hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

無知なもので教えてください。

回答数回答 2
有り難し有り難し 19

初めて質問いたします。

この度真宗大谷派の副住職さんに結婚してほしいと言われ今年の秋頃結婚する予定です。 その中で幾つか疑問があったので教えていただきたいです。

①この度祖母が亡くなりました。浄土真宗では喪中等は気にしないため向こうのお母様も気にせず式を挙げて良いと申しております。 私の家は曹洞宗でありますが喪中ということで延期したほうが良いのでしょうか、、。

②私の家は曹洞宗ですがいずれ私が仏様を守っていくことになった時、宗派はどうするのが良いのでしょうか。

③副住職の妻になることでどのような覚悟を持てば良いでしょうか、、

アドバイスいただければ幸いです*


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あなたのご結婚は真宗寺院の若坊守さんになることでもあります

あなたが真宗大谷派寺院の副住職とご結婚なさるということは、お寺の若坊守さんになるということでもあるわけです。だから、浄土真宗の教えを学び、それを信じて、そしてそれを他者に伝える役割を担われるわけです。

いま疑問に思っておられる①は、浄土真宗の常識ですが、世間の常識と異なるかもしれません。なぜ気にする必要がないのか、副住職さんに尋ねてみてください。たぶん納得がいくように説明してくださるはずです。

②は、あなたがこの世に生を受けなければ、副住職さまと出会うこともなかったわけです。したがって浄土真宗に出会うこともなかったわけです。あなた個人の信仰とは別のところで、大切になさっては如何でしょう。

③についてはすでに冒頭に述べたことと同じです。

上記は、このように思い込め、ということではなく、少しずつ長い時間をかけてそうなっていただきたいということです。よいお寺の奥さん(坊守さん)になってください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

副住職に従いなさい

①忌明けを待ってしたいところですが、忌中に執り行われる場合はあなたの幸せを追善供養の供物と思いご回向なさればよろしい。
②浄土真宗は先祖の供養は不要または私たちは供養できるほどの者ではない、という考え方がありますのでご実家のご先祖供養は曹洞宗のお寺さんに永代供養をお願いすれば安心です。
③浄土真宗では先祖は西方浄土に往生しているの考えから先祖供養はいたしません。従って永代経とは先祖を永代に供養するのではなく、真宗の教えが永代に広まるように、という意味です。
曹洞宗とは教えがかなり違いますから戸惑うかも知れませんが、浄土真宗に嫁いたご縁を大切にし、素直に副住職に従ってよく勉強をしていただくことが肝要かと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


「平等」という嘘を信じるな。 仏はこの世が不平等であり辛苦から絶対に逃れ...

「お坊さんと出会い、恋愛、結婚」問答一覧

この気持ちは諦めるほか無いのでしょうか

私は訳あってシングルマザーですが、 今は8歳年下の真言宗のお坊さんと数ヶ月前からお付き合いさせて頂いています。 出会いは宗教は全く関係のない、趣味の場でした。 彼はこの春から就職で600kmほど離れた土地に移住しました。 元々お寺の息子さんで後を継ぐため大学在学中に休学し、高野山で修行も済ませており、後々はおうちを継がれると言うことで伺っております。 遠距離恋愛となって数週間、電話やLINEで会話をする日々ですがやはりさみしく、彼も慣れない土地、新しい仕事で悩みやイラつきもあるのでしょう…先日喧嘩になってしまいました。 もとより、私がバツイチ子持ちである事を理由に両親には紹介できないと言われてはいたのですが、彼のことが好きでしたので、それでも一緒に居れるならとお付き合いをしていただくことになりました。 先日の電話で、同期や移住先の方達にも秘密にすると言われ、なぜそこまで隠されないといけないのかと悲しみと怒りを覚えました。 個人的にバツイチ子持ちが悪いとは全く思ってないが、家族は違う、どこから家族の耳に入るかわからない、大切に思っているけどバレてしまうのが怖い、と。 その言い合いの果て「個人としての自分はあってないようなもので、家族への依存というより寺の存在が大きい」というような事を仰っており、わたしには理解が及ばず戸惑っています。 恋愛にのめり込むまいとわざとそっけないような態度をとっているようにも見えます。 将来のことを考えられないから、愛情を伝えるのは私のことを騙しているようで気が引ける、と落ち込んだ様子で伝えられたこともあります。 それでも彼のことが好きで一緒にいれば、元気をもらえるので、できることなら離れたく無いのですが、彼のことを考えたときに、やはり離れた方がいいのだろうか、とも思います。 兎にも角にも悔しく、さみしく。 仏教とは寺とは個人としての人生を奪ってしまえるほどのものなのか、と真言宗に嫉妬しております。 私は無知な俗世の人間ですが真言宗の家系の人間です。 今まで仏壇に手を合わせお経を唱えたり、現代では信仰心の厚い方だと思っておりました。 仏教とは迷い苦しむ人たちの拠り所、救いではないのですか。 まさかこんな形で仏教に裏切られるとは思ってもみませんでした。 この気持ちはどうしたらいいのでしょうか。 苦しいです。 ご教授いただければ幸いです。

有り難し有り難し 29
回答数回答 1

お寺の服装について

私は今、お坊さんと真剣にお付き合いさせて頂いています。 彼の家がお寺で、遊びに行った事もあり、その際に私の見た目が派手だと言われました。 明るめの茶髪で、よくミニスカートにタイツなど履いてお邪魔していました。 彼のご両親から髪の色や服装について、もっと落ち着いた髪色で地味な服を着なさいと言われ、私は凄く嫌な気持ちになりました。 洋服が好きで、彼の前ですしオシャレもしたいし、まだ彼女という立場から、見た目全部をお寺に合わせなくても、いいんじゃないかと思っています。 「お檀家さんの目もあるし、お檀家さんから攻撃されないように、なるべく言われることを少なくしなさい」 「将来お寺に入るときに、その住職さんにもこの2人なら任せられるとアピールしなきゃいけないから、今のうちに誰に見られてもいいようにしなさい」 ご両親の言うことも分かりますが、どうも自分の中で納得できないのです。 後でも先でも、やらなければならない事は承知しているのですが、自分らしさを抑えて、好きでもない服を着ることに抵抗があるのです… これはワガママなのでしょうか? どうしたら気持ちを落ち着かせて、前向きになれるのでしょうか?

有り難し有り難し 41
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る