hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

お布施の金額は偶数はダメですか?

回答数回答 1
有り難し有り難し 19

毎月お寺に伺っております。

供養等で
月に2~3回程お世話になっております。

お塔婆も毎月立てて頂いております。

生活が苦しいながらも
お布施は必ずお渡ししたいのですが

一回のお布施が
千円だったり偶数の金額では失礼でしょうか?

ご回答宜しくお願い致します

2018年3月13日 20:08

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

大丈夫です

お布施の金額に偶数はダメということは全くありませんし、一回のお布施が 千円だったり偶数の金額では失礼になるということもありません。

というのが布施の基本的な精神であります。

だから気になさらず、無理のない範囲でお気持ちを込めてでの金額で構いません。もちろん財施以外の布施もありますしね。

ただ、お寺によっては布施の部分と対価的な部分を分けて、例えば明確にお塔婆は〇千円でお勤めは布施とかのように設定している場合もあるかもしれません。

あなたがお世話になっているお寺でそのようなことがなければ本当に無理のない範囲でかまわないのです。
ご心配されている点は失礼には当たりませんのでご安心を。

2018年3月13日 21:19
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

質問者からのお礼

吉武文法ご住職様
ご回答頂き有り難うございます

いつもお布施は迷っていました。

収入的に無理の無い程度って思いますが
一回 千円だと申し訳ないなぁと思って
実際は千円だけという事は一度だけで
生活費を削ってずっと無理していました。
偶数も悪いのかと。

これからは無理せずその時の状況で
お布施が出来ます。
気持ちが楽になりました。
お忙しい中有り難うございました。

「お布施について」問答一覧

お布施について

先月末に父が亡くなりました。 お通夜、葬儀でトラブルが発生しており、悩んでおります。 亡くなった父は80代で祖父の長男にあたります。代々のお墓を祖父から継承しておりました。菩提寺は北関東にあります。代々の菩提寺というわけではありません。 祖父の代の時に、父の腹違いの妹がお寺に嫁ぎ、その時にそれまで代々御世話になっていた菩提寺の檀家から抜けて、お墓を移しました。 父は腹違いとはいえ、妹をとても可愛がっておりましたが、母や私は叔母の言葉の端々に父をバカにしたようなところが見受けられていたことから付き合いが遠くなっておりました。きっかけは祖父が亡くなった時に、その遺産を全て叔母が独り占めしたこともあります。父は面倒はごめんだというなりになりました。父自身が働いて建てた家もあり、きちんと家族を養えるという自負もあったのだと思います。 私はサラリーマンとしてきちんと一つの会社に定年まで勤め上げ、誰にも頼らず、住宅ローンを返済し、子どもを大学まで出してくれた父をとても尊敬しています。 父の妹の嫁ぎ先はお寺として裕福なようであり、外車を何台ももったり、海外にしょっちゅういったりと派手な暮らしをしています。そうできない我が家を哀れむような言動が以前からあり、私は叔母やその家族にお寺はそんなに偉くて特権階級なもののようなものなのかと反発しておりました。(勿論、そんなお寺ばかりではないとは承知しております) 問題は父が亡くなった時、叔母は住職である叔父と副住職である息子(私の従兄弟)に通夜や葬儀のお経をあげてもらうといってきました。そのことには依存はありません。 けれども、お布施をどれほど包んだらいいかと叔母に内々で尋ねたら、本山に納める事務手数料だけを負担してほしいということで80万と言われたのです。金額にとても驚きました。その反応から、叔母達は生活保護の人にはお寺で面倒をみてやるから同じようにして欲しいなら、幾らまでなら出せるのかと聞いてきたんです。 私や母はそれが亡くなった父への大変な侮辱に思えました。お経を断れば、納骨も出来なくなるということを承知で断りましたが、結果、父の妹でありながら、通夜や葬儀に叔母は出席もしませんでした。 此で良かったのかと葬儀から1ヶ月が過ぎようとしていますが心が安まりません。お寺では叔母たちのような反応が当然のものなのでしょうか?お教え下さい。

有り難し有り難し 46
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る