hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お坊さんのようになりたいです

回答数回答 2
有り難し有り難し 28

他にやりたい仕事がありそれを目指しているのでお坊さんになることはできませんが、お坊さんのような考え方をできる優しい人になりたいです。

私は今まで悪さばかり、迷惑ばかりかけてきたので、それを乗り越えて人に優しく出来る人になりたいです。
お坊さんのような考え方や生き方になるにはどうすればいいのでしょうか?

勉強することがあれば勉強方法や、心がけることについて教えてください。

2018年1月17日 10:06

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

ありがとうございます!!

先ずは、
いろいろなお坊さんの話を聞いてみてください。

Eテレで毎週放映していますし、
法座を開いているお寺さんも
ご近所にあると思います。

いろいろな宗派、いろいろなお坊さんの話を聞いて、
その中で自分に合うと感じるお坊さんに出遇えれば、
そんな良い仏縁はありません。

2018年1月17日 14:18
{{count}}
有り難し
おきもち

和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

有難しです

拝読させて頂きました。
あなたがそのようなお考えをお持ちなさってくださったことを心から嬉しく思います。

お坊さんのようになりたいとはお坊さんのような考えや思いや行動していきたいということかと思います。つまりは仏様の教えに沿って生きていくことかと思います。

よく言われる仏教の教えってなんですか?と言われたときの回答として『七仏通誡偈』というお経があります。このお経は仏教の教えを簡潔にまとめています。
お経の内容は
諸悪莫作 しょあくまくさ ・・・もろもろの悪いことをせずに
衆善奉行 しゅぜんぶぎょう ・・・もろもろの善いことを進んで行い
自浄其意 じじょうごい・・・自分のこころを浄めて生きること
是諸仏教 ぜしょぶつきょう・・・それがもろもろの仏の教えです

つまり仏教の教えです、と言われています。

いかがでしょうか?
あなたも少しずつ少しずつそのようなお心で生きてみてはいかがでしょうか?

あなたがそのようなお気持ちを持って毎日をお健やかに成長なさっていかれますようにと切に仏様にお祈りさせて頂きます。
そしてあなたを心から応援させて頂きます。

私もあなたも学んでいく者ですからね。

共に精進していきましょうね!

2018年1月17日 12:53
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして8年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

禅の心

以前、代々ご家族の血縁でお寺をされている長男のお坊さんとお付き合いさせて頂いておりました。 私は、小さい頃からずっと日本の文化が 好きです。行動や意味、全てに想いが詰まっていると思うからです。禅もそうだと思います。宗派や教えは違いますが、修行する意味、教えの意味、そこにある想いは一緒だと思うのです。 彼は継ぐ決心が出来ず、実家のお寺を離れて大学生をしている時に出会いました。彼のお父様にお会いした時、すごく違和感を覚えました。言葉では表しにくいのですが、冷たい…ドライな感覚です。彼もお坊さんになる決心をして、修行に行くまでの期間、その違和感に似たものが私の中でどんどん大きくなっていきました。偏見の言葉や、権力には敵わないなどの発言も多くなっていきました。お父様そっくりでした。 お別れした後、周りの方からは「私達には分からない世界だからそれは仕方ない」「私達には分からない重圧があるのだろう」と。 それが私には納得がいきません。生きていくだけで辛い事、苦しい事が沢山あります。それはお坊さん一般人関係なく平等にあるものだと思います。 お寺の世界とは、一般の世界とは違うものなのですか?今まで自分が信じてきたものが分からなくなる時があります。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

坊主と乞食はどう違いますか?

挑発的なタイトルで申し訳ありません。もっとマイルドにしたかったのですが、字数の関係でできませんでした。決してお坊さんを馬鹿にしてやろうとか、悪口を言ってやろうとかいう気持ちはありません。むしろ日々尊敬しております。なのでそこの所をご理解いただけたら幸いです。 本題に入ります。 まことに、大変失礼な質問だとは思いましたが、心の中にふと思い浮かんでしまいました。 仏教書を読んでいたら、「仏教の出家者は一切の生産活動を放棄して修行に専念しなければならないので、一般の人たちからお布施をもらわないと食べていけません。」とありました。 その部分を読んだ時に浮かんだことは、「お布施をすることによって、お布施をした人にはなんのリターンがない。これでは乞食に施しをするのと同じでないか?」ということです。 もちろん、お布施をすることによって功徳が積める、物惜しみに打ち勝つことができるというのは分かっているのですが、現代人にそんなことを言ってもそれが何だよ?と鼻で笑われるでしょう。もし私が誰かに「坊主と乞食って何が違うの?笑」と聞かれたら私はなんと答えればいいのでしょうか? ちなみに身近なお坊様(そこそこ名のある立派な人です)にこの質問をしたら「違わないんじゃね?」とのことでした。ハスノハのお坊様方はどうお答えになりますか? 大変罰当たりな質問だと思います。このことで私の身に不幸が起こったら甘んじて受けるつもりです。しかし、後学のためになんとかお答えしていただければ幸いです。

有り難し有り難し 59
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る