お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

コンプレックスとは…

容姿へのコンプレックスと、女らしさ、について。

私には、女らしさがないのかもしれません。容姿に対するコンプレックスがひどく、20代は特に気にしすぎていて人前に出ることが怖かった時代でした…。

それもあって克服しようとわざわざ苦手な接客を担当していましたが、やはり顔のことについて何か言われるのではないかという恐怖や、不快に思われないか、そればかりでした…。

容姿が悪く自信がなさすぎるので、それ以外で何かせめてと思い、肌ケアや体型には随分前から気を遣い、お陰で肌が綺麗とお世辞でも褒められるようになりました。

でも、何か違うような気がするのです…。もともとの容姿は悪いのですから、いくら努力したって、私は普通にすらなれないのです…。

それでもいいと、最近では半ば諦めながらヨガや運動を心がけているんですが、なんだか悔しいなと思ってしまいます。

容姿の悪さは小さい頃からよく言われていました。それがトラウマで、恋愛もうまく出来ず、気づけばこの歳になってしまいました…。恋愛は、とてもじゃないけど、私みたいな容姿の人間が恋愛というのはおこがましいとすら思ってしまいます…。

そこに逃げているというのも自覚しています。でも、怖いのです…。女らしさもないだろうし、だから魅力もない。どんなに体型維持や肌ケアしたって魅力がなけりゃ意味がないんです。

きっと私を女として見てくれる人なんていないだろうとも思っています。私はそれほど醜い容姿なんだとも思っています。

だから最近また接客の仕事が怖くなっています…。私は、自分の容姿を捉える目の前の人の「目」が怖いのです。

気持ち悪いと思われていたら、と考えてしまいます…。

今は、その仕事を通してお客様から少しでも声かけて頂けるのが嬉しい…それだけです。日本とは違うのでリアクションもオーバーですし、よりポジティブなテンションです。たまに日本語をわざわざ使う方もいて、その時はかなり嬉しいです。

でも男性のお客様が来られると、怖いです…。コンプレックスの発動です(^^;)きっとこれは一生治らないんじゃないかと思えてきます。

頑張っても消えないコンプレックス…。これからどうやって向き合うべきなのか…恋愛を克服できるのか不安です…。

生きる意味
有り難し 17
回答 1

質問投稿日: 2019年2月15日 12:43

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

容姿、女らしさって、見た目だけでなく雰囲気もあると思います。

そっか。。。コンプレックはなかなか消えないものだよね。

容姿、女らしさ かぁ。
女性なら、気にしますよね。

今は、メイクレッスンがYouTubeで紹介されていて、メイクが上手だと印象もガラリと変わるので、私もチェックしていたりしますよ。
ファッションも、トレンドなどアプリで紹介されているので、チェックが楽しいですよ。

女らしさって、見た目だけでなく、雰囲気もあると思います。たとえば、身だしなみや 立ち振る舞い、また 大人なら言葉遣いも気をつけたいポイントですよね。

一緒にいて、居心地良い 癒し系女性になりましょう。

5ヶ月前

「コンプレックス・劣等感との向き合い方」問答一覧

「コンプレックス・劣等感との向き合い方」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ