お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

引き続き恩師の末期ガン。

この間も相談させていただきました。
恩師の末期ガンについてです。
どんどん悪くなり見るからに弱っています。
痛みに耐える日々、私にも痛みに耐えるくらいなら死にたいと訴えることもあります。
以前相談させていただいたときに、私の気持ちを
伝えるのがいいとお答えいただいたので、
プレゼントに手紙を添えて渡しました。
出会えたことは人生の宝物であり、
感謝しかなくて、大切な存在ですと。
大好きですと。後日、メールが届いて、
プレゼントありがとう、1番嬉しかったのは
手紙ですと返事がきました。
そして、その手紙をもし私が死んだときに棺の
中に入れるように息子に頼みたいのですが、
いいですか?と。私は胸がいっぱいになり
涙が止まりませんでした。私の大切な、
大好きな人が、余命宣告をされてから
弱っていく姿、苦しむ姿、自分の死を受け入れて遺言などを作成している姿を見ていると、
なぜかこの人がと思ってしまいます。
あの人と変ればいいのにとか、嫌いな人が
ますます嫌いになってしまうというか。
間違っていますし、誰にでも死は訪れます。
こんな風に思う自分がいやです。
でも思ってしまうんです。
そしてやっぱり私にはまだ受け止める覚悟ができません。怖いんです。
来週、改めて残された時間や今の状態を
先生と話すそうです。結果は私にも教えてくれます。とにかく怖いです。
恩師がいなくなった世界がこわいです。
失うなんて考えられません。
でも私だっていつ死ぬかわかりません。
そんなこともわかっています。
ここで相談して回答をいただいてから
何度も何度も読み返し、気持ちを落ち着かせて
きましたが、本当に死が迫っているんだなと
実感させられるとまた怖くなってしまいました。
アドバイスください。お願いします。

身近な人の死
有り難し 24
回答 1

質問投稿日: 2018年1月26日 9:41

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

先生を気にかけてくれて、側にいてくれて、本当にありがとう。

そうね、怖いね、目の前の人が死んでしまうのだから。。。
あなたの言葉、存在が、今の先生を支えています。死と向き合いながらも、孤独にならずにいられるのは、あなたが側にいるからなんだよ。
本当に、ありがとう。生き抜く力を、先生に与えてくださって。本当に、優しい子ね◎

どんなに辛くても、悲しくても、死は誰にでも平等にやってくる。問題なのは、そんな苦しみのときに、どう生きるか なんだよ。誰が側にいるかで、その人の人生が 悔いなきものに変わる。
一番辛いのは、病ではなく、孤独の中、命を終えることなのだから。
先生は、あなたの存在に支えられて、ちゃんと死を見ていらっしゃる。
あなたも、辛いことなのに、それでも死に向き会う人に、寄り添っている。

怖いよね。痛みに耐える姿、見ていられないよね。どうしようもない気持ちの、あなたを、私も支えるよ。そんな私たちを、仏様は、決して離さないよと、包んでくださる。
大丈夫。みんな 命終えても、同じ世界で 会える。生き続けられる。そんな大きな大慈悲の中に、みんな ちゃんといるんだよ。
あなたの 最後の最期まで、あなたも先生も、離れることはないよ。
毎日、先生を気にかけてくれて、側にいてくれて、本当にありがとう。

1年7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

お礼が遅くなってしまって、すみません。
恩師が亡くなってしまいました。
亡くなるその日、私も会うことができました。
今も受け入れられず、先日もここで
相談させていただきましたが、
まだ受け入れられません。
ですが、ここで相談させていただいてから
最期まで恩師としっかりと向き合い、
悔いなくお別れができました。
ありがとうございます。
受け入れられないけど、私なりに
恩師を思い、それを伝えることが
できたと思っています。
ありがとうございました。

「大切な人が危篤・余命宣告」問答一覧

「大切な人が危篤・余命宣告」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ