hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

子供が立て続けに怪我

回答数回答 5
有り難し有り難し 43

男の子二人の母親です。
上の子が幼稚園で頭を縫う怪我をして、翌日には下の子が自宅で頭を切る怪我をして縫いました。
立て続けで、怪我をした場所が二人共頭の左前部分(額の左上)の同じ様な場所だったので、気になっています。
数日前に無事に抜糸をして、今は二人共元気です。
実は、上の子を授かる前に、二度流産しました。
主人と結婚して、夫婦で子供を強く望んでいましたが、残念ながら二度の初期流産を経験しました。
とても哀しくて、ネットで調べたお寺で二人の水子供養のご祈祷を一度受けて、その後は毎年二人の命日(流産の処置を受けた日)に、家族でそのお寺の水子供養塔の様な所にお参りに行っています。
ご祈祷を受けた際に、住職から、近い内に子宝に恵まれるから、大丈夫ですよ。と、言って頂いて、実際に二度目の流産の二ヶ月後には上の子の妊娠が判りました。
又、二年近く前に今の新居を購入して入居した直後に、下の子の妊娠が判りました。
水子、新居が今回の怪我と関係あるのか、水子やご先祖様からの何かメッセージなのか、とても気になります。
どうかアドバイス、宜しくお願い致します。

2013年9月23日 1:28

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

一切関係ありません。

中国の古事で「人間万事塞翁が馬」という言葉をご存じでしょうか?
自分の飼っていた馬が逃げ、まわりから同情されると
飼い主の老人がこれは幸せになると言い、しばらくすると
逃げた馬が別の馬をつれて戻ってきた。
するとこれは災いになると言う。
するとその連れてきた馬に乗った息子が落馬して怪我をした。
すると老人はこれは幸せになると言った。
すると戦争が始まり、しかし息子は怪我の為、徴兵されなかった。
人生良いこともあれば、悪いこともある。
ずっと遙か昔から伝えられているこの言葉は
まさにちゃむさんの為にある言葉です。
あなただけでなく今までにたくさんの人が同じような
経験をしているからこそ、後世に伝わっている言葉です。

水子や、ご先祖様の供養が等というのは
一切関係ありません。
あなたが毎日正しい行いをしていれば
何も心配することはありません。

2013年9月23日 8:25
{{count}}
有り難し
おきもち

50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...

ご安心下さい!

ちゃむさま
なごみ庵の浦上哲也と申します。

水子さんに関するご相談は、hasunohaでもお寺でも時々ありますが、やはり出産前に亡くなった命を哀れみ慈しむ親の愛情なのでしょうね。

ちゃむさんも2度初期流産を経験され、とても辛かったことと思います。その経験を経てご長男、そしてご次男を授かり、ひときわ嬉しいことだったのではないでしょうか。

さて、本題にはいりますが…「ご安心下さい!」
お子さん二人のケガのこと、水子さんのこと、新居に引っ越したこと、どれも関係はありません。ケガの場所が同じだというのは因縁めいていますが、偶然の一致です。

以前にも水子さんについて書いた記事があります。よろしかったらご覧下さい。
http://hasunoha.jp/questions/207

2013年9月23日 20:24
{{count}}
有り難し
おきもち

浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

「怨憎会苦」などの苦しみと向き合うには

ちゃむ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

この度は、確かにお二人同時期に同じようなところを怪我したので、偶然にしても・・と思うことはあるかもしれませんが、ワンパク育ち盛りの子どものことですから、当然に怪我はしょっちゅうあり得ることで、まあ、たまたま重なったかなという程度にてそれほど特に気にすることもないかとは存じます。

既に怪我も無事に治り、二人とも元気にしているのであれば、尚更のことでございます。

流産は誠につらいことでございます。水子さんへご丁寧にも懇ろなるご供養も通じて、無事に苦難を乗り越えられましたこと、誠に尊いことであるかと存じております。

さて、今回の子どもさんの怪我が、水子さん、新居と何か関係があるのか、水子さんやご先祖様からの何かメッセージなのか、とのことですが、関係ないとお考え頂いて構わないかと存じます。

それよりも、私たちは、怪我や病気、事故、災害に遭うことはいつでも、いかなる時でもあり得ることで、もちろん、事前にできる限りに常日頃から予防したり、注意したりして対策することは大切ですが、どうしようもない時は、本当にどうしようもないのであります。

嫌なこと、怨み憎しむべきことにも出逢っていかなければならない苦しみのことを「怨憎会苦」(おんぞうえく)と申します。これは、生・老・病・死の四苦、また、愛別離苦(愛する者と別れなければならない苦しみ)・求不得苦(求めても満足できないという苦しみ)・五蘊盛苦(生きている存在そのものによって生じてくる苦しみ、五蘊とは、色・受・想・行・識という私たちの存在を成り立たせている各要素のこと)の三苦とも併せて、八苦の一つとなります。

正直、私たちは苦しんで当たり前の存在であり、そのため、お釈迦様も「一切は苦なり」と申されました次第ではございます。

この多々ある苦しみを、何か目に見えないもの、証明もできないようなものなど他のせいにしたりしてどうにか紛らそう、気を逸らそうとしても実は無駄なことでしかありません。

では、いかにしてこの苦しみの現実と向き合って、それを解決していくべきであるのか、その答えをお示しなされましたのがお釈迦様となります。

是非、この機会にでも更に仏教へのご興味を賜われまして、学びをお進め頂けるきっかけとなりましたら幸いでございます。

川口英俊 合掌

2013年9月23日 10:14
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

メッセージはメッセージとして

ちゃむさん、こんにちは。

お辛いことだったと存じます。しかし、今日があるのも、辛いことがあったけれども共に生きてきた家族だから・・なのでしょう。ちゃむさん家族の生き方に、感服いたします。
 
まず、回答を。今回の怪我はなににも関係ありません。
そして、いままでに起きた出来事を、なにかからのメッセージとしてちゃむさんは受け取っているようです。
 
みなさん仰っていますが、
わるいことがあったから、わるいことをしたから、わるいことが起こる。
いいことがあったから、いいことをしたから、いいことが起こる。
 
・・わけではありません。
 
いつか分からないけども、かならず起こる・・・わけでもありません。
まったく関係ないのです。
 
さて、生まれるまえに、大きく育つ前に亡くなってしまうことは、たしかに悲しい出来事です。メッセージとして受け取ることもできるでしょう。
事実、ちゃむさんは受け取りました。水子供養のご祈祷をしていただいたのはその証。
 
では、先祖供養や水子供養に意味がないかと言えば・・・そんなことありませんよね?
「やった方がいいんじゃないか」・・じゅうぶんメッセージです。
ただし・・・ご先祖様からのメッセージかは分かりません。
 
あなたが受け取ったメッセージを大切にすればいいんです。
供養塔へのお参りも、ふたりのお子さんが大きくなったら止めてもいいでしょう。

2013年9月24日 20:18
{{count}}
有り難し
おきもち

「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

どんなメッセージを受けましたか

ちゃむ様へ

水子さんに関するご相談は、お寺でも時々あります。
可能な限り、会ってお話をさせていただいております。
私は、正直会ってお話をさせていただかなければわかりません。
今回のことにどんなメッセージが込められているのか
簡単に回答することは控えさせていただきます。

ただ向井様のご回答にあるように
ちゃむ様が気になっているのですから
なんらかのメッセージが込められているのかもしれません。
どのようなメッセージを受けましたか。
もう一度振り返ってください。合掌

2013年10月8日 18:02
{{count}}
有り難し
おきもち

鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

「不幸・悪・不運が続く」問答一覧

生まれた時から不幸者は一生不幸ですか。

こんばんは。 4年ほど前にもお世話になりました。 今回は「生まれた時から不幸は死ぬまで不幸か?」という質問です。 私は母親に小さな頃から、先ほどの言葉を何度も何度も言われてきました。 幼い頃、若い頃は「そんな事はない。幸せになれる。」と思ってました。 しかし、年齢を重ねるにつれて、母親に言われてきた事は、そうかもしれないと思うようになりました。 というのは、義妹は公務員と結婚して、専業主婦でいられる。一生お金に困る事はありません。長男の嫁だけれど、嫁ぎ先からの縛りはなく、実家の家近くに家を建てます。義妹の義母はすぐに他界し気をつかう相手はいません。義妹の母は元気で、実家に入り浸り「あんた、これやっといて」とか、甘え放題。義弟嫁も、次男の嫁ということで縛りはなく、お気楽です。家も実家にお金を出してもらってローン無しです。二人とも末っ子で親からも兄弟からも可愛がられています。 私はといえば、母は高齢出産で幼い頃からイジメの対象でした。親は病気で寝たきり、一番助けて欲しかった育児の時は、逆に介護。甘える相手も場所もありません。父親はゴミ屋敷に住んでます。実家に帰るのも安心して帰れません。夫は親と自営してます。綱渡りの人生です。私が正社員で働かないとやっていけません。家を建てるのに親からの援助もありません。長男だからといって、敷地内同居強いられました。ローンは自分持ちです。義母からは義妹、義弟嫁とは差をつけた態度をとられます。 子どもも3人授かって幸せだなぁ。などと健康で働ける事は幸せ。毎日皆元気で帰ってきてくれる。と幸せをたくさん見つけようとします。しかし、目の前には、いつも義妹がいて、私が持っているものは当たり前にもっていて、私が持ってなくて、欲しかったものもたくさん持っています。見たくなくても見えてしまいます。義妹が特に眩しいです。 親の言ったとおり、「幸せな子は生まれた時から幸せ。不幸(苦労する)な子は一生不幸(苦労する)」なんだなぁと…義妹の姿を見ると思います。 そんな風に思う自分だから不幸なんだよ。今持っている幸せに感謝できないから不幸なんだ。人と比べるから不幸なんだ。と思います。 そして、ふと、母と似た人生だなぁと感じます。私には苦労ばかりの人生にならないか不安です。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

人の幸せは平等なのか

自分や自分のまわりばかり不運なことばかり起こる気がして、すごく憂鬱です。死にたいです。 最近よく考えるのですが、人の幸せは平等なのでしょうか。 よく、プラスマイナスゼロとか、今は悪いから次は良いことがあるよ、とか言いますがそれって本当かなあって思うんです。 例えば事故などではやく亡くなる方などの多くはふつうに生活を送ってきた方だと思うのですが、なぜなにも悪いことをしていないのにそのようなことになってしまうのか。もっと生きることが出来たはずなのに。 また、よく"〜になることを考えたらまだまし"などよく言いますが、そもそもその比べられた対象の状態に陥っている人がいるはずなのに、その人よりはましなどと考えることが失礼にあたる気がするんです。そうやって心の安定を保つことはどうなのでしょうか。 私の弟も今不安定な状態で、親の育て方が悪いために今こんな状態なんだと反抗することもあれば、ふつうに落ち着いて話をすることもできたりします。精神科にも親と通っていて先生に話をすることができているようです。(親のことは相変わらず悪くいうようですが) 働く意欲もあるみたいなのですが、これからの家族のいく末にすごく不安があります。 弟がまた間違いを起こさないだろうか。両親は大丈夫だろうか。 離れて暮らしていると悪い想像ばかりします。いつこの地獄から抜け出せるか(私にとってはすごく今つらいのです)。 弟を信じ、親を信じていくしかないのでしょうが。考えることに疲れてしまいました。今はなんとか仕事できていますが、ふと泣きそうになります。 死にたいです。 ぐちゃぐちゃですみません。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

自分が人より不幸に感じてしまいます

夜分遅くに失礼致します。 いつも皆さんの回答を拝見しております。 今まで見る専門だったのですが、最近滅入ってしまい、勇気を出して初めて質問させて頂きます。 感情が高ぶっている為、支離滅裂になっていたらすみません。 私は幼稚園生の頃、両親が離婚し母子家庭で育ちました。(姉が一人います) 母親は暴力を振るう人でしたが、それでも当時は大好きでした。 高学年の頃、母親が癌になりました。 当時中学生の姉と二人で看病をすることになりましたが、家事も全て二人でやらなければならず、薬で錯乱していたり衰弱していく母を見ていくうちに精神的に参ってしまい不登校になってしまいました。 母親のオムツを小学生の私が換えたショックを今でも覚えています。 学校の先生は理解してくれず、学校に来いとしか言いませんでした。 (ちなみに不登校になったのは、先が長くない母と少しでも自宅で長く一緒にいたいというのもありました) そして看病の甲斐も虚しく中1の頃に母親が亡くなり、元お父さんに引き取られました。 ですが何年も会っていなかった父ですし、母親から父の悪口ばかり聞かされていたので心を開くことができませんでした。 父方の祖父母からはなんで学校に行かないんだと毎日説教されました。 現在も関係があまりよくなく、よっぽどの事が無い限り実家には帰れていません。 一緒に支え合ってきた姉は現在A◯女優をやっています。 それもとてもショックでした。 私は人類が平等とは思えないのです。 みんな言わないだけで苦労してるんだと今まで思おうとしていましたが、私の周りの子は実家暮らしで両親から愛され、自分に自信があってコミュニケーション能力も私の何倍もあります。 仕事でも上司が他社に訴えられてそれに巻き込まれたり、同期二人が職場に来なくなってしまい3人分の仕事をやる羽目になったり踏んだり蹴ったりです。 今まで人の倍頑張ろうと努力してきましたが生きる気力が無くなってしまいました。 私の考えが甘いのは重々承知です。 私より苦労されてる方もたくさんいると思います。 ですがこのまま頑張って生きて私が報われる日がくるのでしょうか。 私は疫病神なのでしょうか。 わがままかもしれませんが精神的に限界のため厳しいお言葉はなるべくご容赦頂けますと幸いです。 長く意味不明な文章ですみません。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

悪いことばかり続いています

新築の現在の家に住み始めて1年半。悪いことばかり続いています。 はじめは家の設計ミスが発覚したり出入り業者に床に傷をつけられたり、子どもが何針か縫うケガをしたりと小さなことが多かったのですが、今は一歳の子どもが慢性疾患で毎日苦しんでおり、それにより夫婦の意見のすれ違いが増え、上の子も荒れてしまい、離婚の話も出ており、両家両親とも不仲に。これ以外にも書ききれないことがたくさんあります。 神社で調べてもらうと、地相家相に加え、引っ越した時期と方位が最悪だったとのこと。全て断ちきるためには時期と方位を選び再度引っ越すのが一番とのことですが、せっかく建てたマイホーム、正直手放したくありませんし、手放すのは厳しいです。 もともとはとても幸せな家族でした。現在の家に住み始め、いろいろなことが起こり、子どもの病気が発覚し、ひどくなってしまい、特にそのあたりから急に家と家族が崩壊の一路をたどっています。もとの仲良しで幸せだった家族と生活に戻りたいです。幸いなことにこれは家族全員同じ考えです。 毎日何のために生きているのか分かりません。子どもたちがいるから死ぬことはできない、それだけです。辛くて辛くて、将来の希望どころか明日も何も見えません。一体どうしたらもとの家族と生活に戻れるのでしょうか。お坊さんのお考えをお聞かせください。

有り難し有り難し 37
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る