち込みましたが、息子、妻を亡くし独りで暮らす父の心情を考え頻繁に顔を見に行くようにはしていました。5月頃から私も父も気持ち的に落ち着きお互いの生活ペースが出来上がってきた矢先の7月末、買い物先で父が脳梗塞で倒れ救急搬送されました。 右側麻痺と言語障害が出るとのこと。コロナ禍で面会も出来ず、不安な気持ちで過ごしていた数日後、再度また脳梗塞を起こし今度は反対側の麻痺。結局全身麻痺になり、脳のダメージも大きくほぼ寝たきりの状態になってしまいました。 幼い頃から家族の世話ばかりしてきた父の今の状況を見ると不憫でなりません。  また、私自身も続く不幸に気持ちが追い付かず、次は自分にも何か不幸が降りかかるのでは、と不安でたまりません。(神社にお祓いに行きました)  また、仏壇の兄、母には毎回「どうかお父さんをあと数年は穏やかに過ごせるよう見守ってください」と手を合わせていたのにわずか数ヶ月で父がこのようになってしまったことに、腑に落ちない感覚です。 私にはとても協力的な優しい夫、子どもがいて十分幸せだとは思うのですがコロナ禍も影響していてちょっとでも気を抜くと心身喪失になりそうです。 今までの悪い出来事の捉え方、またこれからの心の持ち方、お教えいただきたく相談とさせていただきました。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺