hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

仏教と神道

回答数回答 2
有り難し有り難し 34

少し気になったので質問させてください。

私の家には、初詣で毎年参拝するお寺の厄除けの御札と、伊勢神宮で買った神棚をお祀りしています。

御札はリビングの南側の高い所、神棚は廊下の高い所にお祀りしています。

私は毎日出かける前、御札と神棚に手を合わせて神様や仏様にご挨拶をしてから行っています。
最近、神様や仏様が常に見守ってくださっていると実感しています。

そこで疑問に思ったのですが、仏教と神道と別の宗教の物をお祀りしているんですが、問題ないのでしょうか。

よく、お寺と神社と別々に買ったお守りを付けていると神様同士が喧嘩して良くないと聞くので気になりました。

私自身では問題ないと思っているのですが、どうなんでしょうか?お忙しいと思いますが、お答え頂けたら嬉しいです。

2019年3月12日 23:38

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

【無縄自縛】縄など無いのに自縛する

"別々に買ったお守りを付けていると神様同士が喧嘩して良くない"
喧嘩するという事は、まだまだ煩悩がある証拠。

【六道】という仏教の理屈からいえば、もちろん神様のほうが人間よりもランクは上ですが、どちらかといえば仏様よりも人間側に近い存在として位置づけられています。

少なくとも、仏様は腹を立てたり罰を与えたりはしません。
ただし、あれこれいろんなご利益を期待して神仏を体よく利用しようとする信仰では、お守りの効果効能うんぬんよりも、結果として自業自得の道理ゆえにあまりよろしくはない事になるのかもしれませんね。

仏教とは本来、こういう疑問や心配からきれいさっぱりと開放されていく教えです。
お守りも御札も破魔矢も絵馬も、人の自然な祈りのシンボルとしては大いに結構なのですが、これらを持つことによってかえって不安が増えるというのも、ちょっと本末転倒ですね。

<追記>
”仏様が人間に近いという事を初めて知りました”
逆ですよー。
下から、地獄道・餓鬼道・修羅道・畜生道・人道・天道という、この6つの世界を行ったり来たりして苦しんでいることを【六道輪廻】といい、この無限ループから脱出することを【解脱】といいます。この解脱をした者のことを【仏】といい、解脱して仏になることを【成仏】といいます。
神様は天道という世界にいますので、まだ六道の無限ループの内側です。六道の中にいるということは、まだ【煩悩】が残っている状態であり、解脱するための【悟り】を開いておられません。ということは、神とて神なりの悩み苦しみがあり、我々のように時には怒りに取り憑かれて…という事もあり得るという事です。そういう意味で、神様はどちらかといえば人間側である、と説明させていただきました。

2019年3月13日 9:04
{{count}}
有り難し
おきもち

となりのトトロの世界のような山奥の田舎の小さな小さなお寺の住職をしています...

かまわないでしょう。

仏様と神様がけんかしてなどと言われるようになったのは、明治の神仏分離令からでしょう。それ以前は神仏習合が日本の宗教の在り方でした。寺の中にも神棚や神社があり、また逆に神社にも神宮寺といって寺があったりしました。一般のおうちで仏壇の上に神棚を祭るのはその名残です。また仏教教義的には転落院さんがいうとおりです。だから、お坊さんは神社で柏手は打たず合掌して読経するのです。天である神様が解脱して仏になりますようにと。本地垂迹説もありますが、日本独特の宗教観ですのでここでは割愛します。

2019年3月14日 18:15
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗僧侶ですが、時宗の一遍上人と同じころ活躍した一向上人の流れです。宗門...

質問者からのお礼

転落院様

ありがとうございます!
仏様が人間に近いという事を初めて知りました。また、信仰して少し不安になるのは、神様仏様に失礼な事だと改めて気づきました。
お忙しい中回答して頂き、ありがとうございました。

転落院様(追記)
逆でしたか…理解出来なくて申し訳ありません。分かりやすい説明ありがとうございます。

鈍阿様

お礼が遅くなりたいへん申し訳ございません。
明治にそんな法令があったのですね…初めて知りました。

ありがとうございました!

「宗教について」問答一覧

他の宗教を学ぶという事

私は…スピリチュアル的な物(パワーストーンとか占い)にハマった→流行りの御朱印集めにハマった→神社とお寺の参拝にハマった(その過程で神様や仏様と摩可不思議過ぎるご縁を頂きました!)→現在、神道と仏教の知識(書籍やネットが主)を学んでいるといったプロセスを踏んでいる者ですが… そんな私が「イスラム教」や「キリスト教」など世界の宗教を“なんとなく書籍やネットで学んで”良いのか…“仏教のお坊さんに”教えて欲しいです 何でそんな事聞くかと言うと…うまく説明出来ないのですが “神道の神様や仏教の仏様”に「こいつ異国の宗教に浮気しやがったな!?」って思われたり「こいつが我々に抱く信仰心はこんなものなのか…」って思われないか…どうか ちなみに何故私が日本にあまり馴染み無い宗教を学ぼうと発想したかと言うと単に他国の神の考え方捉え方を知りたくなった…それと 【高次元の存在は確かに存在するのだろうが、仏教神道といった宗教という人間の作った1つ2つの枠組みには捉えきれないものであろう、より多くの宗教(高次元の存在の考え方)を学べば、より高次元の存在と近しくなれるのではないか?詳しくそれらの存在を定義が出来るのではないか?そもそもその宗教に高次元の存在はいるのか】と発想がふと浮かんだからです こういったある種の実験(?)または知識欲の充実を図りたいのですが…どのような結果が付きまとうのか不安なんです “影響されやすい自分”が新たな知識や信仰を得てどのように仏教と神道を見直すか、場合によってはどのような報い(天罰とか仏罰)を受けるのかとか… あまりこんな事言うべきじゃないと思うのですが宗教は教義の違いからともすれば互いを否定しがちですもんね 私はそもそもお坊さんではないし在家信者の定義にも当てはまらない只の“神道仏教ファン”に分類されると思うので失礼は承知なのですが… 恐らくお坊さんの中には私と同じ事を発想された方がいらっしゃるのでないかな?と もしかしたら私のようにビビってまごついてる前に実践された方もいらっしゃるのでないかな?と思って質問させてもらいました どうか回答お願いします

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

宗教脱退したあと

4年程前にこちらで宗教についてご質問させて頂きました。ありがとうございました。 その後についてご相談させて頂ければと思い質問させてください。 私自身、夫が入っていた宗教へのトラウマは徐々に前向きとなり、試行錯誤で歩んでおりますが、脱退した(夫は脱退させられた気持ちが強いかもしれません)夫自身はそうでなかったようです。 私がどれだけ気持ちを前向きに変えようとも、夫自身は私でも息子でも埋められないぽっかり穴があいてると言われました。宗教を失うことによって、仕事も何もぶれる、お前自身は辞めたら幸せになれるって言ったじゃないか!!と言われ、今更ながら夫に宗教を辞めさせた私がいけなかったのかと、私がぶれてしまいます。 結婚してから入信してることを知り、人は死んでも死後硬直しない、太陽が直視できるようになる、地獄に落ちるから宗教の内容や名前は言ってはいけないなど、特殊な宗教で、我が家の場合は家庭が壊れてしまうと思ったので、辞めてもらった?辞めさせるようした?のですが、あれから何年経っても、夫は心に穴が空いたままなのが分かりました。 私自身、身内がお坊さんなのですが、人を労る気持ちや感謝の気持ちなどごくごく自然に教えてもらったのですが、夫自身は家族以外に頼れるものを失った気持ちが強いことが伝わってきて何とも言えません。 このままめげずに心を持って暮らしていけば夫の心の穴は埋まるのでしょうか?? 

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る