お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

我慢しすぎると、不幸せになるのでしょうか。

彼との再婚に向けて、今一緒に暮らしています。
四年半一緒に暮らしていますが、二年半前に半年程、1年前に2ヶ月ほど、同じ夜の商売の女性と関係を持っていたようです。携帯電話から発覚しました。
彼には親の借金があり、コツコツ返済しています。給料は歩合制のため毎月変動があり、少ない月は時計を質にいれ、借りたり返したりを繰り返し生活しています。
もともと私は贅沢を好まない為、質素な生活でも構わないのですが、彼は仕事柄ストレスがたまるのか、時々スナックへ行きたがります。
先日も、手元にお金がありませんが、私のカードを使いスナックへ2人で行きました。
その会話の中で、彼は、誰と行ったのかはわかりませが、私の知らないお店に誰かと行った話をしていました。高いお肉を注文した、という話題でした。スナックの女の子も、その店に行ったことがある、という話になり・・
わたし、その場で我慢できず、彼を残してお店を出ました。
細々と生活してきて、彼は私の知らないところで、黙ってお店に行っていた。しかも、水商売の女性も行ったことがあり、私は行ったことがない。腹立たしくて仕方ありませんでした。
なぜなら、私は彼と暮らし始めてから、彼とは、ほぼ同じお店にしか行ったことがありません。同じお店ばかりでなく、たまには別のお店にも行きたいと彼に不満を漏らしたことは過去にはありましたが。
また、スナックで、自分の女も幸せにできないくせに、水商売の女に好きな飲み物どうぞ、と振る舞う行動にも我慢ができませんでした。
彼の借金を返し終わるまで、と車も、贅沢な物を買うことは我慢している生活です。そんなことにお金を使うなら、買いたい物に使いたい。

たった四年半の間に、2度も同じ女性と付き合いを持ったことも許せません。
夜のお店で、高額なお金を使うことも。

彼は洞察力が鋭く、平気で嘘をつける人間です。
そのことも、私は本当にこの人を信じていいか、判断に迷うことが多いです。

私も自由に、好き勝手して幸せになれるなら楽でしょうが・・

私は、辛いことがあっても2人で乗り越える夫婦関係を持ちたい、そういう関係を築ける人と一生添い遂げたいと離婚しました。

こんな我慢をし続ける生活は、もうウンザリです。あんな会話で腹を立て、席を立つような荒んだ心になってしまった自分が情けないです。
どうすれば 幸せになれるのでしょうか。

夫婦関係
有り難し 9
回答 1

質問投稿日: 2018年3月12日 19:58

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

ほどほどにが丁度よい

ご相談拝読しました。

人間だれしも幸せになりたいものです。そのためには我慢が必要な時もあります。しかしはたして我慢してそのお相手と幸せになれるものでしょうか…私は少し疑問を感じます。
それでも好きになってしまう恋心がありますから人間は難しいのですけどねえ…。

あなたが腹を立て、席を立つまでに至ったのは無理もないと思います。その状況でそんな会話をされたら立つ腹も一つや二つじゃ足りないくらいです。心が荒んでしまったなどとご自身を責める必要はないでしょう。

しかしもしかするとあなたにも何か要因はあるのかもしれません。彼を甘やかしすぎてはいませんか?
これから本当にそのお相手と2人で乗り越える夫婦関係を持ちたいと願うのであれば、これからは厳しさも必要ではないでしょうか(彼にそれが耐えられるかどうかも怪しいですが)。
お金の問題は深刻です。金の切れ目が縁の切れ目とも言いますが、心を荒ませるほどのものがお金にはあるのも事実でしょう。

今の彼をこのまま信じるのはあまりにも心もとないでしょう。信じれないけど一緒にいたいというのであれば相当の覚悟が必要であると思います。

我慢しすぎも、我慢しなさすぎもよくありません。ほどほどに、時には我慢して、時には我慢せずぶつかり合っても修復していける…そんなお相手を求めるか、今の彼をそのように導くか…

よくよく考えてご決断を。

1年3ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

お返事ありがとうございます。
お金の使い方、私の気持ちは、事あるごとに伝えています。おかげでこれでも少しずつ修正されつつあります。
人の気持ちに気付くかどうかは、本人の気持ち次第。お互い様ですが・・

また、ぶつかり合い成長していくことが夫婦。
改めて痛感致しました。

お返事くださり、ありがとうございました。

「結婚に不安」問答一覧

「結婚に不安」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ