hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

男性の水子供養について

回答数回答 1
有り難し有り難し 18

主人は私と結婚する前にお付き合いしていた女性との子供を中絶しています。
30年ほど前のことです。

この2年、主人の仕事がうまくいかず給料は減り、主人の両親は追いかけるように亡くなり、何をやってもうまくいきません。

日々感謝が足りないのかもしれない。
それならもっと感謝をしようと努めてるのですが、何も変わってません。

そんな中、主人の水子の存在を思い出しました。
もしかしたら主人が水子の供養をちゃんとしてないから?と思い始めています。
どうも心に引っかかるのです。

相手の女性が供養したのかしてないのか、主人は知らないそうです (30年ほど前に聞きました) 。
主人は水子の存在すら忘れてるように見えます。

男性も供養した方が良いのでしょうか?

因みに私には水子はいません。

よろしくお願いします。

2017年12月11日 1:51

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

水子ではなく…仏様でいらっしゃいます。

 『供養をしていないからと、30年を経て今ご主人やあなたに災いをもたらそうとしている』…ならば、水子とは何と恐ろしい存在なのでしょうか。
 …ならば、供養をして頂くにも「相当の霊力を持ったお方、御住職」にお願いしないといけませんね。でないとその場は納まっても、あと10年も経つとまたあなた方ご家族に何やかを…ということが無きにしも非ずです。
 供養と言えば聞こえは良いですが、実際は鎮魂、いや成敗(せいばい)、やっつけること と同義ではありませんか。一度ならず二度までもその小さき命を奪おうとする…それが水子供養の本質ではありませんか。
 浄土真宗では水子供養をしないという意味はそこにあります。
 『この2年、主人の仕事がうまくいかず給料は減り、主人の両親は追いかけるように亡くなり、何をやってもうまくいきません』とおっしゃいますが、それは本当に水子のせいなのですか…あなたが勝手にそう思い込んでいる、水子に責任を押し付けているだけではありませんか? 自分達には責任はない、問題点はない…原因は水子にあると考えた方が楽だから…。
 ここではっきりと申し上げますが、水子と、あなたの今置かれている状況とは全く関係がありません。仏教のいう因果の道理に反するからです。
 『日々感謝が足りないのかもしれない』…とおっしゃいますが、感謝は感謝でしょう。どうもこの言葉の裏に「感謝という行為によって、ご自分が利益を得ようとしている」ことを感じるのです。それは感謝ではなく、祈願であり、また感謝という行為を元にしての「神仏との取り引き」に他なりません。それは神仏を貶める行為です。
 
 水子は存在しません…既に尊い仏様とお生まれのお方です。その上で30年間に渡り、幼子ではなく仏様として、旦那様をまたあなたを支え導き続けて 下さっておられたのです。
 そのこと今一度しっかりと頂いて下さい。
 そして、水子といわれるようなお子様がいらした事実は事実として認め、懺悔の思いは忘れず、その思いを通して、今は仏としてご夫妻を導き続けて下さっていらっしゃることを頂戴なさって下さい。その上で仏様にお手を合わされつつ、それこそ本当の「感謝」の日暮らしをなさって下さいませ。
 厳しいことばかり申し上げましたが、辛い思いでいらっしゃるあなた方ご夫妻にこそ、仏様がずっと寄り添い続けて下さいます。

2017年12月11日 8:03
{{count}}
有り難し
おきもち

千葉県市原市にある浄土真宗本願寺派  弘教寺の住職です。 当方 都市開教...

質問者からのお礼

小林 様

ご回答ありがとうございます。
私の水子に対する認識や考えが間違ってました。
水子は仏様になられてたんですね。
私たちを導き支え続けて下さってるなんて思いもしませんでした。
今日から仏様に手を合わせます。
とてもスッキリしました。

「水子供養」問答一覧

水子供養し、詫びるべきでしょうか?

私は両親と妹の4人家族でしたが、私には兄か姉と妹以外にも弟か妹いるはずでした。 実は、母は私が産まれる前に一度中絶手術をしていました。その後私が生まれ、その5年後に妹が生まれましたが、私と妹の間に母は一度流産をしていたそうです。中絶の件は私が高校生の時に患った病気の手術の関係で近親者に手術をした者はいないか?と医師から問われたときに、初めて母の過去を知りました。流産の件は明確な話を聞けずじまいなので真相は不明です。 そのため私達家族は、月に一度水子供養をされている京都のお寺さんにお参りに行っておりました。当時私は何の仏様か知らず、何も考えないで手を合わしていただけで兄や姉、そして、弟や妹に何も声をかけていませんでした。それから月日が経った約5年前に父が自ら命を絶ったのをきっかけに、母は全く供養をしなくなりました。そそして私のプロフィールの通り、幼少期からずっと両親と妹から精神的肉体的虐待を受け、家族のサンドバッグ状態でしたので、昨年私が母と妹に対して父も含めて、どのような恨みがあって私に虐待をしていたのか問うと、母や妹は逆ギレをして私を絶縁し、母や妹を信じ切っている親類や知人を味方にして全部私が悪い事にされ、関わりを拒否されて私は孤独になりました。 それらのことがきっかけで、私は最近兄か姉が苦しい思いをしたのに。自分が産まれて来たのは本当によかったのかと思うようになりました。兄か姉も生まれてこの世で過ごしたいと思っていたのに。今も辛く寂しい思いをさせていると思うと心苦しいです。ただ、彼らが私のような辛い目にあわなくてよかったと思いもあります。他の人には私のような体験を絶対にしてもらいたくないのが本心です。もしも、兄や姉が私が家族からほぼ毎日虐待されていたのをどこかで見かけていたら、怯えたり悲しんでただろうと思います。 皆様に質問いたします。 私は一度兄か姉、弟か妹がいるお寺さんに行って手を合わせながら、彼らがこの世にいたら出来たであろう世間話や近況を報告しつつ、兄や姉がずっと苦しんでいるのを横目に自分が産まれてきたことや、母がその後も反省をせずに父と妹と共にして私に虐待行為を行い兄や姉にも悲しませていたことを家族の代わりに詫びるべきでしょうか? 私は彼らとはこの世で会いたかったです。 説明が下手で読みにくい質問ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 27
回答数回答 1

生まれてこれなかった父の兄弟(いわゆる水子)

見つけてくださってありがとうございます。 私の父には,生まれてこれなかった兄弟が5人います。 私は人に見えないものが見えてしまう性質があり,小さい頃から父の生まれてこれなかった兄弟を祖父母の家に行った時に見ていました。 私が小さな時は,彼らに不思議で話しかけもせず,見て見ぬ振りをしていました。 しかし,私が高2のとき,色々あり,彼らと話し,初めて彼らの法要を行いました。 その当時,彼らは「いただきます」も言わずにお菓子を食べ,色々な悪さもしていましたが,今ではにこっとした笑顔でお菓子を食べています。(「いただきます」はできるようになりましたが,たまに忘れてそのまま食べてます) しかし,彼らには悩みがあります。 彼らには固有の名前がないことです。 水子に名前をつけると天国で両親を思い出して悲しくなってしまうから名前をつけない,という風習?みたいなものがあり,祖父母は名前をつけていないようです。さらに,水子はこの世に生まれていないからお墓にいれていない,仏壇にも入れていないらしいです。そのため,私が高2のときまで,ずっと放置のような状態でした。 彼ら曰く「名前を呼ばれるのが羨ましい」とのことです。法要の時に紙位牌(私の家には仏壇がないことと,祖父母が彼らにあまり関心がない)を作ってもらい,「@@家水子」と一括りにされています。ですが,彼らは「〜君(ちゃん)」と呼ばれたいそうです。(最近ですが床に大の字に寝そべってバタバタ暴れ,泣きながら訴えてました) 私が名前をつけてしまったら,彼らは私に縛られてしまうような気もしますし,人に名前をつける重みから私は彼らに名前を付けられません。 また,父方の祖父母は彼らの存在(水子の有無)を認めながらも,彼らが見えないことと認知症のために,名前をつけるのは難しそうです。 どうすれば良いでしょうか。 彼ら自身,今まで無視され続けてきたため,寂しがっていて,「ぼくらを忘れてないよね!?」と目に見える形で我々に色々してほしいようにも感じます。 私自身も「彼ら」や「君」と言っているのにも違和感を感じます。 彼ら自身,悪い子ではないんです…。 私や家族を助けてくれたり(母と父が喧嘩した時には,彼らは「こいつ(父)は悪くない!」と父の加勢をしています),友達との楽しい話を聞かせてくれたりしてくれましたので…。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

水子供養について

私は10年前に当時の彼との子を堕胎しました。彼は一般の仕事をしていましたが親が住職をされている方でした。その後、理不尽な別れ方をされたのが納得がいかず、私の親に全てを話すと相手親子は我が家に土下座をしに来てくれた経緯があります。私も水子供養をして頂きましたが、相手もきっとしっかりやっていてくれている事と思います。 10年の中で子供の事を忘れはしませんが私の中で蓋をしていた様に思います。地元から離れてからは何年もお墓参りにも行っていませんでした。たまに実家に帰ったらお仏壇に手を合わせるくらいでした。 結婚した今、主人はこの事を知りません。しかし数ヶ月前に子供を出産した今、我が子の可愛さに「あの時の子もきっとこんなに可愛かったんだろうな」と考えるようになり、改めてなんて事をしてしまったのだろうと死にたくなります。しかし、今いる子供の為にそれはしてはいけません。こちらで他の質問者の方へのお坊さんの返事で、年に1回くらいはお参りをする様にと見ました。 私も実家に帰った際にお参りに行けば、その位の頻度でなら行けるのですが、主人はきっと気づくと思います。ゆくゆくは子供も、あそこはなんなのだろうと思い始めると思います。主人には、話したら主人にもこの罪を背負わせる気がするので墓場まで持っていく秘密にするつもりでしたが、話してお墓参りに行った方がいいのでしょうか?今住んでいる所の近くにだったら、1人でいけるお寺があるのですが、きっと宗派とかも全然違う、縁もゆかりも無い所です…そこに行くのは意味はないですか? また、「毎日手を合わせる」というのは、お仏壇も神棚もない場合はどこに合わせたらいいのでしょうか? 今いる子が可愛くて可愛くて、その分本当に辛い気持ちになります。主人にも隠して結婚した罪悪感でいっぱいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る