hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

中期中絶への迷い

回答数回答 1
有り難し有り難し 23

待望の2人目を授かりましたが、妊婦健診で赤ちゃんの異常を指摘されました。
居ても立っても居られず、専門病院を受診したところ、ダウン症の確率が高く、状態から見てもほぼ確定でした。

確定診断の結果が近々出ます。出生前診断については私も迷いましたが、ハッキリとした心疾患があるため、医師に原因の特定のためにと勧められ、受けました。
しかし、結果として、やはり私にとって確定診断は「命の選別」になりました。結果によっては中期中絶を考えています。

悩みの原因は、まだ幼い娘が1人いることにあります。
もしも程度の重いダウン症の赤ちゃんが産まれたら、重い内臓疾患の赤ちゃんが産まれたら…娘はどうなるのか。娘が傷つき、苦しむのではないか。幼いうちはよくても、大きくなるにつれて、嫌な思いをすることも増えるのではないか。私たち親の死後はどうなるのか。全て娘に背負わせてしまうのではないか…。
また、私自身、娘の世話をしながらダウン症の子を育てられる自信がありません。

しかし授かった命。見殺しにして良いのか。生きているのに。今は元気に、たくさん動いているのに。
葛藤しています。赤ちゃんへの愛しさは募るばかりです。でも、将来のこと、娘のことを思えば「愛しい」という感情だけで決めることはできないと思い、毎日泣くことしかできません。
しかし、命の選別をしようとしている私に泣く権利はあるのか。お腹の子を愛しいと感じる権利はあるのか。
中期中絶を考え始めてから、お腹を撫でることも怖くなってしまいました。

勝手な都合で中期中絶された赤ちゃんは、どこへ行くのでしょうか。恨みや憎しみにとらわれることなく、温かくて優しいところへいけるために、私たち夫婦にできることはあるのでしょうか。
中期中絶を決断することになれば、どう償えばいいのでしょうか。どうすれば赤ちゃんに詫びることができるのでしょうか。
自分の親から命を奪われる赤ちゃんに、どう向き合えばいいのでしょうか。

2019年5月29日 14:04

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

権利はあなたがたにしか、ない

失礼します。

泣く権利、愛おしいと思う権利はあります。
むしろそれらの権利はあなた方にしかないです。
外野からなんと言われようと、その権利はあなた方のものです。

「命の選別」については、昨今議論の的になっていますが、当事者でなければきめられないです。
当事者以外の言うあーだこーだは無視してください。
そして、もうひとつ、幼いお子さんがどうなるか...それは、将来その子自身が決めることです。
自信がないのは分かりますが、そもそもお一人目の時も子育てに自信なんかなかったと思います。
それに20年30年先の医療は今のそれとは段違いのものになっているかもしれないですし、
今は考えない。

初めて息を吸って吐いた瞬間にニンゲンはニンゲンになってしまいます。
それまでは恨み妬み憎しみ苦しみとは無縁の、いわば仏様です。
もし決断をしたとしても、仏が仏のまま仏となっていくのです。
仏があなた方を恨むことはない。
そしてあなた方に出来ることは、その仏を一心に供養することです。
罪悪感や強迫観念に打ち勝つくらいに供養することです。

一般的に見れば、僧侶なのだから「命を大事にしなさい」などと言うべきなのかもしれません。
人権だなんだと言わなければならないんでしょうけれども。
私からみればそういった論議を超えている話だと思います。
そんな一般論で対応できるわけないんです。
当事者でなければその心身の痛みはわからないです。
だから、泣いていいのは、愛していいのはあなた達だけなんです。
決めていいのは、当事者であるあなた達だけなんです。

最終的に結果が出てもなお、不安や迷いは尽きないことと存じますが、
どのような判断をなさったとしても、私は仏はあなた方を肯定します。

2019年5月30日 0:14
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


紆余曲折の果てに出家しました。 現在は7年ほどの修行期間を経て 京都府...

質問者からのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません。
その節はご丁寧なご回答をいただき、誠にありがとうございました。
私たち夫婦は、我が子との別れを選びました。人生で最も苦しく、逃げ出したくなるほどに辛い時間でした。
黙庵様の「仏を一心に供養すること」とのお言葉を私なりに解釈し、毎日を過ごしております。
私たち夫婦は、亡くした子を、心から愛しています。それは一生変わりません。
「肯定する」と言っていただけ、本当に救われました。ありがとうございました。

「中絶・堕胎からの救い」問答一覧

三人目の子供を中絶してしまいました

私には愛する子供が2人います、夫も私と子供を愛して大切にしてくれ、幸せいっぱいでした。 子供は2人で、3人目は考えられないね、と話していた矢先の妊娠でした。 病院で妊娠が確定しますますパニックになってしまいました。 とにかく不安要素しか頭に浮かんできませんでした 私自身の体調の事、ほとんどワンオペ育児だった事、時期的な状況、なによりまだまだ小さくママっこで抱っこの取り合いばかりしている2人の子供に寂しい想いをさせてしまう 様々な不安要素を頭で積み重ね、苦しくて苦しくてどうしても産む決心が出来ず、夫と母と話し、中絶をしました。  手術が終わって次の日から後悔が止まりません。 何故あんなことをしてしまったのか、お腹にいたのは我が子で、今いる子供たちと同じように私に愛され抱かれるべき命だった  手術の日、あの時こうしていれば、やはり何があろうと産むべきだった、そればかり考え時間を戻したい、とそればかり考えてしまいます。 2人の子供達を可愛く思うたびにあの子もこうして私に抱きしめられ守られるべきだった、と自分を責めて苦しくなります 私が後悔で苦しんでいる事で、母や夫も苦しめている事は分かっています この事を一生抱えて生きていく、それは覚悟しています、けれど子供たちには何も罪はないのです、笑わせてあげたい、楽しい時間をたくさん過ごさせてあげたい、その前提に私が笑顔でいないといけないと言う事はわかっています、しかし今はそんな自分も許せない気持ちでいます。 供養は先日してもらいました、あの子は守ってもらえると思えましたが、供養してお地蔵様に祈りながら、我が子をこんな所へ一人で行かせてしまった、と涙が止まりませんでした。 いつか、準備をきちんと整えて、再びあの子を授かりたい、その時は必ず幸せにする、その為にまた選びたいと思えるママになる、そんな考えにすがって生きるのは間違っているでしょうか?

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

病気がわかって中絶しました

こんにちは。よろしくお願いします。 妊娠を望み、不妊治療をしていました。 たまたま治療を中断していたときに自然妊娠がわかりました。 妊娠してすぐは本当に嬉しくて喜びでいっぱいでした。つわりが始まり、体重が7キロ落ちた頃本当にこう書くしかないのでこんな表現になってしまうのですが頭がおかしくなってしまい妊娠を後悔してしまいました。 そんな風に思いながらも生まれてくる赤ちゃんの性別が女の子かもと言われるとピンクのコットン糸でおくるみとミトンを編んだりしていました。 でもお腹に話しかけてあげたりなどはあまりしていませんでした。膨らんでくるお腹に何故か恐怖を感じてしまいました。本当にひどい母親でした。 それでも検診では赤ちゃんの成長は小さめではあったもののずっと順調で、あと何回かで検診が2週間おきになるなー、もう安定期かーという時期に突然赤ちゃんの病気がわかりました。 お腹の外では生きていけない、生まれてきたらすぐ蘇生の措置をしなくてはいけなくなる、治療法はない。息のある状態は保てるかもしれないがおっぱいを飲んだりも自力ではできないので管を通す、お腹の中で心臓が止まってしまう可能性も高いとのことで最後の検診からたったの5日でお腹からいなくなってしまいました。 病院の先生は絶対にお母さんのせいではないと言ってくださったのですが妊娠中の過ごし方に後悔しかありません、何をしたら償えるのでしょうか。 おくるみはまだまだ編んでる途中で紐みたいな状態だったので、私がずっと妊娠中に着ていたパジャマをおくるみがわりにしました、ミトンも大きすぎたのですがつけてあげて見送ることができました。少しでも喜んでくれたでしょうか。 お骨は自宅に安置しています、毎月の月命日にお花を供えているのですが他になにかできることはあるのでしょうか。今後妊娠出産することを赤ちゃんに申し訳なく思っています。 私が死んだ後赤ちゃんは会ってくれるのでしょうか。天国で楽しく過ごせていることだけを願っています。私が今からでもその子のためにできることを教えていただけると嬉しいです。 とりとめのない読みづらい文章になってしまい申し訳ありません、よろしくお願いします。

有り難し有り難し 24
回答数回答 2

中絶して後悔です。

私は1ヶ月前に中絶手術をしました。 お付き合いしてる彼はまだ学生、自分は社会人なりたてということもあり経済的にも環境的にも産める状態ではなく二人で話し合った結果中絶の道を選びました。 まだ妊娠がはっきりわかってない時は 軽い気持ちでおろすしかないなーくらいしか 思わなかったのですが はっきり自分が妊娠しているとわかった時 実感が湧かなすぎて気持ちも追いつかなかったのがその時の感情です(すみません) ですがだんだんと実感が湧いてきて 自分のお腹の中には新しい命が宿ったのかと とても嬉しく思えたのですが。 経済的、環境的に厳しくおろしてしまいました どうしても産める状態ではなかったのですが 自分と同い年の友達も妊娠がわかった時 おろさず学校をやめたり必死に育ててるのを 見ると胸が苦しくなります。 私は彼のことが大好きなのですが こんな自分たちの軽い気持ちでやった行為で 妊娠してしまい。簡単に中絶手術をした後 のうのうと2人で仲良く付き合っていくのが自分には無理な気がして別れた方がいいのかと考えています。 たとえ別れたとしてもこのことはずっと頭の中に残るし忘れては行けないと思います。 今はもうおろしてしまったことをただただ後悔するばかりでどうしたらいいのか何もわからないです。 おろしてしまった赤ちゃんにどんな気持ちでいればいいのか 大好きな彼とどんな気持ちで付き合えばいいのか 私には何もわからなく後悔ばかりです。 自分の軽率な行動でこんなことになってしまい 後悔してもしきれないです。 なにか自分がプラスになれるお言葉を貰えたら幸いです。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る