お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

逆転

今まで営業をこつこつ頑張ってきました。期末まであと2か月ですが、目標数字に売りあげが足りません。追い詰められました。1億円売って一発大逆転したいです。お客様の懐にはいりたいです。どうしたらお客様に寄り添えますか?お客様本位の営業と数字の板挟みで苦しいです。

有り難し 51
回答 3

質問投稿日: 2019年1月26日 18:52

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

無憂庵

法源

笑顔に勝る施しはなし

拝読させていただきました。

施すことが修行でありますが、施すといっても一般的に捉えられるのが、布施であり、お寺にお経のお礼に支払うイメージがおありと思いますが、布施にも様々です。

私たち僧侶は普段3つの布施を日常で繰り返しています。
・財施(お布施)
・法施(仏の教えを広める)
・無畏施(恐怖を取り除く)

しかし、別で誰にでも出来る布施行があります。人を寄せ付ける。人に安心を与える。相互関係を築ける。など

「無財の七施」
1、眼施(慈眼施)
慈しみの眼で、優しく接する。
2、和顔施
和やかに、おだやかな顔つきで人に接する。
3、愛語施
やさしい言葉を使う。
4、身施(捨身施)
自分の体で奉仕する。他人のいやがる仕事でも、気持ちよく実行する。
5、心施
自身以外の為に気配り、心配りをする。
6、壮座施
わかりやすくいえば、座席を譲る。疲れているしぐさも見せずに。
7、房舎施
困っていたら、寝る場所や雨が降っていたら傘を渡すなど。

すべて「心と思いやり」慈悲を育てる修行です。
実践に移す際に、気をつけなければいけないのは、他人に話さない。他人に分かるように言動しないことです。

人と人とは第一印象がとても大切です。ここでの質問では「2」の和顔施(笑顔)が一番の施しに値いたします。

良い方向へと向かわれますようお祈り申し上げます。

合掌

5ヶ月前
回答僧

鳳林寺

光禪

お客様は商品だけでなく営業さんの人柄を見ています

こんにちは。

 お寺にいると、いろいろな方がいろいろな営業にいらっしゃいます。
 そういう時、もちろん商品の内容を重視しますが、私はその方のお人柄を見ます。私があなたとの問答をしていて、あなたは優しく丁寧な方だなと感じています。あなたの優しさ丁寧さをもって誠実に営業すれば、きっとお客様に認めてもらえるでしょう。

5ヶ月前

数値が足りないのは上司や経営者の責任です。
そもそもその目標の数値を決めたのは上司や経営者なのですから。
ですから、あなたは数値よりも、お客様に向き合って仕事しましょう。
数値は後から付いてくるものですからね。

5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
笑顔頑張ります。
お返事ありがとうございます。

ありがとうございます。
優しく丁寧にやります。
お返事ありがとうございます。

ありがとうございます。
向き合います。
お返事ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ