お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

祖母が亡くなっていた

私は祖父と祖母が大好きで、昔は同じ屋根の下で暮らしていました。
ところが、私が小学校に上がったころ事情があって二人とも引っ越してしまいその日は大泣きしたことを今でも覚えています。
それほど離れてはいなかったので週末はよく遊びに行っていました。

そんな日々が続いて私が高校生になってしばらくして祖父が亡くなりました。何もしてあげられないまま別れてしまったのでその分祖母にはいろいろしてあげたいと思いました。

そして社会人になり給料が入るようになってからは一緒に買い物に出かけるようになり、結婚して子どもが生まれてからは妻と子どもを連れて行くようになりました。

ところが突然、親からもう祖母のところへは行くなと告げられました。祖母は親の兄弟と同居していましたが、その兄弟の間でいざこざがあったようで絶縁状態になってしまったようです。
祖母がその辺の事情を知っていたかどうかはわかりませんが、おそらく祖母の意思で絶縁状態になったのではないと思います。
私が突然顔を出さなくなったので気にしていたのではと思います。

祖母に会いに行けなくなってからしばらくして親から祖母が亡くなったことを聞かされました。親も葬式には呼ばれず、別の親せきからたまたま連絡があってわかったそうです。
親の兄弟に確認の電話をしたそうですが、答えたくないと一方的に切られたとのことです。
何がどうしてこういう状態になったのかは未だにわかりませんが、少なくとも私が見る限りでは絶縁状態になるようなことを親がしたとは考えられません。
或いは知らないところで何かしていたのか、相手側の一方的な言い分なのか・・・?

私個人の気持ちとしては相手側が絶縁だと言ってきた以上、こちらに実害がない限りはこちらから接触するつもりはありません。
ただ、亡くなったことを伝えない、墓参りもさせない、絶縁状のような「お元気で」の一文を私に送ってくる相手側の態度には不快感を覚えます。でもそういうことをするに至った事情がわからないのでどうしようもなく。

あの世で祖父と祖母に詫びよう。それまではこのことは考えないでおこう。と割り切ったつもりでもそう簡単にはいかないようでちょっとした拍子に考えてしまいます。
祖父になにもしてあげられず、祖母とも意図しない形で別れることになってしまいすっきりしない日々です。
祖父と祖母に会うまで引きずりそうです…

身近な人の死
有り難し 4
回答 1

質問投稿日: 2018年10月11日 15:12

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

お祖母様とのご縁

拝読させて頂きました。そのようなことを知りあなたはさぞガッカリなさっておられるでしょうし、悲嘆にくれておられることでしょうね。おそらくは様々な事情や理由があってそのような状況におちいってしまっておられお祖母様も本当にさみしい辛い思いを抱いておられたことでしょうからね。あなたのお気持ちを心よりお察し申し上げます。

とはいえあなたとお祖母様とのご縁が切れた訳ではありません。いつでも今でもこれからもずっとお祖母様はあなたを優しくお見守り続けていて下さいます。お祖母様はこれからもずっとあなたに寄り添い育んでくださいますからね。
あなたはどうかお祖母様に真心を尽くして手を合わせてご供養のお気持ちを捧げて下さいね、また今までも有難うの感謝のお気持ちとこれからもよろしくお願いしますと素直なお気持ちでお祖母様にお伝えなさって下さいね。

お祖母様はあなたのお気持ちをありのままに優しく受け入れて下さいますからね。

悲しい時もさみしい時も辛い時も、或いは合間合間にお祖母様を思い心から手を合わせて下さいね。

あなたとお祖母様とのご縁はこれからもずっとつながっているのです。どうかこれからもずっとお祖母様とのご縁をあなたの心の中で大切になさって下さいね。
あなたとお祖母様とのご縁を誰も邪魔することはできません。どうかこれからも安心なさってお祖母様への思いを大切にして自信持って生き抜いて下さいね。

お祖母様が親しい方々と仏様に導かれて心安らかになられ、これからもあなたをお見守り頂きますようにと心から仏様にお願いさせて頂きお念仏おとなえさせて頂きます。
南無阿弥陀仏 合掌

2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

お返事頂きありがとうございます。
突然会えなくなって突然亡くなったことを知らされて、考えもしなかった別れ方になってしまって落ち込みましたし、腹も立ちました。
祖母との縁が切れたわけではないというお言葉にすごく救われました。
もうこちらの世界のどこにもいませんが、顔も声も忘れることはないのでこれからも一緒に生きていこうと思います。
あちらの世界で祖父とふたりで仲良く暮らしていてくれたら嬉しいなと思います。

関連する問答
このページの先頭へ