hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

火葬場と墓場前の新築物件。

回答数回答 4
有り難し有り難し 114

テレビでこのサイトを知り、とても興味がわきました!敷居が高いと思っていたお坊さんのありがたいお話を、わたしでも聴けるなんて…という事で、初めて質問させていただきます!

この度、新居を購入することになりました。ラッキーなことに、ずっとわたしが住みたかった地域で、わたしたちの手に届く新築物件が建つんです!間取りもお値段も納得。ここにしようかな。

ところが。
周辺施設に少し気になるところが……
隣には大きなお墓、目の前には立派な葬儀場と火葬場があるではないですか。
必ずわたしたちもお世話になるところだし、物件から見えるわけではないのですが…なんだかすごく気になってしまって。しかもマンションの建つ前の敷地も、大きな火葬場だったみたいなんです。

もし、何か不吉なことが起きたら…とか、寝ているときに金縛りにあったら…とかいろいろ考えてしまってなかなか踏み切ることができずにいます。

そこで!お坊さんにとっての火葬場、お墓、とはどんな意味を持つものでしょうか??普段から生死を目の前にしているお坊さんからのご意見をぜひ!聞きたいです!


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

焼き場も墓地も通る道、寛容に、寛容に

私の街でも葬儀会館の近くにはいまだに「葬儀場反対!」とノボリや旗を掲げているところがあります、が!

葬儀会館や墓地でなくとも焼き場は誰しもがお世話になるところです、それを自分が何となく嫌だからなどという気持ちで反対するのはいかがなものか、と。

そんなに嫌ならば貴方が亡くなったあとは適当に生ゴミと一緒に混ぜて処理してもいいのですね、はいじゃあここに同意書あるんで、はい判子押して

と、まぁそんなことは言いませんが何をそんなに毛嫌いしてるのかと考えると死を汚らわしいものと考えてるからかと思います。
死が汚らわしいか、そうかそうか

そしたらアレやな! お前の親父やおかんも亡くなったときお前は汚らわしく思ったんやな? 人生を全うしてお前をしっかり育ててくれた親を汚らわしいと思うたんか?

と、まぁそのようなことは言いませんがまぁそういうことですよね。

それと不吉なことと金縛り、ということでしたら私自身は金縛りは脳と身体の関係の現象であると思っていますし、不吉なことは起こるし起こらなければ起こりません。
むしろ不吉なことが起こりそうとそっちにばっかり頭が意識がいってて他が疎かになるから結果として怪我したりなんやかやなったりするんですよ(`・ω・´)

黒猫通った!
不吉や、どうしよどうしよ・・・うわぁ・・・・犬のフン踏んでもた・・・黒猫のせいや、ってなもんで
そればっか気にして普段避けるのに足元疎かになってるんですよ

それとこれは私自身の気持ちで言わせていただきますと
金縛りや不吉なことなんざどこに住んでても一緒、ということで

以上で候

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


心を養い、優しさを育む「田んぼ」です。

子供のころから、墓地を散策するのが好きでした。
確かにいのちがここに生まれ、一所懸命に生きた。それを大切に葬り、供養する人がいる。
その営みを感じることが好きだったからです。

火葬場や墓地は、私たちの心を養い、優しさを育む「田んぼ」のような場所だと感じています。
決して忌み嫌われる、不吉な場所ではありません。

仕事柄、ご出棺に立ち会う機会が多いです。
臨終、お通夜、お葬式という一連の流れの中で、ご出棺は一番生々しく感情が吹き出す場面です。

「お父さんの娘で良かった」
「私もすぐに行くからね。待っててね」
「また一緒にゴルフしような!」
「お疲れさま。ゆっくり休んでね」
「ありがとう。本当にありがとう…」

亡き方の後生のお幸せを信じて、ともにまた出会えるときを願って、手を合わせる姿。
人として生まれて、一番尊い姿だと感じます。
根底にあるのは慈悲の気持ち、感謝の思いです。

大切な方との別れ。悲しみ、辛さ、寂しさの嵐のなかに、私たちは真実と出会います。
どんなに愛する人、親しい人とも別れなければならない。
私もまた同じように、全てを手放しいのち終えていかなくてはならない。
それらの気付きは、苦しみの中に、目を開かせてくれます。

「では、この限りある人生を、私はどう生きるのか?」

人に生まれるのは難しく、短い人生の中で真実の教えに出会うのは一層難しいです。
亡き方に手を合わせるご縁の中に、自らの命についても思いを致す。気付きが生き方や価値観を豊かに変え、実りをもたらす。
そのような場であればこそ、「田んぼ」と表現させていただきました。

新居ご購入おめでとうございます。
これからご家族の楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


青森県生まれ、宮城県在住。ミャンマー語が好き。子ども3人。 お寺の生まれ...

気にしなくて大丈夫です。

葬儀場も、火葬場も、悪い縁を切ったり、ミソギを、する場所と考える事も出来ます。

金縛りになることもそれが原因では、絶対に起こらないから大丈夫です。

だいいち、元々、土葬が多い国です。実はいたるところその可能性も有りますし、今と違い火葬場も、部落ごとに火葬場がありましたよ。

大丈夫です。

気になるならは、一度きちんとおはらいをなされば問題ないですよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


長谷雄蓮華 (ラジ和尚)
ラジオ パーソナリティ 『 命の 相談会 』開催 愛知県愛西市...

どんな場所も、生き死にの場

節分豆さん
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。
テレビでご覧頂いたのですね (^_^)

あこがれのマイホームに手が届く!と思ったら、敷地が以前火葬場だったらしいとか、目の前に火葬場や葬儀場があったりとかで、気になっていらっしゃるのですね。
もしかしたらそれが要因で、少し手が届きやすいのかもしれません。

不吉なことが…とか金縛り…とか不安を抱いているようですが、でも心配はいりません。
考えてみれば、どんな場所であっても何百年前、何千年前、何万年前もさかのぼれば、そこで人や生き物が亡くなったり生まれたりしているでしょう。
また、着るもの・食べるものなど身の回りには、他の命の「おかげさま」が満ちあふれています。

あまり気にかけないことです。心配をすれば、何かが起こった時に無理に結びつけてしまうものです。

僧侶にとって火葬場やお墓は、縁遠いものではありません。
かえって変な施設が建たないから良い、なんてご意見も聞きます。

また、命の尊さをお子さんに伝えることにも役立つのではないかと思います。
槇原敬之さんの「親指を隠さずに」という歌があります。霊柩車を手を合わせて見送る母子を見て、槙原さんが書いた詩のようです。
そこには「もっと教えておくべき大事なことがある。たとえば誰の命も限りがあることとか」と書かれています。

全文は、リンク先をご覧ください m(_ _)m
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B13852

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

質問者からのお礼

早速のご回答、ありがとうございます!!

周りの方とはまた違った目線での見方。とても勉強になります。

不吉なことが起きるとか、金縛りが起きるとか、そんなのはお墓などとは関係ないですね。勝手にわたしが抱いている妄想でしかない。
むしろ、娘に大事なことを教えてあげれる良い場所なのかもしれません。

不安な気持ちが払拭されたところで、明日、早速物件の契約に行って参ります。

家族3人、これから素敵な思い出がたくさんできるように、毎日笑顔で過ごしていきます!

ありがとうございました^^*

「お墓」問答一覧

お墓のことで相談します。

約25年前に夫と死別しました。 夫の実家はイチゴ農家で義理の両親と同居していましたが、夫の死後、位牌は持たずに当時2歳半の娘と共に同じ市内の実両親・実姉の住む実家に戻ってしまいました。 夫の法要は、義理両親が執り行い、私は呼ばれて参加するという形でした。 以来25年間ずっと実家で暮らし、両親・姉と一緒に娘を育てました。 昨年良いご縁があり、娘は入籍して実家を出ました。同じタイミングで私の勤務先が遠方になってしまい、私も実家を出て会社の近くで一人暮らしを始めました。 現在は両親との仲は良好ですが、姉とは不仲という事もあり、姉がいない時を見計らい月に2回ほど実家に帰るのみです。 25年前に実家に戻った時から、姉は未婚で実家で暮らしています。実家は姉と父親名義で約20年前に建て替えて、私達親子の部屋も作ってもらい、毎月姉に家賃を払い住んでいました。 夫の実家は7年前に甥(義理姉の次男)が養子となりイチゴ農家を継ぎ、5年前に結婚し、今現在は義理母・甥・甥の嫁・甥の娘の4人家族です(義理父は3年前に他界しました)。 娘が嫁ぎ、私は50代後半になった今、エンディングノートを書き始めようと思いました。 その過程でお墓について考えた時に、結婚3年で亡くなってしまった夫と同じお墓に入りたいという気持ちが強くなってしまいました。実家のお墓には、姉と不仲という事もあり入りたくありません。 夫の死後、出てしまった嫁ぎ先のお墓に入る事は可能でしょうか? 可能な場合は、甥夫婦にいくらくらいの金額を渡すようにすれば良いのでしょうか? また、エンディングノートにその旨書き記すだけで大丈夫なのか、公式な遺言が必要なのでしょうか? 生前から娘夫婦若しくは甥夫婦にお願いしておいた方が良いでしょうか? 出てしまった嫁ぎ先のお墓に入りたいなんて、だいぶ我儘な望みかと思います。 叶わない場合は、実家のお墓以外の方法を考えようと思っております。 宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

私のお墓について

初めて相談させていただきます。 現在、シングルマザーで3人の子供を育てております。 私は若い頃に、家族、親戚、近所の猛反対を押しきり、二人姉妹の姉として家を継がねばならぬ所、嫁に出てしまいました。 お恥ずかしい話ですが、幸せになれると思っていたのは私だけで、12年前に離婚しました。 離婚の際、旧姓に戻る事は許されず、戸籍は全く別ですが、元夫の名字で現在に至ります。 実家とは、良好な付き合いですが、名字が違うので、お墓は自分で用意しないといけないのでは?と、思いはじめました。 正直な所、生活費や教育費の為に必死で、お墓に力は入れられない現状ですが、漠然とお墓の心配があります。 骨を納める場所は作らないといけないのでは?と、思うばかりで知識もなく、何から調べればいいかわかりません。 子供達には、私の法事にお金や時間を使うなら、私の実家のお墓参りや、法事のお手伝いを忘れないようにお願いしたいです。 又、これから少しずつお墓や法事について調べていくにあたり、 『頭に入れておいたほうがいい知識』、 『気を付けたほうがよいこと』等、 ございましたら、アドバイスをお願いいたします。 私の心境といたしましては、 両親、祖父母、妹に大変申し訳ない気持ちがあります。 実家に戻る事、名字を戻す事が許されなかった現実は、しっかりと受け止めたいと考えます。 その一方で、子ども達を可愛がり、気にかけてくれたことには大変感謝しています。 そして、私の元に生まれて、一緒に過ごしてくれた3人の子供達には、感謝しかなく、これからも子供達の幸せを願うのみです。 長女なのに継がなかったとか、息苦しくなってしまう時もあり、自分を責めるのにも疲れました。 若い頃の反省は多々ありますが、人生に後悔はなく、これからできることに目を向けて過ごしたいと思います。 実家のお墓は、私も生きている限りお参りや法事は、心を込めて参ります。 私自身のお墓は、形式にこだわりはなく、子ども達に寄り添えるものであればありがたいです。何よりも迷惑のかからない方法を探したいです。 前向きな気持ちの中、自分の人生に最後まで責任を持たねば。と調べていたら、こちらにたどり着きました。 多くの方のご意見がいただけましたら、今後の学びにさせていただきます。 知識が足らず、失礼な内容がありましたら、申し訳ございません。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

お墓について

こんばんは。いつも拝読しております。 今回はお墓のことについてご質問させてください。 わたしには子供がふたりいるのですが、わたしの両親が自分達の苗字で〇〇の墓と、生前のうちから建ててしまいました。ただここで問題なのは隣におばあちゃんのお墓もあるわけですよ。  うちの親は私たちが死んだらその墓を潰して拝んでもらって私たちの墓を作りなさいと言います。 でも結局、うちの子供達は二つも墓をみないといけないわけなんです。 それよりなら、すこし離れた場所に永年供養墓ができまして、ここなら家族用もあるそうなんです。 合祀墓もあるのですが、合祀墓にはいろんな人が入る墓と聞きました。 私はとても人見知りで、おそらくそんなお墓に入ったらパニック起こしてしまうと思うのです。死んでしまえばかんけないと言う方もいらっしゃいますが、怖いテレビとかで成仏できず墓をかえてくれーって番組みました。人は死んでもこの世に意思はあるといいますが、本当でしょうか? もし本当ならば永代供養墓、関係ないのであれば合祀墓でもいいのかなと考えております。 料金もかなり違いますので、どうかよきアドバイスよろしくお願いします

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

お墓近くの土地を検討しています

現在マイホームを建てるにあたり土地探しをしています。 候補となっている土地の一つが目の前に30墓ほどの墓地があります。北道路の土地なのでお墓が視界に入るのは玄関、駐車場側となります。 道路からは数m程度奥に墓地があるような状態です。以前は墓地と対象土地との間に果樹畑があったので、視界には入らなかったと思いますが、今の状態ではその土地を購入し家を建てた場合に毎日視界には入ります。 何が申し上げたいかと言いますと、お墓近くの土地は良くないのでしょうか。言い方がものすごく悪いですが不吉でしょうか。(よそのご先祖様にすごく申し訳ないです…) 夜は恐怖心が募るものなのでしょうか。 家の付近にお墓がある状況が今までにありませんでした。私自身は霊的なものに縁はありませんが、怖いという気持ちにはなります。(ホラー映画などの影響ですね。根拠のない恐怖心です。) 昔は土葬だったと思うので考えるとなんだか不気味にも感じてしまいます。(本当に言い方が悪いのは承知です。) 土地検討の際のデメリットになるのか、専門家のお坊さんに意見をいただけたらと思い相談させていただきました。ご回答のほどよろしくお願いします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る