お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

気にしいです

私は昔から何かを異常に気にしてしまいます。
気にしてはいけないと思うほど、どつぼにはまつてしまって気にしてしまいます。
最近では、なぜか特定の人を意識してしまうような形で気にしてしてしまいます。
また、何かあるたびに、いろんなことを異常に意識してしまいます。
男性と女性どちらも意識してしまうのですが、異性の場合、とても辛いです。 
それが、他の方にもばれてしまっているようでとても恥ずかしいです。
どうしたら意識しないようにできるのかわかりません。
他の方にも相談すると、気にしすぎで終わってしまいます。
どうしたら意識しないようにできるか、教えていただけないでしょうか?
分かりにくい文章で申し訳ありません。

有り難し 4
回答 2

質問投稿日: 2018年9月29日 22:51

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

小生も「気にしい」です・・・😅。

 小生も「気にしいです」。自分でも思いますが、他人からよく「お前は気が小さい」と言われます。
 ところが別の人に「お前は よく気がきく優しいやつだ」と褒めてくれることもありました。あなたは優しすぎて、自分を主張することが苦手なのかもしれませんね・・・。
 けれどもそれはあなたの良い点でもあります。「気にしない」ようになろうというのは、意外に難しいです。生まれつきの性格もありますので、そう簡単に直すことはできないと思います。ここはむしろ「気にしい」のどこが悪い、と開き直るのもよろしいのではないでしょうか。
 また、お仕事や趣味に神経を集中して、細かいことを考えないような工夫が必要です。そのためには本を読んだり映画を見たり、とにかく気分転換を図る方法を考えましょう。
 もう一点、小生の経験上から「自分が気にするほど 他人は自分のことを見ていない」ものです。例えばあなたが色々悩んで決めた服装について誰かに何か言われたことがありますか。余りないのでは・・・?。案外 、他人はそんなものです。本来、誰でも自分の事しか考えていないものです。仏教では《我愛・我執(があい・がしゅう)》といって、人間の「本性」だと説いています。
ヒントになったかどうかわかりませんが、自分の考えや言い たいことをメモ等にして、何かの折発言してみてください。返って、みんなびっくりしてあなたを見直すかもしれません・・・(笑)。合掌

10ヶ月前

相対性

「気にしすぎ」
これは、よくよく考えると「気にする」の「過ぎたる状態」です。が、後半の「過ぎたる状態」とは、あくまでも相対的(第三者等自分以外との比較)な状況においてのみ評価されうる事柄であります。決して絶対的普遍性は無いですよね。例えば「あなたより気にしぃ」があなたの周りに居たならば、たぶんあなたは他者にそんな風に思われることもないし、自分をそんな風に評価することもない。むしろ「図太いよね」なんて思われる人になっているかもしれませんね。どっちがマイノリティか、数の勝負、ただそれだけで優劣つけるフシがこの世の中には多々あります。

というわけで比較評価なんてそんなものです。上下あやふやだし曖昧な表現なのです。
どうぞ安心してあなたらしくいてください。あなた丸ごと、個性です。

10ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

お二人ともありがとうございます。
気にする自分がよくない、変えなきゃと思い、自分をあまり好きになれていませんでした。
気にする自分も大切にできるように頑張りたいと思います。
ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ