お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

夫との再構築

もうすぐ結婚8年、子供はいません。夫と離婚した方がよいのか悩んでおります。

半年ほど前に、2年以上続いた不倫を告白されました。既に不倫関係を終わらせていたようですが、”友人”としての関係はその後もしばらく続けていました。
離婚も視野に入れて話し合いをし、再構築の決意をしてここまで過ごしてきました。今は不倫相手とは完全に切れているようです。

結婚後、長い無職期間や借金、独立という名のフリーター生活を私なりに支えてきました。
夫は愛情深く優しい人です。生活力がないのであれば私が代わりに頑張ればいいと思っていたのですが、ふとこの結婚は私にとってなんだろう?と思ってしまったのです。
私だって誰かに頼りたい。守られたい。支えられたい。
夫なりに精神的な支えになろうとしてくれているのは理解しているのですが、頼れると思えないのです。

夫に対してどんどん興味がなくなっていく自分が怖いです。大事に思えない相手なら離婚した方がお互いのためと思うこともありますが、優しく温かい夫の愛情を思い出すたびに胸が苦しくなるのです。

私はどうしたらよいのでしょうか。

夫婦関係
有り難し 24
回答 2

質問投稿日: 2018年4月2日 0:23

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大慈

悩むこと自体は誰もが通る道

夫の甲斐性なしって充分離婚案件では?と思います。いや、専門家ではないので知りませんが。でも、それに加えて不倫とは…ねぇ…正直よく辛抱していらっしゃるなと感じます。

ただ、じゃあ仮に旦那さんが定職に就いていて不倫も無かったとしたら、「夫に対してどんどん興味がなくなっていく」状態は無いのかな…って考えると、必ずしもそうではないと思うんです。いろんな形の夫婦がありますけど、大抵の夫婦が一度は通る道じゃないかな…と。

愛情って一言で言っちゃえば愛情ですけど、実際問題、若い頃の愛情と妙齢になってからの愛情って同じなのかな?って。。。もし違うとしたら、その過渡期ってどう感じてどう考えながら夫婦でいるんでしょうね。

私は男ですからどうしても男性目線になっちゃいますが、特に子が生まれてからの女性は心身の変化が大きく揺らぎますから、やっぱりその時その時で昔の感情とは全く別物ですよね。ダメだ…もう関わりたくないと思ったことだってありますよ。
頼られる側になったり頼る側になったり、出来るようになったことも昔はああだったのに…と思うこともあります。むしろ後者の方が悪目立ちしますね。

でも、変化することが悪いことかと言うと、そうではない。諸行無常。誰だって変わる。変化を拒絶するから人は苦しむ。仏教とはそういうものです。
パートナーは必ず変わる。その中でその時その時のパートナーの魅力を探す努力って、不可欠なんだろうなって思っています。夫婦としての心のあり方をリセットする。リセットし続ける。その合間合間に、どうすればもっと善い方向に変化できるかなって考える。そうやって今の結婚を生きる。

遠回しに離婚したらダメって言ってるわけではありませんよ。離婚も1つの選択肢です。不倫だって再犯率それなりにありますしね。どうあがいても変わらないダメ男だっています。
でも結局、継続するにしても離婚&再婚するにしても、こういう姿勢が無いと結局いつかどこかで同じことを繰り返すんじゃねぇかなって思うわけです。だって、これって結婚に限らず人間関係全般に言えることでしょ。そういうトコを踏まえながら考えてみて下さい。

あと、自分で考えずに色んな人に相談してみるのも大切です。特に同性の年配の方々。自分と違う感覚に触れれば勉強になりますし、自分だけじゃ無いんだ!って感じられたら安心になります。
ボチボチ考えましょう。

1年5ヶ月前

拝読させて頂きました。
あわてずにじっくりとご自分のお気持ちを見つめなおしてみてください、旦那さんとのことを今までをかえりみながら見直してみてください。

そしてあなたや旦那さんにとって大切なことを考えてみてください。

目先の自分の感情だけでなくお互いを尊重しあいながらお気持ちをじっくりと整理なさってみてくださいね。

そしてお二人で素直にお向き合いなさって今までのことをそしてこれからの未来を共にお話なさってくださいね。

あわてて答えを出すことでもありませんからね。共に納得していく答えを見つけてくださいね。

あなたも旦那さんもこれから共に心から豊かにご生活なさっていかれますようにとお祈りさせて頂きます。

1年5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご丁寧なアドバイスをいただき、ありがとうございました。おっしゃる通り、ゆっくりじっくり考えることなのだろうと気づきました。
ゆっくりとお互いに向き合っていきたいと思います。
ありがとうございました。

「夫婦生活の再構築・やり直したい」問答一覧

「夫婦生活の再構築・やり直したい」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ