お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

誘ってきてはドタキャンする友人

昔の同僚で約束や時間にルーズな友人がいます。昔からドタキャンされる事がたまにありましたがいつも責めるわけにはいかない理由なので本人に怒った事はありません。
おおらかで会えば楽しい人なので、振り回されない距離感で(約束も頻繁にしないよう会うのは年に2,3回程)お付き合いしてきました。

その友人がパニック障害を患ってから相談というか聞き役というか誘われる事が増えて約束をするのですが…

当日の集合時間30分前に「頭痛がひどくて動けず姑に看病されています。ごめん」と。全て準備出来て家を出る頃にそんなメールが。仕方ないから「お大事に。私は大丈夫だから気にしないでください」と。
その3日後「回復したから明日会わない?この前のお詫びもしたい」と連絡がきて「私はいいけどそちらの頭痛が心配だから完全に回復してからがいいんじゃない?」と返事をしたら「わたあめと会うと元気が出るから会いたい!」と言うので約束をしました。
当日、30分前に家を出ようとしたら「ごめん。旦那が仕事で怪我して帰ってきたから病院に連れていかないといけなくなった」と。
「お大事に」です。

色々考えて嫌いになりたくないので考えないようにして、3日前はお洒落着を普段着に着替えてぼーっと1日終えてしまったので、悔しいからお洒落着のまま一人で食事してきました。
私って何なんだろう…とむなしくなりました。

親にこの話をしたら「わたあめは気が小さくて文句言えないから」と言われました。
頭痛だ、旦那が怪我しただという理由の人に文句言える人なんているのかと私は疑問ですが。

今後の付き合い方がすっかりわからなくなりましたのでご意見いただけたらありがたいです。

他人・友人関係
有り難し 10
回答 1

質問投稿日: 2017年12月21日 4:09

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

信頼の在り方で

友人は、辛さや悩み事を聞いて欲しいなど、あなたに援助を求めておられます。
わたあめさんと居て、心地よいからでしょう。

また、わたあめさんも友人と過ごす時間を楽しいと感じ、交流を続けておられます。

そのような関係性の中・・・
ドタキャンとのことですが、これは確かにドタキャンです。

理由が理由なので何とも言えませんが....
もやもやして腹が立ちますね。

その友人は、前もっての段取りが苦手なのでしょう。
例えば、頭痛がするなら、なるべく早めにキャンセルの連絡をするよう考える。
それが苦手なのでしょう。
本人に確認しなければ分かりませんが。

わたあめさんが、今後も交流を考えておられるならば、友人の特徴をしっかりと理解した上でおつき合い下さい。
「ドタキャンしないなら友達でいてあげる」のような感覚ではなく、相手をそのまんま受け容れるということです。
「信頼」です。

ドタキャンするのは友人の問題であり、あなたの問題ではありません。
また今後、何かあったとしても、あなたが信頼する在り方であれば、それは「裏切り」でもなく「迷惑」でもなくなります。

自分で決めた事なのですから、虚しくもなりません。
お洒落したまま、ひとりで自分勝手に自分の好きなところへ食事に行けば、それは幸せな自由な時間です。

私は、すべての相手に対し、信頼する関わりでいることが出来れば、幸せだろうなと考えております。
常に相手を疑う生き方に、幸せを感じられないからです。

今回の友人とどう関わられるかは、わたあめさんの自由ですが・・・
相手を信頼する関わりをして、初めて本当の自由が得られるのではないかと、少なくとも私は、そう思っております。

1年6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

海老原学善さま、回答ありがとうございます。
彼女の特徴をまるごと受け入れる事ができるか、あれからじっくり考えていました。遊びたいなと思っても自分から誘う事はやはり躊躇します。もし今後彼女から誘われたら…ドタキャンされても許せる、彼女を全て受け入れる余裕=自分の時間や気持ちに余裕がある時は約束しようと思います。
わかってはいたつもりでしたが、あらためて人は変えられないと思い出させて頂きました。「信頼」の広さと深さを考えさせられました。ありがとうございました。

「友達とのつきあい方・関係・距離」問答一覧

「友達とのつきあい方・関係・距離」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ